タグ:アクション ( 34 ) タグの人気記事

バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生<2016>

d0088211_104635.jpg

「ダークナイト」シリーズのバットマンは、クリストファー・ノーラン監督の世界観がドハマリしたすごくいいシリーズで大好きです。
一方「マン・オブ・スティール」のスーパーマンはというと、せっかくのザック・スナイダー監督の個性があんまいかされてないというか、割と予想通りの展開が続く作品で、ワタシ的一番のみどころはスーパーマンの地球上の両親をケビン・コスナーとダイアン・レインが演じているというところ、てなもんでした。

さて、そんなバットマンとスーパーマンが戦うという。
こっちはDCコミックスですが、ライバルのマーベルでもアベンジャーズが仲間割れして戦うという作品が同時期に公開になっていて、業界じゅうバトルロイヤルという構図がなかなか面白い今日この頃です。

バットマンとスーパーマンについてはこれといった説明もなくストーリーがどんどん進んでいきますので、今までの作品の知識はある程度あった方が良いでしょう。
特に「マン・オブ~」のラストの戦いがふつーに出てきますので、観てなかったら「はて?」となるような気がします。

ワタシはさほどアメコミに詳しくないのですが、どうやらここからジャスティス・リーグというシリーズが始まる模様ですね。
「ダークナイト」をひきずってあのダークな雰囲気とかちょっとはあるのかなぁと思ってましたが全然でしたね。バットマンは今回ベン・アフレックに引き継がれていて、この人こんなにアゴ出てたっけ、と改めて顔に釘づけになりつつ、ザ・アメコミっぽくなったなぁとしみじみ感じました。
ワンダーウーマンまで登場して、えらい盛り上がりよう。このくだりもほとんど知らなかったので、ちょっと面白かったです。おお~と拍手したくなる感じ。

しかし2人が戦ってると若干バットマンに肩入れしてしまうのはワタシがダークナイト好きのせい?バットマンが人間のせい?いやいや、スーパーマンのオレサマ感に拍車がかかっているせいですよな。
悩むと北を目指してしまうあたりは地球育ちぽさが出ていますが、非の打ちどころがないルックスとかー、ヒーローなのに恋人最優先で活動しちゃうところとかー。ちょっと共感できないんだよなぁ。
d0088211_10462792.jpg

敵役はハリウッドの二宮君とワタシが勝手に呼んでいるジェシー・アイゼンバーグで、この人こういう役やらせたらハマるよなぁ、ニノさんもやってみたらいいのに、と思いました。

バットマンの中の人・ウェイン社長の苦しみを映像化したところとか、お得意のアニメアニメした部分もあって、全体的には「マン・オブ~」よりもスナイダー監督ぽさがあって楽しめる作品でした。
[PR]

by hobomovie | 2016-04-23 10:47 | 外国映画 | Comments(2)

図書館戦争 THE LAST MISSION<2015>

d0088211_21501517.jpg

前作から2年。おや、まだ2年しかたってませんでしたか。
d0088211_21505468.jpg

その間に堂上教官(岡田准一)は軍師官兵衛になっておりまして、相棒の小牧さん(田中圭)はあろうことか石田三成になっていました。
堂上はいつか小牧に裏切られるのでは…?という、本編とは全く無関係なハラハラ感がうまれてしまった続編です。
あ、ワタシは岡田君のファンなので、どうやっても盛り上がる内容になってしまいますのでそこんとこよろしくメカドックです。

昭和から正化という元号に変わった近未来の日本。メディア良化委員会によるメディアへの検閲が激しさを増す中、唯一の対抗組織としての図書隊が迎える危機が主なストーリー。
図書隊員の手塚光(福士蒼汰)の兄である手塚慧(松坂桃李)は、元図書隊員でありながら図書隊の壊滅を目論み、弟が所属するタスクフォースの解体を計画します。
といっても単純なドンパチではなく、慧は文部科学省に所属する役人なので、実に周到に罠をかけていくのです。
まぁ結局はドンパチになるんですけども。
とにかくこの戦闘シーンがかっこいいのかっこよくないのって、むちゃくちゃかっこいいんです。

ふと冷静になると、本を守るためにこの戦い…?と疑問に思ってしまったりするんですが、本は象徴的な物であって、その根底にあるのは、言論の自由、表現の自由、思想の自由を守るための戦いなのですよみなさん!
国民の中にはそんなことまでしなくてもいいじゃん、なんか面倒くさい、と無関心になっている部分もあったりして、現在の日本の情勢をはたと考えさせられたりもしました。

物語の主役はあくまでタスクフォース初の女性隊員・笠原(榮倉奈々)なので、堂上教官との師弟関係は恋愛に発展するのか!?というところもみどころで胸キュンです。
直前に放送されたスペシャルドラマとセットで、2年間の空白をバッチリ埋める盛り上がりでしたね。

<おまけ>
以前からひらかたパーク、通称ひらパーの園長になっていた岡田君ですが、今回は映画とコラボした謎解きゲームが体験できるというので、でかけてきました。
d0088211_2205899.jpg

d0088211_2271339.jpg

ゲーム自体も面白かったし、岡田君関連の展示がたくさんあって大満足でした。
d0088211_2274031.jpg

d0088211_2223831.jpg

堂上教官もやっぱり関西出身らしいね!どうやらね!
[PR]

by hobomovie | 2015-11-15 22:08 | 日本映画 | Comments(0)

キングスマン<2015>

d0088211_20521374.jpg

周りの映画好きたちが観に行かなくちゃ!って感じになっていたので、ほほう、これはきっと面白いのねとつられて観に行ってみました。
だもんで、コリン・ファースが珍しくアクションに挑戦、イギリスのスパイはジェームス・ボンドだけじゃねえぞってとこがみどころ、くらいの予備知識で劇場へ。

ロンドンにひっそりとたたずむ紳士服店「キングスマン」、その裏側にはどの国にも属さず正義を貫くスパイ組織キングスマンが存在していた。
メンバーは英国紳士らしくスーツに身を包み、常にスマートに任務をこなす。もうその設定だけでテンションがあがるってものです。

コリン・ファース演じるハリーが、かつて命を救ってくれたメンバーの息子エグジー(タロン・エガートン)をスカウトして一人前のスパイに育て上げるストーリーと、全世界を巻き込む殺戮をたくらむヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)を阻止しようとするストーリーが同時進行して、なかなか面白いストーリーでした。
キングスマンのメンバーにマイケル・ケインやマーク・ストロングもいて良かったし、エグジーを始めとしたキングスマンの新メンバーは若手でまさにこれからって感じの俳優ぞろいでこれまた良かった。
d0088211_20493750.jpg

クライマックスのアクションシーンはかなりブラックになってまして、これは…モンティ・パイソンの流れをくむ、ブラックユーモア的な…?とちょっとびっくりしたけど、監督が「キック・アス」のマシュー・ヴォーンと知って納得でございます。
なんでしょう。こんなにえげつないのに、ちょっとクスッと笑ってしまう感じ。
d0088211_2049925.jpg

誰にでもオススメできる作品じゃないけど、トム様的なメガトン級スパイものや、ダニエル様的なクールすぎるスパイもの以外が観たいのよねーという方には、是非観ていただきたいです。あと、「キック・アス」が好きな人にも。
そして続編は、あるのか!?ほんとにあるのか!?
[PR]

by hobomovie | 2015-09-23 20:52 | 外国映画 | Comments(0)

ミッション:インポッシブル/ローグネイション<2015>

d0088211_21495521.jpg

さてさて、別にトム様のファンってわけじゃないんですけどね、「インポッシブル」という表記には違和感があるんですよね、というくだりもこれで何度目でしょうか。

アメリカに秘密に存在するスパイ組織IMF、そこに所属するイーサン・ハントの不可能なミッションをえがくシリーズ5作目です。

今回は「離陸する飛行機につかまる」とか「ノーヘルで山道を爆走」とか「オペラハウスの屋根から飛び降りる」とかのアクションを、スタント無しでトム様が演じています。
飛行機のシーンはぞわわわ~となるくらい迫力があって、これもトム様が自分で演じていてCGじゃないってわかっているからだなぁと思いました。アクションにリアリティを持たせるという新しい分野を切り開いているような。
いやーもうこれはイーサン・ハントの、と言うよりもトム・クルーズのミッションになりつつありますよね。
全盛期のジャッキー・チェンを彷彿とさせるご活躍です。エンドロールにNGシーンを入れ込む日も近いか?

そんな迫力満点のアクションはもちろん見ごたえがあったし、世界を股に掛けるストーリー展開でハラハラドキドキ、楽しめました。
3作目あたりからチームのメンバーも固定してきて、仲間との友情なんかもえがかれてワタシ好みになってきました。
最初の頃は、なんだかんだでみんな死んじゃったじゃん!という展開が多くて、気が抜けないもんでしたが。
夏の楽しい思い出のひとつになった作品でした。

ところで、今回はイーサンの大事な奥様がまったく出てきませんでしたが、あのエピソードは無かったことになってる?わけじゃないよね?
[PR]

by hobomovie | 2015-08-29 21:50 | 外国映画 | Comments(0)

オール・ユー・ニード・イズ・キル<2014>

d0088211_2313666.jpg

なんだかんだでトム・クルーズの作品はよくみてるワタシですが、特にファンってわけではないのです。いやマジでマジで。
作品の規模が文句なく世界最高水準なもんで、まぁ見たこともない景色をいつも見せていただいております、トム様。

さて今回の作品は、予告編をみて「おっ」と気をひかれ、原作が日本のライトノベルだっていうのでさらに観てみたくなりました。
原作もちょっと気になりますが、ライトノベルなので読みやすいんでしょうねぇ。映画では原作のちょっと萌え~な要素がなくされているそうで、タイトルが「Edge of Tomorrow」に変えられていたり、ハリウッドナイズされているようです。

ストーリーは、地球を襲うエイリアンと世界規模で戦う軍隊の話しなのですが、トム様がまず実戦経験の全くない広報担当という情けない軍人なところから始まり、あれよあれよという間に最前線へ送られてしまい、あっという間にエイリアンの餌食になって死んでしまうというびっくりな展開。

あらららら~と思っていたら、なんとトム様、エイリアンの攻撃を受けたとき偶然にもタイムループ能力を身に着けており、何度死んでも死ぬ前日からやり直しになるのです。
何度もやり直す中で強くなっていき、仲間を得るトム様。おっとトム様の役名はケイジでした。

ケイジが得る仲間とは伝説の戦士リタなのですが、今まで「プラダを着た悪魔」のイジワルな同僚のイメージが強かったエミリー・ブラントが演じていて、あまりの違いに驚きでした。
こんなアクションもできるお方だったんですねぇ。
d0088211_2321360.jpg

全体的にゲームっぽい展開の作品で「なんでやねん!」とつっこみたくなるポイントもあるにはありましたが、先がどうなるんだか予想できなくてドキドキしたし、トム様かっこよかったし、舞台がヨーロッパなのでザ・アメリカ映画!的な雰囲気がやや薄れてたし、もちろん迫力満点で、劇場で観て良かったな~と思う作品でした。

タイムループものとしてすごく良かった「ミッション:8ミニッツ」ほどではないものの、時空を超える者独特の切なさはちょっとあったでしょうかね。
[PR]

by hobomovie | 2014-08-17 23:15 | 外国映画 | Comments(0)

アメイジングスパイダーマン2<2014>

d0088211_1045345.jpg

アンドリュー・ガーフィールドに代替わりしたスパイダーマンシリーズ、2作目の登場です。
すっかりスパイダーマンが板についたピーター・パーカーですが、相変わらずうじうじと悩みながらもバッタバッタと悪を倒すご活躍。
なぜそんなに悩んでいるかというと、愛する彼女グウェン(エマ・ストーン)の父がスパイダーマンの正体を知り、今際の際で「娘に近づかないでくれ」と訴えたから。アンドリューの涙目が大好物のワタシにはいい展開ですけども、もっとカラッとしたヒーローものがお好みな方は、えぇいはっきりせい!とイライラするかもしれません。
d0088211_10463988.jpg

しかし今回の作品、そんなピーターのうじうじした悩みなんてかすんでしまうほど、いろんな出来事が盛りだくさんあってお腹いっぱいでございました。
まずはピーターの両親について、その死やかかえていた秘密などが明らかに。父ちゃん母ちゃんがトム・クルーズ並みのアクションを披露してのっけからビックリ。
オズコープの社長からその息子へ引き継がれる呪われたDNA、ピーターの親友だったハリー(ディン・デハーン)がどうしてグリーンゴブリンになってしまうのか。有名なエピソードではあるものの、新たな展開がありましたな。
ハリー役の俳優さんは初めてみたけど、若き日のレオナルド・ティカプリオを彷彿とさせる繊細さがあって、これから楽しみです。
d0088211_104710100.jpg

こないだ「ウォルト・ディズニーの約束」というほんわかした作品で観たばっかりなので、ライノなんつーザコキャラになってしまったポール・ジアマッティさんにも驚かされました。
ピーターとグウェンがむかえる結末も、アメコミを知ってる人には当然の展開なんでしょうけども…そう聞いてたけども…せつないでございますね。

そしてそして、今回のメイン悪役はアカデミー俳優ジェイミー・フォックスが演じるエレクトロ。元々オズコープ社で働いていたサエない電気技術者が、事故によって体内に電気を帯びてしまい、心に抱えていた闇が怒りへと変化・増幅してしまうというやるせなさ満点の悪役でした。
エレクトロになってしまう前のサエなさっぷりが半端なくサエてなくて、ジェイミーの役者魂を感じましたね…

全体的には、前作同様マンガっぽいノリとスピーディさがあって、面白かったです。ワタシは2Dで観ましたが、3Dだとテーマパークのアトラクションのような楽しさがあるんではないかと。

とまぁこんなに盛りだくさんにしちゃって、次回作大丈夫?という気もしますが、まだまだ登場してないキャラも多々ありますのでね。MJさんは出てくるんでしょうかね。
[PR]

by hobomovie | 2014-05-26 10:50 | 外国映画 | Comments(0)

探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点<2013>

先日、母と北海道二人旅をしてきました。札幌に2泊したので、ぜひとも探偵がいるバー・ケラーオオハタでグラスのひとつも傾けたいところだったんですが…悲しいかな風邪をひいてしまったので、旅行に影響が出ないよう大事を取って夜遊びは断念しました。
ススキノ大交差点の写真だけはなんとか、撮ってきたのでした。
d0088211_2328377.jpg

さて、大泉洋による探偵シリーズ第2弾がこの作品。今回は、探偵の友人・オカマのマサコちゃんが殺害されたことから始まる、前作を上回るハードボイルドな事件でございました。
アクションもお色気もパワーアップして、面白い作品になってました。
きっとまだ続くんでしょうなー楽しみですなー。

ヒロインは尾野真千子なんですが、前作の小雪のほうが良かったかも。
比べるなら、オカマのマサコちゃんを演じたゴリとならどっこいというところか。ゴリ、かわいそうな役だったけどすごく良かったです。
d0088211_23311810.jpg

パンフレットは前作同様マッチのような装丁になっていて、ロケ地マップも付いています。
あぁ…もっと札幌をうろうろしたかったなぁ。風邪さえひかなければ…
探偵の相棒・高田がよく食べてる「開拓おかき」は最近大阪でも売ってる店を発見したんだけども…
おいしかったです…
d0088211_23314474.jpg

ちなみに、大泉洋と言えば「水曜どうでしょう」。
その聖地にはちょこっと寄ってきました。工事中でこれまたちょっと残念でしたが…
d0088211_2332219.jpg

[PR]

by hobomovie | 2013-10-02 23:34 | 日本映画 | Comments(0)

アウトロー<2012>

d0088211_22592321.jpg

ジャック・リーチャーは元軍のエリート秘密捜査官。仕事や家や家族のみならず、免許証やクレジットカード、携帯電話すら持たず、流れ者人生を送っている。
我らがトム様が、こんなダークヒーローを演じるのは珍しいですね。

ピッツバーグ郊外で殺人事件が起こり、5人の男女が犠牲となった。逮捕された容疑者は黙秘を続けていたが、突然「ジャック・リーチャーを呼べ」と言い始めた…というオープニングから、流れ者ジャックが登場。
金髪美女弁護士ヘレンと共に謎が謎を呼ぶ事件を解決していきつつ、トム様お得意のアクションも織り交ぜた、見応え十分の作品でございました。

原作が人気シリーズ小説で、監督が「ユージュアルサスペクツ」の脚本家ということもあってか、ただのアクションというよりはサスペンス色が強くて面白かったです。
といいつつもアクションてんこ盛りだし、おいおいおい!と突っ込みたくなるところもあったりするんですが。

直球ストレートなヒーローものを得意とするトム様の作品の中ではちょっと異色ですが、アベンジャーズ・スーパーマン系よりもバットマンスパイダーマン系が好きなワタシは結構好きな作品でした。
ちなみに、ストーンズよりはビートルズの方が好きですけどね、関係ないか。

ところでこの作品、原題は「ジャック・リーチャー」なんですが、シリーズ化されるのかな?ジャック・リーチャー○○へ行くの巻、みたいな。
ロバート・デュヴァルが演じた助っ人おじいちゃんはいいキャラクターだったので、是非次回も登場してほしいものです。
[PR]

by hobomovie | 2013-06-07 23:00 | 外国映画 | Comments(0)

図書館戦争<2013>

d0088211_9375147.jpg

原作の有川浩の小説を(1巻だけだけど)読んだことがあって、これはかっこいい役だなぁとは思ってたんですよ。しかし、予想を上回るかっこよさで、V6の岡田准一くん、ほれてまうやろ~!と叫びたくなる映画でした。

舞台は昭和から正化という元号へ変わったパラレルワールドの日本。
政府はメディア良化法案を可決し、あらゆるメディアに検閲を行い、有害とされるものはことごとく排除されるようになった。
「本を焼く国は、いずれ人間を焼く」という危機感、人の思想は政府に管理されるものでなく自由であるべきだという思い、それらを体現する機関として「図書隊」が結成され、メディア良化委員会に対抗する唯一の組織となった。
図書隊に入隊した笠原(榮倉奈々)、手塚(福士蒼汰)、柴崎(栗山千明)、上官の堂上(岡田准一)、小牧(田中圭)を中心に、不当に略奪される本を守る図書隊の活躍を描くという作品でした。
d0088211_9354464.jpg

笠原と堂上のキャスティングは、実写映画化が決まるずっと前にダ・ヴィンチの仮想誌上キャスティングで1位をとった2人だし、柴崎は有川浩が本人を想定して書いていたと言われているし、もちろんストーリーの忠実さもしかり、とても原作を大切にした映画になっていました。

本を守るために命をかけるという、ちょっと冷めた目で見るとなんだこりゃ?という設定ではあるんですが、そこはやはり原作の力ですね。
どちらかというと「阪急電車」や「フリーター、家を買う。」「県庁おもてなし課」といったほんわかしたストーリーの方が有名になってますが、「塩の街」「空の中」「海の底」の自衛隊3部作、この図書館戦争シリーズと、ハードな作品も彼女の魅力なんですよね。最初はてっきり男性だと思ってましたけど、女性作家なんですよね。
作品を書くにあたって数々の文献を読み、徹底的に取材して書くというスタイルだそうで、そうして練り上げられた原作があるから、この映画の世界もリアルに見えてくるんだろうなと思います。もちろん、自衛隊が全面協力していたり、全国の図書館でロケをしたりと、映像のリアリティもありましたけどもね。

しかしとにかく、なんやかんや言っても、岡田くんがかっこいいんスよ!(←しつこい)
「んな訳あるかぃ!」というつっこみが若干関西弁に聞こえたのは、気のせいではないはず。
さすが、スーパーひらパー兄さんです。
d0088211_9355995.jpg

[PR]

by hobomovie | 2013-05-19 09:40 | 日本映画 | Comments(0)

リンカーン/秘密の書

d0088211_2212574.jpg
スピルバーグの「リンカーン」がもうすぐ日本でも公開されますね。エイブラハム・リンカーンの生誕200周年を記念して2009年公開を目指していたけど、結局去年アメリカで公開された模様。
主演のダニエル・デイ・ルイスがアカデミー賞をとったし、予告編をみても英雄・リンカーンを感動的に描いたすばらしい作品であることは間違いない。

一方、リンカーン・ブームを先取りしていたのが、去年公開されたこの作品。
あの偉大なリンカーンが、実はヴァンパイヤ・ハンターだった!という思い切った設定ですが、彼の有名なエピソードになんとかヴァンパイヤを織り交ぜ、なかなか面白いアクション映画に仕上がっておりました。
3Dにする必要はあったのかな~…と少々疑問が残りますが。

南北戦争では南部軍にヴァンパイヤ一族がいて黒人の奴隷を労働力&食糧としているとか、そうきたか!というストーリーでした。
ヴァンパイヤって死なないから、結局ラストは、実は現代にも生きてるんですよ~ほらアナタの隣に!ってなっちゃいますよな。そういうオチ、嫌いじゃないですけど。

ところで今回のブログを書くにあたってリンカーンのことをネットで調べていて、アメリカ先住民族の史上最悪クラスの虐殺を行った大統領でもあることを知りました。ガーン。なかなか完璧な指導者っていないもんですね…
[PR]

by hobomovie | 2013-03-24 22:12 | 外国映画 | Comments(0)