ワンダーストラック<2017>

d0088211_10241270.jpg

1977年ミネソタ、母親を事故で失った少年・ベン(オークス・フェグリー)は、母の部屋で父親に関する物を探していたところ、落雷で耳が聞こえなくなってしまう。
それでも「ワンダーストラック」という本と、そこにはさまれたしおりを手がかりに単身ニューヨークへむかう。

1927年ニュージャージー、厳格な父親と暮らす耳の不自由な少女・ローズ(ミリセント・シモンズ)は憧れの女優・リリアン(ジュリアン・ムーア)が出演する舞台をみるため、ひとりでニューヨークへ向かう。

異なる時代の2人の物語がどうつながっていくのか、最後まで目が離せないストーリーでした。
とはいうものの、それほど衝撃の!という展開でもなく、もっとすごいの期待してたわーなんて意見もネットにはちらほらと。

ワタシはというと、ストーリーを補ってあまりある演出にワクワクが止まらなかったのでした。
「ヒューゴの不思議な発明」と同じ人が原作なんだけど、こどもにまつわる話だからちょっと児童文学ぽいというか、もどかしいところがある作品だったから好き嫌いがあるのかなぁ。

それはともかくベンとローズを演じたふたりがさいこう。
ローズのミリセントは本当に聴覚障害があるそうで、とにかく表情がすごく良くて感動的でした。

ローズのエピソードは白黒、ベンの時代はカラーでえがかれていたのも面白かったし、耳が不自由な2人が主役なので時々音が聞こえなくなったり、耳鳴りがしたりという場面もリアルでした。

あと大事なポイントとしてはやはり、ニューヨークの自然史博物館。「ワンダーストラック」という本は博物館の展示にまつわるもので、ベンもローズもそれぞれの時代で博物館に向かうのです。
メインの展示は映画オリジナルのものだと思うけど、良かったなー。棚にギュッと様々なアイテムを詰め込んでるなんてステキすぎです。
「ナイトミュージアム」でもおなじみの博物館だけど、この作品を観たらほんとに一度行ってみたくなりましたよ。

エンドクレジットでは、ベンのお母さんがレコードで聞いていたデビット・ボウイの「スペース・オディティ」を子供たちが歌うバージョンが流れてじーんときました。
そしてこの春、この曲から始まる別の作品を観たのでして。つづく。

[PR]

by hobomovie | 2018-04-22 10:24 | 外国映画 | Comments(0)