人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

バーバラと心の巨人<2017>

d0088211_22323021.jpg

劇場でチラシを見て以来「これは好き系や!」と公開を楽しみにしていました。
そうなるとなるべく情報を入れないようにするのがワタシ流ですので、観終わってから邦題がややネタバレ問題、本国のポスターが違いすぎる問題などに衝撃を受けております。


d0088211_22330251.jpg

じっさいビジュアルイメージは、日本版の方がいいと思う。観終わってみると。

アメリカの田舎町、海辺の家で姉・兄と暮らす少女バーバラ。いつもウサギの耳が付いたカチューシャを身に着け、様々な道具を積んだ自転車で森や海辺にでかけている。
彼女には巨人と戦うという使命があって、日夜罠をしかけたり、エサをまいたりと準備に余念が無い。
あまりの変わり者っぷりに学校ではいじめられ、スクールカウンセラーには要注意生徒としてマークされている。
イギリスからの転校生ソフィアはバーバラに興味を持って見守っているうち、いつしか唯一の友人に。

ストーリーが進むうち、巨人は本当に存在するのか、バーバラにしか見えないのか?なにしろタイトルが「心の」だしなぁと思いつつ、少し前に観た「怪物はささやく」にそっくりやんけーという思いがむくむくとわいてきました。

だとしたら現実があまりに厳しく、自分を守るために自分だけの世界を作り上げているのか…虐待とか殺人とか、つらい系はマジ勘弁だぜと思っていましたが、結局そのへんも「怪物はささやく」とほぼ同じでびっくり。
原題「I KILL GIANTS」が、まさかそういう風につながるとは…!という展開もあるにはありましたが、ワタシ的にはちょっと残念なストーリー展開でした。「怪物」がなかったら、もっと新鮮な思いで観られたかしら。

すべてを終えたバーバラがおもっきり普通のコになったようなのはどうなの?それで良かったの?とも思いますが、彼女が幸せに生きられるならそれもいいか。

巨人と戦う映像のスケールはすごかったし、バーバラとソフィアを演じたふたりがすごく魅力的で良かった。もともとはグラフィックノベルのようなので、チェックしてみたいと思います。

by hobomovie | 2018-10-20 22:40 | 外国映画 | Comments(0)