人気ブログランキング |

タグ:音楽 ( 41 ) タグの人気記事

アナと世界の終わり<2019>

d0088211_22205680.jpg

最近愛用している「フィルマークス」という映画アプリがありまして。この作品も、そのアプリでおすすめ記事を読んだのがきっかけで知りました。
公開前の作品をお気に入りにしておけば公開になったら通知してくれる機能があるのですが、うっかり通知を見逃していたのか、気づいた時にはあと1週間くらいで終わっちゃう!というすべり込み鑑賞でした。

舞台はイギリスの田舎町、高校3年生のアナは進路について父親とけんかばかりの毎日。学校はくだらないし、幼なじみはイケてないし、こんな町早く出て行ってやる!というティーンエージャーならではの思いがキャッチ―な曲にのって表現されます。まるで「ハイスクールミュージカル」のような、メンバーが学校内で地味なグループなので「glee」の方が近いかな、とにかくゴキゲンなシーンがすごく良かったです。「BREAK AWAY」名曲です。



ここまでは青春ミュージカル映画的な展開なのですが、その後事態は一変。オープニングからちらちらとそれらしいニュースが流れたり、具合が悪そうな人が映ったりしていたのですが、世界中で流行している謎のウイルス感染によって、人々がゾンビ化しているというのです。
学校へ向かうアナが歌いながら歩いている後ろで、人々がゾンビに襲われていくシーンは名場面でしたが、アナと父親、学校のみんなの運命やいかに!

ワタシはミュージカル映画とゾンビ映画では7:3いや8:2くらいでミュージカルの方が好きですが、ゾンビ映画もある程度は観ているほうなので、この作品はとても楽しめました。どちらかがものすごーく好きな人には、もう片方がかけ離れた存在なのであまり楽しめないかもしれませんね。
ゾンビ映画がいける人はよほど嫌いじゃなければミュージカルも楽しめると思うけど、怖い映画苦手な人はハードル高いかもですね。なんとか頑張っていただきたいです。

ゾンビ映画あるあるがあちこちにちりばめられていて面白かったですが、だいだいハッピーエンドがおとずれないのがゾンビ映画なので、これもそんな感じになるんかいなと思っていましたが、まぁだいたい予想通りでした。
大切な人がゾンビになってしまって、早く逃げろ!的なのは1回で十分でしたけどねーそこはもうちょっとひねりが欲しかったような。

原題の「アポカリプス」はたまに聞く単語ですが、今回初めてその意味を知りました。「ポカホンタス」的な響きだと思ってたけど、ギリシャ語が語源のようで。キリスト教における「黙示」という意味なんだそうです。

そして、まやぞー的に音楽映画の評価が高いとサントラ買ってしまいます。まだまだCD派。

d0088211_22231982.jpg


by hobomovie | 2019-07-10 22:24 | 外国映画 | Comments(0)

グリーンブック<2019>

d0088211_23121511.jpg

アカデミー賞で作品賞、助演男優賞をとったことでがぜん観る気が増したところで、ちょうど大阪へ出てきていた母も観たいなということで一緒に行ってきました。

1960年代アメリカ、黒人ピアニストのドクター・ドナルド・シャーリー(マハーシャラ・アリ)がコンサートツアーのためボディガード兼運転手としてイタリア系白人のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)を雇い、2カ月の旅に出るという実話ベースのストーリー。

キング牧師がやっと登場するかという頃のアメリカ南部では、まだまだ黒人差別が激しく、州によっては夜間の外出が認められなかったり、宿泊できるホテルが限られていたり、グリーンブックというガイドブックが無ければ旅ができないほどだったということはこの作品で初めて知りました。

ドクターは天才的なピアニストでたいへん人気があり、各地でツアーに招かれるほどだというのに、まともなピアノが準備されていなかったり、会場のレストランやトイレを使用できなかったり。白人が運転する高級車で南部を走れば、農場で過酷な労働に従事している黒人たちが目に入る。
とにかく矛盾だらけの状況ばかりで、こんなことがいつまで続くのかと絶望的に思えてきます。トニーも元々黒人に対する差別意識があったのだけど、ドクターと行動をともにするうちに変化が訪れる。孤独に生きてきたドクターにも変化が。
そうした小さなことの積み重ねが、少しずつアメリカを変化させていったのかなとも思います。
ロードムービーとしての面白さもあってエンディングまで大満足で、色んな人に観てもらいたいなーと思える作品でした。

注)ヴィゴ・モーテンセンは役作りでかなり増量してイタリア系おっさんを演じ切っていますので、「ロードオブザリング」のアラゴルンが好きな皆様は心の準備をしてから観ること。あと、観終わったらケンタッキーフライドチキンが食べたくなるので、劇場の近くのお店を検索しておくと良いでしょう。

by hobomovie | 2019-04-07 23:13 | 外国映画 | Comments(0)

アリー/スター誕生<2018>

d0088211_23363980.jpg

同じ時期に「ボヘミアン・ラプソディ」が公開になっていたので、音楽映画ということでつい比べてしまったりするものですが、あちらが実話ベースでこちらがフィクションだというのに、この作品の方がリアリティを感じる不思議。

監督・主演のブラッドリー・クーパーは国民的ミュージシャンのジャックを演じるにあたりギターや歌の技術をみがき、ジャックにみいだされるアリーを演じるレディ・ガガはこれが本格映画デビューということで精いっぱい演じていて、その相乗効果がすごいパワーを生んでいる作品でした。
インタビューでもガガ様がお互いをミュージシャンとして、俳優として認め合って信じた結果だと言っていたけど、まさにその通り!でした。

A STAR IS BORN=スター誕生という作品は'37、'54、'76と映画化されていて、今回は久々の製作だけどやっぱ邦題がダサいなぁと思うのはワタシだけでしょうか。ともあれそういうシリーズなんだからしょうがない。

恐らく'54のジュディ・ガーランド版をテレビで観たことがあるので(前の事すぎて記憶があいまい)、ストーリーは人気者の男性が才能ある女性をみいだし、女性の方がどんどんスターになっていくというショービズ界の栄光と影、が大筋だろうなと思ってました。
だもんで、ジャックとアリーがすばらしい曲で最高なステージを作り上げていても、アリーの人気が出れば出るほど、いずれ悲しい結末が待っているのではないかと心の底にじんわり暗い影が。
いっそスター誕生のくくりじゃないほうが素直に楽しめたんじゃないだろうかと思ったり、あーでも心の準備ができてよかったか…という、なんだかんだで予想以上に悲しい結末でしんみりしました。
やはり酒はアカン!クスリもね!

あとはとにかくライブシーンがどれも良くて、本当の野外ライブのステージを借りて撮影したものもあったそうで、めちゃめちゃステキでした。ワタシ的には、大好きな奥田民生とジャックを重ねてみちゃったりして。
「ボヘミアン~」がライブシーンにCGを使ってたとこが若干興ざめだったぶん、その点ではこっちの勝ちかもですな。

by hobomovie | 2019-02-22 23:38 | 外国映画 | Comments(0)

ボヘミアン・ラプソディ<2018>

d0088211_20121874.jpg

去年いちばん話題だった洋画と言えばこれでしょう。
イギリスが生んだ伝説のバンド、クイーンとそのボーカリストだったフレディ・マーキュリーのデビュー当時から全盛期をえがいた作品でした。

親きょうだいや親戚の叔父さんの影響で、子どもの頃からわりと洋楽好きでした。
クイーンはマイケル・ジャクソンやマドンナやカーペンターズやビートルズなんかと同じように親しんできたわけですが、特に何がきっかけだったかなぁ。
衝撃を受けたのは「メトロポリス」という1926年のドイツ映画にフレディの曲などをあてて1984年に再度公開されたという映画と、その映像を使った「レディオ・ガガ」のPVでした。
フレディが亡くなった頃はたしか中学生くらいだったので、エイズでこんなに有名な人が亡くなったことに衝撃を受け、ゲイの人はエイズになるんだ…という偏った印象を持ってしまったものでした。

ヒースロー空港で働いていた音楽好きの青年・フレディがメンバーたちと出会いクイーンを結成、数々の名曲を生み出すくだりはとにかくワクワクものでした。
ネットでもタイムマシンで連れて来たんかなどと言われていましたが、まー完コピ度ハンパないです。歌声はほとんど本人のものを使用したそうですが、まったく違和感なし。
フレディがアフリカ系の人で厳格な父親との確執があったとか、若い頃から人生をともに歩んできた女性がいたこととか、知らなかったエピソードもあって面白かったです。
メンバーとの別れがあったり、ドラッグに手を染めたり、天才の苦悩や孤独といったつらい展開では、若くして亡くなってしまうことを知っているだけに泣けてきました。

公開当初から評判になっていた、ラスト20分のライブエイドの再現ライブシーンは感動的でしたが、ちょっとCG感が強かったかなぁという印象があってそこが残念。もっと泥臭くごちゃごちゃした感じでも良かったのに。
でも、観た人からクチコミで評判が広まってどんどん観客動員が伸びていったのはこのライブシーンのおかげでしょうね。ここだけでも観る価値ありの作品でした。

by hobomovie | 2019-01-06 20:19 | 外国映画 | Comments(0)

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール<2017>

d0088211_21191719.jpg

奥田民生ファンのわたくし、この映画のおかげでいそがしい日々でした。
普段はそんなにメディアに登場しないオクダが、テレビにラジオに雑誌にネットにと出まくりで、チェックが大変でしたよ。もちろん俳優さんたちも宣伝であちこちに登場して、そこかしこで「奥田民生」という文字が躍っておりました。
d0088211_21200867.jpg

池袋パルコでは「奥田民生になりたい展」まで開催されちゃって、そりゃー駆けつけないわけにいかないってことで、楽しんでまいりました。オクダが以前愛用していたサンヨーの赤いラジカセの実物を見て泣きそうでした。

さてさて、2015年に発表された渋谷直角の原作はもちろんチェックしていましたが、いざ映像になるとストーリーのあちこちにオクダの曲が登場するので楽しくてしょうがない映画でございました。
ちょっと落ち着いて考えると、ここまでオクダへの憧れを前面に押し出してくる男子が今どきいるかねと思わなくもないですが、妻夫木君演じる主人公コーロキの成長物語の象徴でもあって良かったかと。
そしてなにより、狂わせガール・水原希子がすんばらしかったですね。そりゃ狂わせられちゃうよという魔性の女っぷりでした。周りをかためる新井浩文や松尾スズキ、江口のりこなどもいい味だしてて、ワタシ的には変わり者の作家を演じた安藤サクラがツボでしたね。
「カーズ3」に続いて、今年はオクダファン喜ばせてもらっております。

by hobomovie | 2017-10-08 21:23 | 日本映画 | Comments(0)

はらはらなのか<2017>

d0088211_22245919.jpg
大好きなチャラン・ポ・ランタンがまた映画に出演ということで、観に行ってまいりました。

父と2人で引っ越してきた12歳の少女・原ナノカはかつて子役として活躍していたものの、成長とともに伸び悩みつつある日々。亡くなった母は元女優で、その影を追い求めつつ彼女が所属していた劇団の門をたたくのだが…といったストーリー。

実際に原菜乃華という女の子が主演していて、同じ学校の先輩・凛役で吉田凛音という十代のミュージシャンも出演していて、今の彼女達そのままといった役どころが良かったですね。
オープニングからナノカの夢のようなシーンで始まり、その後劇団員として登場するチャラン・ポ・ランタンのメンバーなどなどがテーマ曲を歌い上げ、ファンとしてはワクワクものでした。
曲数は多くないけど、一応ミュージカル作品というくくりになるのかな。アイドル映画とか青春映画とも言えるけど、それだけでは終わらない、面白い作品でした。
まぁチャランポが出てなかったら観てなかったかもですけど(笑)、若者が悩みながら成長していくっていうこそばゆい感じもたまには体験しとかないとですね。初心わするべからず。

d0088211_22305047.jpg

おまけ:チャランポのライブに行ったら映画の公開記念イベントに抽選でご招待というのをやってたので応募したところ、当たったのでした。日帰りで東京へ行ってきたのでした。作品の上映は無かったけど、出演者のインタビューやチャランポのライブがあったので良かったです。一番左は酒井麻衣監督。これまた若い!!

d0088211_22322695.jpg

by hobomovie | 2017-06-04 22:34 | 日本映画 | Comments(0)

美女と野獣<2017>

d0088211_20552127.jpg

ディズニーアニメの名作「美女と野獣」(1991)を、ご当家ディズニーが実写映画化。
ヒロインのベルは、ハリーポッターシリーズのハーマイオニーことエマ・ワトソンが演じるというので楽しみにしていました。

ストーリーはほぼアニメ通りですが、王子が野獣に変えられお城に呪いがかかるところが、冒頭でしっかりえがかれて面白かったです。あと、呪いがとけるところも今回の映画ならではだったかと。
ベルの母にまつわるエピソードも新しかったですね。

さらに新曲が3曲加わり、世界中の舞台で演じられてきた経緯もあってか、ミュージカルの要素がとても強くなったと思いました。
舞台をみているように、1曲ずつ拍手したくなる感じです。エンディングは、もちろん喝采ですよ。
ミュージカル好きにはとてもおすすめしたい作品でした。

今回はワタシの強力なプッシュで字幕版を観て、小3姪っ子を無理やりつきあわせた感がありましたが、字幕で観てほんと良かったなーと思っています。
なにしろ、執事のルミエールがワタシの大好きな「ムーラン・ルージュ」で美声を披露したユアン・マクレガーなわけなのですよ。
呪いがかけられている間はずっとCGなので、声を聴こうと思ったら字幕版しかないわけなのですよ。

エンディングでカーテンコールのようにひとりずつ紹介されるところもすごく良かったんですが、ガンダルフ(イアン・マッケラン)出てたんかい!とかエマ・トンプソンやスタンリー・トゥッチも!という驚きと楽しさがありました。

ガストンも絶対みたことある人だなーと思ってましたが、「ホビット」でおめにかかったルーク・エヴァンスでした。ハマってて良かったですね。

by hobomovie | 2017-04-23 21:03 | 外国映画 | Comments(0)

シング・ストリート 未来へのうた<2016>

d0088211_22285489.jpg

トホホなサブタイトルはとりあえず置いといて、ミュージシャン監督、ジョン・カーニーによる音楽大好き映画がまたやってきたということでウキウキと観に行ってきました。

前作「はじまりのうた」がアルバム作ろうぜだったのに対し、今回は完全にバンドやろうぜな作品でした。
舞台は80年代アイルランドのダブリン。
親の経済事情で公立の男子校に転校することになったコナー少年。
先生は怖いわいじめっこには目をつけられるわ最悪な状態の中、学校の門の前にいつもいる美女・ラフィーナの気をひくためにバンドを始めるというストーリー。

コナーを含めバンドメンバーを演じた少年たちはほぼアイルランド出身、長編映画は初めてといった新人たちでしたが、みんなすごく良かった。
特にバンマス的な存在となるギタリストのエイモンを演じてた子は、コリー・フェルドマンを彷彿とさせる雰囲気があってお気に入りでした。

バンドで演奏する映画オリジナル曲もいい曲ばかりだったんですが、ちょいちょい登場する80年代の曲もまた良くて、またしてもサントラを買ってしまいました。
前作もそうだったけど、エンディングがどうこうじゃなく、そこに至るまでの過程がいちばん面白いという。
アタリの映画でしたね。

パンフレットはLP版サイズになってます。オシャレ~♪

by hobomovie | 2016-09-11 22:28 | 外国映画 | Comments(0)

踊るアイラブユー♪<2015>

d0088211_2232767.jpg

いやねぇ、タイトルがいまいちだと思うんですよ。
南イタリアのリゾート地を舞台にしたゴキゲンなミュージカル映画で、ゴキゲンな感じを演出したかったのはわかるんですけどー。
原題の「Walking on Sunshine」まんまの方がよっぽど良くないですか。「はじまりのうた」とか「サンシャイン 歌声が響く街」とか、女性客を取り込みたいんだかなんだか知らないけど、センスがちょっとねぇ、という邦題が多い今日この頃ですな。
それぞれ作品が良かっただけに余計にそう思います。音楽映画、ミュージカル映画をバカにすんない!!って、配給会社がつけてんでしょうけどね…

さて、原題からカトリーナ・&ザウェイブスの曲が思い浮かぶ人は、十分にこの映画を楽しめる可能性があるでしょう。他にもマドンナやワムや、80年代の名曲が数々登場する、とにかくゴキゲンなミュージカルでございます。
オリジナルではなく、すでにある曲を使うミュージカルをジュークボックス・ミュージカルというそうですが、「ムーラン・ルージュ」あたりがその最初だったんじゃないでしょうかねぇ。ワタシはオリジナルのミュージカルも、こういう感じなのもどっちも好きです。

ストーリーは、南イタリアのプーリアに転居した奔放な姉・マディを訪ねた妹のテイラー。かつてひと夏の恋をともにしたイケメン・ラフがそのことを知らない姉と結婚することになっていて…という三角関係ラブストーリー。
ストーリー自体には目新しさはないものの、プーリアというロケーションが最高でございましたな。
主役の姉妹が「シカゴ」のレニー・ゼルヴィガーとキャサリン・ゼタ・ジョーンズを彷彿とさせる雰囲気で良かったけど、まっったく知らない女優さんでした。
曲がメジャーな分、キャストがマイナーな感じ?友達役のミュージシャン、レオナ・ルイスくらいしかマジ知りませんでしたとも。
でも、みんな良かったし、なにより名曲ぞろいだし、なかなか楽しい作品でした。つくづくタイトルがねぇ…しつこい?

by hobomovie | 2016-05-14 22:27 | 外国映画 | Comments(0)

飛べないコトリとメリーゴーランド<2015>

d0088211_21205248.jpg

3年ほど前から、チャラン・ポ・ランタンという歌とアコーディオンの姉妹ユニットが大好きでライブやイベントにでかけております。
徐々に活躍の場を広げている彼女たちが、ついに映画界にやってきた!ということで、いそいそと観に行ってみました。
彼女たちだけでなく、ワタシがかれこれ20年以上大好きな奥田民生も所属する芸能プロダクションSMAの、映画製作第1弾でございます。

大阪では第七藝術劇場 通称ナナゲイというミニシアターで2週間だけ上映されてたので、なかなか大勢の人の目には触れにくかったですなぁ。
ちなみにロビーで友人たちを待っているときに、1回前の上映が「木屋町DARUMA」の舞台挨拶付きだったようで、エレベーターから遠藤憲一が降りてきてべっくらしましたですよ。

さてさて肝心の映画はというと。
大学生の羽田コトリ(岡野真也)は、古本屋&カフェを営む叔父(アンジャッシュ児嶋)の勧めで出版社へ就職することになる。そこで出会った島崎江波(成田凌)と恋に落ちるのだが、現実と空想の世界を行き来することになってしまい…というストーリー。

家で豆大福を食べながら本を読むことを何より愛するコトリが、突然仕事と恋愛という荒波にもまれる感じが、女子なら誰でもあるある~と共感できる内容でした。
島崎くんのケイタイをこっそり見てしまって…というくだりなんかは、あぁ~そんな時期もあるんだよねぇと頭を抱えますよな。それが案外決定的だったりするんですよな。

で、まぁそれだけだとよくある恋愛映画だけども、ここでコトリの空想シーンがちょこちょこ入ってくるのが良かったですね。それはつまりチャラン・ポ・ランタンの出演シーンでありつつ、コトリがかなり変わった女の子なんだということが観客に伝わる重要なポイントだったと思います。
d0088211_21225581.jpg

ぶっちゃけチャランポの2人は主題歌担当でエンドロールに出てくるくらいなもんで、本編はほんのちょい役なのかしらと思っていたので、予想外にたくさん出てきてファンには嬉しい驚きでございました。

ただなんでしょうかね、そこまでメルヘンな部分も作るんだったら、いっそもっとスタイリッシュに、テンポ良く進んでも良かったんじゃないかなーと思いました。中盤ちょっとダレちゃいましたな。

しかしまぁ、チャラン・ポ・ランタンファンには大満足の映画でした。岡野真也と成田凌は初めてみたけど、どちらも良かったですねー。コトリの同僚役だった渡辺佑太朗も、最初はとにかくキモくて、だんだんいい人に見えてくるって感じがすごくうまかった。アンジャッシュ児嶋は最近色んな映画やドラマで見かけますけど、彼のおかげで締まった感のあるご活躍でした。

by hobomovie | 2015-10-18 21:35 | 日本映画 | Comments(0)