ヴァレリアン 千の惑星の救世主<2017>

d0088211_22593024.jpg

つづき。冬の終わりから春にかけて、面白い映画が目白押しでございました。やむなく見送った作品もいくつかある中、「フィフス・エレメント」からちょうど20年、リュック・ベッソンがSF大作を撮ったってんで楽しみにしていました。

原作はフランス版マンガであるバンド・デシネの名作で、ベッソン監督がずっと映画化を願っていたそうな。「アバター」をみて、これはいけると思ったそうな。どうりで似たようなCGキャラクターが出てきましたが、まんをじしての作品やいかに。

オープニングからデビッド・ボウイの「スペース・オディティ」をバックに小さな宇宙ステーションがどんどん発展して、あらゆる惑星の種族が集まる巨大都市アルファになるまでがえがかれ、ワクワクが止まらない演出でした。あとでそのシーンに出ていたのが「ブレード・ランナー」でレプリカントを演じたルドガー・ハウアーだったことを知る。

失われた惑星・ミュールの謎とアルファの危機を2人の若者が救うというストーリーがあるものの、冒頭の演出からずっと遊び心満点つーか遊び心しかないような作品ではありましたね。
意外なご活躍のリアーナやハービー・ハンコック、イーサン・ホークなんかもチョイ役で飛び出したりして面白かったです。

d0088211_22595826.jpg

「レ」はLの発音、「リ」はRの発音と日本人には難しめなお名前・ヴァレリアンを演じるディン・デハーンは「アメイジングスパイダーマン2」以来でしたが、こういうコミカルな演技もできんじゃーん、と見なおしました。
彼がジェームス・ディーンを演じた映画があるそうなので、またチェックしとかなくちゃ。
パンフレットの解説にもあったけど、相棒のロ-レリーヌを演じたカーラ・デルヴィーニュとなかなかいいコンビで、まさに同じ作者が描いたマンガのキャラという感じ。

もっとちゃんとした、というかシリアスなSFを期待してた人が多かったのかな?批評はまぁまぁひどくて、興行成績もいまいちだった模様。
ベッソンがやりたかったことを詰め込みました、って感じでワタシは楽しめましたけども、ちょっと寄り道が多かったかねー。SFファンタジーというふれこみの方が良かったのかなぁ。

最近の映画は製作費が大きいからかオープニングでたくさんの会社のロゴが流れますが、中国の製作・配給会社ファンダメンタルフィルムズをちらほら見ます。この作品もそうだったけど、映画業界も中国資本に頼らざるを得ない今日この頃なのでしょうかね。
そんなわけでナンバー10以内に入るようなキャストにも、中国出身のクリス・ウーが入っておりました。もとEXOの人らしい。いい悪いじゃなくて、そいういう世の流れでございますよな。

[PR]

by hobomovie | 2018-04-29 23:05 | 外国映画 | Comments(0)