人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アリー/スター誕生<2018>

d0088211_23363980.jpg

同じ時期に「ボヘミアン・ラプソディ」が公開になっていたので、音楽映画ということでつい比べてしまったりするものですが、あちらが実話ベースでこちらがフィクションだというのに、この作品の方がリアリティを感じる不思議。

監督・主演のブラッドリー・クーパーは国民的ミュージシャンのジャックを演じるにあたりギターや歌の技術をみがき、ジャックにみいだされるアリーを演じるレディ・ガガはこれが本格映画デビューということで精いっぱい演じていて、その相乗効果がすごいパワーを生んでいる作品でした。
インタビューでもガガ様がお互いをミュージシャンとして、俳優として認め合って信じた結果だと言っていたけど、まさにその通り!でした。

A STAR IS BORN=スター誕生という作品は'37、'54、'76と映画化されていて、今回は久々の製作だけどやっぱ邦題がダサいなぁと思うのはワタシだけでしょうか。ともあれそういうシリーズなんだからしょうがない。

恐らく'54のジュディ・ガーランド版をテレビで観たことがあるので(前の事すぎて記憶があいまい)、ストーリーは人気者の男性が才能ある女性をみいだし、女性の方がどんどんスターになっていくというショービズ界の栄光と影、が大筋だろうなと思ってました。
だもんで、ジャックとアリーがすばらしい曲で最高なステージを作り上げていても、アリーの人気が出れば出るほど、いずれ悲しい結末が待っているのではないかと心の底にじんわり暗い影が。
いっそスター誕生のくくりじゃないほうが素直に楽しめたんじゃないだろうかと思ったり、あーでも心の準備ができてよかったか…という、なんだかんだで予想以上に悲しい結末でしんみりしました。
やはり酒はアカン!クスリもね!

あとはとにかくライブシーンがどれも良くて、本当の野外ライブのステージを借りて撮影したものもあったそうで、めちゃめちゃステキでした。ワタシ的には、大好きな奥田民生とジャックを重ねてみちゃったりして。
「ボヘミアン~」がライブシーンにCGを使ってたとこが若干興ざめだったぶん、その点ではこっちの勝ちかもですな。

by hobomovie | 2019-02-22 23:38 | 外国映画 | Comments(0)