タグ:ファンタジー ( 50 ) タグの人気記事

怪物はささやく<2017>

d0088211_23264577.jpg

病気の母とふたり暮らしのコナー少年。
ある夜、家の窓から見える墓地に立つ大きなイチイの木が怪物となってコナーの元にやってくる。
怪物が3つの物語を話し終えたら、4つ目の物語はコナーが真実の物語を話すのだという。怪物は毎晩12時7分になるとコナーの前に現れるのだが…というストーリー。

コナー少年のお母さんはかなり深刻な病状で、ふたりの暮らしに大きな影を落としている。
母の母である祖母は厳格でとても一緒に暮らしたくないし、父は新しい家族とアメリカで暮らしていてコナーをひきとってはくれない。
さらに学校では毎日いじめを受けていて、もうどうしようもなくかわいそうなコナー少年。

怪物が現れることで、彼の人生は果たしていい方向にむかうんだろうかと心配しながら見守る作品でございました。なにしろプロデューサーが「パンズ・ラビリンス」を手掛けた人だけに衝撃の結末もありえるかと思ってましたが、もとが児童文学なこともあってか、ややダーク程度におさえられてました。ほっ。

d0088211_23280262.jpg

怪物が話す物語は、コナー少年が描いた絵をアニメーションにしたようになっていて素敵でした。ダークで摩訶不思議な世界が良かったです。エドワード・ゴーリーとか好きなワタシ好みでした。

d0088211_23271875.jpg

コナーのお母さんをフェリシティ・ジョーンズが演じているのですが、当たり前ながら「ローグワン」のイメージとまっったく違っておりまして、女優魂を感じました。どうでもいいですが彼女、元ちとせに似てませんか。
d0088211_23283873.jpg

祖母はシガニー・ウィーバーが演じていて、お母さんが入院したからといって絶対一緒には暮らしたくないおばあちゃん・全英ナンバーワンでしたね。それでも娘や孫を思う気持ちがそこに隠れていることに、最後には気づかされました。
いいストーリにいい映像にいいキャスティング。いい映画でしたね。

[PR]

by hobomovie | 2017-06-24 23:33 | 外国映画 | Comments(0)

美女と野獣<2017>

d0088211_20552127.jpg

ディズニーアニメの名作「美女と野獣」(1991)を、ご当家ディズニーが実写映画化。
ヒロインのベルは、ハリーポッターシリーズのハーマイオニーことエマ・ワトソンが演じるというので楽しみにしていました。

ストーリーはほぼアニメ通りですが、王子が野獣に変えられお城に呪いがかかるところが、冒頭でしっかりえがかれて面白かったです。あと、呪いがとけるところも今回の映画ならではだったかと。
ベルの母にまつわるエピソードも新しかったですね。

さらに新曲が3曲加わり、世界中の舞台で演じられてきた経緯もあってか、ミュージカルの要素がとても強くなったと思いました。
舞台をみているように、1曲ずつ拍手したくなる感じです。エンディングは、もちろん喝采ですよ。
ミュージカル好きにはとてもおすすめしたい作品でした。

今回はワタシの強力なプッシュで字幕版を観て、小3姪っ子を無理やりつきあわせた感がありましたが、字幕で観てほんと良かったなーと思っています。
なにしろ、執事のルミエールがワタシの大好きな「ムーラン・ルージュ」で美声を披露したユアン・マクレガーなわけなのですよ。
呪いがかけられている間はずっとCGなので、声を聴こうと思ったら字幕版しかないわけなのですよ。

エンディングでカーテンコールのようにひとりずつ紹介されるところもすごく良かったんですが、ガンダルフ(イアン・マッケラン)出てたんかい!とかエマ・トンプソンやスタンリー・トゥッチも!という驚きと楽しさがありました。

ガストンも絶対みたことある人だなーと思ってましたが、「ホビット」でおめにかかったルーク・エヴァンスでした。ハマってて良かったですね。

[PR]

by hobomovie | 2017-04-23 21:03 | 外国映画 | Comments(0)

少女椿<2016>

d0088211_21344766.jpg

ワタシが大好きなミュージシャン、チャラン・ポ・ランタンが主題歌を担当するってんで大注目だったこの作品。
原作はエログロ漫画の代表作家・丸尾末広が1984年に発表したものですが、あまりにえげつないので今では改訂版しか入手できないとかなんとか。

ストーリーは、薄幸の少女・みどりちゃんが両親を失い、サーカス団に入り、なんだかんだ虐げられまくっていたら奇術師に見初められ、自分の生きる道をみつけるというもの。
ほぼ原作通りの展開でしたが、ラストはこんなんだっけな?という感じでした。

パンフレットがなかったので劇場で売っていたガイドブックを買ったのですが、それによると原作では昭和初期が舞台のところを、戦争が無いまま昭和が続いているパラレルワールドの日本という設定にしているそうで、それはちょっと面白いなと思いました。
原作者と監督が対談でも話していたけど、太平洋戦争前の日本ってセピア色の風景にえがかれがちだけど、意外と極彩色で華やかな部分もあったんじゃないかなぁと思うわけです。

奇術師役でジャニーズの風間俊介くんが出ていたせいか若い女子が多い客席でしたが(みどりちゃん柄のバッグを持った筋金入りの方もいらっしゃいました)、めくるめくエログロな世界に、どひゃ~ってなっちゃわなかったか心配いたしました。

チャラン・ポ・ランタンの主題歌はまさに少女椿と言う曲調と歌詞でばっちりなのですが、劇中に同じく2人組の女性ミュージシャン・黒色すみれが登場していたのもチャランポだったら良かったのに~ぃと少し残念でございました。

[PR]

by hobomovie | 2016-06-11 21:35 | 日本映画 | Comments(0)

パディントン<2014>

d0088211_22295592.jpg

イギリス生まれの児童文学「くまのパディントン」。その実写映画化作品ということで、ロンドンへ旅行したときパディントンのホテルに泊まったワタシとしてはハズせない!と観に行ってみました。
その時はパディントン駅が工事中で、くまのパディントン像は見られなかったんですけどね…
そして原作は、読んだことないんですけどね…

ペルーから船に乗ってロンドンへやってきた、1匹のくまのこども。
彼は英語を話すことができるくまなのです。
身寄りのない彼をブラウン一家がひきとることになり、パディントン駅で出会ったことからパディントンと名付けて家に連れて帰るというストーリー。

まぁ、これだけだとそのまま童話っぽいんですけども。
そこへ、ペルーでのパディントンの生い立ちや、ロンドンへやってきた訳、パディントンを育てたおばさんくまの思いなど、予想外の展開が用意されておりまして、どっこい感動的な物語になっておりました。
なにせ本を読んでないのでどこまでが原作どおりなのか全くわからないんですけども。

小1姪っ子と一緒に観るので吹替え版だったんですが、松坂桃李くん演じるパディントンが、まー良かったですね。
とっても礼儀正しくて、おじさんの赤い帽子を何より大切にしてて、おばさんに書いてもらった札を首からさげて…あぁまた涙が出ますよ。
ブラウン家ではお母さんだけが最初からパディントンの味方だったんですが、様々な出来事を経てみんな心を開いていくところも良かったです。舞台がイギリスってこともあって、メリー・ポピンズを彷彿とさせます。頑固おやじも出てくるし。

パディントンを狙う悪役・ミリセントをニコール・キッドマンが全力で演じてるのも面白かった。
ミリセントが天井からワイヤーで降りてくるとかミッション・インポッシブルのパロディ的な展開がありましたが、元ダンナには許可とってます?大丈夫??
パディントンは帽子がキーアイテムだからか、インディ・ジョーンズをパロってるとこもあって、映画好きにはたまらんでした。
とにかく、単なる子供向け映画で終わらない作品でした。
またロンドン行きたくなりました。
そして、原作読もうっと。

<おまけ>
パディントン駅では、ホテル側からばかり出入りしていたら、これはメインの出口ではないことにかなりたってから気づく。
d0088211_22321511.jpg

といってもメイン側は絶賛工事中で、パディントンくんはシルエットのみ。
d0088211_22331251.jpg

駅のホームはこんなんでした。ステキ~
d0088211_2234098.jpg

ブラウン家はプリムローズヒルで撮影されたそうですが、ワタシの行ったノッティングヒルにも似た雰囲気のおうちがありました。
d0088211_22362461.jpg

映画にはポートベロー・マーケットが出てきましたが、予定が合わなくて行けなかったんですよねー。悔やまれる…
[PR]

by hobomovie | 2016-02-21 22:44 | 外国映画 | Comments(0)

シンデレラ<2015>

d0088211_12395289.jpg

この写真ではジーナ・デイビスみたいですが、実物はとってもプリティ。
d0088211_12402015.jpg

主演はリリー・ジェームズさんです。

あの有名なディズニーアニメ「シンデレラ」は1950年公開ですから、65年ぶりのディズニーによるリメイク。歴史を感じますなぁ。
アニメも絶対1回はみてると思うのですが、細かいことは忘れてしまっておりますねぇ。

ストーリーはいまさら述べるまでもない王道を行っておりますが、なかなか特筆すべきことが多い作品でした。

とにかく映像がすごい。魔法をかけるシーンとかはもちろんCGがすごいんですけども、お城とかシンデレラの家とかはセットらしいのですが、まーお金のかけかたがハンパない感じです。さすがディズニーですなぁ。

CGでいうと、ディズニープリンセスは小動物と友達になることが多いですが、今回のネズミ一家はよくできてましたね。つかず離れずな感じだったけど、舞踏会へ行くときは馬になったし、クライマックスでもいい働きをしてました。

あとは王子がかっこよくて城田優の吹き替えも良かったとか、魔法使いのヘレナ・ボナム=カーター安定のキャラっぷりとか色々あるんですけど、やはり最大のポイントはケイト・ブランシェット演じるまま母でしょう。

シンデレラ父が彼女を後妻に迎え、2人のハデハデな娘とともに馬車から降り立った瞬間、悪夢の始まりがはっきりとわかりましたね。
ワタシがシンデレラなら、どこがどうなってあの人を嫁に迎えることになったのか、父ちゃんをつかまえて問いただしたい。なにをもってして彼女と一緒に幸せになりたいと思ったのか、ワタシの目を見て具体的に述べていただきたい。
それほどの恐ろしさ、「ロードオブザリング」や「インディ・ジョーンズ」の彼女を彷彿とさせますなー。
彼女が出演してなかったら、ここまで魅力的な作品にはならなかったのではないかと思いますね。

細かいことだけどちょっと納得いかなかったのが、シンデレラが舞踏会に着ていくドレス。もともとは死んだお母さんの形見でピンク色だったんだけど、魔法使いの手にかかるとむっちゃゴージャスな青色のドレスに変身しちゃって、ほぼ原形をとどめてないってのがひっかかりました。これでもお母さん喜んでくれるかしら…そんなんなら最初から青のドレスにしといた方が良かったんじゃ…と思いました。

ともかく、最近の「童話を真剣に実写化したシリーズ」では、抜群の面白さの作品でした。
[PR]

by hobomovie | 2015-06-21 12:42 | 外国映画 | Comments(0)

イントゥ・ザウッズ<2014>

d0088211_2140309.jpg

童話「赤ずきん」「ジャックと豆の木」「ラプンツェル」「シンデレラ」のエピソードをベースに、ハッピーエンドのその後をえがくミュージカル。
ブロードウェイでロングラン上演されているヒット作という上に、この映画版ではメリル・ストリープがアカデミー賞ノミネートというおまけつき。
ディズニーも別で「シンデレラ」の実写映画化が控えてるというのにこっちにもシンデレラ出てますけど。珍しい展開ですね。
でもこちらは日本語吹替え版が用意されていなくて、ありゃ?もしやディズニーあんまり力入れてない?と嫌な予感。

さてさて、それぞれのお話とキャラクターを十分にいかしたストーリーと、魅力的なキャスト、素敵な音楽はきっちりそろってたものの、ミュージカル映画としてはどうざんしょ。
同じようにブロードウェイミュージカルを映画化した名作「シカゴ」を作り上げたロブ・マーシャル監督だったにしては、ちょっとつっこみどころが多かったですねぇ。童話ベースのファンタジーだからしょうがないっちゃしょうがないんでしょうけど、あまりに唐突な展開が多くて。
逆に舞台だと舞台上で今起こっていること以外はなかなか描ききれないので、観る方も自然と納得いったりするもんですが、映画だともうちょっとなんとかなるんじゃないの?と思っちゃうんですよね。
「ジャックと豆の木」に出てくる巨人とかも変にぼやかされていて、映画だったらもっときっちり描けるでしょうよ!と思いました。
あとはまー、それぞれの童話については知っている前提で話が進みますので、もし全く知らなかったりしたら、ちょっとちんぷんかんぷんな部分があると思われます。

半分くらいまではめっちゃ盛り上がってたんだけどなー。テーマ曲「イントゥ・ザウッズ」をみんなで歌うシーンがクライマックスだったかなぁ。完全にオープニング部分ですけど。

パン屋の奥さんを演じたエミリー・ブラントさんには「プラダを着た悪魔」からの「オールユーニードイズキル」ときて、また違う才能をみせてもらったわー!と嬉しかったです。
d0088211_21405193.jpg

[PR]

by hobomovie | 2015-05-16 21:42 | 外国映画 | Comments(0)

美女と野獣<2014>

d0088211_21242724.jpg

最近、コンスタントにおとぎ話の実写映画化が公開になってます。
「あかずきん」や「白雪姫」、「眠れる森の美女」、「不思議の国のアリス」などなど。映画界ももうネタ切れなのねーなんて否定的な意見もありますが、ファンタジー好きのワタシはせっかく進歩した映像技術でもって、新しい世界をえがいてくれるんじゃないかとつい期待してしまうクチです。
いや、でも、結局のところ新しい作品で大感動を得たわ~なんていうこともあまりないような気がしますがね…

さて、今回の「美女と野獣」。こどものころ「フランスのおはなし」という絵本が家にあって(改めて見直したら、「バラの王子」とかいうタイトルでした。)慣れ親しんだ物語ではあるものの、どうにもこうにもディズニー映画の印象が強すぎるもので、そのイメージをくつがえすような作品だったらいいな~という願いを持ちつつ劇場へ。

ストーリーは大筋よく知られたお話どおりでしたが、ベルの父親の商売がうまくいかなくなるくだりだとか、姉が2人だけでなく兄も3人いたりだとか、わりと細かいとこが描かれていて、へぇ~という感じ。
あとは、お話では全く触れられてなかった、なぜ王子が野獣になったのか、というエピソードはちょっと新しかったですね。新しいながらも、なぜか日本の民話的やなぁとも思いましたけど。
で、悪役キャラも登場したりなんかしてハラハラするコーナーもあり、ストーリー的にはまぁ面白かったし、もちろんCGをフル活用した映像や衣装や美術も目を見張るような美しさがあって良かったです。
d0088211_21295886.jpg

ヒロインのベルをレア・セドゥが演じているのですが、以前からワタシはこのベルがかなりのワガママ女やなーと思っていたので、若干イジワルな美しさを持つこの女優さんはハマり役やったと思います。

唯一の残念ポイントとしては、期待してたほどフランス映画感がなかったことですかねー。いっそ「なんじゃこりゃ!」とびっくりするくらい、結論めいたことがない、盛り上がったんだか盛り上がらなかったんだか?みたいな、でもとびきり雰囲気のあるやーん♪みたいな作品が良かったけどなー。
せっかくだから、ハリウッド映画とは全然違うぜってとこをみせて欲しかったです。
[PR]

by hobomovie | 2014-11-24 21:35 | 外国映画 | Comments(0)

ウォルト・ディズニーの約束<2013>

d0088211_22421886.jpg

4月から職場が変わって、ときどき土日出勤&ときどき平日休みがあるようになりました。
そして初めて水曜日の休み。
ここはやはり映画でしょう、ということで「それでも夜は明ける」「フルートベール駅で」などの候補がありつつも、9:15からの「ウォルト・ディズニーの約束」を観ることにしました。
ちょっとお疲れモードなんで平和なお話のほうがいいし、ネットの評判もいいようだし。もちろん、メリー・ポピンズも好きだし…と楽しみに眠りについたんですが、目が覚めたら8:30!!
いや~わが目を疑いましたね。いくら映画館まで3駅とはいえ、軽くあきらめかけましたね。
でも公開からけっこうたっちゃったし、今観ておかねば後悔しそうなので頑張りました。
そして、それだけ頑張った甲斐のある作品でございました。

「メアリー・ポピンズ」の作者P.L.トラヴァース(エマ・トンプソン)は20年にわたって、ウォルト・ディズニー(トム・ハンクス)からの映画化交渉を断り続けていた。
トラヴァースの希望する実写映画化という条件をディズニーがのんだこと、トラヴァース自身の経済状況が苦しくなってきたこと、などの出来事が重なり、ついにトラヴァースはディズニー待つロサンゼルスにやってくる。
脚本家、作曲家たちはかたくなな彼女との悪夢のような打ち合わせを始めるのだが、ディズニー側が提案するあらゆることに難癖をつけ、自分の要求を曲げないトラヴァース。
本当に映画化を望んでいるのか?いっそ、話し合いが決裂することを目論んでいるのでは?と思わせるほど。
さてさて、あの名作はどうやって生まれるのやら…

映画の冒頭で代理人ラッセル(この人絶対どこかでみたことあるんだけど、パンフにもネットにも名前が出てません…あー気になる!)から経済状況の悪さを指摘され、「家を失うわけにはいかない」とLA行きを決意するあたりから、トラヴァースが少女の頃、家族で家を追われ、田舎へ移り住むシーンが同時進行していきます。
田舎の銀行員となった父(コリン・ファレル)がアルコールが原因で身を持ち崩していく様子が描かれ、父との関係が彼女の人生に大きな影を落としていることが、徐々に明らかになっていきます。

他にもトラヴァースをLAで迎え、少しずつ親しくなっていった運転手・ラルフ(ポール・ジアマッティ)とその娘のエピソード、ディズニーとその娘や、ディズニーとその父の関係など、映画「メリー・ポピンズ」製作裏側を描きつつも「父と子」が大きなテーマとなっていて、どえらい感動が待っている作品でした。
いやー予想外。ほんと、頑張って観に行って良かった!!

原題は「Saving Mr.Banks」で、今回はこっちの方が作品に合ってたかなーと思いますね。
「ウォルト・ディズニー」とついている方が日本人ウケが良かろうということなのかもしれませんが、せめて「メリー・ポピンズの約束」の方がしっくりくるなー。

メアリー・ポピンズ好きは絶対観ないといけない展開も多々ありますですよ。
トラヴァース一家が本当に困ったときに現れる大叔母さんのエピソードはかなりツボでした。
もちろん最後には映画が完成するわけで、実際の映像が出てくるところもすごく良かった。
ネットで言われてる通りワタシもみたくなっちゃって、レンタルして帰りましたよ。
今までは「2ペンスを鳩に」が好きでしたが、この作品以降は「凧をあげよう」が泣けてきます…

[PR]

by hobomovie | 2014-04-26 22:45 | 外国映画 | Comments(0)

ホビット 竜にうばわれた王国<2013>

小説はもとより映画、ゲームなどあらゆるジャンルのファンタジーアドベンチャーはここに通ずる「ロード・オブ・ザ・リング」こと「指輪物語」。
その前日譚「ホビット」が映画化され、「ロード・オブ~」よりも面白い!と大評判だったのが2年前。観に行こうかな…とは思ったんですが、どうにもビジュアルがねぇ。
おっさんとおじいさんの旅、始まるよ!
d0088211_22203412.jpg

…華がないっつーか地味ですやんか。
前シリーズでフロド少年がおじさんであるビルボからゆずり受けた指輪を、そもそもビルボがどうやって手に入れたか、という話しだからしょうがないっちゃしょうがないんですけどね。主人公がすでにおじさんですから。昔の話だから、少々若くはなりますけども。

ビルボを演じたマーティン・フリーマンは当時は「ラブ・アクチュアリー」のAV男優役くらいでしか知らなかったんですが、今ではシャーロック・ホームズが現代に生きていたら?というテレビシリーズ「シャーロック」でワトソン君を演じてすっかりメジャーになったイギリス人俳優でございます。

そしてなんと今作では、ドラマでシャーロックを演じているベネディクト・カンバーバッチもワトソン君のために(かどうかは定かではない)馳せ参じているというではありませんか。

そしてそして、今作は華が加わってますよ、華が!
d0088211_22315477.jpg

やっぱエルフがいないとねぇ。
前シリーズ開始から10年以上たっても変わらぬ美しさのオーランド・ブルーム、すばらしい。
レゴラスのキャラは少し若くて、やんちゃだったのが新鮮です。

ということで、1作目「思いがけない物語」をレンタルでチェックの上、2作目から劇場で観るという珍しいパターンになりました。
結果、やはりファンタジーアドベンチャー好きならはずしちゃいかんシリーズだったな、やっぱ1作目からちゃんと観れば良かったよ…という後悔の念が胸に去来しております。
ビジュアルにだまされたオイラが甘うございました。3作目も楽しみです。
こうなったら、子供の頃からチャレンジしていない原作読破をやってみようかしら…なんてね、なんてね!

ちなみに、シャーロック先生の役はこちらでした。
d0088211_22213035.jpg

ドラゴンのスマウグ!がびーん。先生のお顔おがめず…
[PR]

by hobomovie | 2014-04-05 22:43 | 外国映画 | Comments(0)

アナと雪の女王<2013>

d0088211_22153357.jpg

正月に「ゼロ・グラビティ」を観たときにエルサが「Let it go」をまるまる1曲歌う予告編をやっていて、こ~れ~は~観なくては!と思っていました。しかもエルサ役が大好きな「ウィキッド」「Glee」でおなじみのイディナ・メンゼルという。

そうこうしていたらアカデミー賞で長編アニメ賞、主題歌賞を受賞してぐんぐん上り調子な作品に。
結局姪っ子5歳と二人で吹き替え版を観たんですけど、そっちにしてもエルサが松たか子というので期待大でした。

アレンデール王国の国王にはエルサとアナという二人の娘がいた。姉のエルサは氷や雪をあやつる魔法の力を持っていて、ちょっとした事故でエルサがアナを傷つけてしまったことから、国王はエルサを城の奥深くへ閉じ込め、外部との関わりを極力減らしていた。
数年がたち、ますます魔法の力を強めていたエルサは、王位を継いで国民の前に姿を現さなければならないことになったのだが…というストーリー。

全編素敵なミュージカルナンバーに彩られつつ、ストーリーもよくできていて面白かった。
生まれながらにして特殊な能力を授かってしまったエルサの苦悩が、今までになかったディズニーのキャラではなかったと。どうすることが彼女の幸せだったのか、思いのほか考えさせられました。

そして松さんの「Let it go」はやはりすごく良くて、観た後は姪っ子と何度も何度も歌いました。パンフレットに歌詞が載っておりますのでね。
アナを演じた神田沙也加も舞台で鍛えられたか、ばっちりミュージカルスターの歌声でございました。

あとは映像も想像以上のキレイさでしたね。あらゆるタイプの雪や氷が出てくるんですが、質感がすごくリアルでした。
そうなると、キャラクターの非現実感が際立っちゃうんですけどねぇ。
いつからディズニー映画はこんな、おめめパッチリの寸詰まりな顔が基本になったんでしたかねぇ。
面長の正統派美人よ再び…!

ところで、今回も原題には度肝抜かれましたよ。「Frozen」てアナタ、凍らせるってそれだけ!?
心を凍らせてしまうとか、若干取り入れられていた雪の女王的要素がタイトルにまったく入ってませんがな。
う~ん、いい作品なのになぁ。こんなタイトルでええんかいな。この辺の感覚が、文化の違いってやつですか?
d0088211_22155754.jpg

[PR]

by hobomovie | 2014-03-24 22:25 | 外国映画 | Comments(0)