人気ブログランキング |

カムイ外伝<2009>

カムイ外伝
d0088211_11234365.jpgマンガ好きでありながら、白土三平の「カムイ伝」は今まで一切目にしたことがありませんでした。
世代的に、ちょっと前すぎたんですかのぉ。カムイと言えば「カムイの剣」しか思いつきませんから。

1964年から「ガロ」で連載が始まった「カムイ伝」は江戸時代初期の架空の藩を舞台に、厳しい身分制度の最下層から忍に身を転じるカムイ、農家の使用人正助、武士の息子竜之進の3人をメインにすえた群像劇で、その中のカムイを主役にした、今で言うスピンオフが「カムイ外伝」。これはその映画化です。

出演は松山ケンイチ、小雪、佐藤浩市、小林薫、伊藤英明、大後寿々花、監督は崔洋一、脚本は宮藤官九郎と、これで面白くないわけが無かろうというメンバーが揃っています。
この手の作品はどうしても、昔のカドカワ映画的になりがちですが、そこは崔ワールドと言いますか、もっと奥の深い映像になっていて良かったです。
ちなみにクドカンの要素は何ひとつ感じず…

松山ケンイチ好きなワタシとしては、見どころ満載でした。かなり訓練をつんで、骨折までしながら撮影しただけあってアクションはなかなか格好良かったです。
ただ、カムイには霞切りだの飯綱落としだの有名な技があるんですが、CGにあまりお金をかけなかったのか時々「え?」となるようなショボさのシーンがあって残念でした。
カムイが相手の首に足をかけ、一瞬にして肩車みたいな状態になる組み手などは、本当に体ひとつでやっていてかっこいいなぁ~と思いました。
相手役の大後寿々花とはドラマ「セクシーボイスアンドロボ」と同じ組み合わせで、そういう楽しみもありました。小雪とマツケンはこの作品から噂にもなってますし。

キャストに好きな俳優がいるとか、アクションが好きとか、こういう時代モンが好きとか、そういう人にはおすすめですかね。
昔から原作のファンだ!という人はどうだったんでしょうかー…

by hobomovie | 2009-10-17 11:28 | 日本映画 | Comments(0)