人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

旅猫リポート<2018>

d0088211_21501249.jpg

ワタシの姪っ子2号・高校3年生は福士蒼汰君が大好きで、ファンクラブに入って舞台挨拶や写真集発売イベント、ファンクラブイベントとせっせと出かけておられます。
そんなわけで彼のご活躍はあれこれ聞いておるところで、アクションの訓練をしていたり、舞台に出たり、ただのイケメン俳優ではなくなってきたな、と今後が楽しみです。
とはいえあんまりワタシ好みの作品に出ないなーと思っていたのですが、今回は有川浩原作↑猫がテーマ↑↑というわけで、劇場まで観に行ってみました。
お久しぶり福士君。「図書館戦争」以来だね!(おっとあれも有川浩だ)

予告編を何度かみていたので、高畑充希が声を務める猫のナナと福士君が車で旅をするロードムービー系で、「僕の最後の猫がナナで良かった」なんていうセリフもあったのでこれは福士君が病気で死んじゃう展開なんだろうなぁ、めっちゃ泣けそうやなあと思ってました。
予想通り、余命いくばくもない福士君演じる悟がナナの次の飼い主を捜しながら旅をするストーリーなわけですが、とにかく悟が生い立ちから何からかわいそうすぎまして。開始早々から泣き通しな作品でした。
有川浩の群像劇が素晴らしいのは「阪急電車」などで十分知っていましたが、今回も悟をとりまく人々の描かれ方が良かった。原作ではもっと色々あるんだろうなぁ、読んでみなくちゃと思っております。

猫好きで猫なし生活を送っている身としては、あー猫飼いた~い!と思わせられるパワーもあった作品でした。
そして叔母人生が長いワタシは(あんな立派な叔母ではないものの)竹内結子演じる叔母の法子さんにすごく共感してさらに泣けました。
ともかく、ハンカチではたりずタオル必須の作品であります。

おまけ:「そして父になる」のケイタが悟の子ども時代の友達役で出ていて、おっきくなったねぇ~とちょっとうれしかった。

by hobomovie | 2019-01-14 21:53 | 日本映画 | Comments(0)

ボヘミアン・ラプソディ<2018>

d0088211_20121874.jpg

去年いちばん話題だった洋画と言えばこれでしょう。
イギリスが生んだ伝説のバンド、クイーンとそのボーカリストだったフレディ・マーキュリーのデビュー当時から全盛期をえがいた作品でした。

親きょうだいや親戚の叔父さんの影響で、子どもの頃からわりと洋楽好きでした。
クイーンはマイケル・ジャクソンやマドンナやカーペンターズやビートルズなんかと同じように親しんできたわけですが、特に何がきっかけだったかなぁ。
衝撃を受けたのは「メトロポリス」という1926年のドイツ映画にフレディの曲などをあてて1984年に再度公開されたという映画と、その映像を使った「レディオ・ガガ」のPVでした。
フレディが亡くなった頃はたしか中学生くらいだったので、エイズでこんなに有名な人が亡くなったことに衝撃を受け、ゲイの人はエイズになるんだ…という偏った印象を持ってしまったものでした。

ヒースロー空港で働いていた音楽好きの青年・フレディがメンバーたちと出会いクイーンを結成、数々の名曲を生み出すくだりはとにかくワクワクものでした。
ネットでもタイムマシンで連れて来たんかなどと言われていましたが、まー完コピ度ハンパないです。歌声はほとんど本人のものを使用したそうですが、まったく違和感なし。
フレディがアフリカ系の人で厳格な父親との確執があったとか、若い頃から人生をともに歩んできた女性がいたこととか、知らなかったエピソードもあって面白かったです。
メンバーとの別れがあったり、ドラッグに手を染めたり、天才の苦悩や孤独といったつらい展開では、若くして亡くなってしまうことを知っているだけに泣けてきました。

公開当初から評判になっていた、ラスト20分のライブエイドの再現ライブシーンは感動的でしたが、ちょっとCG感が強かったかなぁという印象があってそこが残念。もっと泥臭くごちゃごちゃした感じでも良かったのに。
でも、観た人からクチコミで評判が広まってどんどん観客動員が伸びていったのはこのライブシーンのおかげでしょうね。ここだけでも観る価値ありの作品でした。

by hobomovie | 2019-01-06 20:19 | 外国映画 | Comments(0)