人気ブログランキング |

オズ はじまりの戦い<2013>

d0088211_20491914.jpg

子どもの頃大好きだった童話というのは、大人になってもやっぱり好きなもんで。
「不思議の国のアリス」「ラプンツェル」宮沢賢治もの、あと「森は生きている」とか、何故か「パンをふんだ娘」というマイナーなお話も好きで繰り返し読んでたもんでした。

「オズの魔法使い」ももちろん大好きで、特に「ウィキッド」がらみで最近もよく見聞きしてますな。あんまり関係ないけど「西の魔女が死んだ」ももちろん読みまして。

ということで、あのディズニーが映画化するからには観に行かねば!と、2D吹き替え版を観てまいりました。

カンザスの手品師オズ(ジェームズ・フランコ)は竜巻に巻き込まれ、魔法の国へたどりつく。西の魔女セオドラ(ミラ・クニス)、東の魔女エバノラ(レイチェル・ワイズ)に偉大な魔法使いと勘違いされ、エメラルド・シティに招き入れられたオズ。彼女たちから、恐ろしい南の魔女グリンダ(ミシェル・ウィリアムズ)を倒して、この国に平和をもたらすよう頼まれたオズは、魔法の国で出会った仲間とともに南を目指すのだが…というストーリーは事前に知っていたのですが、はて?悪い魔女=西、良い魔女=南のはずなのになーと不思議に思っておりましたが。
そこはまぁ当然の展開として、東西魔女姉妹の方が実は悪かったということで。
圧倒的な強さの姉妹を相手に、グリンダとオズが取った作戦やいかに!

ファンタジーならではの戦闘シーンはなかなか見応えありましたね。サブタイトルに「戦い」とあるのも納得。
ワタシ的にはオズの魔法使いはどうしようもないおっさんという印象が子どもの頃から強く、「ウィキッド」でそれがますます強まったので、この若くかっこいいオズにはなかなか感情移入できなかったもんでした。
最終的には、あんなおっさんにも若い頃があったワケとね…と思うようになりましたけども。
d0088211_20494052.jpg

エルファバ誕生のいきさつは「ウィキッド」と全然違っていて、さほど切ない展開にもなりませんでしたなー。
演じていたミラ・クニスは「テッド」の時にあの「ブラックスワン」の人だったとは…!と驚きましたが、今回もあの「テッド」の人だったとは…!となってまいました。
作品ごとに全然イメージが違うんですよね。
d0088211_20495297.jpg

オズの仲間になる羽の生えた猿・フィンリーはもうちょっとかわいくするか、逆にリアルに猿っぽくするか、してほしかったなぁ。いい役だったんだけど、なんつーかこう中途半端なキャラでしたね。

by hobomovie | 2013-04-13 20:59 | 外国映画 | Comments(0)