タグ:ダーク ( 24 ) タグの人気記事

怪物はささやく<2017>

d0088211_23264577.jpg

病気の母とふたり暮らしのコナー少年。
ある夜、家の窓から見える墓地に立つ大きなイチイの木が怪物となってコナーの元にやってくる。
怪物が3つの物語を話し終えたら、4つ目の物語はコナーが真実の物語を話すのだという。怪物は毎晩12時7分になるとコナーの前に現れるのだが…というストーリー。

コナー少年のお母さんはかなり深刻な病状で、ふたりの暮らしに大きな影を落としている。
母の母である祖母は厳格でとても一緒に暮らしたくないし、父は新しい家族とアメリカで暮らしていてコナーをひきとってはくれない。
さらに学校では毎日いじめを受けていて、もうどうしようもなくかわいそうなコナー少年。

怪物が現れることで、彼の人生は果たしていい方向にむかうんだろうかと心配しながら見守る作品でございました。なにしろプロデューサーが「パンズ・ラビリンス」を手掛けた人だけに衝撃の結末もありえるかと思ってましたが、もとが児童文学なこともあってか、ややダーク程度におさえられてました。ほっ。

d0088211_23280262.jpg

怪物が話す物語は、コナー少年が描いた絵をアニメーションにしたようになっていて素敵でした。ダークで摩訶不思議な世界が良かったです。エドワード・ゴーリーとか好きなワタシ好みでした。

d0088211_23271875.jpg

コナーのお母さんをフェリシティ・ジョーンズが演じているのですが、当たり前ながら「ローグワン」のイメージとまっったく違っておりまして、女優魂を感じました。どうでもいいですが彼女、元ちとせに似てませんか。
d0088211_23283873.jpg

祖母はシガニー・ウィーバーが演じていて、お母さんが入院したからといって絶対一緒には暮らしたくないおばあちゃん・全英ナンバーワンでしたね。それでも娘や孫を思う気持ちがそこに隠れていることに、最後には気づかされました。
いいストーリにいい映像にいいキャスティング。いい映画でしたね。

[PR]

by hobomovie | 2017-06-24 23:33 | 外国映画 | Comments(0)

アイアムアヒーロー<2016>

d0088211_22194968.jpg

子どもの頃テレビでうっかり見てしまったドラキュラものの映画のせいで怖い映画はずっと苦手でした。今でもその怖かったシーンが思い出せるほどのトラウマでございます。
その後大学生の時「リング」をうっかりテレビで見てしまったときは、なんでこんなん見てしまったんやーと数日間後悔したものでしたが、それと同時に怖いけどちゃんとストーリーが面白い映画ってあるんだと知ったわけです。
子どもの頃嫌いだった食べ物が、大人になってそのおいしさに気づく的な感じでしょうか。
それと大人になると、世の中そうそう怖いことは起こらないってことがなんとなくわかってくるってのもありますよね。子どもの頃ってなにもかもが未知の世界だし、小さくて弱いから、やみくもに色んなことが怖かったですよなー。

そんなこんなでゾンビ映画では「ドーンオブザデッド」や「ワールドウォーZ」なんかの経験を積みまして、今回の和製ゾンビ映画でございます。
主演が大泉洋ってことと、予告編の「全く新しいゾンビ映画!あなたはこのスピードについて来られるか!!」みたいな宣伝文句にも乗っかってしまいました。

大泉洋演じる鈴木英雄はうだつのあがらない漫画家で彼女ともケンカばかりという毎日だけど、何故か趣味がクレー射撃で猟銃を所有する資格を持っているという、コレが大きなポイントでございますね。
インフルエンザみたいな病気をきっかけに、日本中でどんどんゾンビが増えていく中、いの一番にやられてしまいそうな男がなんとか生き延び続けられたのは、この猟銃のおかげなのであります。
d0088211_22245294.jpg

最終的に人間がたてこもっているアウトレットモールへたどり着き、そこでは独裁的なリーダーを中心にコミュニティができていて、ゾンビの生態とかも徐々にわかってきて…と、全然新感覚じゃないじゃん!ゾンビ映画の王道じゃん!という流れの作品でございました。
ふつーにゾンビ映画としては面白かったですけど、ちょっと予告編にだまされた感はありますね。
スピーディーさやゾンビの数の多さでいうと「ワールドウォー」もすごかったしねぇ。

現代の日本でもしこんなことがあったらというリアルさと、ゾンビの情報がネットで氾濫して「ZQN(ゾキュン)」と名付けられること、英雄が出会った女子高生・比呂美(有村架純)は赤ちゃんのZQNに襲われたためか半分人間のまま止まっていること、なんかが注目ポイントでしょうか。続編もありそうな感じです。
大泉洋ファンとしては見どころも多かったですけど、どっちかっていうと「駆け込み女と駆け出し男」の方をみなあかんかったかなーという反省。
d0088211_2221312.jpg

[PR]

by hobomovie | 2016-07-31 22:26 | 日本映画 | Comments(0)

少女椿<2016>

d0088211_21344766.jpg

ワタシが大好きなミュージシャン、チャラン・ポ・ランタンが主題歌を担当するってんで大注目だったこの作品。
原作はエログロ漫画の代表作家・丸尾末広が1984年に発表したものですが、あまりにえげつないので今では改訂版しか入手できないとかなんとか。

ストーリーは、薄幸の少女・みどりちゃんが両親を失い、サーカス団に入り、なんだかんだ虐げられまくっていたら奇術師に見初められ、自分の生きる道をみつけるというもの。
ほぼ原作通りの展開でしたが、ラストはこんなんだっけな?という感じでした。

パンフレットがなかったので劇場で売っていたガイドブックを買ったのですが、それによると原作では昭和初期が舞台のところを、戦争が無いまま昭和が続いているパラレルワールドの日本という設定にしているそうで、それはちょっと面白いなと思いました。
原作者と監督が対談でも話していたけど、太平洋戦争前の日本ってセピア色の風景にえがかれがちだけど、意外と極彩色で華やかな部分もあったんじゃないかなぁと思うわけです。

奇術師役でジャニーズの風間俊介くんが出ていたせいか若い女子が多い客席でしたが(みどりちゃん柄のバッグを持った筋金入りの方もいらっしゃいました)、めくるめくエログロな世界に、どひゃ~ってなっちゃわなかったか心配いたしました。

チャラン・ポ・ランタンの主題歌はまさに少女椿と言う曲調と歌詞でばっちりなのですが、劇中に同じく2人組の女性ミュージシャン・黒色すみれが登場していたのもチャランポだったら良かったのに~ぃと少し残念でございました。

[PR]

by hobomovie | 2016-06-11 21:35 | 日本映画 | Comments(0)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)<2014>

d0088211_2212077.jpg

主演のマイケル・キートンは「バットマン」や「ビートルジュース」で人気のあった俳優でしたが、ふと気づけばスクリーンでみかけない日々が続いておりました。
そんな彼が、かつてヒーロー映画で一世を風靡したあと落ちぶれ、再起をかけてブロードウェーの舞台に挑戦するというストーリーの映画に主演と。
これほどの自虐ネタがあろうか。
彼こそが、一世一代の勝負に出たという感じがします。

マイケル・キートン演じるリーガンは、かつて「バードマン」というヒーローもので人気を得たという設定なのですが、世代的にどうしてもこっちのバードマンがまず出てきたり、
d0088211_21502055.jpg

SMAPの曲を口ずさんでしまったりして、実際観終わったあとは脳内ヘビーローテーションだったりしたのでした。観る前から邪念が多うございます。

リーガンの心の中には常にバードマンが存在していて、映像ではリーガンのそばに現れてあれこれ言ってきたりします。これこそ映画の醍醐味という演出ですが、観客にもリーガンの心象風景が見えてきて、「ブラックスワン」のように主人公がどんどん追い込まれていく感じで、それはそれはつらいもんでした。
途中でブロードウェーの辛口評論家に言われていたように、同じショービズでも映画と舞台は全く別もので、求められる力も違うわけです。
なぜリーガンがあえて舞台に、しかも少人数で演じるストーリーものに挑戦しようとしたのかは語られないのですが、脚本・演出・主演を兼ねていることもあってプレッシャーはハンパなく彼を襲います。

そんなダークな物語が、まったくカットがかからないひとつづきの映像のように進んでいき、まったく目が離せない展開でした。
ほとんどが劇場の舞台と舞台裏なのでドアを開けるシーンがたくさんあるのですが、そのたびに時間が進んでいたり別の場所になっていたりしているのです。これまた、映画ならではだなぁと面白かった。

結局のところ、壮大な皮肉がテーマとなっている作品だったのかなぁと思います。マイケル・キートンが主演なこととか、ヒーローもので成功したことの代償とか、映画で失敗した人が舞台でやりなおそうとすることを映画で撮ることとか。
音楽はほとんどがドラムソロでこれまた画期的だったんですが、それも過剰な演出やハデハデな映画音楽へのアンチテーゼだったりとか?深読みしすぎかもしれませんが、とにかくかっこいい音楽でしたなぁ。
うーん、予想以上に深い作品でした。
[PR]

by hobomovie | 2015-04-26 22:07 | 外国映画 | Comments(2)

ヴァンパイア<2012>

d0088211_19161545.jpg

岩井俊二はドラマ「ifもしも(打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?)」の頃から好きな映像作家で、特に「Love Letter」や「四月物語」なんかのほんかわした作品が好きです。
彼が「花とアリス」以来8年ぶりの長編映画を監督して、全編英語&カナダロケ、ヴァンパイアがテーマということで、これは「リリィ・シュシュ」系のダークサイド作品だな…と覚悟を決めて劇場へ。

果たして、ミニシアター系の映画館はガラガラでございました。
実際、作品はというと超・ダーク&ヘビーな内容でしたね。

物語はのっけから自殺志望の女性から血を抜いていく男性が登場してびっくりな展開でしたが、その男性は高校教師のサイモン(ケヴィン・ゼガーズ)で、病気の母(アマンダ・プラマー)と二人で地味~に暮らしている。
言うなれば猟奇的殺人事件の犯人なわけで、母親の扱い方も病的だし、こりゃヴァンパイアというより病んでる人間が主人公なのでは…それにしても次々と女性の血液を抜いていくから気持ち悪くなってきた…とつらい状況で観ていました。

サイモンが女性の血液を飲んで吐くシーンがあったりなんかして、ますます気持ち悪くなりながらも観ていると、あらあら不思議このサイモン青年にいつの間にやら感情移入してしまい、彼のことが世間に知れてしまうのではないかとハラハラしてきました。

彼の行為は絶対許されないものだし、彼自身もちっとも魅力的ではないのだけど、社会から疎外されているマイノリティという点で応援してしまう…のかなぁ。本当に、不思議な映画でした。
彼が本当にヴァンパイアだったのかどうかも、不思議なままです。

ちなみに、日本からの交換留学生という役で蒼井優が唯一日本人キャストとして出演しています。彼女の芝居は最近のドラマとかでは若干くどいな~という印象でしたが、岩井作品では活きますね。
[PR]

by hobomovie | 2014-06-22 19:19 | 日本映画 | Comments(0)

ダークシャドウ<2012>

d0088211_11533573.jpg
ティム・バートン×ジョニー・デップによる8作目です。
数々の奇想天外な世界をみせてきた2人なので、少々のことではもう評価されないのか、前評判はイマイチでしたね。
でも、これだけオモシロ作品を送り出してきたらハードルもあがるというものでしょう。ワタシが観なくて誰が観る!と勝手な義務感で行ってまいりました。

ジョニー・デップ演じるヴァンパイヤが、200年の時を越えて子孫が暮らす洋館に現れ、因縁の魔女と死闘をくりひろげるというビジュアルやストーリーは既視感ありありで、それが評判につながっちゃったのかな~という気はします。
でもワタシはこのティム・バートン節が大好きなので、楽しめました。

時代設定が70年代で、当時の音楽満載なのも良かった。T-REX、カーペンターズなどがバックにずっと流れていて、アリス・クーパーに至っては本人出演というすごい展開でした。

あとは、「キック・アス」のヒットガール以来でクロエ・グレース・モレッツを観て、あら大きくなって~♪とうれしかったです。
「モールス」「ヒューゴ博士の不思議な発明」「(500)日のサマー」なんかに出ていたんですね、全部逃しちゃってるなぁ~。
d0088211_1155822.jpg

[PR]

by hobomovie | 2012-07-07 11:55 | 外国映画 | Comments(0)

クラバート~闇の魔法学校~<2008>

d0088211_21191084.jpgさてさて、予告どおり無事に原作を読み終わり、DVDをみました。
サブタイトルやDVDジャケットからすると完全にハリー・ポッターを意識した感じで、まぁそのほうが売れるかもしれないけど、ワタシ的にはもっとドイツを全面に押し出したら良かったのに…と思います。
百年戦争時代のドイツを舞台に、ラウジッツ地方の伝説にもとづいたダークな雰囲気がなかなか良かった作品でした。

ドイツが長引く戦争と疫病で苦しんでいた時代、孤児となった少年クラバートは不思議な夢に導かれ、水車場にたどりつく。
そこでは魔法使いの親方のもとで、11人の職人が働いていた。12人目の職人として迎え入れられたクラバートは、働きながら魔法を教わる弟子となるのだが…というストーリー。

原作ではクラバートが水車小屋ですごす3年間をえがいていますが、映画では少し省略されて1年間のできごととしてまとめられています。親方の正体、新月の夜だけ現れる黒いマントの客、新月の夜だけ動く石臼、職人の死といった謎がちりばめられ、最後までどうなるかわからない展開でした。

映画では、クラバートがカラスに変身するシーンや、村娘との出会いなんかが印象的な映像に仕上がってました。
d0088211_21195485.jpg

そしてそして、この映画をみるに至った最大の動機は主演のダフィット・クロスであります。

ことの始まりは「愛を読むひと」でした。観たいなぁと思いつつ劇場公開で逃してしまいレンタルでみたんですが、なんだなんだこの若手俳優は…他にはどんな作品に出てるのかな?と調べてみたらこの「クラバート」にたどりついたわけです。

「愛を読むひと」も「クラバート」も主人公の成長が大きな軸になっているんですが、ダフィット・クロスは超童顔なのも手伝って伸びしろがあるというか、作品中でものすごく変化しちゃうわけです。そこがすごくいいなと思いました。

その後も1年に1本くらいのペースでは出演しているようですが、日本には全く来てなさそう…小さいドイツ映画なんでしょうかね。
なんて思っていたら、2011年公開のスピルバーグ作品「War Horse」に出るというではないですか!これは楽しみ。その頃には名前の表記もダフィットからデイヴィッドになってるかも…
[PR]

by hobomovie | 2010-09-15 21:24 | 外国映画 | Comments(0)

悪人<2010>

d0088211_22474434.jpg先日久しぶりに試写会に行って大満足だったので、ふと新聞で見つけた試写会に応募してみました。
無事当選ハガキが来たのでいそいそと会場に向かい、上映前はいつも通り司会者が登場。
はいはい、映画の概略ね?スポンサー商品の紹介は無いの??などと軽~く流していたら、

「今日はスペシャルゲストが来ています」ですとー!!!

ざわめきだす会場。「写真撮影は禁止ですので」とまで言われちゃあ、マジでー!!となりますわな。
そして、まさかの妻夫木聡、深津絵里、李相白監督登場。
(写真はおおさか報知から拝借)
d0088211_22494224.jpgしばらくは誰もしゃべれないくらいの騒ぎになりました。
ワタシは仕事後に行ったのでいい席が無くて、仕方なく前から5列目くらいに座ったんですが、そのおかげでこんなに近くで見れるなんて…と災い(というほどでもないけど)転じて福となす、を実感いたしました。

しばしのインタビューの間、妻夫木君のハニカミ笑顔をナマで見ちゃったよ~♪ふかっちゃん細!顔ちっちゃ!!と浮かれていたら、監督は「この妻夫木聡を一旦忘れて作品を観てください」と言い残し、インタビュー終了。
観てみればこのメッセージも納得です。
今までみたことのない妻夫木聡がいました。

福岡県の山中で、保険会社OL・佳乃(満島ひかり)の死体が発見される。捜査線上に浮かぶのは、福岡の大学生・増尾(岡田将生)と長崎の土木作業員・祐一(妻夫木聡)。祐一は出会い系サイトで佐賀の販売員・光代(深津絵里)と出会い、愛し合うようになるが…
佳乃や祐一の家族も巻き込まれ、それぞれの思いが交錯する中、事件の犯人は誰なのか?祐一と光代の行く末は??というストーリー。

殺人事件の真犯人は?というサスペンス的要素が強い作品かと思っていたんですが、「愛」と「悪」というテーマの方が中心でした。ラブストーリーと言ってもいいかもしれません。
d0088211_22505810.jpg
実物を見ただけに、よけいに妻夫木くんとふかっちゃんのオーラ消しっぷりに感心しました。ふたりとも、いかにも田舎にいそうな、地味~な人達になりきっています。祐一は改造したGT-Rに乗っている車好きという設定なんですが、それもわかるー!!と田舎出身者は思うのでした。

なかなか考えさせられる結末で、妻夫木くんの表情が頭から離れない今日この頃です。
続々と映像化されている人気作家・吉田修一が原作なので、近いうちに読んでみようかなと思っています。
悪人
[PR]

by hobomovie | 2010-09-03 22:56 | 日本映画 | Comments(2)

ダレン・シャン<2009>

d0088211_035055.jpg
d0088211_041130.jpg

本屋さんをぶらぶらしていると、かなりワタシ好みなコーナーにずらっと並んでいる「ダレン・シャン」シリーズ。
ダークファンタジーの傑作シリーズだけど、10冊以上あるのでなかなか手が出せないな~と思いつつ幾年月、ついに映画化されたというので、観に行ってみました。

平凡な男の子ダレンは、親友のスティーブと奇妙なサーカス「シルク・ド・フリーク」を見に行ったことをきっかけに事件が起こり、スティーブの命を救うためハーフヴァンパイアになる道を選んだ。家族や、それまでの平凡な生活と決別し、シルクの一員となるダレンだったが…というストーリー。
ダレンが仲間入りしたヴァンパイアは、同じ吸血鬼のバンパニーズと敵対していて、その抗争がいよいよ表面化する!というところで「つづく」という感じの作品でした。

シルクを率いる団長に渡辺謙、ダレンの師匠的なヴァンパイアにジョン・C・ライリー、ヴァンパイアの仲間にウィレム・デフォーと個性的な面々が揃ってました。ジョン・C・ライリーは「シカゴ」の情けない旦那役みたいなイメージが強かったんですが、この作品ではダレンをヴァンパイアとして導いたり、かなり激しいアクションもあったりして新鮮でした。
d0088211_05511.jpg
d0088211_05253.jpg

ダレンを演じたクリス・マッソグリアはこの作品でデビューだそうですが、最初のもさっとした少年から、ハーフヴァンパイアとして成長するにつれてどんどんかっこ良くなっていきました。これからが楽しみですね。
ダレン・シャン<日本語吹替版>
[PR]

by hobomovie | 2010-05-15 00:09 | 外国映画 | Comments(0)

シャッターアイランド<2010>

d0088211_13583279.jpgシャッター アイランド
1954年、アメリカ。ボストン沖にある孤島「シャッターアイランド」は、精神疾患を持つ受刑者専用の刑務所となっているが、そこから受刑者の女性レイチェルが行方不明となった。彼女は厳重な監視を逃れ、どうやって姿を消したのか?連邦保安官のテディ(レオナルド・ディカプリオ)は相棒のチャックとともに島へ乗り込み、事件の捜査を行うのだが…といったストーリー。

とにかくこの謎がウリの作品で、予告編も必要最小限の映像しか出さない感じでしたし、本編の最初には「この謎はまだ見て無い人には教えないでね」というメッセージ付き。
映像のそこかしこに謎を解くヒントがあるというので、戸田奈津子さん監修の「超吹替え版」というのも用意されています。
配給会社の戦略なんでしょうけど、ちょっともったいぶり過ぎな気もしますね。観る側がすごく気負ってしまって、逆効果ではないでしょうか。でも上映時間が都合よかったので、その吹替え版を観てみました。

原作が「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘインだそうで、ストーリー的にはよくできてたし、サスペンスというよりはスリラーと言えるようなこわ~い映像も出てきて、嫌な夢を見そうな感じ。
キューブリックの映画「シャイニング」をちょっと思い出しました。どこまでが現実で、どこまでが妄想なのか、それをあえてわかりにくくしてあるようです。
観終わったあとは、「あれはどうなん?」とみんなで話し合うのが楽しいでしょう。
d0088211_1359279.jpg
ところでディカプリオ君は「ギャングオブニューヨーク」や「キャッチミーイフユーキャン」以来ご無沙汰だったので、ワタシ的には急にガツンとおっさんになってしまったようで、ちょっとせつなかったです。二重アゴや無精ヒゲがなんてお似合い…

<おまけ>
オチ一発の作品といえばM・ナイトシャマラン監督ですが、監督生命の危機という噂を聞いて心配していたら、次回作「エアベンダー」の予告編を観ました。
風火水土ってアンタ「ガラスの仮面」の紅天女じゃないんだから…
そういうのはジョン・ウーあたりに任せといた方がいいんじゃないですか?と、さらに心配な今日この頃です。
[PR]

by hobomovie | 2010-05-09 14:03 | 外国映画 | Comments(0)