タグ:2013年 ( 30 ) タグの人気記事

はじまりのうた<2013>

d0088211_216128.jpg

音楽モノの映画が好きなとこへもってきて、ネットでなかなか評判が良いので観に行ってみました。
マルーン5のボーカリスト、アダム・レヴィーンの映画デビュー作ということもあって期待がふくらむー。

シンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)は恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)とともにイギリスからニューヨークへやってきた。パートナーとして曲を作ってきた二人だったが、デイヴひとりがメジャーデビューし、スターになっていく。すれ違いから二人の関係は終わりを迎え、どん底の気分でたまたまバーのステージにたつハメになったグレタだったが、彼女の歌声を聞いた音楽関係者ダン(マーク・ラファロ)から一緒にアルバムを作ろうと声をかけられ…

ストーリーだけだと既視感ありありの展開なんだけど、ところがどっこい。ダンは元ミュージシャンで元敏腕プロデューサーだったものの今は落ちぶれ、職なし・カネなし・家族も失いかけのつらい状況。
スタジオを借りるお金も無いダンとグレタは、友人たちを総動員してニューヨークの街角でレコーディングするのです。
街の喧騒も曲の一部ってことで、様々な場所でレコーディングをするシーンがすごく良かった。これぞこの映画のキモって感じがします。
子どもたちが飛び入りしたり、警察においかけられたり、雨が降ったり。そうやって作り上げられていくアルバムの完成が楽しみで、これまた曲も良くてワタシ好みだったのでサントラも買っちゃいましたよ。
リサ・ローブとか思い出して、またこういう系を聞きたくなりましたね。
キーラさんも弾き語りでぼそっと歌う感じがすごくハマる人で、いつものように美人なんだけどなーアゴがなーと気になっちゃうことも無いほど、ナチュラルでステキでした。
d0088211_2111559.jpg

ほら、気にならない!

歌曲賞でアカデミー賞にもノミネートされるほどの名曲に加え、やっぱこのキャスティングがますます映画を良くしたんでしょうなー。
とりあえずマルーン5が好きな人は絶対観た方がいいですぜ。

あと、グレタの曲を初めてダンが聞くところは、ものすごく名シーンでした。グレタが一人で弾き語りをしてるのに、ダンにはアレンジが聞こえてきて、楽器が勝手になり始めるんですよ。のっけからココロをつかまれましたな。

ところで原題は「BEGIN AGAIN」なのですが、別にこのままでも良かったんじゃないかな?と思わなくもない。なーんか日本版タイトルにきな臭さを感じる今日この頃です。映画を売るためだけじゃなくて、単純に作品に合うタイトルを付けてほしいなぁ。
[PR]

by hobomovie | 2015-02-23 21:20 | 外国映画 | Comments(0)

天才スピヴェット<2013>

いやはや、新年でございますよ。あっという間に12月が終わっていました。まるまるブログをサボってしまいました。どうもすいません…12月は仕事もそれ以外もとってもバタバタで、年末の休みになるまで映画を1本も観られないほどだったのですよ。いわんや、ブログをや。
そんなワタシでございますが、今年もよろしくお願いいたします。
d0088211_2053947.jpg

まだまだ気持ちにも時間にも余裕があった11月、この作品を観に行きました。
映画館で観る作品を選ぶ基準として、最近は「好きな俳優」よりも「好きな監督」の方が重要だと思いますよね、映画好きなら当然かもしれませんけども。
やはり作品の要素の大部分を占めるのが監督で、その世界観は当然次の作品にも引き継がれていくと思うんですよねー。
ということで、「アメリ」以降チェックしているジャン=ピエール・ジュネ監督の新作です。

3Dで観た方がいいという話しも聞きましたが、まー、2Dでもいいんじゃないですかね?ということで劇場へ。ジュネ監督作品としては珍しく、アメリカが舞台のストーリー。

モンタナの牧場で家族と暮らすスピヴェット少年10歳は、論文が専門誌に掲載されるほどの頭脳の持ち主でありながら、学校や家庭でしっくりこない生活をおくっている。双子の弟を銃の暴発事故で失った心の傷が癒えていない。
そんな中、スピヴェットの発明が受賞し、スミソニアン博物館から授賞式の連絡が入る。スピヴェットは家族に内緒で旅立ちの決意をする…

モンタナからワシントンDCまで、突然始まったロードムービー、スピヴェットの運命やいかに?と目が離せませんでした。
スピヴェットは弟の事故現場に居合わせたことからずっと自分を責めていて、家族からの愛と許しをなにより求めているのだけど、それがうまく表現できない…と言うと単なるかわいそうな少年になってしまうけども、スピヴェットも家族も個性的で才能があって、その中での居場所を作る過程の物語でしたね。
それがジュネ節で面白おかしく、おもちゃ箱のような作品になっていました。
軽く楽しめる3D作品という、新しいジャンルを作ったかも知れませぬ。
「アメリ」からフランス的要素とラブストーリーを抜いてもオッケー、という人なら、きっと好き。
d0088211_20534185.jpg

[PR]

by hobomovie | 2015-01-04 20:55 | 外国映画 | Comments(2)

アバウト・タイム<2013>

d0088211_21501998.jpg

人生のあの瞬間に戻ることができたら…というのは誰でもよく考えることですが、この作品では、それが現実のものになった男性が主人公。一族の男性に伝わる特殊能力で、過去であればどの時点の自分にも逆戻りできるというのです。
うーん、うらやましい。
できることなら、ポケットに手を突っ込んだまま走ってころび、前歯を折った小2の冬に戻りたいまやぞーです。

さて、コーンウォールの邸宅で家族と暮らしていたティム(ドナルド・グリーソン)は21歳の誕生日に、父(ビル・ナイ)から自分にタイムトラベル能力があることを教えられる。
それまでのんびりしつつもサエない人生をおくっていたティムの生活は一変。
ロンドンへ出て、運命の女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)との出会いを果たすが…というストーリー。

ドナルド・グリーソンはハリー・ポッターシリーズでロンのお兄ちゃん役だったようですが、うーん、こんな人もいたかねぇという印象でした。でもティムの役には本当にぴったりで、しまいにはステキに見えてくるから不思議です。

なにしろ監督が「ラブ・アクチュアリー」「ノッティングヒルの恋人」のリチャード・カーティスとくれば、胸キュン演出はお手のものでございます。この作品で監督引退宣言をしているそうですが、残念ですなぁ。

相手役のレイチェル・マクアダムスは「きみに読む物語」や「シャーロック・ホームズ」ではクールビューティーというかとにかく気の強い女性のイメージだったんですが、今回のメアリーはどっちかっていうとイケてない女子でして。それがまただんだんキュートになってくるんですよねぇ。

ということでラブストーリーや家族愛モノとしては満点でしたが、タイムトラベルものとしては…若干設定に無理があった感じです。
妹の事故のあたりから、あれ?これはなんだかおかしな方向にいっちゃったぞ…と思ったが最後、ストーリーに全然入り込めなくなってしまいましたとさ。残念です。

それでもキャストが良かったし、ロンドン・コーンウォールの風景もステキだったし、カップルまみれの中観た甲斐のある作品でした!!
[PR]

by hobomovie | 2014-10-26 21:54 | 外国映画 | Comments(0)

サンシャイン♪歌声が響く街<2013>

d0088211_222513100.jpg

この夏は観たい映画がたくさんあってたくさん観たんですけども、ブログが全然追いついてません。
もう9月か…早い早い。

スコットランドを舞台に、スコットランドの国民的人気ミュージシャン・プロクレイマーズの曲を全編使用したミュージカルということで、テレビや新聞に取り上げられているのをみて楽しみにしてました。
いや、プロクレイマーズは全く知らなかったんですけども。
ミュージカル好きとしては、スコットランド版マンマミーアというキャッチフレーズにはかなり魅かれますよね。

物語は兵役を終えてリースの街に帰ってきたデイヴィとその妹リズ、二人の両親ロブとジーンが中心。
デイヴィはリズの友人イヴォンヌと恋に落ち、これからの人生を見つめなおす。
リズはデイヴィの友人アリーとつきあっているもののリースの街から出て、自分の可能性を試してみたいと思っている。
ロブとジーンは結婚25周年を迎える平凡な夫婦だが、ロブに24歳になる隠し子がいることがわかり、波乱の予感。
家族4人の生活は、これからどうなっていくのか?というストーリーに、プロクレイマーズの曲が完全にリンクしていました。

曲も演出も良かったし、今まで見たことも聞いたこともなかったリースという美しい街がステキでした。
原題は「Sunshine on Leith」というタイトルで、2007年から上演されている舞台の映画化でした。
ロンドンに行ったときミュージカルをみましたけど、全然気が付かなかったなぁ。まぁ、「ウィキッド」しか考えてませんでしたが。

ジーン役のジェーン・ホロックスは「リトル・ヴォイス」でLVをやってた人か!とパンフを見て気づく。あの作品のときほどのパワーは無かったかな?という感じですが、チャーミングさは相変わらずでした。
ジーンの同僚役でジェイソン・フレミングが出てたのは「ロック・ストック」好きには嬉しいポイントでしたが、監督もあれに出ているデクスター・フレッチャーだったと、これまたパンフを見て気づく。
d0088211_22264539.jpg

サントラは輸入盤しかないようですが、ぜひ手に入れたい今日この頃です。
クライマックスシーンは、期待通り良かったな~♪

[PR]

by hobomovie | 2014-09-06 22:49 | 外国映画 | Comments(0)

キャプテン・フィリップス<2013>

d0088211_2117375.jpg

先月韓国でフェリーが転覆、沈没してしまうという事故がありましたが、そのニュース映像の中で衝撃的だったのは、一目散に逃げる船長の姿。
犠牲になった大勢の乗客のことを思うと怒りを覚えるとともに、この映画をみやがれ!と言ってやりたい。

トム・ハンクスの映画に大ハズレなし、という思いを新たにした、みごたえたっぷりの作品でございました。

2009年4月、オマーンからケニアへ物資を運ぶアメリカの貨物船マースク・アラバマ号は、わずか4人のソマリア人海賊に占拠されてしまう。
20人の乗組員を救うため、フィリップス船長は海賊の人質となるのだが…というストーリーはまとめると簡単なんですけども、すごい点が数々ある作品でした。

まずはこれが実話をベースとしている点がすごい。映画公開時に実物のフィリップス船長をテレビで見たりしてそのお元気な姿を確認しているものの、どうやっても助かりそうにない展開でしたよほんと。

それから、ソマリア人海賊を演じた人たちがすごい。役者ではなく、ソマリア系アメリカ人の素人対象にオーディションを行って選ばれた人たちなのです。彼らが海賊行為に身を投じる背景も描かれていて、さらにリアルになっておりました。
もうとにかくね、常にどなっていて全然話が通じない感じなんですよ。それがすごく怖かった…
フィクションでありながら、ドキュメンタリーを観ているような錯覚に陥りました。
d0088211_21174263.jpg

そして一番すごいのは、キャプテンの決断力です。人質になってしまうのは最後の手段でどうしようもなかった結果であって、そこに至るまで船長として、様々な決断をする場面があるわけです。
息つくひまもないストーリー展開なんですが、立派な船長の姿に胸が熱くなりました。船長ってすげーと、心から思いましたよ。
しかし、残念ながら船長にも色々あるんだ…と最近は思ってますけどね。

最後にもうひとつ、アメリカ海軍が本気出したらすごいってことを付け加えておきましょう。ネイビーシールズって本当に、こんな映画みたいなことやるんやな…!(まぁ、映画なんですけど)
[PR]

by hobomovie | 2014-05-11 21:17 | 外国映画 | Comments(0)

ウォルト・ディズニーの約束<2013>

d0088211_22421886.jpg

4月から職場が変わって、ときどき土日出勤&ときどき平日休みがあるようになりました。
そして初めて水曜日の休み。
ここはやはり映画でしょう、ということで「それでも夜は明ける」「フルートベール駅で」などの候補がありつつも、9:15からの「ウォルト・ディズニーの約束」を観ることにしました。
ちょっとお疲れモードなんで平和なお話のほうがいいし、ネットの評判もいいようだし。もちろん、メリー・ポピンズも好きだし…と楽しみに眠りについたんですが、目が覚めたら8:30!!
いや~わが目を疑いましたね。いくら映画館まで3駅とはいえ、軽くあきらめかけましたね。
でも公開からけっこうたっちゃったし、今観ておかねば後悔しそうなので頑張りました。
そして、それだけ頑張った甲斐のある作品でございました。

「メアリー・ポピンズ」の作者P.L.トラヴァース(エマ・トンプソン)は20年にわたって、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)からの映画化交渉を断り続けていた。
トラヴァースの希望する実写映画化という条件をディズニーがのんだこと、トラヴァース自身の経済状況が苦しくなってきたこと、などの出来事が重なり、ついにトラヴァースはディズニー待つロサンゼルスにやってくる。
脚本家、作曲家たちはかたくなな彼女との悪夢のような打ち合わせを始めるのだが、ディズニー側が提案するあらゆることに難癖をつけ、自分の要求を曲げないトラヴァース。
本当に映画化を望んでいるのか?いっそ、話し合いが決裂することを目論んでいるのでは?と思わせるほど。
さてさて、あの名作はどうやって生まれるのやら…

映画の冒頭で代理人ラッセル(この人絶対どこかでみたことあるんだけど、パンフにもネットにも名前が出てません…あー気になる!)から経済状況の悪さを指摘され、「家を失うわけにはいかない」とLA行きを決意するあたりから、トラヴァースが少女の頃、家族で家を追われ、田舎へ移り住むシーンが同時進行していきます。
田舎の銀行員となった父(コリン・ファレル)がアルコールが原因で身を持ち崩していく様子が描かれ、父との関係が彼女の人生に大きな影を落としていることが、徐々に明らかになっていきます。

他にもトラヴァースをLAで迎え、少しずつ親しくなっていった運転手・ラルフ(ポール・ジアマッティ)とその娘のエピソード、ディズニーとその娘や、ディズニーとその父の関係など、映画「メリー・ポピンズ」製作裏側を描きつつも「父と子」が大きなテーマとなっていて、どえらい感動が待っている作品でした。
いやー予想外。ほんと、頑張って観に行って良かった!!

原題は「Saving Mr.Banks」で、今回はこっちの方が作品に合ってたかなーと思いますね。
「ウォルト・ディズニー」とついている方が日本人ウケが良かろうということなのかもしれませんが、せめて「メリー・ポピンズの約束」の方がしっくりくるなー。

メアリー・ポピンズ好きは絶対観ないといけない展開も多々ありますですよ。
トラヴァース一家が本当に困ったときに現れる大叔母さんのエピソードはかなりツボでした。
もちろん最後には映画が完成するわけで、実際の映像が出てくるところもすごく良かった。
ネットで言われてる通りワタシもみたくなっちゃって、レンタルして帰りましたよ。
今までは「2ペンスを鳩に」が好きでしたが、この作品以降は「凧をあげよう」が泣けてきます…

[PR]

by hobomovie | 2014-04-26 22:45 | 外国映画 | Comments(0)

ホビット 竜にうばわれた王国<2013>

小説はもとより映画、ゲームなどあらゆるジャンルのファンタジーアドベンチャーはここに通ずる「ロード・オブ・ザ・リング」こと「指輪物語」。
その前日譚「ホビット」が映画化され、「ロード・オブ~」よりも面白い!と大評判だったのが2年前。観に行こうかな…とは思ったんですが、どうにもビジュアルがねぇ。
おっさんとおじいさんの旅、始まるよ!
d0088211_22203412.jpg

…華がないっつーか地味ですやんか。
前シリーズでフロド少年がおじさんであるビルボからゆずり受けた指輪を、そもそもビルボがどうやって手に入れたか、という話しだからしょうがないっちゃしょうがないんですけどね。主人公がすでにおじさんですから。昔の話だから、少々若くはなりますけども。

ビルボを演じたマーティン・フリーマンは当時は「ラブ・アクチュアリー」のAV男優役くらいでしか知らなかったんですが、今ではシャーロック・ホームズが現代に生きていたら?というテレビシリーズ「シャーロック」でワトソン君を演じてすっかりメジャーになったイギリス人俳優でございます。

そしてなんと今作では、ドラマでシャーロックを演じているベネディクト・カンバーバッチもワトソン君のために(かどうかは定かではない)馳せ参じているというではありませんか。

そしてそして、今作は華が加わってますよ、華が!
d0088211_22315477.jpg

やっぱエルフがいないとねぇ。
前シリーズ開始から10年以上たっても変わらぬ美しさのオーランド・ブルーム、すばらしい。
レゴラスのキャラは少し若くて、やんちゃだったのが新鮮です。

ということで、1作目「思いがけない物語」をレンタルでチェックの上、2作目から劇場で観るという珍しいパターンになりました。
結果、やはりファンタジーアドベンチャー好きならはずしちゃいかんシリーズだったな、やっぱ1作目からちゃんと観れば良かったよ…という後悔の念が胸に去来しております。
ビジュアルにだまされたオイラが甘うございました。3作目も楽しみです。
こうなったら、子供の頃からチャレンジしていない原作読破をやってみようかしら…なんてね、なんてね!

ちなみに、シャーロック先生の役はこちらでした。
d0088211_22213035.jpg

ドラゴンのスマウグ!がびーん。先生のお顔おがめず…
[PR]

by hobomovie | 2014-04-05 22:43 | 外国映画 | Comments(0)

アナと雪の女王<2013>

d0088211_22153357.jpg

正月に「ゼロ・グラビティ」を観たときにエルサが「Let it go」をまるまる1曲歌う予告編をやっていて、こ~れ~は~観なくては!と思っていました。しかもエルサ役が大好きな「ウィキッド」「Glee」でおなじみのイディナ・メンゼルという。

そうこうしていたらアカデミー賞で長編アニメ賞、主題歌賞を受賞してぐんぐん上り調子な作品に。
結局姪っ子5歳と二人で吹き替え版を観たんですけど、そっちにしてもエルサが松たか子というので期待大でした。

アレンデール王国の国王にはエルサとアナという二人の娘がいた。姉のエルサは氷や雪をあやつる魔法の力を持っていて、ちょっとした事故でエルサがアナを傷つけてしまったことから、国王はエルサを城の奥深くへ閉じ込め、外部との関わりを極力減らしていた。
数年がたち、ますます魔法の力を強めていたエルサは、王位を継いで国民の前に姿を現さなければならないことになったのだが…というストーリー。

全編素敵なミュージカルナンバーに彩られつつ、ストーリーもよくできていて面白かった。
生まれながらにして特殊な能力を授かってしまったエルサの苦悩が、今までになかったディズニーのキャラではなかったと。どうすることが彼女の幸せだったのか、思いのほか考えさせられました。

そして松さんの「Let it go」はやはりすごく良くて、観た後は姪っ子と何度も何度も歌いました。パンフレットに歌詞が載っておりますのでね。
アナを演じた神田沙也加も舞台で鍛えられたか、ばっちりミュージカルスターの歌声でございました。

あとは映像も想像以上のキレイさでしたね。あらゆるタイプの雪や氷が出てくるんですが、質感がすごくリアルでした。
そうなると、キャラクターの非現実感が際立っちゃうんですけどねぇ。
いつからディズニー映画はこんな、おめめパッチリの寸詰まりな顔が基本になったんでしたかねぇ。
面長の正統派美人よ再び…!

ところで、今回も原題には度肝抜かれましたよ。「Frozen」てアナタ、凍らせるってそれだけ!?
心を凍らせてしまうとか、若干取り入れられていた雪の女王的要素がタイトルにまったく入ってませんがな。
う~ん、いい作品なのになぁ。こんなタイトルでええんかいな。この辺の感覚が、文化の違いってやつですか?
d0088211_22155754.jpg

[PR]

by hobomovie | 2014-03-24 22:25 | 外国映画 | Comments(0)

エンダーのゲーム<2013>

d0088211_20255910.jpg

1977年に発表されたSF小説「エンダーのゲーム」が30年以上の時を経て実写映画化。
はっきり言ってこの小説のことは知らなかったんですが、もともとSFは好きだし、ハリソン君も出てるしってことで観に行ってみました。

近未来、異星人の侵略から地球を守るため戦うといったストーリーはまぁよくあるパターンなんですが、その戦いの中心となるのが世界中から集められたエリート少年少女という点が、この作品がユニークなところ。
子ども達を戦争に利用するということで批判的な意見もあるようですが、この作品の中の世界では「大人より子どもの方が優秀だから」という、実にシンプルかつ強力な理由で全てが進んでいきます。
未来の子どもは生まれた時からバーチャルゲームに接しており、情報処理能力・判断力・反射が大人よりも格段に優れているという設定なのです。
いやー、これはちょっと単なるSFとしてすまされない気分になりますね。実際デジタルネイティブ世代は生まれた時から大容量の情報に接しているので、やはり脳の発達具合などがそれまで世代とは違うんじゃないかと思うんですよ。
ま、そのぶん視力はぐんと低くなるんですけどね…SF世界ならレーシック技術も進歩してるか…

エンダー少年はエリート集団の中でも特に才能があるため上官に認められるのですが、かつてリタイヤした兄や姉との確執、ライバル達のねたみ、信頼できる仲間との出会いと、様々な出来事がおとずれます。
原作のエピソードをかなりばっさり省いたそうなのですが、それでも単なるエイリアンとの戦いものでは片づけられない、奥が深いストーリーで面白かったです。
d0088211_20262757.jpg

エンダー少年を演じていたのはエイサ・バターフィールドというイギリス人俳優なのですが、「ヒューゴの不思議な発明」をわりと最近レンタルしてみたので、あまりに成長していて同じ人と気づきませんでしたよ。
ぜひ、この繊細な雰囲気を持ったまま成長していただきたい。
ちなみに「ヒューゴ」でパパ・ジョルジュを演じていたベン・キングズレーも重要な役どころで出演しております。

エンダーを見出すグラッフ大佐役がハリソン・フォードだったのですが、やはり彼のような大御所がいると作品が締まりますな。
かつては主役を張りまくってたハリソン君、最近は脇役でもなかなかいい味出してます。
関係ないですが、最近テレビでみた「正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官」(このタイトルはいかがなものか…)は良かったですねぇ。「カウボーイ&エイリアン」よりはだいぶ良かったですねぇ。
[PR]

by hobomovie | 2014-03-02 20:31 | 外国映画 | Comments(0)

エレニの帰郷<2013>

d0088211_2313527.jpg

大学生のころ、ゼミの映画好きな教授に「旅芸人の記録」はすごくいいから是非みなさい、と言われたことがありました。
ギリシヤ映画というとっつきにくさから、映画好きのワタシでありながら教授の助言に従わないままはや幾年月、かの作品の監督テオ・アンゲロブロスは2012年にオートバイ事故で急死してしまいました。
そこで、彼の遺作となった「エレニの帰郷」と、回顧上映で前作「エレニの旅」を観ました。
アンゲロブロス作品が好きな友人から、「旅」はわりとわかりやすいよ、と勧めてもらいまして。
回顧上映では「旅芸人の記録」もあったんですけども…やはりハードルが高く…すんません教授…

「旅」の方は、第二次世界大戦とギリシヤ内戦を舞台に、戦災孤児となった後ひきとられ、独裁的な養父から逃れるため恋人と駆け落ちするエレニ。二児の母となったものの反政府勢力の友人がいたため投獄され、夫は徴兵され、子供たちは内戦の犠牲となるという波乱に満ちたストーリーでした。

今回の「帰郷」は、舞台を戦後のロシアに移し、シベリア刑務所に投獄された経験を持つエレニが恋人を追い求めてアメリカへ渡る物語と、ベルリンに暮らすエレニの息子とその娘エレニの物語が同時進行するストーリー。
いやはや、前作同様に淡々と進むストーリーでありつつ前作以上に説明的展開が少なく、これは…どういう意味なんだか…と真剣に考えながら観ないといけない作品でした。
ほとんどのシーンがズームイン・ズームアウトによる長回しで、なんというか余白の多い映像でした。
ワタシは両方のエレニが同一人物だと思い込んでいたので、さらにややこしい状況になってしまった。

でも、ぼーっと観ているだけでそれなりに楽しめる作品ばかりでなく、こういうのもたまには観たいものです。となるとやはりヨーロッパ映画ですねぇ。

ウィレム・デフォー、ブルーノ・ガンツ、イレーヌ・ジャコブといったキャスティングも良かったです。

アンゲロブロス監督はもう1作撮って20世紀3部作にするつもりだったようです。きっと、運命に翻弄されつつ愛する人を追い求める強い女性・エレニをヒロインにした新たな作品になるところだったんでしょう。実現できなくて残念です。合掌。
[PR]

by hobomovie | 2014-02-16 23:02 | 外国映画 | Comments(2)