人気ブログランキング |

フォレスト・ガンプ 一期一会<1994>

d0088211_10222540.jpg軽度の知的障がいと下肢障がいを抱え、いじめられっこだったフォレスト・ガンプ(トム・ハンクス)少年が成長し、アメフトの全米代表選手になるわ、ベトナム戦争で活躍するわ、卓球でオリンピックに出場するわ…という数奇な運命をたどるストーリー。

そこに1950~80年代に活躍した著名人(プレスリー、ケネディなど)とフォレストが出会ったり、様々な歴史的事件とフォレストが関連していたりと、盛りだくさんで面白い作品でした。
当時の流行曲がたくさん使われていて、サントラCDもヒットしたようです。
フォレスト本人は自らの運命を淡々と受け入れているだけなんだけど、そうしたひとつひとつの出会いを大切にしよう的なフォレストイズムが、公開当時はちょっとした社会現象になりましたねー。
「一期一会」というサブタイトルが幸いしたか。

ワタシ的には娯楽作品といった印象が強かったので、アカデミー賞で監督・脚本・主演男優など数々受賞したときには、そんなに!?と驚きを隠せませんでした。
アカデミー賞はアメリカの状態(思惑?)を映し出すと言いますから、この頃はなんでしょうね。今の50代前後の世代が、俺たちの歴史を振り返り、ビバ・アメリカ!!と盛り上がりたかったんでしょうか。

フォレストが華やかな人生をおくる一方で、彼が子供の頃から大好きだった女性ジェニー(ロビン・ライト)は父親からの虐待が原因で親戚にひきとられ、大人になってからもヒッピームーブメントの中反戦運動に参加したり、ストリップ劇場で働くはめになったり、アメリカの暗い面を凝縮したような人生を歩みます。
近づくことはあっても、最後まで交わることが無かったフォレストとジェニーの人生、この対比はなかなか興味深くて、感動的でした。

USJ前のショッピングモールに、「フォレストがエビ漁で一財産稼いだあとオープンしたお店」という設定の、シーフードレストラン「ババ・ガンプ・シュリンプ」があります。(ちなみにフォレストはそのお金をリンゴ農園に投資するのですが、それが実はMacのアップル社でさらに大もうけ、という展開になっています。)
一度行ってみなくてはと思いつつ、なかなか機会が無いです…
d0088211_10224398.jpg

by hobomovie | 2011-08-27 10:32 | 外国映画 | Comments(0)