タグ:実話 ( 23 ) タグの人気記事

ハドソン川の奇跡<2016>

d0088211_21225037.jpg
ハズさない男、トム・ハンクス。
最近は船長とか弁護士とか世界的アニメクリエーターとか実在の人物ばかり演じてらっしゃるようですが、今回はまたしても実在の人物。
しかも、旅客機が真冬のハドソン川に不時着した事件と言えば世界中誰でもああ、あの!となるサレンバーガー機長が今回の役どころです。
しかもしかも、監督は毎年名作を送り出しているクリント・イーストウッドときた。これは観ないわけにはいきませんな。

2009年1月15日ニューヨークのラガーディア空港を飛び立った飛行機は、マンハッタン上空で鳥の群れが衝突し両エンジンが故障してしまう。
離陸した空港やその他の空港へ向かうことは無理だと判断した機長は、ハドソン川へ不時着することを選び、乗客乗員155人のうち1人の死者も出なかった。
物語は事件の後、飛行機がマンハッタンへ墜落する幻覚を見たり、英雄視されたりしてつらい思いをしているところから始まります。

とにかくていねいに描かれている作品で、主役のサリー機長はもちろん、彼の家族や副操縦士のジェフ、事故の様子や国家運輸安全委員会による調査などなど、全てがきっちりしてました。
事故当時は日本でも大きく報じられてましたけども、まさかそのあとこんな追及を受けていたとは、全然知らなくて驚きました。結末を知らないので、最後までどうなるんだか気の抜けない展開でした。

とりあえずこの事故そのものが嘘のような本当の話しだもんで、それ以上驚きの展開も無いわけですが、これが実話のパワーですな。しみじみいい作品だったなぁと思う映画でした。

[PR]

by hobomovie | 2016-11-03 21:24 | 外国映画 | Comments(0)

ブリッジ・オブ・スパイ<2015>

d0088211_2375172.jpg

かねてから、トム・ハンクスが出ている映画に大ハズレなしと思ってました。
近頃では「ウォルト・ディズニーの約束」「キャプテン・フィリップス」のような実在の人物を演じる作品が印象的。SFでも「アポロ13」なんかもあるけど「クラウド・アトラス」も意外と良かったし、かつては「めぐり逢えたら」みたいなラブコメも楽しめましたよね。
誰でも楽しめるような作品でありながら、映画ファンも認めるようなレベルの作品でもあるという。これはやっぱトム・ハンクスがすごいからなのかな?
こんなPVでダンスしちゃうとこも好きです。



さてさて、今回はまた実在の人物を演じています。
米ソ冷戦まっただなかの1957年。FBIに逮捕されたロシアのスパイ・アベル(マーク・ライランス)が法廷で裁かれることになり、その弁護士として選ばれたジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)。
ソ連に捕えられたアメリカ人パイロットとの交換がストーリーのメインかと思っていたんですが、アベルが逮捕されるところから丁寧に進んでいき、その裁判はとても興味深いものでした。

アメリカ国民全体がソ連を憎んでいて、その弁護をするドノヴァンやその家族にも誹謗中傷が向けられる。自由の国アメリカでもこんなことになるのかと悲しくなりました。
自らがどうあるかを他の人たちに示すことが大切であるとか、アメリカ人がアメリカ人たる所以は憲法を守っているかどうかだとか、ドノヴァンの言葉が胸にしみましたなー。

その後スパイ同士の交換のため交渉が行われるのですが、舞台となった東ドイツはベルリンの壁がちょうど完成する頃。米ソ→東西ドイツの対立が複雑に入り組んで、果たしてドノヴァンはどうなるのかハラハラする展開でした。
冷戦時代の作品ってあまりみたことが無かったですけど、第二次世界大戦が終わっても、戦争は決して終わっていなかったんだと改めて感じました。そして現在に至るまで、ずっと終わっていないんだなぁ。

テーマは重いけどストーリーがいいし、感動的だし、実話ってとこに我らがトム・ハンクスが説得力をもたせてるし、いやー新年からいい映画を観ました。
ちょうどアカデミー賞ノミネートが発表となって、助演男優賞や作品賞で選ばれてます。楽しみですね。
[PR]

by hobomovie | 2016-01-15 23:11 | 外国映画 | Comments(0)

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密<2014>

d0088211_22593182.jpg

アタシはさぁ、映画は監督で選んで観てるワケ。俳優の追っかけとかはしないワケ。なんて桃井かおり調で映画ツウぽく語りがちなまやぞーでございますが、すいません、今回は俳優で追っかけちゃいました。

ベネディクト様、アカデミー賞ノミネートおめでとうございます!受賞はのがしたけどドンマイ!
実際のところドラマ「シャーロック」の彼が大好きなわけですが、今回は実在の天才数学者役ということで、シャーロックファンにはもってこいの作品でした。

第二次世界大戦中、ドイツ軍が使用している暗号「エニグマ」解読のため、英国内の数学者が極秘で集められた。その中の一人アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)は、解読不可能と言われた暗号を解くため、独自のマシンを開発するというストーリー。

大戦中に暗号解読に挑むチューリング、戦後に警察に逮捕され取り調べを受けているチューリング、少年時代に全寮制の男子校にいるチューリング。この3つの時代が同時進行するのですが、どの時代のチューリングもまぁまぁピンチで、これからどうなるのかとハラハラドキドキでした。
とにかく天才というのは、生きづらいものなのですね…ワタシ凡人で良かった…と思いつつ、最後にはちょっと泣けてきました。
他人から理解されないし、されようとも思わない孤独な天才というのは想像していたんですが、同性愛者ということは全然知らなかった(というかチューリング自体知らなかったんですけど)ので、まぁびっくりびっくりでした。

暗号解読マシン「クリストファー」が完成するまでチームが分裂したり、クビにされそうになったり、ソ連のスパイと疑われたり、色々大変だったので、やっとマシンが動き出したときは感動的でした。
無数の円盤がザッザッと回るんですが、そのリズムに合わせて音楽が入ってきて、戦闘中のイギリス軍がオーバーラップしてきたシーンなんて、もう最高。
誰ー?こんなオシャレなことするのはー?とパンフを見たら、「グランド・ブダペスト・ホテル」の音楽でアカデミー賞を受賞したアレクサンドル・デスプラという方でした。覚えておこう。

そうして暗号は解読されるのですが、ここからがまたすごい展開。イギリス軍が暗号を解読したことがドイツ軍に知られたら、また暗号を変えられて今までの努力が水の泡なわけです。これは参った。
その後イギリス軍がとった作戦は、戦後もずっと極秘情報として隠されてきたんですなぁ。いやー、みごたえのある作品でした。
[PR]

by hobomovie | 2015-04-03 23:01 | 外国映画 | Comments(0)

キャプテン・フィリップス<2013>

d0088211_2117375.jpg

先月韓国でフェリーが転覆、沈没してしまうという事故がありましたが、そのニュース映像の中で衝撃的だったのは、一目散に逃げる船長の姿。
犠牲になった大勢の乗客のことを思うと怒りを覚えるとともに、この映画をみやがれ!と言ってやりたい。

トム・ハンクスの映画に大ハズレなし、という思いを新たにした、みごたえたっぷりの作品でございました。

2009年4月、オマーンからケニアへ物資を運ぶアメリカの貨物船マースク・アラバマ号は、わずか4人のソマリア人海賊に占拠されてしまう。
20人の乗組員を救うため、フィリップス船長は海賊の人質となるのだが…というストーリーはまとめると簡単なんですけども、すごい点が数々ある作品でした。

まずはこれが実話をベースとしている点がすごい。映画公開時に実物のフィリップス船長をテレビで見たりしてそのお元気な姿を確認しているものの、どうやっても助かりそうにない展開でしたよほんと。

それから、ソマリア人海賊を演じた人たちがすごい。役者ではなく、ソマリア系アメリカ人の素人対象にオーディションを行って選ばれた人たちなのです。彼らが海賊行為に身を投じる背景も描かれていて、さらにリアルになっておりました。
もうとにかくね、常にどなっていて全然話が通じない感じなんですよ。それがすごく怖かった…
フィクションでありながら、ドキュメンタリーを観ているような錯覚に陥りました。
d0088211_21174263.jpg

そして一番すごいのは、キャプテンの決断力です。人質になってしまうのは最後の手段でどうしようもなかった結果であって、そこに至るまで船長として、様々な決断をする場面があるわけです。
息つくひまもないストーリー展開なんですが、立派な船長の姿に胸が熱くなりました。船長ってすげーと、心から思いましたよ。
しかし、残念ながら船長にも色々あるんだ…と最近は思ってますけどね。

最後にもうひとつ、アメリカ海軍が本気出したらすごいってことを付け加えておきましょう。ネイビーシールズって本当に、こんな映画みたいなことやるんやな…!(まぁ、映画なんですけど)
[PR]

by hobomovie | 2014-05-11 21:17 | 外国映画 | Comments(0)

ウォルト・ディズニーの約束<2013>

d0088211_22421886.jpg

4月から職場が変わって、ときどき土日出勤&ときどき平日休みがあるようになりました。
そして初めて水曜日の休み。
ここはやはり映画でしょう、ということで「それでも夜は明ける」「フルートベール駅で」などの候補がありつつも、9:15からの「ウォルト・ディズニーの約束」を観ることにしました。
ちょっとお疲れモードなんで平和なお話のほうがいいし、ネットの評判もいいようだし。もちろん、メリー・ポピンズも好きだし…と楽しみに眠りについたんですが、目が覚めたら8:30!!
いや~わが目を疑いましたね。いくら映画館まで3駅とはいえ、軽くあきらめかけましたね。
でも公開からけっこうたっちゃったし、今観ておかねば後悔しそうなので頑張りました。
そして、それだけ頑張った甲斐のある作品でございました。

「メアリー・ポピンズ」の作者P.L.トラヴァース(エマ・トンプソン)は20年にわたって、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)からの映画化交渉を断り続けていた。
トラヴァースの希望する実写映画化という条件をディズニーがのんだこと、トラヴァース自身の経済状況が苦しくなってきたこと、などの出来事が重なり、ついにトラヴァースはディズニー待つロサンゼルスにやってくる。
脚本家、作曲家たちはかたくなな彼女との悪夢のような打ち合わせを始めるのだが、ディズニー側が提案するあらゆることに難癖をつけ、自分の要求を曲げないトラヴァース。
本当に映画化を望んでいるのか?いっそ、話し合いが決裂することを目論んでいるのでは?と思わせるほど。
さてさて、あの名作はどうやって生まれるのやら…

映画の冒頭で代理人ラッセル(この人絶対どこかでみたことあるんだけど、パンフにもネットにも名前が出てません…あー気になる!)から経済状況の悪さを指摘され、「家を失うわけにはいかない」とLA行きを決意するあたりから、トラヴァースが少女の頃、家族で家を追われ、田舎へ移り住むシーンが同時進行していきます。
田舎の銀行員となった父(コリン・ファレル)がアルコールが原因で身を持ち崩していく様子が描かれ、父との関係が彼女の人生に大きな影を落としていることが、徐々に明らかになっていきます。

他にもトラヴァースをLAで迎え、少しずつ親しくなっていった運転手・ラルフ(ポール・ジアマッティ)とその娘のエピソード、ディズニーとその娘や、ディズニーとその父の関係など、映画「メリー・ポピンズ」製作裏側を描きつつも「父と子」が大きなテーマとなっていて、どえらい感動が待っている作品でした。
いやー予想外。ほんと、頑張って観に行って良かった!!

原題は「Saving Mr.Banks」で、今回はこっちの方が作品に合ってたかなーと思いますね。
「ウォルト・ディズニー」とついている方が日本人ウケが良かろうということなのかもしれませんが、せめて「メリー・ポピンズの約束」の方がしっくりくるなー。

メアリー・ポピンズ好きは絶対観ないといけない展開も多々ありますですよ。
トラヴァース一家が本当に困ったときに現れる大叔母さんのエピソードはかなりツボでした。
もちろん最後には映画が完成するわけで、実際の映像が出てくるところもすごく良かった。
ネットで言われてる通りワタシもみたくなっちゃって、レンタルして帰りましたよ。
今までは「2ペンスを鳩に」が好きでしたが、この作品以降は「凧をあげよう」が泣けてきます…

[PR]

by hobomovie | 2014-04-26 22:45 | 外国映画 | Comments(0)

奇跡のリンゴ<2013>

d0088211_2130165.jpg

青森県のリンゴ農家・木村秋則さんが、不可能と言われていた無農薬のリンゴ栽培を実現するまでの物語を映画化した作品。7月の連休で帰省したときに、母親と観に行ってきました。

木村秋則を阿部サダヲ、彼に無農薬栽培を決意させるきっかけとなった妻・美栄子を菅野美穂が演じています。
木村さんは若い頃からかなり個性的な人だったようで、阿部サダヲはぴったりの配役だったと思います。作品の性質上、彼のおもしろパワーはかなり抑えられていましたけども。
菅野美穂も元々好きな女優さんではありましたが、予想以上にチャーミングで、夫に一大決心をさせるには十分な説得力がございました。
d0088211_21323419.jpg

いやー、いい映画でしたね。
無農薬栽培実現への道のりはつらく長く、中盤から泣けてきましたね。
最終的に成功することはわかっているものの、1年1年と生活が苦しくなっていく様子が本当につらくて。
組合からも近所からも親戚からも見捨てられ、村八分状態の木村家。いったいこれがいつまで続くんだか…と思っていたら、隣の母がぼそっと「これ10年続くから」(←原作を読んでいるヒト)
…じゅ、10年!?つーらーすーぎーるー。でもそのぶん、成功した時の感動はひとしおでした。
d0088211_21331667.jpg

美栄子の父(秋則は婿養子です)を山崎努がしぶーく演じていて、これまた良かった。
3人の娘たちも、特に長女はぐっとくるシーンがいくつかあって良かったですね。
ワタシの親も農業をやると田舎に引っ越したもんで自分の子どもの頃とダブるところもあったりしましたが、ワタシはこの娘さんたちのようにまっすぐ育ちませんでしたねぇ~…ちょっとしょんぼり。
[PR]

by hobomovie | 2013-08-01 21:34 | 日本映画 | Comments(0)

風立ちぬ<2013>

d0088211_22494727.jpg

久しぶりに、試写会に応募してみたらば当たりました。
大好きなジブリアニメ、大好きな宮崎駿作品でございます。

最近劇場で予告編を見ていたし、NHKの「仕事ハッケン伝」で取り上げられてるのも見たし、ある程度の予備知識は得ておりました。
で、こんな作品かな~と予想していたのとは、結構違っていた感じです。

ゼロ戦の設計者・堀越次郎と堀辰雄の小説「風立ちぬ」を融合させた、オリジナルストーリー。
関東大震災から太平洋戦争に至る激動の時代を舞台にしているので、今までの宮崎作品の中ではかなりリアルに近い設定で珍しいなと思っていました。

で、子供の頃から追いかけていた大空を翔る夢が、大人になって戦争の道具という形で現実化したことに対する葛藤といったシビアな展開をつい期待してしまっていたのです。
なんと言っても実在の人物をモチーフにしているし、時代背景もありますしね。
でも今になって考えると、そうなっちゃうともうジブリアニメではないかな…?という気がしますね。
実際、もうちょっとドリーミングでファンタジーな作品でございました。

とにかく、次郎少年の空に対する憧れを現す、夢の中のシーンが多いんですよね。イタリアの飛行機設計者ジャンニ・カプローニとも夢の中で交流してしまいますし。

さらに、ラブストーリーとしての要素も結構大きかったです。
次郎は関東大震災で出会った少女・菜穂子と、社会人になってから再会して恋に落ちるのですが、なんと菜穂子は結核を病んでいるというメロドラマな展開…!
いやいや、確かに泣ける話だし、古典文学の香りがステキと言えなくもない。
でもなんでしょうねー、んー、この感情移入できない感じ。次郎&菜穂子が金持ちのボンボン&お嬢ってのが素直な感動を邪魔してるんでしょうか。

予告編では「この生きにくい時代を、当時の若者たちはどう生きたのか」みたいなキャッチフレーズがありましたけど、そないにリアルな内容でも無かったので、そういう意味ではちょっと期待はずれだったか。
宮崎駿の遺言!?とも言われてるみたいですが、とりあえず今までに無かったタイプの作品でしたね。
これから観る人には、あんまり「堀越次郎と堀辰雄」というイメージにとらわれずに観ることをオススメします。

映像はとにかくキレイだったし、みごたえありでした。
全く子ども向けではないような気もしますけど、宮崎監督の空に対する情熱やロマンはひしひしと感じました。そういう意味では子どもでも思うところがあるでしょうか。
試写会にはちらほら小学生くらいの子たちも来ていましたが、どんな感想を持ったのかなぁ。

あと、最近の作品から感じる「ねっとり」した映像は今回も夢の中のシーンなどで健在でした。「ハウル」の荒れ地の魔女や「ポニョ」の海の生きもの達なんかが、すごーく粘着質な、ねばっこい感じがしませんかね?
それ以前の作品は、もっとカラリとしたイメージを持っております。映像の精度があがったってことなんですかねぇ。

まだ公開されていないのでパンフは買えず。手に入れたらまたじっくり読んで反芻したいと思います。
[PR]

by hobomovie | 2013-07-07 22:59 | 日本映画 | Comments(0)

ヒッチコック<2012>

d0088211_22364459.jpg

いきなり結論から言うとこの映画、すごく面白かったんです。なのに、あんまり評判になってないような。
ヒッチコックのファン、日本では減ってる?やっぱ減っちゃってる??

1959年、46本の作品を世におくりだし60歳となったヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)。
実在の凶悪犯を描いた小説「サイコ」の映画化に乗り出すが、映画会社には出資を断られ、映倫には目をつけられ、製作は難航。
一方、ずっとヒッチコックを陰で支えてきた妻・アルマ(ヘレン・ミレン)は友人との脚本共同執筆に夢中で、夫婦関係に亀裂が。

映画の神と呼ばれたヒッチコックの、知られざる苦悩を描いた作品でした。いやー、ほんとにこんなことがあったんですねぇ。知らなかった知らなかった。
そして「サイコ」」がその後大ヒットした作品であることはわかっているけど、この危機的状況がどう変化していくのか、目が離せなかった。
予告編でキャッチフレーズになってたけども「もうひとりのヒッチコック」恐るべしでした。

アンソニー・パーキンスやジャネット・リーといった実在の俳優が出てくるのも面白かったですねぇ。ジャネット役のスカーレット・ヨハンソンは相変わらずお美しゅうございました。
あとは、ヒッチコック作品に欠かせない金髪美女は彼のお気に入りだったというエピソードは有名ですが、やはり永遠のヒロインはイングリット・バーグマンだったんですかねぇ。彼女の写真がキーアイテムになってましたね。

とにかく、「サイコ」をみたことがある人なら、絶対楽しめる作品ですね。
「サイコ」に限らなくても、ヒッチコック劇場のような演出もあるし、「北北西」など他の作品も出てくるし、ヒッチコックがちょっとでも好きな人なら、これまた絶対楽しめる作品でしたね。
[PR]

by hobomovie | 2013-04-29 22:41 | 外国映画 | Comments(0)

アルゴ<2012>

d0088211_2226522.jpg

イラン革命真っ最中の1979年。イスラム過激派グループがテヘランのアメリカ大使館を占拠し、52人のアメリカ人外交官が人質に取られた。
だが占拠される直前、6人のアメリカ人外交官は大使館から脱出し、カナダ大使公邸に匿われる。CIAのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は6人をイランから救出するため、『アルゴ』という架空のSF映画をでっち上げて6人をそのロケハンのスタッフに身分偽変させるという作戦をたてる。
~ウィキペディアより~

こんなアンビリバボーなことが本当にあるのがアメリカという国ですなぁ。
オープニングで当時のイランとアメリカの状況が簡単に解説され、全く知識がなくてもよくわかるようになっていました。ありがたい。
しかし、なんで紛争地から救出するのに映画のロケハン??という謎は、実際に作戦が始まるまでなかなかピンとこず。
で、作戦が始まってしまえばもう無事にイランを脱出できるよう祈るような気持ちで、物語を見守るばかりという作品でした。
ふと我に帰ると、ずっと両手を握りしめた態勢で、終わった後はどっと疲れが。
間違いなく、今年最高心拍数をたたきだした作品だと思われます。

ベン・アフレックの作品は久々に観たんですけど、監督としてもなかなかのキャリアをお積みのご様子。行く末はイーストウッド級と言われているとかいないとか。
「アルマゲドン」やら「パールハーバー」やら、ハリウッド超大作系に出てしまっていた時期もあったけど、始まりが「グッド・ウィル・ハンディング」だっただけに、この人は何かある…!かもしれない!と思っていたので(つまりさほど気にしてなかったとも言えるか)良かったです。
おんとし40歳、いい感じのおっさんになってきましたね。今年観た映画、いまのところナンバーワンは「ダークナイトライジング」ですが、2位はこれかもしれませんなー。かなり面白かったです。
[PR]

by hobomovie | 2012-11-10 22:30 | 外国映画 | Comments(0)

フォレスト・ガンプ 一期一会<1994>

d0088211_10222540.jpg軽度の知的障がいと下肢障がいを抱え、いじめられっこだったフォレスト・ガンプ(トム・ハンクス)少年が成長し、アメフトの全米代表選手になるわ、ベトナム戦争で活躍するわ、卓球でオリンピックに出場するわ…という数奇な運命をたどるストーリー。

そこに1950~80年代に活躍した著名人(プレスリー、ケネディなど)とフォレストが出会ったり、様々な歴史的事件とフォレストが関連していたりと、盛りだくさんで面白い作品でした。
当時の流行曲がたくさん使われていて、サントラCDもヒットしたようです。
フォレスト本人は自らの運命を淡々と受け入れているだけなんだけど、そうしたひとつひとつの出会いを大切にしよう的なフォレストイズムが、公開当時はちょっとした社会現象になりましたねー。
「一期一会」というサブタイトルが幸いしたか。

ワタシ的には娯楽作品といった印象が強かったので、アカデミー賞で監督・脚本・主演男優など数々受賞したときには、そんなに!?と驚きを隠せませんでした。
アカデミー賞はアメリカの状態(思惑?)を映し出すと言いますから、この頃はなんでしょうね。今の50代前後の世代が、俺たちの歴史を振り返り、ビバ・アメリカ!!と盛り上がりたかったんでしょうか。

フォレストが華やかな人生をおくる一方で、彼が子供の頃から大好きだった女性ジェニー(ロビン・ライト)は父親からの虐待が原因で親戚にひきとられ、大人になってからもヒッピームーブメントの中反戦運動に参加したり、ストリップ劇場で働くはめになったり、アメリカの暗い面を凝縮したような人生を歩みます。
近づくことはあっても、最後まで交わることが無かったフォレストとジェニーの人生、この対比はなかなか興味深くて、感動的でした。

USJ前のショッピングモールに、「フォレストがエビ漁で一財産稼いだあとオープンしたお店」という設定の、シーフードレストラン「ババ・ガンプ・シュリンプ」があります。(ちなみにフォレストはそのお金をリンゴ農園に投資するのですが、それが実はMacのアップル社でさらに大もうけ、という展開になっています。)
一度行ってみなくてはと思いつつ、なかなか機会が無いです…
d0088211_10224398.jpg

[PR]

by hobomovie | 2011-08-27 10:32 | 外国映画 | Comments(0)