タグ:アニメ ( 39 ) タグの人気記事

カーズ クロスロード<2017>

d0088211_21424016.jpg

このブログでもたびたび申し上げておりますが、ワタシは奥田民生の大ファンであります。その彼が日本版エンドソングを担当するというので、いそいそと日本語吹替え版を観に行ってまいりましたよ。

今回で3作目ですが、1作目はなんとなーくテレビでみたことがあって、2作目は急きょレンタルして、3作目にのぞみました。いやはや、「トイストーリー」シリーズ同様、3作目まで観て初めて作品のパワーに感服すると言いますか、ピクサーマジック再びでございましたよ。
ほんまあなどっててごめん!という思いでいっぱいです。
そう考えるとトイストーリーにちょっと似た展開もあるかなと思うのですが、カーズシリーズを振り返ってみましょうか。

カーズでは人間が全く存在せず車たちが暮らす世界なんだけど、この設定が結構突飛だから付いていきにくいところがありますよな。
1作目ではトップレーサーのマックイーンがひょんなことから田舎町ラジエータースプリングの面々と出会い大きく成長するという物語。トイストーリーでもウッディ最初はまぁまぁ嫌なヤツだったなぁ。

「カーズ2」では本編にPerfumeの「ポリリズム」が使用されるという楽しみもありつつ、マックイーンの仲間であるレッカー車のメーターをメインにした、これまたびっくりなスパイ・アクションものに仕上がっておりました。
冒頭から登場するスパイ・フィンの声を名優マイケル・ケインがやってるところとかもニクイですな。トイストーリーでも2作目はウッディがさらわれて、バズを中心に救出大作戦を行うハラハラドキドキの展開でした。

d0088211_21425647.jpg

そんなこんなで3作目。マックイーンのトップレーサーとしての存在をおびやかす若いレーサーが登場し、それまでのやり方では勝てなくなってしまう。
さらに大クラッシュを起こして再起不能かと思われている中、新たなトレーナーをむかえて再出発にチャレンジするというストーリー。
そこは決して平たんな道のりではなく、まぁ色々あるんですけども、若い女性(というのかな?)トレーナー・クルーズとの出会いがマックイーンのレーサー人生(というのかな?)に大きな変革をもたらすという、劇的な幕切れでございました。

これをもし実写で映画化しても、こんなに幅広い客層には観てもらえないじゃないですか。それがピクサーのパワーだなあとつくづく感じました。
ストーリー的にはむしろ、子供と一緒に観に来た大人が刺さるんじゃないでしょうかねぇ。トイストーリーでも3作目では時の流れを感じるエンディングでしたが、今回のはオクダの歌声もあいまってさらに感動的でした。
劇場で観て良かったです。「エンジン」響くわ~。

d0088211_21431325.jpg

<おまけ>
オクダがピットクルーのグイドがいちばん好きだと言っていたので、買ってしまいました。久しぶりにやると楽しいですね、レゴ。


[PR]

by hobomovie | 2017-09-18 21:46 | 外国映画 | Comments(0)

この世界の片隅に<2016>

d0088211_20585889.jpg
「夕凪の街 桜の国」というマンガを初めて読んで以来、こうの史代はずっとワタシの中の好きな漫画家リストに並んでおりました。
この作品も「夕凪~」と同じく太平洋戦争中の広島を描いてますが、舞台が呉なことと、上・中・下からなる少し長めな話しなことからちょっとおもむきが違っております。原作は、広島から呉へお嫁に行ったすずさんの、戦時中で大変なことが色々ありがらも明るく暮らす様子が淡々と描かれています。
もちろん戦争の行く末は誰もが知っているわけですが、広島に原爆が落とされる前は、海軍基地のあった呉の方が大変な空襲があったというのはこの作品で初めて知りました。
悲しい結末が待っている予感はしつつも、すずさんの日常を描いているところが大好きだし、ちょっとファンタジックな部分もあったりして、果たしてこれがアニメ映画になるというのはどうなのか少々不安に思いつつ劇場へ。

結果、原作ファンのワタシも大満足、席からしばらく立ち上がれないほどの感動でございました。
いやもーね、タオル持って行った方がいいですよみなさん。
企画の始動から6年、クラウドファウンディングで資金を集め、原作の雰囲気を残しつつ、映像ならではの演出がすごく良くて、主演の能年玲奈あらためのんを始めとした声優陣、コトリンゴの絶妙な音楽と、すべての要素が作品を高みへと押し上げてましたね。
数年前にドラマ化されたりもしてましたけど、それよりも断然良かったっす。
今年アニメと言えば「君の名は」でしたけど(まだ観てませんけど)、全然違う作風だけど、なんとか多くの人にこっちも観てもらいたいものですなー。
d0088211_20593894.jpg

[PR]

by hobomovie | 2016-12-04 21:04 | 日本映画 | Comments(4)

ペット<2016>

d0088211_21414652.jpg

自分たちが留守にしてる間ペットはどうしてるのかなーというのは、動物を飼ってる人なら誰でも気になるところ。それをテーマに、面白おかしいアニメがやってきましたよ。
動物好きのワタシとしては予告編をみて気になってましたし、同時上映が「ミニオンズ アルバイト大作戦」ってことで、小学生の姪っ子と一緒にうきうきと出掛けてきました。
ミニオンでおなじみの、イルミネーションのアニメです。

とにかく全編動物たちがかわいくて、もーキュンキュンものでございました。
CGアニメで毛並みとかもリアルですしねー。
終わったあとは、姪っ子とどのコを飼いたい?なんて盛り上がりました。

吹き替えもバナナマンを筆頭にみんな良かったです。

え、ストーリー?えーとえーとですね、人間の知らないところで動物たちがコミュニケーションをとってる世界のおはなし。主人公の犬のマックスのおうちに新しい犬デュークがやってきて、反発する2匹。ところがトラブルに巻き込まれて協力し合ううちに仲良くなる2匹。マックス達のため、団結して助けに向かう友達のペット達。あれ?こんなお話なんか知ってるー!まんまトイストーリーやないかーい!!という展開でしたが、かわいかったから許す。
続編も決まったそうで、楽しみですね。

原題は「The Secret Life of Pets」 ペットたちの秘密の暮らしってとこでしょうか。今回は珍しく、端的に「ペット」で良かったかも。ピクサーアニメとかだと、原題があまりにシンプルでびっくりすることが多いですが、いつもの逆パターンですな。
d0088211_21421372.jpg

[PR]

by hobomovie | 2016-10-02 21:43 | 外国映画 | Comments(0)

インサイドヘッド<2015>

d0088211_2281085.jpg

ピクサーの新作は、長編アニメ制作20周年を記念する作品ということで、あーもう「トイ・ストーリー」からそんなにたっちゃったかぁとしみじみします。
当時はこのフルCGアニメにどうしてもなじめなかったもんでしたなぁ。
特に人間が出てくると違和感がすごかったんですが、今は全く気にせず観れますもんねー。

今回は日本語吹替え版を観たので、まずはドリカムによる主題歌「愛しのライリー」とともに、色んな子ども達の写真が次々と出てきて、のっけから感動。
監督の挨拶をはさみーの、「南の島のラブソング」という同時上映作品が始まり、これが山が主役のラブストーリーという斬新な短編アニメで、意外と度肝を抜かれまして、吉田美和ちゃんの歌声でうっすら浮かんだ涙がすっかり乾いてしまいましたとさ。

さてさて本編はというと、主人公の少女ライリーと、彼女の頭の中にある5つの感情「ヨロコビ」「カナシミ」「ビビリ」「ムカムカ」「イカリ」が描かれています。
ライリーが生れてから、11歳になるまでの成長と、ミネソタからサンフランシスコへ一家で引っ越すことになり生まれるドラマ。そのすべてに5つの感情が影響しているという裏のドラマ。
これまた今まで観たことのない世界で、かなり面白かったです。
「脳内ポイズンベリー」という日本のマンガ・映画に内容が似てるのではないかとか言われているようですが、ワタシはそっちはみてませんけども、これほど深い内容ではないんじゃないの?とちょっと思います。

ライリーの性格形成や、短期の記憶、長期の記憶、感情の役割、睡眠と夢の関係などなど、色んな要素が具現化されていて、これはただのお子様向け映画と決め付けられない部分がありましたね。

ほいでもって、「ビンボン」というキャラクターに至っては、涙なしでは語れない。ワタシはもー、ほんとこういうのに弱いんですよー。
d0088211_2283480.jpg

ディズニー映画ではお馴染みの、タイトルが原題と全然違うやないかい問題は、今回も健在でした。「インサイドヘッド」なんて、さも原題どおりな雰囲気をかもしだしてますが、原題は「Inside Out」。
観る前は邦題の方がわかりやすくていいんじゃね?なんて思ってましたが、終わってみれば、これまた原題が深いわーと感心しました。ちなみに裏表とか、裏返し、とかいう意味です。
d0088211_2285262.jpg

[PR]

by hobomovie | 2015-08-03 22:09 | 外国映画 | Comments(0)

ベイマックス<2014>

d0088211_22385775.jpg

予告編をみて、ちょっとみてみようかなーと思っていたのですが、いかにもハートウォーミングものな感じでどうなのかな?と考えてました。
しかしネットなどでアメリカと日本の宣伝スタイルが全く違っていて、むしろヒーローアクションものと思ったほうがいいかもなんて意見もあるし、これは案外面白いかもしれんと逆に期待がふくらみまして。
d0088211_22412928.jpg

いかにも!なお涙頂戴的な展開はノーサンキューなのですよ。

そんな心構えで、6歳になった姪っ子3号と二人で劇場へ。
結果、二人して感涙。

いやー、よくできてましたわ。とにかくベイマックスが超魅力的!
ベイマックスを作ったお兄ちゃん・タダシは事故死してしまうのだけど、残された弟・ヒロとベイマックスのコンビネーションが最高です。
前半はかなり笑えるのです。

お兄ちゃん亡き後弟が孤立無縁で戦うんだったらかわいそうやなぁと思っていたのですが、そこはお兄ちゃんの大学のゼミ仲間が素晴らしい才能の持ち主ばかりで、スーパーヒーローチームを結成してしまうのです。ビバ仲間。
d0088211_22421813.jpg

パンフで初めて知ったんですが原案は「ビッグ・ヒーロー・シックス」というマーベルのアメコミだそうで、納得納得。

やはりお兄ちゃんが志半ばにしてこの世を去ってしまったというくだりはとっても悲しかったし、ベイマックスとヒロの友情がね…もうね…泣かずにはいられないワケですよ。
ワタシに、ロケットパンチの話しはさせないでください…泣いちゃうから…

最後に、東京とサンフランシスコをたしたイメージのサンフランソウキョウという街の設定も、すごく良かったことを付け加えておきましょう。外国映画における日本の描かれ方にありがちな、「それ中国やん!」というツッコミの出る幕がなかったな。
d0088211_22423988.jpg

[PR]

by hobomovie | 2015-01-21 22:45 | 外国映画 | Comments(0)

モンスターズ・ユニバーシティ<2013>

d0088211_221255.jpg

夏休み、姪っ子3号(4歳)とその幼なじみ男の子(小1)と3人で観てきました。
映画好きおばちゃんは、ときどき姪っ子達と映画館へ出かけるのであります。

前作「モンスターズ・インク」からもう12年もたちましたかいな。あの頃はまだフルCGアニメってものがそんなに多くなくて、映像のキレイさにも驚いたもんでしたが、今やすっかり当たり前の領域に入りましたですねぇ。

さて、今でもちびっ子たちに人気の、マイクとサリーのモンスターコンビがスクリーンへ帰ってきました。
モンスター界の一流企業モンスターズ・インクで働くためにはまずモンスターズ・ユニバーシティへ!と夢を抱いて入学したマイクがサリーと出会い、大親友になるまでのエピソードを描いた作品です。

マイクはモンスターに生まれたからには人間を怖がらせなくちゃ!と思っているのですが、いかんせん小さな体とコミカルな顔が災いして全く怖くないので、努力して怖がらせる技術を身に着けようと頑張っています。
「インク」ではすっかりお調子者キャラだったので、実はマイクにこんな過去があったとは…と驚きの(というほどでもないか)展開になっています。
一方、サリーは有名なモンスターの息子であり大きな体といかつい顔を持った生まれながらのスターで、努力しなくても十分やっていけるタイプ。
当然この2人は反発しあっていたのだけど、大学のイベントで同じチームでおちこぼれメンバーを率いることになり、一緒に頑張ることで友情が芽生えていくというストーリーでした。
いかにもディズニーって感じではあるんですが、キャラクターがみんな面白いので最後まで楽しめました。
「インク」で悪役だったランドールも出てきたりして、良かったです。

ちびっこ達も最後まで喜んで観ていました。エンドロール後になにかありそうな感じだったので、早く席を立とうとする幼なじみ君を「この後おまけあるかもしれんから」と押えたら「なになに?大人ももらえるおまけなん??」
…いや、そういうおまけじゃなくてー。言葉って難しい…。ともかく、楽しい夏の思い出になりましたです。
[PR]

by hobomovie | 2013-09-14 22:02 | 外国映画 | Comments(0)

風立ちぬ<2013>

d0088211_22494727.jpg

久しぶりに、試写会に応募してみたらば当たりました。
大好きなジブリアニメ、大好きな宮崎駿作品でございます。

最近劇場で予告編を見ていたし、NHKの「仕事ハッケン伝」で取り上げられてるのも見たし、ある程度の予備知識は得ておりました。
で、こんな作品かな~と予想していたのとは、結構違っていた感じです。

ゼロ戦の設計者・堀越次郎と堀辰雄の小説「風立ちぬ」を融合させた、オリジナルストーリー。
関東大震災から太平洋戦争に至る激動の時代を舞台にしているので、今までの宮崎作品の中ではかなりリアルに近い設定で珍しいなと思っていました。

で、子供の頃から追いかけていた大空を翔る夢が、大人になって戦争の道具という形で現実化したことに対する葛藤といったシビアな展開をつい期待してしまっていたのです。
なんと言っても実在の人物をモチーフにしているし、時代背景もありますしね。
でも今になって考えると、そうなっちゃうともうジブリアニメではないかな…?という気がしますね。
実際、もうちょっとドリーミングでファンタジーな作品でございました。

とにかく、次郎少年の空に対する憧れを現す、夢の中のシーンが多いんですよね。イタリアの飛行機設計者ジャンニ・カプローニとも夢の中で交流してしまいますし。

さらに、ラブストーリーとしての要素も結構大きかったです。
次郎は関東大震災で出会った少女・菜穂子と、社会人になってから再会して恋に落ちるのですが、なんと菜穂子は結核を病んでいるというメロドラマな展開…!
いやいや、確かに泣ける話だし、古典文学の香りがステキと言えなくもない。
でもなんでしょうねー、んー、この感情移入できない感じ。次郎&菜穂子が金持ちのボンボン&お嬢ってのが素直な感動を邪魔してるんでしょうか。

予告編では「この生きにくい時代を、当時の若者たちはどう生きたのか」みたいなキャッチフレーズがありましたけど、そないにリアルな内容でも無かったので、そういう意味ではちょっと期待はずれだったか。
宮崎駿の遺言!?とも言われてるみたいですが、とりあえず今までに無かったタイプの作品でしたね。
これから観る人には、あんまり「堀越次郎と堀辰雄」というイメージにとらわれずに観ることをオススメします。

映像はとにかくキレイだったし、みごたえありでした。
全く子ども向けではないような気もしますけど、宮崎監督の空に対する情熱やロマンはひしひしと感じました。そういう意味では子どもでも思うところがあるでしょうか。
試写会にはちらほら小学生くらいの子たちも来ていましたが、どんな感想を持ったのかなぁ。

あと、最近の作品から感じる「ねっとり」した映像は今回も夢の中のシーンなどで健在でした。「ハウル」の荒れ地の魔女や「ポニョ」の海の生きもの達なんかが、すごーく粘着質な、ねばっこい感じがしませんかね?
それ以前の作品は、もっとカラリとしたイメージを持っております。映像の精度があがったってことなんですかねぇ。

まだ公開されていないのでパンフは買えず。手に入れたらまたじっくり読んで反芻したいと思います。
[PR]

by hobomovie | 2013-07-07 22:59 | 日本映画 | Comments(0)

グスコーブドリの伝記<2012>

d0088211_919297.jpg子どもの頃「銀河鉄道の夜」を親戚の伯父さんに連れて行ってもらいました。全体的に暗~い作品で、なんて悲しい話なんだと子どもながらに思ったもんでしたが、何故か忘れられず、大人になってDVDを買い、今でも時々みています。
そのチームが再結集でまた宮沢賢治のアニメを作ったというので、楽しみに観に行ってみました。

原作は読んだことがあったけど、「銀河鉄道」に負けず劣らずの暗いお話です。
緑豊かな山で両親と妹と幸せに暮らしていたブドリ少年。しかし突然の冷害と飢饉によって両親は行方不明、妹は人さらいにあい、天涯孤独となってしまうのです。

これはもうジョバンニを遥かに超える苦境。ジョバンニにもさびしい身の上だったけど、家族はいましたからねぇ。

そしてブドリ少年は生きるため、そして妹を探すため、旅に出ます。
まず最初にたどりついたテグス工場では短期間でしたが、次にやってきた農場では住み込みで長期間働きます。農園の主一家がいい人で、本で勉強する機会もありぐんぐん成長するブドリ少年。最終的には火山の研究者という仕事につくことができます。
その後火山の研究を続けるうち、噴火によって甚大な被害を及ぼす可能性がある火山が発見されます。
様々な苦境を乗り越えてきたブドリの選択した道とは?

ゼロから自分の未来を切り開いて進んでいくストーリーはまぁわかりやすいんだけど、原作の摩訶不思議な世界観も残そうとしているせいか、全体的にぼんやりした作品になっちゃいましたなぁ。
d0088211_9192928.jpg
イーハトーブの街は目をみはるような面白い映像になっていたことだし、その気になれば最新技術を駆使した感動巨編に仕上げることもできただろうに、そっちを狙ったらもうちょいヒットしたんでないの?と思います。

もしくは心底原作に忠実に、もっと素朴で暖かい作品にしてほしかった。後者であれば、ワタシのDVDライブラリーに加わることもあったかもね。

ということで、どっちつかずで残念!な作品でした。
[PR]

by hobomovie | 2012-10-06 09:19 | 日本映画 | Comments(0)

長ぐつをはいたネコ<2011>

d0088211_8125916.jpg「シュレック」シリーズに登場する「長ぐつをはいたネコ」=プス。
彼を主人公にすえ、雲の上にあるお城から金のタマゴを産むガチョウを手に入れるという大冒険を描いたのがこの作品です。
プスの生い立ちから、なぜお尋ね者になってしまったのか、といったエピソードもあり。

ワタシはシュレックシリーズはそんなに真剣にみてなかったのでプスの存在も薄かったんですが、この作品ではとにかく彼のかわいさにヤラれました。ネコ好きにはたまりませんな~。
吹替えは竹中直人でおっさんなんだけど、かわいいという。
目がまんまるになるとか、ノドをゴロゴロならすとか、液体はなめて飲むとか、動く物についじゃれついてしまうとか、ネコの生態がいかされてたのも良かったです。

シュレックの世界観を継承したおとぎの国なので、「ジャックと豆の木」「マザー・グース」「黄金のガチョウ」「ガチョウと黄金の卵」などファンタジーのエッセンスがあちこちにちりばめられていて、楽しめました。

ぶっちゃけそれほど観たい!という作品ではなかったんですが、入院中の伯父につきっきりで看病している伯母を気分転換に連れ出し、ちょうどいい時間にあったのがこれだったのでした。
ワタシは思い切りリフレッシュできましたが、伯母さんも楽しんでくれた…と思います。
[PR]

by hobomovie | 2012-04-01 08:14 | 外国映画 | Comments(0)

コクリコ坂から<2011>

d0088211_10303214.jpg「風の谷のナウシカ」以降、ほとんどの宮崎駿&ジブリ作品を劇場で観ているワタシとしては、純粋にみてみたいという気持ちよりは「ジブリの最新作を見届けなくては」という勝手な義務感が勝っている感じ。
さらに宮崎吾朗監督作品ということで「ゲド戦記」の悪夢が脳裏をよぎりつつも、劇場へ行ってきました。

舞台は1960年代の横浜。家業の下宿屋をきりもりする働き者の海(長澤まさみ)が通う高校では、老朽化した文化部室棟「カルチェラタン」の取り壊し問題で紛糾していた。
カルチェ保存のために尽力する新聞部の風間(岡田准一)たちの活動に協力する海だったが…というストーリー。

ストーリーからもわかる通り、ジブリ作品の中ではかなり地味なものになっちゃいましたなー。
もちろん当時の横浜の様子や、今や全くお目にかかれない情熱的な高校生たちが魅力的でしたが、原作が「なかよし」に連載されていた少女漫画ということもあってストーリーは少々甘すぎる感じです。
もちろん面白かったんだけど、やはりジブリの看板を背負ってるとハードルも上がりますわな。他の作品と比べると印象が薄い感じです。

今のご時勢お気楽にファンタジー作品なんか作ってられないという方針なのかもしれませんが、じゃあ日本を舞台にしたリアルな作品なら観る人を勇気づけたり深く考えさせたりすることができるのか?っちゅーと、そんな単純なものじゃないように思うんですが。
やはり昔の作品の方が勢いがあったし、ストーリーにも奥行きがあったなぁ…想像もつかない世界をまた見せていただきたいものです。
以下は過去ブログから持って来ました。結局まだ原作読んでないや…

ゲド戦記<2006>
数々の良くない評判は耳にしつつも、ジブリ作品を愛する者として行ってきました。
あえて先入観は持たず、公平な感覚で観たつもりです。
d0088211_1035370.jpg
確かに色々と言われている通り、映像はかなり雑な感じでした。
宮崎アニメで言うなら「パンダコパンダ」?「未来少年コナン」?「アルプスの少女ハイジ」?くらいまで逆戻りしたよう。パンフを読んでいると、この世界観を表現するためにあえてそうした部分もあるようですが、「もののけ姫」以降の美しい映像を観ているぶんだけちょっと残念かも。

ストーリーについては原作をちっとも読んでいないのでなんとも言えない部分もありますが、とにかくセリフが多くて満腹状態になったうえで、ラストは逆に全く説明されないもんで消化不良をおこしたような感覚でした。
自然界の均衡が崩れ、人々の心はすさんでいき・・・という設定は現代に通じるものがあり、非常に興味深かったんですけどねぇ。結論としましては、「これを機会に原作を読もうっと・・・」

映画・ドラマ
[PR]

by hobomovie | 2011-11-05 10:37 | 日本映画 | Comments(0)