人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ダンボ<2019>

d0088211_22343189.jpg

ダークファンタジーの代表格ディム・バートン監督がディズニーのダンボを実写化するというので楽しみにしていました。
サーカス×バートンなんて最高な予感しかしない。

最初のアニメ映画は1941年とかなり昔なんですが、「グレイテストショーマン」の興行師PTバーナムのサーカスがモデルになってるんですと。今回初めて知りました。
そのアニメ版はみたこと無いのですが、お母さんと離ればなれになる悲しいくだりだけは知っていました。今作でもそのストーリーは残っていて、本人に悪気は無いのに人間を傷つけてしまって、人間たちから敵視されることになってしまうというせつなさを描かせたらバートンの右に出る者はいないのではないかと。
シザーハンズ現象とでも名付けたいくらいです。

ダンボは役者が演じた動きをいかしてCGで作られているのですが、なんとも愛らしくて良かったです。
大きな耳のせいで皆の笑いものになりながらも、サーカス団のこどもたちが空を飛ぶ才能に気づき、初めてサーカスで空を飛ぶシーンには涙が浮かびました。

のではございますが、その後あれよあれよという間に話がどんどんでかくなっちゃって、あらー、そこまで行っちゃう?という着地点でエンディングをむかえた作品でした。
前半はすごく良かったんだけどなぁ。バートンの実写ディズニー映画なら「アリス」のほうがまだマシだったかもしれん…という結果で残念でした。

しかしそのストーリーをおぎなってあまりあるのがダンボを始めとしたビジュアルと豪華な役者陣でした。
ダニー・デビートとマイケル・キートンがバートン映画で共演ときたら、バートン版「バットマン」好きにはたまらない展開。常連のエヴァ・グリーン様も空中ブランコ乗りという役がばっちりはまっていて、相変わらずお美しかったです。今回は意外といい人で、ナチュラルメイクのシーンもありましたね。
あとはチョイ役でしたが「インディ・ジョーンズ魔宮の伝説」で首相を演じてた俳優さんが出ていてうれしかったでーす。

by hobomovie | 2019-05-11 22:41 | 外国映画 | Comments(0)