タグ:2012年 ( 25 ) タグの人気記事

ヴァンパイア<2012>

d0088211_19161545.jpg

岩井俊二はドラマ「ifもしも(打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?)」の頃から好きな映像作家で、特に「Love Letter」や「四月物語」なんかのほんかわした作品が好きです。
彼が「花とアリス」以来8年ぶりの長編映画を監督して、全編英語&カナダロケ、ヴァンパイアがテーマということで、これは「リリィ・シュシュ」系のダークサイド作品だな…と覚悟を決めて劇場へ。

果たして、ミニシアター系の映画館はガラガラでございました。
実際、作品はというと超・ダーク&ヘビーな内容でしたね。

物語はのっけから自殺志望の女性から血を抜いていく男性が登場してびっくりな展開でしたが、その男性は高校教師のサイモン(ケヴィン・ゼガーズ)で、病気の母(アマンダ・プラマー)と二人で地味~に暮らしている。
言うなれば猟奇的殺人事件の犯人なわけで、母親の扱い方も病的だし、こりゃヴァンパイアというより病んでる人間が主人公なのでは…それにしても次々と女性の血液を抜いていくから気持ち悪くなってきた…とつらい状況で観ていました。

サイモンが女性の血液を飲んで吐くシーンがあったりなんかして、ますます気持ち悪くなりながらも観ていると、あらあら不思議このサイモン青年にいつの間にやら感情移入してしまい、彼のことが世間に知れてしまうのではないかとハラハラしてきました。

彼の行為は絶対許されないものだし、彼自身もちっとも魅力的ではないのだけど、社会から疎外されているマイノリティという点で応援してしまう…のかなぁ。本当に、不思議な映画でした。
彼が本当にヴァンパイアだったのかどうかも、不思議なままです。

ちなみに、日本からの交換留学生という役で蒼井優が唯一日本人キャストとして出演しています。彼女の芝居は最近のドラマとかでは若干くどいな~という印象でしたが、岩井作品では活きますね。
[PR]

by hobomovie | 2014-06-22 19:19 | 日本映画 | Comments(0)

マジック・マイク<2012>

d0088211_226434.jpg

友達からの映画のお誘いは、まず断らないまやぞーでございます。
主演がこの夏公開の「ホワイトハウス・ダウン」で一気にスターの仲間入りなチャニング・テイタムってことと、彼の実体験に基づいた男性ストリッパーの物語ってことくらいの予備知識で劇場へ向かいました。わくわくですね。

フロリダ州タンパを舞台に、ストリップクラブのスター・マイク(チャニング・テイタム)とひょんなことから同じダンサーになったアダム(アレックス・ペティファー)を中心に、酒と涙とドラッグと女、といういかにもなストーリー展開ではあるのですが、とにかくマイクがすごくてですねー。
「ホワイトハウス・ダウン」は誰でもできるような役なんでしょうけど(←観てないし、たぶん観ない)、この作品でのチャニング・テイタムはワンアンドオンリー。
ダンスシーンは圧巻で、脱ぐ脱がないは別として、まぁ脱ぐんですけど、筋肉隆々かつギリシャ彫刻並みにほりの深い顔立ちという嘘みたいな状態で、ものすごくかっこよく踊るんですなぁ。
実際にストリッパーの経験があるのは本当らしいんですけど、それでこの作品につながったんなら本望ではないか!あっぱれあっぱれ。これから注目の俳優だなと思いました。

ミニシアター系で完全にスルーしていたので、誘ってくれた友達に感謝ですね。

女性でナイトクラブに置き換えたら「バーレスク」という感じですが、こっちのほうがもっと毒がありますね。ラブストーリー的にはどっこいというところかな。
大御所対決ではあちらのシェールもいい味だしてましたが、こっちのマシュー・マコノヒーの方が思い切りはじけてて良かったですな~。これまた、あっぱれあっぱれ。
[PR]

by hobomovie | 2013-09-03 22:07 | 外国映画 | Comments(0)

アウトロー<2012>

d0088211_22592321.jpg

ジャック・リーチャーは元軍のエリート秘密捜査官。仕事や家や家族のみならず、免許証やクレジットカード、携帯電話すら持たず、流れ者人生を送っている。
我らがトム様が、こんなダークヒーローを演じるのは珍しいですね。

ピッツバーグ郊外で殺人事件が起こり、5人の男女が犠牲となった。逮捕された容疑者は黙秘を続けていたが、突然「ジャック・リーチャーを呼べ」と言い始めた…というオープニングから、流れ者ジャックが登場。
金髪美女弁護士ヘレンと共に謎が謎を呼ぶ事件を解決していきつつ、トム様お得意のアクションも織り交ぜた、見応え十分の作品でございました。

原作が人気シリーズ小説で、監督が「ユージュアルサスペクツ」の脚本家ということもあってか、ただのアクションというよりはサスペンス色が強くて面白かったです。
といいつつもアクションてんこ盛りだし、おいおいおい!と突っ込みたくなるところもあったりするんですが。

直球ストレートなヒーローものを得意とするトム様の作品の中ではちょっと異色ですが、アベンジャーズ・スーパーマン系よりもバットマンスパイダーマン系が好きなワタシは結構好きな作品でした。
ちなみに、ストーンズよりはビートルズの方が好きですけどね、関係ないか。

ところでこの作品、原題は「ジャック・リーチャー」なんですが、シリーズ化されるのかな?ジャック・リーチャー○○へ行くの巻、みたいな。
ロバート・デュヴァルが演じた助っ人おじいちゃんはいいキャラクターだったので、是非次回も登場してほしいものです。
[PR]

by hobomovie | 2013-06-07 23:00 | 外国映画 | Comments(0)

ジャンゴ 繋がれざる者<2012>

d0088211_23211661.jpg

もともと、ボーリキ(暴力)的な映画はあんまり好きじゃないんですけどね。
にもかかわらず、「イングロリアス・バスターズ」に続いてタランティーノ作品を劇場で観てしまいましたですよ。
前作に続きクリストフ・ヴァルツがアカデミー賞をとったし、ディカプリオ君が彼の俳優人生で最も悪い人間を演じたことだし、メディアの評判もなかなかいいし。
ということで、あまりのボーリキさにどん底感を味わう覚悟で行ってまいりました。

1850年代、テキサス。賞金稼ぎのキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)は奴隷のジャンゴ(ジェイミー・フォックス)と出会い、コンビで仕事をこなしていくことに。ふたりは、ジャンゴの妻ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)を救うため、彼女を買った大富豪カルビン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)相手に一世一代の大芝居をうつが…というストーリー。

またしても、タランティーノ節にやられましたね。
もう無理、もう絶対カンベン!というくらいハラハラさせられつつも目が離せない感じ。かなり力技なエンディングではありましたが、これもまたタランティーノらしいと言えましょうか。
彼お気に入りの曲にのせたカッコイイ映像も、もちろんございますー。
後でドッと疲れがくるようなこんな作品も、たまにはいい…かな?

ところでディカプリオ君の出番はやや少なめなものの印象は十分、悪役も結構ハマるじゃあないですか。そしてオーストリアの寺島進こと(?)クリストフ・ヴァルツ、役柄は全く違うものの相変わらずの渋さで、いい味だしてました。
[PR]

by hobomovie | 2013-05-12 23:24 | 外国映画 | Comments(0)

ヒッチコック<2012>

d0088211_22364459.jpg

いきなり結論から言うとこの映画、すごく面白かったんです。なのに、あんまり評判になってないような。
ヒッチコックのファン、日本では減ってる?やっぱ減っちゃってる??

1959年、46本の作品を世におくりだし60歳となったヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)。
実在の凶悪犯を描いた小説「サイコ」の映画化に乗り出すが、映画会社には出資を断られ、映倫には目をつけられ、製作は難航。
一方、ずっとヒッチコックを陰で支えてきた妻・アルマ(ヘレン・ミレン)は友人との脚本共同執筆に夢中で、夫婦関係に亀裂が。

映画の神と呼ばれたヒッチコックの、知られざる苦悩を描いた作品でした。いやー、ほんとにこんなことがあったんですねぇ。知らなかった知らなかった。
そして「サイコ」」がその後大ヒットした作品であることはわかっているけど、この危機的状況がどう変化していくのか、目が離せなかった。
予告編でキャッチフレーズになってたけども「もうひとりのヒッチコック」恐るべしでした。

アンソニー・パーキンスやジャネット・リーといった実在の俳優が出てくるのも面白かったですねぇ。ジャネット役のスカーレット・ヨハンソンは相変わらずお美しゅうございました。
あとは、ヒッチコック作品に欠かせない金髪美女は彼のお気に入りだったというエピソードは有名ですが、やはり永遠のヒロインはイングリット・バーグマンだったんですかねぇ。彼女の写真がキーアイテムになってましたね。

とにかく、「サイコ」をみたことがある人なら、絶対楽しめる作品ですね。
「サイコ」に限らなくても、ヒッチコック劇場のような演出もあるし、「北北西」など他の作品も出てくるし、ヒッチコックがちょっとでも好きな人なら、これまた絶対楽しめる作品でしたね。
[PR]

by hobomovie | 2013-04-29 22:41 | 外国映画 | Comments(0)

リンカーン/秘密の書

d0088211_2212574.jpg
スピルバーグの「リンカーン」がもうすぐ日本でも公開されますね。エイブラハム・リンカーンの生誕200周年を記念して2009年公開を目指していたけど、結局去年アメリカで公開された模様。
主演のダニエル・デイ・ルイスがアカデミー賞をとったし、予告編をみても英雄・リンカーンを感動的に描いたすばらしい作品であることは間違いない。

一方、リンカーン・ブームを先取りしていたのが、去年公開されたこの作品。
あの偉大なリンカーンが、実はヴァンパイヤ・ハンターだった!という思い切った設定ですが、彼の有名なエピソードになんとかヴァンパイヤを織り交ぜ、なかなか面白いアクション映画に仕上がっておりました。
3Dにする必要はあったのかな~…と少々疑問が残りますが。

南北戦争では南部軍にヴァンパイヤ一族がいて黒人の奴隷を労働力&食糧としているとか、そうきたか!というストーリーでした。
ヴァンパイヤって死なないから、結局ラストは、実は現代にも生きてるんですよ~ほらアナタの隣に!ってなっちゃいますよな。そういうオチ、嫌いじゃないですけど。

ところで今回のブログを書くにあたってリンカーンのことをネットで調べていて、アメリカ先住民族の史上最悪クラスの虐殺を行った大統領でもあることを知りました。ガーン。なかなか完璧な指導者っていないもんですね…
[PR]

by hobomovie | 2013-03-24 22:12 | 外国映画 | Comments(0)

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日<2012>

d0088211_18413120.jpg

祝!アカデミー監督賞受賞!

アン・リー監督作品は「グリーン・ディステニー」や「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」を観たことありましたけど、作品ごとに全然違う雰囲気っつーか一貫性がないっつーか、作品だけではアン・リーっぽいよねーとか言えないですよね。
パンフを見ると、ほかにも「いつか晴れた日に」やら「ハルク」やら撮られてるようで…なんとまぁ守備範囲の広い監督…

さてこの作品は年末くらいから予告編を何度も見ていて、絶対ハズせないなあと思ってました。
ストーリーは、ほぼ予告編から想像していたとおり。
インドの金持ちファミリーが動物園を移転するために船旅をしていたら遭難→主人公の少年が救命ボートでトラと漂流→助かるのか?否か??大筋はこんな感じです。

主人公パイ一家のつながりとか、キリスト教・ヒンズー教・イスラム教にまつわる哲学的な部分とか、予想以上に深みのあるストーリーでした。

3Dで観たせいもあって、荒れ狂う海のシーンではちょっと気持ち悪くなっちゃったんですけど、それくらい海のシーンはリアルで、かつ3Dを十分活用した迫力のある映像でした。
d0088211_1842316.jpg

ほぼCGとわかっていながらも、トラのリチャード・パーカー(これが何度覚えてもピーター・パーカーと間違えちゃう)を始めとした動物たちの登場シーンは、動物好きとしてはワクワクして楽しかったですね。

極限状態に陥るパイから「生と死」というテーマを考えずにはいられないんですが、「死の島」のエピソードとかで中盤ちょっとダレちゃったかなーという部分もあり。
一言でまとめられない作品でした。
[PR]

by hobomovie | 2013-03-03 18:43 | 外国映画 | Comments(0)

テッド<2012>

d0088211_12354519.jpg

芸人の有吉が吹き替えを担当してるというので、面白そうやな~と観にいってみました。

ボストン郊外で暮らすジョン(マーク・ウォールバーグ)とテディベアのテディ(吹き替え:有吉弘行)は30代のおっさんコンビ。8歳のジョンがクリスマスにした願い事で命が宿ったテディは、当時アメリカ中の注目の的だったが、今やドラッグに手を染め落ちぶれた元セレブ状態。ジョンの彼女ロリー(ミラ・クニス)も自堕落な二人に手を焼いて、テディとの関係を終わらせようとするのだが…というストーリ。

完全なるコメディを劇場で観るのは久しぶりだったんですけど、ほぼ満員の劇場で、みんなでゲラゲラ笑うというのはすごく楽しかった。
エロいシーンとドラッグをやるシーンがあるせいかR-15がついちゃってますけど、高校生とか若者がたくさん観に来てましたねぇ。やはり有吉効果かな?

ジョンとテディのトークはおもしろいセリフが満載で、これは字幕で目で追ってもここまで笑えなかったかもなぁ。吹き替えで観て正解でした。
「おまえなんかより、くまモンのほうが良かった!」とか「ガチャピンよりすげえだろ?」とか、日本ならではの吹き替えが笑えましたね。

あとは、ジョンが自分と同年代ということもあり、わかるわかる~という展開が多くて楽しめました。
特に、ジョン少年の部屋にインディ・ジョーンズのポスターが貼ってあるのにグッときてたら、後半にそうきたか!というジョークが登場して、ワタシ的に大満足です。
ジョンとテディがハマりまくっていた「フラッシュ・ゴードン」はクィーンの曲しか知らなかったんですけど、これは一度みてみなくては。
こんな風にあちこちに登場したアイテムは、パンフで全部紹介されてます。

同じくパンフを見ていて、非の打ちどころの無いステキ彼女を演じていたミラ・クニスは、「ブラック・スワン」でライバル役を演じてた人だったと知ってびっくり。
こんなキュートな役もはまってましたな。
[PR]

by hobomovie | 2013-02-02 12:42 | 外国映画 | Comments(0)

レ・ミゼラブル<2012>

d0088211_10591977.jpg

「レ・ミゼラブル」は今まで何度も映画化されてますが、ミュージカル版の映画化は初めてってことで、予告編をみたときから楽しみにしてました。

ストーリーは、貧しさのあまりパンを盗んだ罪で19年服役したジャン・バルジャンが、釈放後に盗みをはたらいた教会で司教の許しを得たことをきっかけに、身も心も新しい人間に生まれ変わることを誓う…というよく知られたあらすじそのままでした。
メインは1832年パリの七月革命後の混乱期が舞台ですが、以前に観た’98年版ではこういう時代背景は全然わかってなかったなぁ。ジェフリー・ラッシュのジャベール刑事が執拗すぎて怖かった、という印象が最も強い作品でした。

さてさて、そんなことよりこの作品の一番の見どころは、口パクじゃない歌の数々!ミュージカル好きのワタシでも、こんなに歌う!?とややびっくりしたくらい、歌てんこもりの作品でした。
映画で主人公の心の叫びや葛藤を表現する方法は色々ありますが、ミュージカルの場合はやはり、すべてを歌で表現するんだよね~と改めて認識しましたわ。

コゼット役のアマンダ・セイフライドは「マンマ・ミーア!」でその実力を十分知っていたけども、ジャン・バルジャン役のヒュー・ジャックマン、ジャベール刑事役のラッセル・クロウ、ファンテーヌ役のアン・ハサウェイは歌うところを初めて見て、それぞれこんなに歌えるとは!
舞台版が有名なだけに曲も聞いたことあるものがちらほらあって、名曲ぞろいでしたのぅ。
新年早々、いい作品を観ました。
[PR]

by hobomovie | 2013-01-26 22:37 | 外国映画 | Comments(0)

恋のロンドン狂騒曲<2010>

d0088211_1163119.jpg
さてさて、ロンドン旅行があまりにも楽しかったので、ロンドンが舞台になっている映画が公開ですって?とさっそく観に行ってみました。

ウディ・アレンは前作がパリで、その前には「それでも恋するバルセロナ」も撮ってるし、次回作はローマが舞台らしいし、ヨーロッパに移ってからはひとつの都市をテーマに撮り続ける方針にされたんでございますかね。(日本公開が違うだけで、実際はバルセロナ→ロンドン→パリの順で作られたようですが)
80歳近い巨匠だというのに、年1本のペースで作り続けてるのもすごいよなぁ。
d0088211_1164846.jpg

今回の作品、実際に見たような街角の風景が次々に登場するので、ワタシ的にはそれだけでも十分楽しめました。
ストーリーは、老夫婦アルフィとヘレナの突然の離婚から始まり、彼らの娘夫婦サリーとロイ、彼ら4人がそれぞれ出会う男女4人の8人を描いた群像劇。
アルフィは長年つれそった嫁を捨ててド派手なコールガールと結婚しちゃうし、ロイは鳴かず飛ばずの作家でついに盗作はするわ、向かいの美女に手を出して彼女の婚約を破棄させるわ、なかなかのダメ男ぞろいでしたなー。怒りを通り越してあきれちゃいましたわ。
一方の女性陣も怪しい予言者のお告げにハマったり、不倫したり、エリート婚約者を捨てたりと、あ~あ、な感じてんこもりです。
ラブストーリーでありながら、果たして誰が幸せになるんだか?と不安になる展開でした。

最後に「ノッティングヒルの恋人」にも出てきたようなステキな庭が出てきて、ハイドパークはおろか、ホテルの前にあった公園すら見るヒマが無かった今回の旅行、公園でのんびりっていうのもやってみたかったなぁと悔やまれました。
d0088211_1173772.jpg

ノッティングヒルは今回の旅行でも行ってきました。
d0088211_1175947.jpg

高級住宅街らしくすてきなおうちがずらっと並んでましたが、かわいいお店が並ぶエリアもありました。
d0088211_1181618.jpg

この本屋はもちろんはずせません!
d0088211_1183244.jpg

ベーカリーカフェ、シーフードレストランとおいしい店もありました。
d0088211_1184728.jpg

d0088211_1191064.jpg

ジュリア・ロバーツ演じるアナがイギリスを去る前に会見をする「サヴォイホテル」は、コヴェントガーデンへ行く途中で偶然見つけました。
d0088211_1192880.jpg

[PR]

by hobomovie | 2012-12-24 11:10 | 外国映画 | Comments(0)