アバウト・タイム<2013>

d0088211_21501998.jpg

人生のあの瞬間に戻ることができたら…というのは誰でもよく考えることですが、この作品では、それが現実のものになった男性が主人公。一族の男性に伝わる特殊能力で、過去であればどの時点の自分にも逆戻りできるというのです。
うーん、うらやましい。
できることなら、ポケットに手を突っ込んだまま走ってころび、前歯を折った小2の冬に戻りたいまやぞーです。

さて、コーンウォールの邸宅で家族と暮らしていたティム(ドナルド・グリーソン)は21歳の誕生日に、父(ビル・ナイ)から自分にタイムトラベル能力があることを教えられる。
それまでのんびりしつつもサエない人生をおくっていたティムの生活は一変。
ロンドンへ出て、運命の女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)との出会いを果たすが…というストーリー。

ドナルド・グリーソンはハリー・ポッターシリーズでロンのお兄ちゃん役だったようですが、うーん、こんな人もいたかねぇという印象でした。でもティムの役には本当にぴったりで、しまいにはステキに見えてくるから不思議です。

なにしろ監督が「ラブ・アクチュアリー」「ノッティングヒルの恋人」のリチャード・カーティスとくれば、胸キュン演出はお手のものでございます。この作品で監督引退宣言をしているそうですが、残念ですなぁ。

相手役のレイチェル・マクアダムスは「きみに読む物語」や「シャーロック・ホームズ」ではクールビューティーというかとにかく気の強い女性のイメージだったんですが、今回のメアリーはどっちかっていうとイケてない女子でして。それがまただんだんキュートになってくるんですよねぇ。

ということでラブストーリーや家族愛モノとしては満点でしたが、タイムトラベルものとしては…若干設定に無理があった感じです。
妹の事故のあたりから、あれ?これはなんだかおかしな方向にいっちゃったぞ…と思ったが最後、ストーリーに全然入り込めなくなってしまいましたとさ。残念です。

それでもキャストが良かったし、ロンドン・コーンウォールの風景もステキだったし、カップルまみれの中観た甲斐のある作品でした!!
[PR]

by hobomovie | 2014-10-26 21:54 | 外国映画 | Comments(0)