人気ブログランキング |

<   2018年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ヴェノム<2018>

d0088211_22524069.jpg

「ダークナイト ライジング」で、ちらっと出てきた素顔におよ!?となって、「インセプション」にも出てたんじゃーん、あのときはちっとも気にならなかったわーと思いつつ、なんだか結構好きになってしまったトム・ハーディ。

「マッドマックス」は正直そんなでもなかったっつーか主人公なのに影薄かったなーという印象でしたので、まんをじしてのアメコミもの主演を楽しみにしていました。しかもダークヒーローだし、ワタシ好み!

なにしろアメコミはあまり詳しくない方ですので、公開になってから「スパイダーマンⅢ」に出てきた黒いスパイダーマンみたいの、と知ってあぁあれか!となった次第ですが。
人間がヒーローになるストーリーの場合、どうやってそのスーパーパワーを身に付けるのかというのが重要なところですが、今回は宇宙からやってきた生命体・シンビオートがその源。
シンビオートは地球環境に適応するために人間に寄生してしまうのだけど、適応できない人は死んでしまいます。
シンビオートにも個性があって、うまく適応できたトム・ハーディが演じるエディはそのヴェノムと一心同体になるのです。

お互いの意思は残っているので、ちょいちょいケンカしつつも最強バディになっていくところが面白かった。ちょっとうまくいきすぎじゃね?と思わなくもないですが。

ヒロインは「グレイテスト・ショーマン」のお母さん役が記憶に新しいミシェル・ウィリアムズ。
うーん、アラフォーヒロインだからねー、うーん。
ちょっとお母さんの印象が強すぎてアレだったような。

マーベル映画ではおなじみのスタン・リーはどこに出るでしょうか!も楽しめたし、エンドロール途中の映像は???だったもんでググったけど次回作への布石ってことで期待大だし、ともかく楽しめました。

by hobomovie | 2018-11-08 22:55 | 外国映画 | Comments(0)

響<2018>

d0088211_23343874.jpg
芸術の秋、邦画の秋。最近は邦画を観る機会が多いでございます。

これは、なぜか欅坂46のセンター・平手友梨奈ちゃんがお気に入りの70代母が観たいというので、おつきあいしました。

平手ちゃんが演じるのは女子高生の鮎喰響(あくいひびき)。彼女の趣味は読書で、自ら書いた小説を文芸誌の新人賞に応募したところから、運命が動き出すのでございます。

とにかく響がかっこよし。
高校の文芸部の先輩をハリ倒し、キライな作家を蹴り倒し、週刊誌の記者にはつっかかり、それでいて好きな作品や作家のことはとても大切に思っている。
好きなものは好き、嫌いなものは嫌い、それの何が悪いのか。

原作がマンガなのでマンガ的な展開とも言えるけど、主演が孤高のアイドル平手ちゃんであること、脇を固める俳優陣が魅力的なこと、すべてがうまくいっている作品だなと思いました。

by hobomovie | 2018-11-02 23:35 | 日本映画 | Comments(0)