人気ブログランキング |

アメイジングスパイダーマン2<2014>

d0088211_1045345.jpg

アンドリュー・ガーフィールドに代替わりしたスパイダーマンシリーズ、2作目の登場です。
すっかりスパイダーマンが板についたピーター・パーカーですが、相変わらずうじうじと悩みながらもバッタバッタと悪を倒すご活躍。
なぜそんなに悩んでいるかというと、愛する彼女グウェン(エマ・ストーン)の父がスパイダーマンの正体を知り、今際の際で「娘に近づかないでくれ」と訴えたから。アンドリューの涙目が大好物のワタシにはいい展開ですけども、もっとカラッとしたヒーローものがお好みな方は、えぇいはっきりせい!とイライラするかもしれません。
d0088211_10463988.jpg

しかし今回の作品、そんなピーターのうじうじした悩みなんてかすんでしまうほど、いろんな出来事が盛りだくさんあってお腹いっぱいでございました。
まずはピーターの両親について、その死やかかえていた秘密などが明らかに。父ちゃん母ちゃんがトム・クルーズ並みのアクションを披露してのっけからビックリ。
オズコープの社長からその息子へ引き継がれる呪われたDNA、ピーターの親友だったハリー(ディン・デハーン)がどうしてグリーンゴブリンになってしまうのか。有名なエピソードではあるものの、新たな展開がありましたな。
ハリー役の俳優さんは初めてみたけど、若き日のレオナルド・ティカプリオを彷彿とさせる繊細さがあって、これから楽しみです。
d0088211_104710100.jpg

こないだ「ウォルト・ディズニーの約束」というほんわかした作品で観たばっかりなので、ライノなんつーザコキャラになってしまったポール・ジアマッティさんにも驚かされました。
ピーターとグウェンがむかえる結末も、アメコミを知ってる人には当然の展開なんでしょうけども…そう聞いてたけども…せつないでございますね。

そしてそして、今回のメイン悪役はアカデミー俳優ジェイミー・フォックスが演じるエレクトロ。元々オズコープ社で働いていたサエない電気技術者が、事故によって体内に電気を帯びてしまい、心に抱えていた闇が怒りへと変化・増幅してしまうというやるせなさ満点の悪役でした。
エレクトロになってしまう前のサエなさっぷりが半端なくサエてなくて、ジェイミーの役者魂を感じましたね…

全体的には、前作同様マンガっぽいノリとスピーディさがあって、面白かったです。ワタシは2Dで観ましたが、3Dだとテーマパークのアトラクションのような楽しさがあるんではないかと。

とまぁこんなに盛りだくさんにしちゃって、次回作大丈夫?という気もしますが、まだまだ登場してないキャラも多々ありますのでね。MJさんは出てくるんでしょうかね。

by hobomovie | 2014-05-26 10:50 | 外国映画 | Comments(0)