タグ:2010年 ( 29 ) タグの人気記事

ダーク・フェアリー<2010>

d0088211_9554844.jpg

「パンズ・ラビリンス」で初めてその世界を体験し、度肝を抜かれたギレルモ・デル・トロ。彼が30年間あたためたスーリーの映画化と聞いちゃあ、観ないわけにはいきませんぜ。

原題「Don't be Afraid of the Dark」
今回は脚本&製作のデル・トロはメキシコ出身で、オーストラリアのバックアップでロケが行われたということで、アメリカ・オーストラリア・メキシコ合作です。
カナダのコミック作家トロイ・ニクシーが大抜擢されて初監督です。

30年間あたためたストーリーというと聞こえはいいんですけど、実際は70年代に放映された「地下室の魔物」というTVムービーのリメイク。
郊外の屋敷に移り住んだ若夫婦が、地下室の魔物に襲われるというストーリーで、独特な演出方法と救いの無いエンディングが多くの人のトラウマとなった伝説的作品らしい。

両親の離婚で父にひきとられることになった少女サリー。父が修復作業に取り組んでいる古い洋館で、父とその恋人と一緒に暮らすことになったが、環境の変化になじめずに寂しい日々をすごしていた。
サリーには「サリー、一緒に遊ぼう」「友達になろう」という不思議な声が聞こえ、彼らの言うとおり地下室にあった封印を解いてしまったところから、恐怖が始まる…というストーリー。
こういう怖い話しってあるよね~という王道中の王道のストーリーなんだけど、ぐいぐいひきこまれました。
d0088211_1001411.jpg
父親をガイ・ピアーズ、父の恋人をケイティ・ホームズが演じています。ケイティは今や「トム・クルーズの嫁」という肩書きが最も強力だと思うんですが、ちゃんと女優さんもやってたんですね。作品を観たのは初めてだけど、なかなかいい感じで、なかなか心を開かないサリーと徐々に通じ合うところは、感動的でした。

そしてそのサリー。ベイリー・マディゾンという当時11歳の女の子ですが、すごいの一言。難しい役を見事に演じきっております。とにかく表情が独特なんだよな~。
d0088211_9571747.jpg
「背筋も凍るおとぎ話」というキャッチフレーズの今回の作品、あらゆる面で「パンズ・ラビリンス」にはかなわないかな~というのが正直なとこですが、海外での興行成績は結構なヒットを飛ばしているようで。
第二のティム・バートンとの呼び声も高いトロイ・ニクシーのこれからが楽しみですね。
[PR]

by hobomovie | 2012-02-11 10:01 | 外国映画 | Comments(0)

サラの鍵<2010>

d0088211_1055155.jpg第二次世界大戦中、フランスで実際にあったユダヤ人一斉検挙。まず彼らが収容されたのが屋内競輪場だったことからヴェル・ディヴ事件と言われています。
これはナチスドイツによるものではなく、フランス政府がドイツ軍と密約をとりかわし、フランス警察が実行したものだったことが、90年代になってシラク大統領に認められました。

ユダヤ人の少女サラは一斉検挙の日、とっさに弟を納戸に隠して鍵をかけます。
その後両親と一緒にヴェル・ディヴに閉じ込められ、収容所に移されてしまうサラ。
「かくれんぼだから、私が呼びに来るまでおとなしくしてるのよ」と言って隠した弟を、早く出してやりたい。なんとか弟のもとへ、というサラの願いはかなうのか?

…ここまでだと去年に観た「黄色い星の子供たち」と同じユダヤ人迫害の歴史を心に刻む作品のようですが、大きく違うのは現在エピソードと並行して物語が進んでいくところです。

パリで暮らすジャーナリストのジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)は、雑誌でヴェル・ディヴ事件の記事を担当することになる。ちょうどその時、夫の祖父母から譲り受けたマンションをリフォームして暮らそうとしていたのだが、祖父母がその部屋を手に入れたのがユダヤ人一斉検挙のあった頃だということがわかり、夫の親戚に隠された秘密を探り始める…

サラとジュリア、ふたつの時代の物語が同時進行して、徐々に事実が明らかになっていくところが、すごくよくできていました。
サラの物語は悲しい結末をむかえてしまうけど、「弟を助けたい」という強い思いがなければ、あれほど過酷な状況を乗り越えることはできなかった。
けれども、サラの心には消せない大きな傷を残す結果にもなってしまったし…とても複雑な思いが残りました。
d0088211_10552439.jpg
ジュリアは作品を通してずっと悩み、苦しみ続けていたけど、前に進もうとするエンディングはさわやかで、救われました。
パンフレットは、鍵穴をモチーフにした作りになっています。これまた泣~け~る…
[PR]

by hobomovie | 2012-02-04 10:57 | 外国映画 | Comments(2)

サヴァイヴィング ライフ-夢は第二の人生-<2010>

d0088211_228258.jpgチェコのシュルレアリスト、ヤン・シュヴァンクマイエル監督最新作!と銘打たれたこの作品。
彼の「アリス」はみたことがあったけど、アリス好きのワタシでも途中で眠くなってくるくらいわかりづらい展開にどっと疲れてしまい、特にその後の作品を気にしたことはなく。
主に短編で芸術的な作品を数々生み出していたとは、ノーマークでした。

シュルレアリズムといえば絵画や立体作品といったアートという思い込みがあって、マグリットやらダリやらマン・レイやらしか思いつかなかったワタクシ。
そういう世界観は結構好きなくせに、映像のシュルレアリズムはちゃんと体験してなかったとは。
ワタシの好きなティム・バートンなんかも、彼にインスパイヤされているとか。
「好きなアーティストが好きなアーティスト」を追いかけるのも、大事ですね。

…という訳で、アート鑑賞の心構えで劇場へ。
夢に現れる美女に魅了され、思い通りの夢を見るため手を尽くす男性の物語。
主人公エフジェンをシュヴァンクマイエル自身が演じています。

夢の中では様々なモチーフが繰り返し現れ、グロいわエロいわ大変な世界なんですが、少しずつエフジェンの過去が明らかになるにつれて夢の意味も解けてくるあたり、予想よりもストーリーがちゃんとあるじゃん!と驚き。
この人相当病んでるわこりゃ、と思いつつも引き込まれてしまいました。
彼のこだわりや葛藤が作品に昇華されている感じで、監督というよりは、まさにアーティストだなーと感心しながら劇場を後にしました。

京都の博物館で合わせて行われてたシュヴァンクマイル展も見に行きたかったけど、予定が合わず残念でした。ちなみにパンフレットはナシ。
[PR]

by hobomovie | 2011-12-12 22:12 | 外国映画 | Comments(0)

ミケランジェロの暗号<2010>

d0088211_1135916.jpgミケランジェロの暗号

ナチス・ドイツが贋札の大量発行によってヨーロッパ経済を混乱させようとした「ベルンハルト作戦」、これを基にした映画「ヒトラーの贋札」は、なかなかよくできた作品でとても面白かったのですが、その制作会社とプロデューサーが再びあの時代を描くと聞いて、観に行ってみました。

タイトルだけ聞くと「ダヴィンチ・コード」的に、絵に隠された暗号があるのかな?と思いますが、この作品はミケランジェロの素描、その存在そのものをめぐるサスペンスです。

その素描自体が架空のものであることを筆頭に、この作品はナチス・ドイツ時代のヨーロッパを舞台にした、完全なるフィクション。と言われると、なんだよーつくりもんかよー、と思ってしまいがちですが、どうしてどうして、あの時代設定をフルに活かした上質のサスペンスになってました。

ウィーンの画商である裕福なユダヤ人一家が、ナチス・ドイツのオーストリア侵攻を境に恐怖に陥れられます。
今までの映画なら、迫害され、収容所へ送られる悲しいユダヤ人の運命を描くところですが、そこから命をかけた駆け引きに身を投じる主人公たち。
史実にそって描くばかりじゃなく(もちろんそれも大切だけど)、こういう方法でナチス・ドイツやユダヤ人を描くこともできたか!と感心しきりでございます。
最後までドキドキハラハラ、目が離せない展開でした。
パンフでも述べられていますが、「イングロリアス・バスターズ」「ライフ・イズ・ビューティフル」とともに、あの時代を新しいアプローチで描いた作品と言えましょう。


主人公のヴィクトルを演じたモーリツ・ブライトロイは、すごーくよく見たことある顔だな、と思っていたら「es[エス]」の主演でポスターにデカデカと顔が貼り付いていた俳優さんだったのでした。
d0088211_113146.jpg
d0088211_1185671.jpg

ユダヤ人である主人公がなぜ軍服を着てるのか?そこがミソなんです。全ての謎がとけたラストシーンは、本当にかっこよかった!
[PR]

by hobomovie | 2011-10-01 11:15 | 外国映画 | Comments(2)

スーパー!<2010>

d0088211_1036197.jpgいじめられっこだった幼少期から、とにかくついてない人生をおくっていたフランクは、美しい妻サラを得て地味ながら満たされた毎日をおくっていた。ところがある日、サラはジョックという男性の元へ去ってしまう。ドラッグディーラーであるジョックから妻を取り戻すため、自作のコスチュームでクリムゾン・ボルトに変身したフランクだったが…

あちこちで「キック・アス」と比較されてますが、ワタシは観てないので比べようがない状態です。こういう系はどうしても優先順位が低めになって、つい後回しにしてたら公開期間が終わっちゃうんですよねー。

今回は、とある信頼できる筋からなかなか面白いという評判を聞いたので、観に行ってみました。

観る前の印象は最弱男がヒーローになってなんとか妻を取り戻すような、コメディ要素の強い作品かな?という感じでした。
ただR-15がついてるのは何故だろうと。
観終われば納得です。

思ったよりエロくてグロい表現があちこちに出てくる作品でした。
フランクは神の啓示を得て(これもすごかったな~)市民を守るため、児童虐待・ひったくり・薬物売買・果ては映画館の列の割り込みまで、あらゆる罪人をこらしめるんですが、もちろんフランクも普通の人間なので、スパナを改造した武器でなぐるという攻撃しかできないわけです。
武器はだんだんエスカレートしていくんですけど、ともかくその暴力シーンがエグい。

単にこういうシーンを喜ぶ人もいるんだろうけど、ワタシは結構考えさせられました。
他の映画ではちょっとキレイに描きすぎなんちやうかな?
本当はこんなふうに、血やら内蔵やら飛び散るし、骨は折れるし、痛いし、全然かっこ良くないもんなんじゃないかな?

とは言え全体的には面白おかしくえがきつつ、ラストでまた少々考えさせられました。
でもまぁ、子供に観せたくない作品であることは間違いないですな。
大人だけの楽しみにしときたいもんです。帰りはどっと疲れましたわ。

オープニングのアニメ映像や、音楽はポップな感じですごく良かった。
パンフレットがやたらちゃちいんですけど、どういうことでしょうか。
文章も単に英文和訳しました、という感じで読みにくい読みにくい。
作品の雰囲気には合ってますけど、パンフ好きとしてはもうちょっと頑張っていただきたい。

フランクのレイン・ウィルソンは恐らく初見ですが、サラにリブ・タイラー、ジョックにケビン・ベーコンとメジャーどころも揃ってます。フランクに協力するコミックショップ店員リビーはエレン・ペイジで、「インセプション」の知的な雰囲気はどこへやら、おバカ炸裂でした。なかなかやりますなー。
d0088211_1036395.jpg
スーパー!
[PR]

by hobomovie | 2011-09-10 10:44 | 外国映画 | Comments(0)

黄色い星の子供たち<2010>

d0088211_2056569.jpg第二次世界大戦中、フランスにおけるユダヤ人迫害史の中で最悪の出来事と言われる「ヴェル・ディヴ事件」。
1942年にパリのユダヤ人が一斉検挙され、ヴェル・ディヴ(冬季競輪場)に集められ、各地の収容所へ送られたこの事件、フランスを占領していたドイツ軍が強行したものというのが通説でしたが、実は当時のヴィシー政権の協力により行われたものでした。
第二次世界大戦のフランスといえばレジスタンス活動で勇敢にヒトラーと戦ったというイメージなだけに、驚きです。
実際この事実をフランス政府が認めたのはつい最近、1995年なのです。

その事件をえがきつつ、基本的にはフィクションのこの作品ですが、数少ない事件の体験者として実在の人物が数名出てきます。
また監督のローズ・ボッシュが数々の資料を3年かけて調べあげ、それらをつなぎ合わせて作ったストーリーですから、そのすべてが真実という見方もできると思います。

自由と人権の国フランスであっても、ユダヤ人に対する差別や迫害があったという事実に考えさせられました。
戦争、不況、侵略によって、人間はその苦しみや不満をぶつける対象を求めてしまう。時がたっても繰り返されている戦争・差別・迫害に、人類は全然進歩してないよなぁと思うことしきり。

ストーリーは、この事件の犠牲者となったヴァイスマン一家を中心に、検挙→国内移送→国外移送という苦難の道を歩んだユダヤ人たちが描かれています。
d0088211_20565722.jpg
ドイツ軍は成人男女の検挙を求めていたようですが、フランス政府は残された子供の面倒をみきれないという理由で、すべてのユダヤ人が連行されました。
そんな中、別荘で家族と休暇を楽しむヒトラーの様子や、ドイツ軍と取引するフランス政府の様子が挿入され、激しい怒りを覚えました。
結局誰もかれも自分のことしか考えてないのが戦争なんですよね…
d0088211_20563439.jpg
そんな中で唯一心あたたまるのは、この検挙が2万4千人を予定していたのに、実際は1万3千人だったという事実。この作品中でも、なんとかユダヤ人を助けようとする大勢のフランス人がえがかれています。こんな時代に信念を貫くのはさぞかし大変なことだったでしょう…

ユダヤ人医師役でジャン・レノ、赤十字から派遣された看護師役でメラニー・ロランが出演していて、見ごたえ度が増しております。実在のジョー・ヴァイスマンを演じたユーゴ・ルヴェルデは映画初出演だそうですが、すごく良かった!これから期待です。d0088211_20571698.jpg

黄色い星の子供たち
[PR]

by hobomovie | 2011-08-08 21:00 | 外国映画 | Comments(2)

ブラックスワン<2010>

d0088211_1034576.jpgナタリー・ポートマンなんていう知名度のある女優がアカデミー賞主演女優賞をとったというのに、当時はあまり騒がれませんでしたね。
「ソーシャル・ネットワーク」や「英国王のスピーチ」ばかり話題になっていたような。
日本公開がまだ先だったからかもしれないけど、「レオン」から彼女を観ているワタシとしてはもうちょっと盛り上がってほしかったなぁ。

ニューヨーク・シティ・バレエの新シーズンオープニング演目「白鳥の湖」で、白鳥・黒鳥の両方を演じるプリマに抜擢されたニナ(ナタリー・ポートマン)。監督からのプレッシャー、前プリマとの確執、ライバルの存在、母からの期待…あらゆることに追い詰められたニナは、徐々に精神を蝕まれていき、ついに初日をむかえるのだが…というストーリー。
d0088211_10354554.jpg
ほとんどがバレエスタジオ⇔ニナの家で展開され、閉ざされた世界でニナが苦しんでいる様を見続けるという、なかなかしんどい作品でした。
バレエダンサーが過酷な世界であるのは想像に難くないけれど、こ、こんなに!?と驚きを隠せず。指やら爪やら、痛いポイントに狙って攻めてくる映像なもんで、思わずスクリーンから目をそむけたくなるシーンもありました。
どこまでが現実だったのかな…とつい考えてしまいますが、ニナにとってはすべてがリアルであったと。ああつらい。
性的な表現も結構キツくて、そりゃーR-15つきますわといった感じでした。
d0088211_10384945.jpg
そういったことを経て、最後の舞台シーンはやはり圧巻で感動しました。
ボディ・ダブル(代役)疑惑とかもあるようですが、やはりナタリー・ポートマンの熱演は拍手もんでしょう。あれだけの体を作り上げるだけでも大変なことだと思います。
特に黒鳥のダンスはCGも効果的に使われて、すごく良かった。
これぞ映画の醍醐味ですね。

前プリマ役でウィノナ・ライダーが出てました。かわいそうな役がハマりすぎて、これまたつらいっす。
d0088211_10362822.jpg
ブラック・スワン
[PR]

by hobomovie | 2011-06-04 10:42 | 外国映画 | Comments(0)

イリュージョニスト<2010>

d0088211_9565234.jpg
イリュージョニスト
映画好きを公言してはばからないワタシですが、逃している名作というのはもちろん多々ありまして。知識としては知っているものの観ていない、ジャック・タチの「ぼくの伯父さん」もそんな作品のひとつです。
d0088211_957211.jpg
彼を敬愛するアニメ作家シルヴァン・ショメが、タチの残した脚本を元に作り上げたのがこのアニメ作品です。
1950年代のパリ、老いた手品師タチシェフは三流劇場や場末のバーで細々とマジックを披露している。ひょんなことから訪れたスコットランドの離島で、タチシェフのことを魔法使いと信じる少女アリスがタチシェフの旅についてきてしまって…というストーリ。

老人と少女の交流を描いたハートウォーミングな展開も無く、ドサ回りの生活から成功をおさめるサクセスストーリー的な展開も無く。ひたすら淡々と、言葉の通じない二人の生活と、時代に取り残されていく手品師の人生が描かれていました。
d0088211_9532542.jpg

アリスは女性の嫌な部分が凝縮された感じのキャラクターなんだけど(しかもそれを、無意識にやってるのよね~あぁ胸が痛む…)、彼女をとても大切にするタチシェフ。
彼の残り少ない人生に幸あれと願わずにはいられない。
d0088211_953507.jpg

ところどころCGが使われたりして、映像はとても凝っていてみごたえアリの作品でした。他のショメ作品も観てみたいな。

<おまけ>
イリュージョニストつながり、という訳ではないんですが「幻影師アイゼンハイム」(原題は「The Illusionist」)をレンタルでみました。時代物・ラブストーリー・サスペンス、全てのエッセンスがうまく活かされて面白かった。劇場で観れば良かったなぁ~。
d0088211_95473.jpg

[PR]

by hobomovie | 2011-05-14 09:59 | 外国映画 | Comments(0)

塔の上のラプンツェル<2010>

d0088211_2123237.jpg塔の上のラプンツェル
最近はなんだか映画を観る気がしなくて、映画館通いをサボってました。
でも、小学生の姪っ子と年末から「一緒に観に行こうね~」と話していた作品だったので、約束を果たしにでかけてきました。

子供の頃なぜかグリム童話のラプンツェルが大好きで、ひとつの絵本を図書館で借りては返し、借りては返しを繰り返していたワタシですので、あのストーリーがどういうふうにディズニーの世界でえがかれるのか、楽しみにしてました。

18歳まで塔に閉じ込められて育ったラプンツェルが実は行方不明の王女だったという設定で、最近のプリンセス人気にあやかった感じがしてちょっと…と思ったんですが、良く考えたら原作でも最終的には王女になることだし、まぁいいか。
長い髪に魔力があるというのはオリジナルな展開で楽しめたし、塔から抜け出してからの冒険もハラハラドキドキで良かったです。

今回は2Dで観たんですが、それでもほ~っと驚くほど絵がきれいでした。
ミュージカルなのでそこかしこで登場人物が「美女と野獣」なども手がけたアラン・メンケンの素敵な曲を次々と歌いあげ、これぞディズニーといった王道の感じ。
しょこたんこと中川翔子がラプンツェルの声を演じてたんですが、いつもの雄叫び系ボイスを封印して、いかにもディズニープリンセスとして頑張ってました。プロですな~。

ともかく、記念すべきディズニー長編アニメーション50作目にふさわしい、華やかな作品でしたね。
[PR]

by hobomovie | 2011-04-16 21:31 | 外国映画 | Comments(0)

ソーシャル・ネットワーク<2010>

d0088211_1184830.jpg今や世界で5億人以上が利用しているというソーシャル・ネットワーキング・サイト「フェイスブック」。
2004年にハーバード大学の学生だったマーク・ザッカーバーグが立ち上げて今に至るまでの、実話を基にした作品です。

マークは一言でいうと天才なんだけど、物語の冒頭から彼女の怒りを買ってフラれてしまいます。ともかく頭がいいから、つい人を見下したような発言をしてしまったり、自分について来れない周囲が悪いような考えを持っていたりと、他人とのコミュニケーションに若干問題アリな人物で、そもそも彼女はなんでマークとつきあってたんだか?と不思議になるほど。

でもその才能は周りがほうっておけないレベルで、大学の仲間たちとフェイスブックを立ち上げ、あれよあれよという間に大成功をおさめます。
そんなストーリー展開の中で、突然現在の訴訟シーンがところどころ挿入されてくるので、マークが何か問題を抱えてしまったことがわかります。どうしてそんなことになってしまったのか?とストーリーに引き込まれる演出でした。

この作品を観る限りでは、マークの成功は本当に彼に幸せをもたらしたんだかどうなんだか、疑問が残るところ。天才に生まれるのも大変なのね~と、凡人は思うわけです。

ストーリー展開が速い上に、元々すごく早口だというマーク本人に似せてセリフまわしもめちゃくちゃ速くて、すごく情報量が多い作品でした。TVで監督がストップウォッチでセリフを測ってダメ出ししてるところを見ましたけど、もし上映時間単位のセリフ量ランキングとかがあったら上位に食い込むこと間違いなし。
ちなみに監督はデビッド・フィンチャー。彼にしたらかなり異色の作品だと思います。
アカデミーは主要賞を逃して残念でしたね。

ソーシャル・ネットワーク
[PR]

by hobomovie | 2011-03-05 11:10 | 外国映画 | Comments(0)