人気ブログランキング |

サブウェイ123 激突<2009>

おっさんVSおっさんの構図がバーンと表わされたパンフレットでございます。
サブウェイ123 激突
d0088211_8365454.jpg
とある平日の昼下がり、ニューヨークの地下鉄で123号が突然ストップした。4人の男が先頭車両のみ残して切り離し、乗客乗員19名を人質に取っていたのだ。
列車の指令係ガーバー(デンゼル・ワシントン)は、犯人グループのライダー(ジョン・トラボルタ)と無線で交信し、彼らの要求を聞くことになるのだが…というストーリー。

ジョン・ゴーディーの小説を原作とした「サブウェイ・パニック」(1974)のリメイク。この旧作もなかなかの出来だったようですが、今回の作品もよくできていて最後まで楽しめました。

やっぱり2大スター共演というのが大きいでしょうか。
犯人は誰なのか?何故地下鉄に詳しいのか?身代金の設定理由は?なぜニューヨーク市に支払わせるのか?など、徐々に謎が解けていくところとか、乗客が持っていたパソコンからウェブカメラで通信されるあたりも面白かったですね。

ところで「ハイジャック」という言葉は交通手段が占拠される行為全般を指すそうですが、日本では航空機の占拠のみに用いることが多いそうで。
ワタシもこの作品の「地下鉄がハイジャックされた」という紹介には「地下鉄ジャックじゃなくて?」と違和感を覚えたものでした。

原題は小説&過去の映画化作品同様「The Taking of Pleham One Two Three」なのですが、日本向けには「サブウェイ・パニック」を継承しつつ若干変えてみた感じでしょうか。
「激突」ってのは必要ですかねぇ…?デンゼル・ワシントンとトラボルタの激突っていう意味?
で、「さぶうぇい わん つー すりー」と読むのかと思いきや、映画館のお姉さんは「さぶうぇい ひゃくにじゅうさん」と読んでらっしゃいました。

by hobomovie | 2009-09-21 08:37 | 外国映画 | Comments(0)