人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

名探偵ピカチュウ<2019>

d0088211_22511528.jpg

ワタシが大学生の頃バイトしてたコンビニで、ゲームボーイのソフトを予約販売していて「すごい人気なんだなぁ」と感じたのがポケモンとの出会い。
その少し前に生まれた姪っ子1号から始まって現在小5の姪っ子3号に至るまで、ずっと子どもたちに人気なので間接的におつきあいしてはや20年以上。毎年映画をやってるんだけど観たことはなく、テレビアニメは初期のを少しみただけという程度で、有名どころのポケモンしか知らない知識量ではありますが、本格的なハリウッド映画でポケモンが!というので姪っ子3号と観に行ってみました。

予告編の段階で実写映像にCGでリアルにポケモンが登場して、ピカチュウはなぜかおっさんの声でしゃべるのを観てこれは面白そう!と思っていたのですが、想像以上に良かったです。
ストーリーは、ライムシティという人間とポケモンが共存する街を舞台に、父の死の真相を探るティム青年と父の相棒だったピカチュウとの冒険を描いています。
ピカチュウの声を「デッドプール」のライアン・レイノルズがやってるというのは知ってたんだけど、ビル・ナイやらケン・ワタナベやら出てきてびっくり。彼ら俳優陣がこの作品をより本格的なものにしましたね。ティムのジャスティス・スミスと相手役のキャスリン・ニュートンは初めてみたけど2人とも良くて、これから活躍しそうなコたちでしたな。

そしてなにより魅力的だったのがポケモンたち。人間たちとからむのがすごくよくできていて、ポケモンそれぞれが持つ個性がいかされていて、ポケモン愛ハンパない感じでした。ワタシのお気に入りはもちろんピカチュウで、ホームズ好きの心をくすぐる鹿撃ち帽がトレードマークなのがもう最高。ちらっと出てくる本来の声がいつものかわいいピカチュウなのも良かったな~。こども向けなようで大人もばっちり楽しめる作品でした。もう1回観てもいいなって感じです。

d0088211_22515301.jpg

ピカチュウほっぺのところの毛は赤いんだね!

by hobomovie | 2019-06-08 22:52 | 外国映画 | Comments(0)

麻雀放浪記2020<2019>

d0088211_21413966.jpg

大好きなミュージシャン チャラン・ポ・ランタンがらみの映画は必ずおさえているワタシですので、内容的にそんなに好みの作品ではないけど楽しみにしていました。ボーカルのももちゃんが結構大きな役で出てるってことで、去年11月のライブでは姉でありアコーディオンの小春ちゃんが作品を観た後一晩で作りあげたとゆー「麻イイ雀」という曲が披露されておりました。

いよいよ公開の春!というときに、同じく出演者のピエール瀧氏が覚せい剤使用の罪で逮捕されるというまさかの事態となりまして。公開延期、最悪はお蔵入りもありえる…と思ってはらはらしていたのですが、予定通り公開のはこびとなって嬉しかったです。
監督が「凶悪」や「孤狼の血」などの白石和彌で、全編iphoneで撮影して、と何から何まで話題のネタに事欠かない作品だったのだけど、この事件が最大の話題となってしまったのでした。

d0088211_21410240.jpg

ストーリーは1945年から2020年にタイムスリップしてきた雀士・坊や哲(斉藤工)が麻雀の国際大会に出るというのが大筋ですが、東京オリンピックが中止になったとか、全国民のIDが警察に保管されてて行動がすべて把握されてるとか、オモシロ設定があちこちにばらまかれているし、ベッキーや岡崎体育や小松政夫といったオモシロキャストもあってワタシは楽しめました。もちろん、ももちゃんのドテ子も良かったで~す。
'84年の映画はおぼろげな記憶で原作は読んだことないけど、今回はその設定だけ使って別物を作り上げたという感じです。かなり突飛になっちゃってるので、そっちのファンの人たちにしたら、なんだこりゃーてな作品かもねぇ。


by hobomovie | 2019-06-05 21:45 | 日本映画 | Comments(0)