人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新聞記者<2019>

d0088211_22323510.jpg

政治的だったり固いテーマの作品はちょいと避けがちなワタシなので、劇場で予告編を観たときはふーんという感じでした。松坂桃李がこんな地味めな作品にでるんや、やるなぁとは思っていましたが。
ところが公開になって以来ネットで絶賛の嵐なもので、これはやはり観なくてはと思い直して劇場へでかけました。最近パークスシネマやステーションシティシネマがミニシアター系の作品もちょこっとやってくれてありがたいですよな。

外務省から出向してきたエリート官僚・杉原(松坂桃李)は、内閣情報調査室(通称・内調)で威圧的な上司と無気力な同僚に囲まれつつ、現政権を守るための情報操作やマスコミ工作を行うことに嫌気がさしていた。
東都新聞の記者・吉岡(シム・ウンギョン)は、匿名で送られてきた医療系大学の新設に関する内部文書を手にし、調査に乗り出す。杉原の元上司・神崎(高橋和也)の死をきっかけに2人の運命が交錯するのだが…というストーリー。

ともかく最初から最後まで現在の日本の現状と照らし合わせて、これほんまにある話なんちゃうん、いやマジでマジで!と脳内が忙しい作品でした。とりあえずモリ・カケ問題は連想せずにいられない。
杉原の上司・多田(田中哲司)の「安定した政権が安定した国家を維持する」というセリフが印象的でしたが、そのポリシーに基づいて内調ではツイッターなどのSNSで一般人を装ったアカウントを数々作って世論を誘導していて、国民の政治への無関心もその結果なんではと思うと恐ろしくなってきました。
とにかく安定してればそれでいいって思わされているのではないでしょうか?我々。

吉岡が仕事に打ち込む姿にも、はっとさせられました。寝る間を惜しんで情報収集している彼女のように、何かに真剣に打ち込んでいるだろうか。正しいと信じることに取り組んでいるかと。
吉岡を演じるシム・ウンギョンのリアルさゆえでしょうか。すばらしかったです。

有名俳優が数々出演していることや、内調が嘘やろってくらい寒々しい感じなどの演出のせいで、エンタメ感がやや強いのが残念と言えば残念ですが、そのおかげでより広い層に観てもらえる作品になったかな?とも思います。
あと、匿名の内部文書についていた「目を塗りつぶされた羊」の絵が心底怖かったんですけど、ワタシだけですかねぇ。

by hobomovie | 2019-07-27 22:39 | 日本映画 | Comments(0)

アナと世界の終わり<2019>

d0088211_22205680.jpg

最近愛用している「フィルマークス」という映画アプリがありまして。この作品も、そのアプリでおすすめ記事を読んだのがきっかけで知りました。
公開前の作品をお気に入りにしておけば公開になったら通知してくれる機能があるのですが、うっかり通知を見逃していたのか、気づいた時にはあと1週間くらいで終わっちゃう!というすべり込み鑑賞でした。

舞台はイギリスの田舎町、高校3年生のアナは進路について父親とけんかばかりの毎日。学校はくだらないし、幼なじみはイケてないし、こんな町早く出て行ってやる!というティーンエージャーならではの思いがキャッチ―な曲にのって表現されます。まるで「ハイスクールミュージカル」のような、メンバーが学校内で地味なグループなので「glee」の方が近いかな、とにかくゴキゲンなシーンがすごく良かったです。「BREAK AWAY」名曲です。



ここまでは青春ミュージカル映画的な展開なのですが、その後事態は一変。オープニングからちらちらとそれらしいニュースが流れたり、具合が悪そうな人が映ったりしていたのですが、世界中で流行している謎のウイルス感染によって、人々がゾンビ化しているというのです。
学校へ向かうアナが歌いながら歩いている後ろで、人々がゾンビに襲われていくシーンは名場面でしたが、アナと父親、学校のみんなの運命やいかに!

ワタシはミュージカル映画とゾンビ映画では7:3いや8:2くらいでミュージカルの方が好きですが、ゾンビ映画もある程度は観ているほうなので、この作品はとても楽しめました。どちらかがものすごーく好きな人には、もう片方がかけ離れた存在なのであまり楽しめないかもしれませんね。
ゾンビ映画がいける人はよほど嫌いじゃなければミュージカルも楽しめると思うけど、怖い映画苦手な人はハードル高いかもですね。なんとか頑張っていただきたいです。

ゾンビ映画あるあるがあちこちにちりばめられていて面白かったですが、だいだいハッピーエンドがおとずれないのがゾンビ映画なので、これもそんな感じになるんかいなと思っていましたが、まぁだいたい予想通りでした。
大切な人がゾンビになってしまって、早く逃げろ!的なのは1回で十分でしたけどねーそこはもうちょっとひねりが欲しかったような。

原題の「アポカリプス」はたまに聞く単語ですが、今回初めてその意味を知りました。「ポカホンタス」的な響きだと思ってたけど、ギリシャ語が語源のようで。キリスト教における「黙示」という意味なんだそうです。

そして、まやぞー的に音楽映画の評価が高いとサントラ買ってしまいます。まだまだCD派。

d0088211_22231982.jpg


by hobomovie | 2019-07-10 22:24 | 外国映画 | Comments(0)