ボブという名の猫 幸せのハイタッチ<2016>

d0088211_22135686.jpg

だ~か~ら~、このサブタイトル必要ですかね!!という邦題はさておき。
前評判どおりとてもいい作品でした。

ロンドンのストリートミュージシャン・ジェームズは薬物依存の更生プログラムを受けながら路上生活をしていて、どん底の生活。
一瞬でも気を緩めたらすぐにドラッグに手を出してしまうどうしようもない状態です。

更生プログラムの担当者のおかげでなんとか住む部屋だけは確保できたところで、運命の出会いがやってくるのであります。
茶トラの野良猫・ボブと一緒に暮らすようになってからジェームズの生活は徐々にいい方向へ向かいます。ちょっと順調すぎじゃね?と思わなくもないですが、実話なんだからしょうがない。

そしてとにかくボブがかわいくてしょうがない。ときどきカメラがボブの目線になるのもまた良し。

ジェームズは俳優さんが演じているのですが、ボブはほとんど本人(猫)がやっている模様でした。ハイタッチする猫なんて、いるんですねぇ本当に。

ワタシ的にはかつて旅したロンドンの風景がたくさん出てきて、特に思い出に残っているコヴェント・ガーデンやノッティングヒルがみられてうれしかったです。
あと、少しだけ野宿生活者に関わる職場で働いていたことがあるので、ジェームズのリアルな路上生活やビッグイシューを売ることが出てきて良かったなぁと思いました。
もちろんこの映画もビッグイシューで取り上げられてましたよ。

d0088211_22143505.jpg

[PR]

by hobomovie | 2017-09-02 22:16 | 外国映画 | Comments(0)