人気ブログランキング |

神様のカルテ<2011>

「スポンサーになりますから、主演はぜひこの2人で!」
d0088211_22243482.jpg

「提携しますから、宮崎さんが使うカメラはぜひうちので!」
d0088211_22245852.jpg

そんなやりとりが想像できてしまって少々興ざめな部分もありますが、2010年本屋大賞第2位の原作を読んでなかなか良かったので、観に行ってみました。

松本市の総合病院で働く、少々変わり者の医師・栗原(櫻井翔)とその妻・榛名(宮崎あおい)を中心に、栗原が働く本庄病院、夫婦が暮らす御嶽荘の面々との関わりを通して、夫婦とは、仲間とは、夢を追うとは、さらに地方医療の現状と問題とは?と考えさせられる内容になっています。

ストーリーとしては特に目新しい部分は無いんだけど、原作が現役医師が書いたということで説得力がありました。御嶽荘から旅立つ学士と、入院患者の安曇さんのエピソードは泣かされました…「2」もあるようなので、読んでみようかな。
d0088211_22252662.jpg
栗原は夏目漱石を愛するあまり話し方まで文語調、身の回りのことはおかまいなしのボサボサ頭…というのを表現したかったのはわかるんですけど、櫻井君の髪型は最後まで気になりましたなー。ボサボサっちゅうかクルクルやん!あと、スーツ着ないで宮崎あおいと並んだら、彼のなで肩が相変わらずで…並びのバックショットはあかんねぇ。

神様のカルテ

by hobomovie | 2011-09-04 22:28 | 日本映画 | Comments(0)