タグ:戦争 ( 23 ) タグの人気記事

ダンケルク<2017>


d0088211_23254851.jpg

「インセプション」や「ダークナイト」シリーズなど、毎回印象的な映像世界をみせてくれるクリストファー・ノーランが第二次世界大戦ものを撮るってことで楽しみにしていました。
そういうSFもののイメージが強い監督ですが、実話ベースの作品やいかに。

舞台は1940年。
フランスのダンケルク港に追い詰められ、周りをドイツ軍に取り囲まれた連合軍。浜辺には40万人もの兵士が残されているが、戦車による総攻撃は行われず、空からの攻撃によって多くの死者が出ている。
海からの救出を試みてはいるが、海底が浅いため大型船の乗り入れが困難で、桟橋には乗船を待つ兵士の長い列ができているがそこも攻撃を受けてしまった。なんとか商船に乗り込んでも、潜水艦からの攻撃を受けて沈没。こんな状況に追い込まれてしまった若い兵士たちを描いている場面その1。

ダンケルクに残されている兵士を救うため、イギリス本土では一般市民の持つヨットや漁船など、ありとあらゆる船が徴用され、一斉にダンケルクを目指していた。命の危険を覚悟しつつ小型船で救出に向かう父と息子を描いている場面その2。

ダンケルクからの撤退作戦を援護するため、戦闘機でドイツ軍と戦うイギリス兵を描いている場面その3。

この3つの場面が同時進行していく中で、どの場面でもドイツ軍はほとんど出てきません。それぞれ自分の周りで起こる事しかわからないので、敵の姿もとらえられないし、戦況がどうなっているのかも全くわからない。
登場人物全員、いま自分ができる最善の事をやってみるしかないという状況の連続で、よく考えたら当たり前のことなんだけど、観ている方も疲れました。
そうして3つのストーリーが最後にはひとつにまとまっていくところがすごかった。

d0088211_23264315.jpg

場面その1はまだ無名の若手俳優が中心でしたが、なんか見たことあるなーと思ったらワン・ダイレクションの人が混じってました。

d0088211_23283501.jpg

ノーラン映画の常連であるキリアン・マーフィーは場面その2に登場していて、相変わらずこういうイヤーな役をやらせたら天下一品だな、というご活躍ぶりでした。

d0088211_23273103.jpg

ワタシお気に入りのトム・ハーディは「ダークナイトライジング」同様にほとんど顔が出てこなくて残念でしたが、相変わらずのかっこよさでした。でも一番切ない役どころでしたなー。ホロリとさせるぜ。

[PR]

by hobomovie | 2017-10-20 23:34 | 外国映画 | Comments(0)

ハクソー・リッジ<2017>

d0088211_23021071.jpg
ハクソー・リッジとは太平洋戦争中、沖縄の激戦地であった高田高地のこと。
アメリカ軍はのこぎりで切ったようなその崖をのぼり、その先では日本軍が地下に陣をかまえていて、まさに死闘がくりひろげられた、という戦闘シーンがクライマックスのこの作品。

主役のアメリカ人デズモンド・ドスは実在の人物で、銃を持つことを拒否して衛生兵になり、多くのアメリカ兵を救ったという。
デズモンドがアメリカ軍に入隊してからは苦難の連続で、どうしてそこまで強い信念を持つことができたのかと不思議に思うとともに、悩みに悩むアンドリュー・ガーフィールドをみていたら「沈黙」で演じていた、江戸時代に日本にやってきた宣教師の役とダブりました。ハリウッド映画界も彼が泣きながら苦しむような役を次々とやらせますよな。

正しいと思っていてもそれを行動に移すのが難しい時代、幼少期の経験や強い信仰があっても自分の信念をつらぬくなんてできないよーと思うけど本当にあった話なのだから本当なわけで、人間にはそんなすごいパワーがあるのだと改めて感じました。

ハクソー・リッジの激戦はそんなデズモンドを応援する気持ちがあるもののすごく生々しいシーンの連続で、しかも戦っている相手は日本人だし、すごく複雑な心境で泣けてきました。人を殺したくないというデズモンドの信念はわかるけど、そうやって助けた兵士はまた人を殺すわけで、あーもうわけがわからなくなってきた。つくづく戦争は嫌だと思うけど、みんながそれぞれの信念で戦うことをやめればいいのになぁと思うわけです。

[PR]

by hobomovie | 2017-08-23 23:03 | 外国映画 | Comments(0)

この世界の片隅に<2016>

d0088211_20585889.jpg
「夕凪の街 桜の国」というマンガを初めて読んで以来、こうの史代はずっとワタシの中の好きな漫画家リストに並んでおりました。
この作品も「夕凪~」と同じく太平洋戦争中の広島を描いてますが、舞台が呉なことと、上・中・下からなる少し長めな話しなことからちょっとおもむきが違っております。原作は、広島から呉へお嫁に行ったすずさんの、戦時中で大変なことが色々ありがらも明るく暮らす様子が淡々と描かれています。
もちろん戦争の行く末は誰もが知っているわけですが、広島に原爆が落とされる前は、海軍基地のあった呉の方が大変な空襲があったというのはこの作品で初めて知りました。
悲しい結末が待っている予感はしつつも、すずさんの日常を描いているところが大好きだし、ちょっとファンタジックな部分もあったりして、果たしてこれがアニメ映画になるというのはどうなのか少々不安に思いつつ劇場へ。

結果、原作ファンのワタシも大満足、席からしばらく立ち上がれないほどの感動でございました。
いやもーね、タオル持って行った方がいいですよみなさん。
企画の始動から6年、クラウドファウンディングで資金を集め、原作の雰囲気を残しつつ、映像ならではの演出がすごく良くて、主演の能年玲奈あらためのんを始めとした声優陣、コトリンゴの絶妙な音楽と、すべての要素が作品を高みへと押し上げてましたね。
数年前にドラマ化されたりもしてましたけど、それよりも断然良かったっす。
今年アニメと言えば「君の名は」でしたけど(まだ観てませんけど)、全然違う作風だけど、なんとか多くの人にこっちも観てもらいたいものですなー。
d0088211_20593894.jpg

[PR]

by hobomovie | 2016-12-04 21:04 | 日本映画 | Comments(4)

ブリッジ・オブ・スパイ<2015>

d0088211_2375172.jpg

かねてから、トム・ハンクスが出ている映画に大ハズレなしと思ってました。
近頃では「ウォルト・ディズニーの約束」「キャプテン・フィリップス」のような実在の人物を演じる作品が印象的。SFでも「アポロ13」なんかもあるけど「クラウド・アトラス」も意外と良かったし、かつては「めぐり逢えたら」みたいなラブコメも楽しめましたよね。
誰でも楽しめるような作品でありながら、映画ファンも認めるようなレベルの作品でもあるという。これはやっぱトム・ハンクスがすごいからなのかな?
こんなPVでダンスしちゃうとこも好きです。



さてさて、今回はまた実在の人物を演じています。
米ソ冷戦まっただなかの1957年。FBIに逮捕されたロシアのスパイ・アベル(マーク・ライランス)が法廷で裁かれることになり、その弁護士として選ばれたジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)。
ソ連に捕えられたアメリカ人パイロットとの交換がストーリーのメインかと思っていたんですが、アベルが逮捕されるところから丁寧に進んでいき、その裁判はとても興味深いものでした。

アメリカ国民全体がソ連を憎んでいて、その弁護をするドノヴァンやその家族にも誹謗中傷が向けられる。自由の国アメリカでもこんなことになるのかと悲しくなりました。
自らがどうあるかを他の人たちに示すことが大切であるとか、アメリカ人がアメリカ人たる所以は憲法を守っているかどうかだとか、ドノヴァンの言葉が胸にしみましたなー。

その後スパイ同士の交換のため交渉が行われるのですが、舞台となった東ドイツはベルリンの壁がちょうど完成する頃。米ソ→東西ドイツの対立が複雑に入り組んで、果たしてドノヴァンはどうなるのかハラハラする展開でした。
冷戦時代の作品ってあまりみたことが無かったですけど、第二次世界大戦が終わっても、戦争は決して終わっていなかったんだと改めて感じました。そして現在に至るまで、ずっと終わっていないんだなぁ。

テーマは重いけどストーリーがいいし、感動的だし、実話ってとこに我らがトム・ハンクスが説得力をもたせてるし、いやー新年からいい映画を観ました。
ちょうどアカデミー賞ノミネートが発表となって、助演男優賞や作品賞で選ばれてます。楽しみですね。
[PR]

by hobomovie | 2016-01-15 23:11 | 外国映画 | Comments(0)

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密<2014>

d0088211_22593182.jpg

アタシはさぁ、映画は監督で選んで観てるワケ。俳優の追っかけとかはしないワケ。なんて桃井かおり調で映画ツウぽく語りがちなまやぞーでございますが、すいません、今回は俳優で追っかけちゃいました。

ベネディクト様、アカデミー賞ノミネートおめでとうございます!受賞はのがしたけどドンマイ!
実際のところドラマ「シャーロック」の彼が大好きなわけですが、今回は実在の天才数学者役ということで、シャーロックファンにはもってこいの作品でした。

第二次世界大戦中、ドイツ軍が使用している暗号「エニグマ」解読のため、英国内の数学者が極秘で集められた。その中の一人アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)は、解読不可能と言われた暗号を解くため、独自のマシンを開発するというストーリー。

大戦中に暗号解読に挑むチューリング、戦後に警察に逮捕され取り調べを受けているチューリング、少年時代に全寮制の男子校にいるチューリング。この3つの時代が同時進行するのですが、どの時代のチューリングもまぁまぁピンチで、これからどうなるのかとハラハラドキドキでした。
とにかく天才というのは、生きづらいものなのですね…ワタシ凡人で良かった…と思いつつ、最後にはちょっと泣けてきました。
他人から理解されないし、されようとも思わない孤独な天才というのは想像していたんですが、同性愛者ということは全然知らなかった(というかチューリング自体知らなかったんですけど)ので、まぁびっくりびっくりでした。

暗号解読マシン「クリストファー」が完成するまでチームが分裂したり、クビにされそうになったり、ソ連のスパイと疑われたり、色々大変だったので、やっとマシンが動き出したときは感動的でした。
無数の円盤がザッザッと回るんですが、そのリズムに合わせて音楽が入ってきて、戦闘中のイギリス軍がオーバーラップしてきたシーンなんて、もう最高。
誰ー?こんなオシャレなことするのはー?とパンフを見たら、「グランド・ブダペスト・ホテル」の音楽でアカデミー賞を受賞したアレクサンドル・デスプラという方でした。覚えておこう。

そうして暗号は解読されるのですが、ここからがまたすごい展開。イギリス軍が暗号を解読したことがドイツ軍に知られたら、また暗号を変えられて今までの努力が水の泡なわけです。これは参った。
その後イギリス軍がとった作戦は、戦後もずっと極秘情報として隠されてきたんですなぁ。いやー、みごたえのある作品でした。
[PR]

by hobomovie | 2015-04-03 23:01 | 外国映画 | Comments(0)

永遠の0<2013>

d0088211_11383769.jpg

もともと結構好きでしたけど、去年の「図書館戦争」「ひらパー兄さん」でグンとワタシの中の好きな人ランキングが上がった岡田准一くん。
その主演映画でありつつ、最近話題の百田尚樹原作ということで観に行ってみました。

原作は読んでいないけど、特攻隊員だった祖父の死について孫が調べていて、戦争中と現代と同時進行で物語が進んでいくという面白そうな展開だなぁ、でも絶対泣けちゃうんだろうなぁと思いつつ劇場へ。
まぁ~劇場の8割がた泣いてましたね、ワタシも含めて。
隣の若いカップル、彼氏の方が先に泣き出して彼女にハンカチ借りてたのがほほえましかったし、前の熟年夫婦もかなり泣いてましたねぇ。

一番の泣きどころはやはり、家族愛でしょうか。どんなことをしても必ず家族の元へ帰る、という強い信念を持った岡田くんの姿に胸をうたれましたね。
それなのに何故死んでしまうことになったのか?という謎はなかなか明かされないので、最後まで気の抜けない展開でした。

空中戦のシーンはCG技術のおかげで、ハリウッド映画に負けない迫力だったと思います。
でも最後に主要人物がカメラ目線で語るシーンとか、エンドクレジットにサザンの曲がかぶさってくることとか、やっぱりちょっとザ・日本映画!という香りはしておりましたな…

ところで、エンドクレジットにマイケル・アリアス(「鉄コン筋クリート」の監督)の名前があったように思うんですが、技術スタッフで参加してたのかな?パンフレットでは発見できず…謎です…
[PR]

by hobomovie | 2014-02-02 11:41 | 日本映画 | Comments(0)

戦火の馬<2011>

d0088211_936469.jpg大好きなダフィット・クロスがスピルバーグ作品に出演!ということで楽しみにしてました。はっきりいって、彼が出ていなかったら劇場まで観に行ったかどうか自信が無い。事前情報ではまったく彼の姿が出てこないので、まぁ小さい役かもな…とドキドキしながら劇場へ。

スピルバーグは「シンドラーのリスト」「プライベート・ライアン」「太陽の帝国」など第二次世界大戦を舞台にした作品を数々作っていますが、今回の舞台は第一次世界大戦下のヨーロッパ。
イギリスの農村に暮らす少年アルバートに育てられた美しい馬ジョーイが、大戦のため徴集され、フランスに渡り、ドイツ軍に捕えられ、フランス人にかくまわれ…と数奇な運命をたどるストーリー。

アルバート少年が主人公と言えないこともないんですが、それよりも馬のジョーイが中心の作品でした。
第一次世界大戦当時は、まだ馬が戦地で活躍していた時代だったんですね。色んな時代物や戦争ものを観てきたけど、馬がこんなに頑張ってるなんて意識したことなかったなぁ。
ジョーイを演じる馬が本当に役者で、泣かされました。

ということでアルバート少年すら脇役に見えてしまうわけですから、ダフィットの出番なんてま~一瞬でした。パンフレットではもちろん取り上げられておらず(泣)、唯一スピルバーグの紹介ページに大きく写真が載っていました。よしよし、いい位置に立ってたぞ!!
d0088211_936233.jpg


---------------------------------------------------------------------------
プライベート・ライアン<1998>
トムハンクスの映画ほぼハズレなしシリーズ、第二次世界大戦もの。
冒頭のノルマンディ上陸シーンは壮絶で、劇場では銃弾が耳元をかすめていきました。海岸なのでなにもかもが泥だらけ、周りの仲間がどんどん倒れていき地面は赤黒く・・・スピルバーグはこのシーンにこだわったそうですが、すごくリアルでした。
戦争の無残さがひしひしと伝わってきます。

しかしこの作品のメインは、4人兄弟のうち3人が戦死したライアン家の末息子を探し出して帰還させろ、という命令を受けたチームのお話し。
当時の日本の状況からすると考えられないようなミッションです。やはり戦争もひとつのビジネスなのか、USA!

様々な試練を乗り越えて登場するライアン2等兵ですが、パンフレットを見たら表紙にめっちゃでかく写ってはります。演じているのはマットデイモンで、同じ戦争ものでも湾岸戦争がテーマの「戦火の勇気」においてもなんだか頼りない役をやってました。そういう星のもとに生まれたのね。
[PR]

by hobomovie | 2012-04-13 09:41 | 外国映画 | Comments(0)

サラの鍵<2010>

d0088211_1055155.jpg第二次世界大戦中、フランスで実際にあったユダヤ人一斉検挙。まず彼らが収容されたのが屋内競輪場だったことからヴェル・ディヴ事件と言われています。
これはナチスドイツによるものではなく、フランス政府がドイツ軍と密約をとりかわし、フランス警察が実行したものだったことが、90年代になってシラク大統領に認められました。

ユダヤ人の少女サラは一斉検挙の日、とっさに弟を納戸に隠して鍵をかけます。
その後両親と一緒にヴェル・ディヴに閉じ込められ、収容所に移されてしまうサラ。
「かくれんぼだから、私が呼びに来るまでおとなしくしてるのよ」と言って隠した弟を、早く出してやりたい。なんとか弟のもとへ、というサラの願いはかなうのか?

…ここまでだと去年に観た「黄色い星の子供たち」と同じユダヤ人迫害の歴史を心に刻む作品のようですが、大きく違うのは現在エピソードと並行して物語が進んでいくところです。

パリで暮らすジャーナリストのジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)は、雑誌でヴェル・ディヴ事件の記事を担当することになる。ちょうどその時、夫の祖父母から譲り受けたマンションをリフォームして暮らそうとしていたのだが、祖父母がその部屋を手に入れたのがユダヤ人一斉検挙のあった頃だということがわかり、夫の親戚に隠された秘密を探り始める…

サラとジュリア、ふたつの時代の物語が同時進行して、徐々に事実が明らかになっていくところが、すごくよくできていました。
サラの物語は悲しい結末をむかえてしまうけど、「弟を助けたい」という強い思いがなければ、あれほど過酷な状況を乗り越えることはできなかった。
けれども、サラの心には消せない大きな傷を残す結果にもなってしまったし…とても複雑な思いが残りました。
d0088211_10552439.jpg
ジュリアは作品を通してずっと悩み、苦しみ続けていたけど、前に進もうとするエンディングはさわやかで、救われました。
パンフレットは、鍵穴をモチーフにした作りになっています。これまた泣~け~る…
[PR]

by hobomovie | 2012-02-04 10:57 | 外国映画 | Comments(2)

ミケランジェロの暗号<2010>

d0088211_1135916.jpgミケランジェロの暗号

ナチス・ドイツが贋札の大量発行によってヨーロッパ経済を混乱させようとした「ベルンハルト作戦」、これを基にした映画「ヒトラーの贋札」は、なかなかよくできた作品でとても面白かったのですが、その制作会社とプロデューサーが再びあの時代を描くと聞いて、観に行ってみました。

タイトルだけ聞くと「ダヴィンチ・コード」的に、絵に隠された暗号があるのかな?と思いますが、この作品はミケランジェロの素描、その存在そのものをめぐるサスペンスです。

その素描自体が架空のものであることを筆頭に、この作品はナチス・ドイツ時代のヨーロッパを舞台にした、完全なるフィクション。と言われると、なんだよーつくりもんかよー、と思ってしまいがちですが、どうしてどうして、あの時代設定をフルに活かした上質のサスペンスになってました。

ウィーンの画商である裕福なユダヤ人一家が、ナチス・ドイツのオーストリア侵攻を境に恐怖に陥れられます。
今までの映画なら、迫害され、収容所へ送られる悲しいユダヤ人の運命を描くところですが、そこから命をかけた駆け引きに身を投じる主人公たち。
史実にそって描くばかりじゃなく(もちろんそれも大切だけど)、こういう方法でナチス・ドイツやユダヤ人を描くこともできたか!と感心しきりでございます。
最後までドキドキハラハラ、目が離せない展開でした。
パンフでも述べられていますが、「イングロリアス・バスターズ」「ライフ・イズ・ビューティフル」とともに、あの時代を新しいアプローチで描いた作品と言えましょう。


主人公のヴィクトルを演じたモーリツ・ブライトロイは、すごーくよく見たことある顔だな、と思っていたら「es[エス]」の主演でポスターにデカデカと顔が貼り付いていた俳優さんだったのでした。
d0088211_113146.jpg
d0088211_1185671.jpg

ユダヤ人である主人公がなぜ軍服を着てるのか?そこがミソなんです。全ての謎がとけたラストシーンは、本当にかっこよかった!
[PR]

by hobomovie | 2011-10-01 11:15 | 外国映画 | Comments(2)

黄色い星の子供たち<2010>

d0088211_2056569.jpg第二次世界大戦中、フランスにおけるユダヤ人迫害史の中で最悪の出来事と言われる「ヴェル・ディヴ事件」。
1942年にパリのユダヤ人が一斉検挙され、ヴェル・ディヴ(冬季競輪場)に集められ、各地の収容所へ送られたこの事件、フランスを占領していたドイツ軍が強行したものというのが通説でしたが、実は当時のヴィシー政権の協力により行われたものでした。
第二次世界大戦のフランスといえばレジスタンス活動で勇敢にヒトラーと戦ったというイメージなだけに、驚きです。
実際この事実をフランス政府が認めたのはつい最近、1995年なのです。

その事件をえがきつつ、基本的にはフィクションのこの作品ですが、数少ない事件の体験者として実在の人物が数名出てきます。
また監督のローズ・ボッシュが数々の資料を3年かけて調べあげ、それらをつなぎ合わせて作ったストーリーですから、そのすべてが真実という見方もできると思います。

自由と人権の国フランスであっても、ユダヤ人に対する差別や迫害があったという事実に考えさせられました。
戦争、不況、侵略によって、人間はその苦しみや不満をぶつける対象を求めてしまう。時がたっても繰り返されている戦争・差別・迫害に、人類は全然進歩してないよなぁと思うことしきり。

ストーリーは、この事件の犠牲者となったヴァイスマン一家を中心に、検挙→国内移送→国外移送という苦難の道を歩んだユダヤ人たちが描かれています。
d0088211_20565722.jpg
ドイツ軍は成人男女の検挙を求めていたようですが、フランス政府は残された子供の面倒をみきれないという理由で、すべてのユダヤ人が連行されました。
そんな中、別荘で家族と休暇を楽しむヒトラーの様子や、ドイツ軍と取引するフランス政府の様子が挿入され、激しい怒りを覚えました。
結局誰もかれも自分のことしか考えてないのが戦争なんですよね…
d0088211_20563439.jpg
そんな中で唯一心あたたまるのは、この検挙が2万4千人を予定していたのに、実際は1万3千人だったという事実。この作品中でも、なんとかユダヤ人を助けようとする大勢のフランス人がえがかれています。こんな時代に信念を貫くのはさぞかし大変なことだったでしょう…

ユダヤ人医師役でジャン・レノ、赤十字から派遣された看護師役でメラニー・ロランが出演していて、見ごたえ度が増しております。実在のジョー・ヴァイスマンを演じたユーゴ・ルヴェルデは映画初出演だそうですが、すごく良かった!これから期待です。d0088211_20571698.jpg

黄色い星の子供たち
[PR]

by hobomovie | 2011-08-08 21:00 | 外国映画 | Comments(2)