ゴッホ 最期の手紙<2017>

d0088211_21582038.jpg

日本人が大好きな画家のひとりである、ゴッホ。
もちろんワタシもヒマワリの絵を始めとしていくつかの作品を知っているけど、暗~い絵も多いし、自分で耳を切り落としたり最終的には自殺だったような記憶もあったし、かなり不幸な人生をおくって人だったよなぁという印象でした。

オランダで生まれたゴッホは牧師や画商などを経て27歳で画家をめざし、37歳でなくなるまで10年という短い活動期間でした。
パリへ移り住んだあとアルルで芸術家たちの共同体を作ろうとするも失敗、精神を病んで自分の耳を切り落としたという有名なエピソードはこの頃。
その後サン・レミで療養したのちオーヴェール・シュル・オワーズで数か月すごすうちに亡くなります。

映画はゴッホの死後、友人だった郵便配達夫ジョゼフが息子アルマンに一通の手紙を託すところから始まります。
それはゴッホが生前弟に宛てて書いた手紙で、それを届けるためアルマンはゴッホの人生をたどることになります。

もともとゴッホの人生そのものがドラマチックなところにもってきて、現在と過去が交錯するストーリー展開に思いきりひきこまれましたね。

そしてそして、この映画の最大の魅力は125名の画家がゴッホのタッチをまねて描いた62450枚の絵と、実際に俳優が演じた映像を融合させているところ!
ゴッホの数々の作品が動き出したように作られていて、本当になにをどうやってるんだかわけがわからなくなってしまう状況でした。まーじーでースバラシイ映像です。いったいどれほどの時間がかかったんでしょうねぇ。

映画を観続けていると、ゴッホが見ていたのはこんな世界だったのかと実感すると同時に、それはどれだけつらいことだったかと思うわけです。
もっとお金に余裕があったら、アルルでの共同生活がうまくいってたら、精神疾患がなかったら、彼はもっと長生きしてたくさんの作品を生み出していたのでは?そのぶん、生み出されなかった作品もあったかもしれないけど。

ゴッホは自殺したというのが定説のようですが、その死に不明な点が多いというのはこの映画で初めて知りました。うーん、謎ですなぁ。

映画がすばらしかったので、京都へやってきたゴッホ展も見に行ってきました。

d0088211_22034508.jpg


ゴッホが愛した浮世絵と関連づけた展示では、彼がアルルを日本のように素晴らしいところだと感じていたところに切なくなりました。
展覧会の最後にあった「ポプラ林の中の二人」は亡くなった年にかかれた作品で、ワタシは初めてみた作品だったけど(ていうか日本初公開だった)映画から始まったワタシなりのゴッホの旅で一番印象深い絵になりました。

d0088211_22040780.jpg

[PR]

by hobomovie | 2018-02-12 22:07 | 外国映画 | Comments(0)