タグ:シリーズもの ( 23 ) タグの人気記事

カーズ クロスロード<2017>

d0088211_21424016.jpg

このブログでもたびたび申し上げておりますが、ワタシは奥田民生の大ファンであります。その彼が日本版エンドソングを担当するというので、いそいそと日本語吹替え版を観に行ってまいりましたよ。

今回で3作目ですが、1作目はなんとなーくテレビでみたことがあって、2作目は急きょレンタルして、3作目にのぞみました。いやはや、「トイストーリー」シリーズ同様、3作目まで観て初めて作品のパワーに感服すると言いますか、ピクサーマジック再びでございましたよ。
ほんまあなどっててごめん!という思いでいっぱいです。
そう考えるとトイストーリーにちょっと似た展開もあるかなと思うのですが、カーズシリーズを振り返ってみましょうか。

カーズでは人間が全く存在せず車たちが暮らす世界なんだけど、この設定が結構突飛だから付いていきにくいところがありますよな。
1作目ではトップレーサーのマックイーンがひょんなことから田舎町ラジエータースプリングの面々と出会い大きく成長するという物語。トイストーリーでもウッディ最初はまぁまぁ嫌なヤツだったなぁ。

「カーズ2」では本編にPerfumeの「ポリリズム」が使用されるという楽しみもありつつ、マックイーンの仲間であるレッカー車のメーターをメインにした、これまたびっくりなスパイ・アクションものに仕上がっておりました。
冒頭から登場するスパイ・フィンの声を名優マイケル・ケインがやってるところとかもニクイですな。トイストーリーでも2作目はウッディがさらわれて、バズを中心に救出大作戦を行うハラハラドキドキの展開でした。

d0088211_21425647.jpg

そんなこんなで3作目。マックイーンのトップレーサーとしての存在をおびやかす若いレーサーが登場し、それまでのやり方では勝てなくなってしまう。
さらに大クラッシュを起こして再起不能かと思われている中、新たなトレーナーをむかえて再出発にチャレンジするというストーリー。
そこは決して平たんな道のりではなく、まぁ色々あるんですけども、若い女性(というのかな?)トレーナー・クルーズとの出会いがマックイーンのレーサー人生(というのかな?)に大きな変革をもたらすという、劇的な幕切れでございました。

これをもし実写で映画化しても、こんなに幅広い客層には観てもらえないじゃないですか。それがピクサーのパワーだなあとつくづく感じました。
ストーリー的にはむしろ、子供と一緒に観に来た大人が刺さるんじゃないでしょうかねぇ。トイストーリーでも3作目では時の流れを感じるエンディングでしたが、今回のはオクダの歌声もあいまってさらに感動的でした。
劇場で観て良かったです。「エンジン」響くわ~。

d0088211_21431325.jpg

<おまけ>
オクダがピットクルーのグイドがいちばん好きだと言っていたので、買ってしまいました。久しぶりにやると楽しいですね、レゴ。


[PR]

by hobomovie | 2017-09-18 21:46 | 外国映画 | Comments(0)

ローグ・ワン スターウォーズストーリー<2016>

d0088211_21482906.jpg
スターウォーズシリーズは子供の頃からずっと好きですけどそれほど詳しくはないもんで、去年ひさしぶりにエピソード7が公開になったから次はてっきり「8」だと思い込んでいました。
まさかの、「3.5」がやってきましたよ。

1977年に公開になった「スターウォーズ」は全部で9つあるエピソードのうちの「4」だったわけですが、そこでは帝国軍の巨大兵器デス・スターの設計図が盗み出され、それをめぐる同盟軍との戦いが描かれています。
今回の「ローグ・ワン」はその設計図がどうやって盗み出されたのか、というストーリーで、まさに「4」へつながる重要な作品でございます。
でも「エピソード」がついていないので正式なシリーズではなく、スピンオフ的なものだとかなんとか。だからといって、決してちゃちな作品ではなかったでございますよ。

設計図を盗み出すストーリー展開は想定の範囲内ではあるっちゃあるものの、デス・スターの設計者にここまで奥深い思いがあったとは!そこ重要なポイントでした。
つっこみどころもあるはあるんですけど、感動的でいいストーリーやったと思います。「4」のサブタイトル「新たなる希望」につながるところが、にくいねにくいねー。

そしてエピソード7からこっち、ちらっと見たことはあるけどそんなに有名じゃない俳優さんがそろってて新鮮です。
アジア映画界ではドニー・イェンはスターですけどもね。みんなすごく魅力的なキャラクターを演じてました。
新しいロボットキャラクターK-2SOも良かったですね。ビジュアルはやや浦沢直樹感がありましたけどね。
そしてそして、「4」にいちばん近い時期をえがいているだけあって、おなじみのキャラクターやアイテムがそこかしこに!という楽しさがありました。
ダースベイダーやR2-D2・C3POが出てくるのは当然として、レイア姫の育ての父ちゃん出てたよね?ターキン提督やレイア姫にいたっては、もういちどじっくり見たいですね。宇宙戦争や惑星の映像もすごかったけど、なによりそこでCGってすごいよなーと思いました。

[PR]

by hobomovie | 2017-01-08 21:50 | 外国映画 | Comments(0)

バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生<2016>

d0088211_104635.jpg

「ダークナイト」シリーズのバットマンは、クリストファー・ノーラン監督の世界観がドハマリしたすごくいいシリーズで大好きです。
一方「マン・オブ・スティール」のスーパーマンはというと、せっかくのザック・スナイダー監督の個性があんまいかされてないというか、割と予想通りの展開が続く作品で、ワタシ的一番のみどころはスーパーマンの地球上の両親をケビン・コスナーとダイアン・レインが演じているというところ、てなもんでした。

さて、そんなバットマンとスーパーマンが戦うという。
こっちはDCコミックスですが、ライバルのマーベルでもアベンジャーズが仲間割れして戦うという作品が同時期に公開になっていて、業界じゅうバトルロイヤルという構図がなかなか面白い今日この頃です。

バットマンとスーパーマンについてはこれといった説明もなくストーリーがどんどん進んでいきますので、今までの作品の知識はある程度あった方が良いでしょう。
特に「マン・オブ~」のラストの戦いがふつーに出てきますので、観てなかったら「はて?」となるような気がします。

ワタシはさほどアメコミに詳しくないのですが、どうやらここからジャスティス・リーグというシリーズが始まる模様ですね。
「ダークナイト」をひきずってあのダークな雰囲気とかちょっとはあるのかなぁと思ってましたが全然でしたね。バットマンは今回ベン・アフレックに引き継がれていて、この人こんなにアゴ出てたっけ、と改めて顔に釘づけになりつつ、ザ・アメコミっぽくなったなぁとしみじみ感じました。
ワンダーウーマンまで登場して、えらい盛り上がりよう。このくだりもほとんど知らなかったので、ちょっと面白かったです。おお~と拍手したくなる感じ。

しかし2人が戦ってると若干バットマンに肩入れしてしまうのはワタシがダークナイト好きのせい?バットマンが人間のせい?いやいや、スーパーマンのオレサマ感に拍車がかかっているせいですよな。
悩むと北を目指してしまうあたりは地球育ちぽさが出ていますが、非の打ちどころがないルックスとかー、ヒーローなのに恋人最優先で活動しちゃうところとかー。ちょっと共感できないんだよなぁ。
d0088211_10462792.jpg

敵役はハリウッドの二宮君とワタシが勝手に呼んでいるジェシー・アイゼンバーグで、この人こういう役やらせたらハマるよなぁ、ニノさんもやってみたらいいのに、と思いました。

バットマンの中の人・ウェイン社長の苦しみを映像化したところとか、お得意のアニメアニメした部分もあって、全体的には「マン・オブ~」よりもスナイダー監督ぽさがあって楽しめる作品でした。
[PR]

by hobomovie | 2016-04-23 10:47 | 外国映画 | Comments(2)

スター・ウォーズ フォースの覚醒<2015>

d0088211_2250096.jpg
 
d0088211_22501829.jpg

数年前から続編製作の噂は聞こえておりましたが、いよいよスター・ウォーズの最終章が始まりました。
メディアでもたびたびこの盛り上がりを取り上げていたので、さほど興味のない人でも話題にのぼってましたね。
ワタシはというと、子供の頃から主に金曜ロードショーで何度も観ていて、テーマ曲を聞いただけでテンションがあがる体質に成長しましたが、どっちかっていうとエピソード1の時の方が盛り上がったかなぁと思いますね。
最初のシリーズの最終話エピソード6から1の公開までは16年あいていて、今回の3から7までは10年ですから。特にワタシは4~6の時は劇場で観ることができなかったので、そのぶん嬉しかったってのもあると思いますが。
…と、まぁシリーズを全然みたことない人なら早くもちんぷんかんぷん、という話しですが、ジョージ・ルーカスが70~80年代にエピソード456を、90~00年代に1を製作し、今回はJ・Jエイブラムスにバトンタッチして789が始まったわけです。
初めての人はどっからみたら?というのは難しいテーマですが、ワタシは公開順にみるのがいいんじゃないかなーと思います。やはり後になるほど映像技術が進んでるし。
まずダース・ベイダーというものを見てからそのルーツを知るっていうのも面白かったし。

さてさて、今回の作品でございますが、公開2日目に梅田のTOHOで観たんですが、コスプレファンが大集合していてびっくり。
ほんっっと盛り上がってるよなーと嬉しくなり、記念撮影してもらいました。
d0088211_22544297.jpg
d0088211_2255795.jpg

がぜんワクワクが止まらない状態で恒例のオープニングを迎え、あっという間の2時間強でした。

エピソード6の最後では宇宙に平和がもたらされたかのように見えたけど、またしても帝国軍が暗躍し、最終兵器を完成させたと。その情報をドロイドが持ち出して、砂漠に暮らす若者がそいつを助けていつの間にやら反乱軍の仲間入りと。

…あれ?こういうストーリーなんかみたことあるー!!!

J・J監督による今までの世界観の完コピも功を奏し、何の違和感も無く世代交代劇に入り込んでしまいました。
R2-D2の役割はBB-8に、ルークはレイに、ダース・ベイダーはカイロ・レンにといった具合に、見事に引き継がれておりました。暗黒皇帝って死んでなかったの??
帝国軍の脱走兵・フィンがちょっと新しい役どころですかねー。あと、主役のレイが女性になったところとか。小説とかを読み込んでる人なら知ってることなのかもしれませんが、映画しか観ていないワタシには新鮮でした。

以前からのメンバーの中でハン・ソロはオビ・ワン的な立場になったと言えるかな?あと、ルークはヨーダのようになっていくのでしょうか。胸が熱くなります。
あー、これからも楽しみ楽しみ。
[PR]

by hobomovie | 2015-12-27 22:59 | 外国映画 | Comments(0)

ミッション:インポッシブル/ローグネイション<2015>

d0088211_21495521.jpg

さてさて、別にトム様のファンってわけじゃないんですけどね、「インポッシブル」という表記には違和感があるんですよね、というくだりもこれで何度目でしょうか。

アメリカに秘密に存在するスパイ組織IMF、そこに所属するイーサン・ハントの不可能なミッションをえがくシリーズ5作目です。

今回は「離陸する飛行機につかまる」とか「ノーヘルで山道を爆走」とか「オペラハウスの屋根から飛び降りる」とかのアクションを、スタント無しでトム様が演じています。
飛行機のシーンはぞわわわ~となるくらい迫力があって、これもトム様が自分で演じていてCGじゃないってわかっているからだなぁと思いました。アクションにリアリティを持たせるという新しい分野を切り開いているような。
いやーもうこれはイーサン・ハントの、と言うよりもトム・クルーズのミッションになりつつありますよね。
全盛期のジャッキー・チェンを彷彿とさせるご活躍です。エンドロールにNGシーンを入れ込む日も近いか?

そんな迫力満点のアクションはもちろん見ごたえがあったし、世界を股に掛けるストーリー展開でハラハラドキドキ、楽しめました。
3作目あたりからチームのメンバーも固定してきて、仲間との友情なんかもえがかれてワタシ好みになってきました。
最初の頃は、なんだかんだでみんな死んじゃったじゃん!という展開が多くて、気が抜けないもんでしたが。
夏の楽しい思い出のひとつになった作品でした。

ところで、今回はイーサンの大事な奥様がまったく出てきませんでしたが、あのエピソードは無かったことになってる?わけじゃないよね?
[PR]

by hobomovie | 2015-08-29 21:50 | 外国映画 | Comments(0)

アメイジングスパイダーマン2<2014>

d0088211_1045345.jpg

アンドリュー・ガーフィールドに代替わりしたスパイダーマンシリーズ、2作目の登場です。
すっかりスパイダーマンが板についたピーター・パーカーですが、相変わらずうじうじと悩みながらもバッタバッタと悪を倒すご活躍。
なぜそんなに悩んでいるかというと、愛する彼女グウェン(エマ・ストーン)の父がスパイダーマンの正体を知り、今際の際で「娘に近づかないでくれ」と訴えたから。アンドリューの涙目が大好物のワタシにはいい展開ですけども、もっとカラッとしたヒーローものがお好みな方は、えぇいはっきりせい!とイライラするかもしれません。
d0088211_10463988.jpg

しかし今回の作品、そんなピーターのうじうじした悩みなんてかすんでしまうほど、いろんな出来事が盛りだくさんあってお腹いっぱいでございました。
まずはピーターの両親について、その死やかかえていた秘密などが明らかに。父ちゃん母ちゃんがトム・クルーズ並みのアクションを披露してのっけからビックリ。
オズコープの社長からその息子へ引き継がれる呪われたDNA、ピーターの親友だったハリー(ディン・デハーン)がどうしてグリーンゴブリンになってしまうのか。有名なエピソードではあるものの、新たな展開がありましたな。
ハリー役の俳優さんは初めてみたけど、若き日のレオナルド・ティカプリオを彷彿とさせる繊細さがあって、これから楽しみです。
d0088211_104710100.jpg

こないだ「ウォルト・ディズニーの約束」というほんわかした作品で観たばっかりなので、ライノなんつーザコキャラになってしまったポール・ジアマッティさんにも驚かされました。
ピーターとグウェンがむかえる結末も、アメコミを知ってる人には当然の展開なんでしょうけども…そう聞いてたけども…せつないでございますね。

そしてそして、今回のメイン悪役はアカデミー俳優ジェイミー・フォックスが演じるエレクトロ。元々オズコープ社で働いていたサエない電気技術者が、事故によって体内に電気を帯びてしまい、心に抱えていた闇が怒りへと変化・増幅してしまうというやるせなさ満点の悪役でした。
エレクトロになってしまう前のサエなさっぷりが半端なくサエてなくて、ジェイミーの役者魂を感じましたね…

全体的には、前作同様マンガっぽいノリとスピーディさがあって、面白かったです。ワタシは2Dで観ましたが、3Dだとテーマパークのアトラクションのような楽しさがあるんではないかと。

とまぁこんなに盛りだくさんにしちゃって、次回作大丈夫?という気もしますが、まだまだ登場してないキャラも多々ありますのでね。MJさんは出てくるんでしょうかね。
[PR]

by hobomovie | 2014-05-26 10:50 | 外国映画 | Comments(0)

ホビット 竜にうばわれた王国<2013>

小説はもとより映画、ゲームなどあらゆるジャンルのファンタジーアドベンチャーはここに通ずる「ロード・オブ・ザ・リング」こと「指輪物語」。
その前日譚「ホビット」が映画化され、「ロード・オブ~」よりも面白い!と大評判だったのが2年前。観に行こうかな…とは思ったんですが、どうにもビジュアルがねぇ。
おっさんとおじいさんの旅、始まるよ!
d0088211_22203412.jpg

…華がないっつーか地味ですやんか。
前シリーズでフロド少年がおじさんであるビルボからゆずり受けた指輪を、そもそもビルボがどうやって手に入れたか、という話しだからしょうがないっちゃしょうがないんですけどね。主人公がすでにおじさんですから。昔の話だから、少々若くはなりますけども。

ビルボを演じたマーティン・フリーマンは当時は「ラブ・アクチュアリー」のAV男優役くらいでしか知らなかったんですが、今ではシャーロック・ホームズが現代に生きていたら?というテレビシリーズ「シャーロック」でワトソン君を演じてすっかりメジャーになったイギリス人俳優でございます。

そしてなんと今作では、ドラマでシャーロックを演じているベネディクト・カンバーバッチもワトソン君のために(かどうかは定かではない)馳せ参じているというではありませんか。

そしてそして、今作は華が加わってますよ、華が!
d0088211_22315477.jpg

やっぱエルフがいないとねぇ。
前シリーズ開始から10年以上たっても変わらぬ美しさのオーランド・ブルーム、すばらしい。
レゴラスのキャラは少し若くて、やんちゃだったのが新鮮です。

ということで、1作目「思いがけない物語」をレンタルでチェックの上、2作目から劇場で観るという珍しいパターンになりました。
結果、やはりファンタジーアドベンチャー好きならはずしちゃいかんシリーズだったな、やっぱ1作目からちゃんと観れば良かったよ…という後悔の念が胸に去来しております。
ビジュアルにだまされたオイラが甘うございました。3作目も楽しみです。
こうなったら、子供の頃からチャレンジしていない原作読破をやってみようかしら…なんてね、なんてね!

ちなみに、シャーロック先生の役はこちらでした。
d0088211_22213035.jpg

ドラゴンのスマウグ!がびーん。先生のお顔おがめず…
[PR]

by hobomovie | 2014-04-05 22:43 | 外国映画 | Comments(0)

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点<2013>

先日、母と北海道二人旅をしてきました。札幌に2泊したので、ぜひとも探偵がいるバー・ケラーオオハタでグラスのひとつも傾けたいところだったんですが…悲しいかな風邪をひいてしまったので、旅行に影響が出ないよう大事を取って夜遊びは断念しました。
ススキノ大交差点の写真だけはなんとか、撮ってきたのでした。
d0088211_2328377.jpg

さて、大泉洋による探偵シリーズ第2弾がこの作品。今回は、探偵の友人・オカマのマサコちゃんが殺害されたことから始まる、前作を上回るハードボイルドな事件でございました。
アクションもお色気もパワーアップして、面白い作品になってました。
きっとまだ続くんでしょうなー楽しみですなー。

ヒロインは尾野真千子なんですが、前作の小雪のほうが良かったかも。
比べるなら、オカマのマサコちゃんを演じたゴリとならどっこいというところか。ゴリ、かわいそうな役だったけどすごく良かったです。
d0088211_23311810.jpg

パンフレットは前作同様マッチのような装丁になっていて、ロケ地マップも付いています。
あぁ…もっと札幌をうろうろしたかったなぁ。風邪さえひかなければ…
探偵の相棒・高田がよく食べてる「開拓おかき」は最近大阪でも売ってる店を発見したんだけども…
おいしかったです…
d0088211_23314474.jpg

ちなみに、大泉洋と言えば「水曜どうでしょう」。
その聖地にはちょこっと寄ってきました。工事中でこれまたちょっと残念でしたが…
d0088211_2332219.jpg

[PR]

by hobomovie | 2013-10-02 23:34 | 日本映画 | Comments(0)

ダークナイト ライジング<2012>

d0088211_15502087.jpg伝説が 壮絶に 終わりました…

「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続く、クリストファー・ノーラン監督のバットマンシリーズ最終作です。
日本では興業的にもいまひとつで、評判もいまいち…?みたいな話しを聞いていたんですが、どうしてどうして!このシリーズを観ずしてバットマンを語るなかれ!という思いを新たにしました。

前作のジョーカー事件からすべての悪を自ら引き受け、8年も沈黙し続けるブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)。表面上は平和となったゴッサムシティにもうバットマンは現れないのか?
ところが、女泥棒セリーナ・カイル(アン・ハサウェイ)がブルースの指紋を盗みだし、ベイン(トム・ハーディー)の邪悪な計画が動き出す…というストーリー。

ストーリーの要所要所に「ビギンズ」や「ダークナイト」のエッセンスがつめこまれていて、あちこちに張り巡らされていた伏線がすべて落ち着くところに落ち着いたという感じです。
若干まとめようとしてる感が強い気もしましたが、若手警察官ジョン・ブレイク(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の活躍がすばらしかったので許す!かっこよすぎ!

と言いつつ前作までの細かいとこを正直結構忘れてしまっていたワタクシ、やや悔しい感じでした。1、2を復習してからもう一度観なおしたい…
ラーズ・アル・グ-ル(リーアム・ニーソン)のこともすっかり忘れてしまっていて、ジェダイマスターがフォースでよみがえったのかと思ってしまいましたよ。

キャストが「インセプション」オールスターズという感じで、これまたなかなか良かった。
d0088211_15505732.jpg

ベインのトム・ハーディかっこいいのに、素顔は一瞬しか出てこなかったですね~…モッタイナイ…
体も相当大きくしたみたいで、別人のようでした。
執事のアルフレッド役のマイケル・ケインは「プレステージ」も含めて主人公を見守る役どころばかりで、ほんとノーラン監督のお気に入りなんですね。

監督的にはそんな感じでキャストも大満足だろうし、恐らく今までで最高の資金を投入して、彼の作品によくある「こういう画がとりたかったんだ~♪(想像)」という映像を作り上げてこれまた大満足なことでしょう。
ノーラン作品は、ラストに含みがありすぎてどよ~んとなるものが多いですが、今回は珍しくすっきり!私も大満足でしたよ!
[PR]

by hobomovie | 2012-08-11 15:55 | 外国映画 | Comments(0)

アメイジング・スパイダーマン<2012>

d0088211_8554198.jpg「Dr.パルナサスの鏡」「BOY・A」などを観ていいな~と思っていたアンドリュー・ガーフィールド。「ソーシャル・ネットワーク」で決定的に好きになったんですが、これほど大きな役で活躍するようになるとは、びっくりです。
この作品からは、彼の俳優人生は大きく方向転換しそうですね。今までみたいな作品にも、また出てほしいけど…

さて、トビー・マグワイヤ主演の前シリーズが終わったあと、映画・舞台監督のジュリー・テイモワ演出でブロードウェイミュージカルになったというニュースぐらいは聞いてましたけど、また新しいシリーズが始まるとは、やはりアメコミものの人気は根強いですね。
ワタシは子供のころ、なぜか日本版のスパイダーマンを先に知って、てっきり日本の漫画かと思ってましたけどね。

今回のシリーズ、蜘蛛の糸を出すのにウェブ・シューターを使うとことか、ヒロインがMJじゃなくグウェンなこととか、敵役がトカゲのリザードなこととか、、原作ファンにはなかなか嬉しい設定になっているらしい。
前シリーズが終始ダークな雰囲気だったのと比べると、今回のはちょっとマンガ的で明るいように思います。
もちろん伯父さんが死んじゃったりとか、前シリーズ同様ダークヒーローの要素はあるんだけども、3Dで観たこともあって全体的になんだか楽しかったです。
スパイダーマンになりたてのとき、着替えやケイタイやらを入れたリュックをしょったまま活動してたのもツボでした。確かに変身後は荷物どうしてんだろうっていうね。
d0088211_855435.jpg

アンドリューがパーカーのフードをかぶって歩くと、どうしても「BOY・A」を思い出してせつなくなります。
d0088211_8562868.jpg

で、この共演をきっかけにこの2人はつきあってるらしい。さいでっかー。

3Dで映画を観たの久しぶりだったんですが、初めて自分のメガネに取り付けるタイプのメガネで観てみました。以前のゴーグルみたいなごっついメガネに比べたら、断然ラクになって良かったです。ストーリーがマンガちっくなこともあり、あんまり深く考えず楽しむってことに重点を置いて、3Dで観るのもオススメですね。
[PR]

by hobomovie | 2012-08-05 09:02 | 外国映画 | Comments(0)