トラッシュ!この街が輝く日まで<2014>

d0088211_2204919.jpg

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」から3年。
もともと舞台演出の人で、映画はそれほど作らないスティーブン・ダルドリー監督の新作は逃しちゃいけねぇと思っていたのですが、うっかりしていたら今月上旬には終わってしまうではないか!とあわてて劇場へ。
「リトルダンサー」や「愛を読むひと」といったヨーロッパを舞台にした作品の印象が強いけど、今回はブラジルのリオデジャネイロを舞台にゴミ山でゴミを拾って生計を立てている少年たちが主役ということで、また新たな人間ドラマをみせてもらえるんだろうなぁと期待しつつ。

物語は、スラム街に住む3人の少年がゴミ山から財布を拾ったことからスタート。その財布には政治家・企業・警察がからむ不正の情報と大金の隠し場所に関する手がかりが入っていて、少年たちは追手から逃れつつなんとかその謎を解こうとするのだが…というストーリーは終始ハラハラドキドキでございました。

3人の少年はオーディションで選ばれたブラジルの子たちで、マーティン・シーンやルーニー・マーラといったアメリカ人俳優も出演しているものの、ほぼポルトガル語で展開していくしブラジル映画かと思ってしまうほどでした。
同じくブラジルを舞台にした「シティ・オブ・ゴッド」という衝撃作が過去にあったけど、あれほどのヘビーさではないものの社会の底辺で生きる少年たちの姿がリアルにえがかれてました。
数々の困難が待ち受ける中、少年たちは「これが正しいことだ」という信念を持って力強く進んでいきます。エライぞ!少年!

謎解き部分もよくできていて、やはり原作がちゃんとしてる作品だけあるよなーと満足でした。

となると、「この街が輝く日まで」なんつー人間ドラマもの的な副題はちょっと余計だったんじゃないかという気がしますな。
舞台がリオで貧困層の少年が主役ではあるものの、骨太のサスペンスドラマとして十分楽しめる作品だったので、そういう方向で宣伝した方が良かったんじゃないかなーもったいないなー。この副題だけのせいではないと思うけど、ワタシもダルドリー監督作品ということでちょっと社会派人間ドラマモード入るんかなぁと思ったけど全然やないか!とちょっとつっこみたくなりましたよね。
いや、違うな。過去の作品も設定は結構ヘビーだけど、主人公に起こるできごとを淡々とえがいていて、これ!ってわかりやすいメッセージがあるわけでは無かったのですよ。なんならちょっとダラダラしてるくらいのテンポが味なのですよ。その部分は残しつつ、サスペンス色が強くて面白い作品でした、とさ。
[PR]

# by hobomovie | 2015-02-08 22:17 | 外国映画 | Comments(0)

ベイマックス<2014>

d0088211_22385775.jpg

予告編をみて、ちょっとみてみようかなーと思っていたのですが、いかにもハートウォーミングものな感じでどうなのかな?と考えてました。
しかしネットなどでアメリカと日本の宣伝スタイルが全く違っていて、むしろヒーローアクションものと思ったほうがいいかもなんて意見もあるし、これは案外面白いかもしれんと逆に期待がふくらみまして。
d0088211_22412928.jpg

いかにも!なお涙頂戴的な展開はノーサンキューなのですよ。

そんな心構えで、6歳になった姪っ子3号と二人で劇場へ。
結果、二人して感涙。

いやー、よくできてましたわ。とにかくベイマックスが超魅力的!
ベイマックスを作ったお兄ちゃん・タダシは事故死してしまうのだけど、残された弟・ヒロとベイマックスのコンビネーションが最高です。
前半はかなり笑えるのです。

お兄ちゃん亡き後弟が孤立無縁で戦うんだったらかわいそうやなぁと思っていたのですが、そこはお兄ちゃんの大学のゼミ仲間が素晴らしい才能の持ち主ばかりで、スーパーヒーローチームを結成してしまうのです。ビバ仲間。
d0088211_22421813.jpg

パンフで初めて知ったんですが原案は「ビッグ・ヒーロー・シックス」というマーベルのアメコミだそうで、納得納得。

やはりお兄ちゃんが志半ばにしてこの世を去ってしまったというくだりはとっても悲しかったし、ベイマックスとヒロの友情がね…もうね…泣かずにはいられないワケですよ。
ワタシに、ロケットパンチの話しはさせないでください…泣いちゃうから…

最後に、東京とサンフランシスコをたしたイメージのサンフランソウキョウという街の設定も、すごく良かったことを付け加えておきましょう。外国映画における日本の描かれ方にありがちな、「それ中国やん!」というツッコミの出る幕がなかったな。
d0088211_22423988.jpg

[PR]

# by hobomovie | 2015-01-21 22:45 | 外国映画 | Comments(0)

天才スピヴェット<2013>

いやはや、新年でございますよ。あっという間に12月が終わっていました。まるまるブログをサボってしまいました。どうもすいません…12月は仕事もそれ以外もとってもバタバタで、年末の休みになるまで映画を1本も観られないほどだったのですよ。いわんや、ブログをや。
そんなワタシでございますが、今年もよろしくお願いいたします。
d0088211_2053947.jpg

まだまだ気持ちにも時間にも余裕があった11月、この作品を観に行きました。
映画館で観る作品を選ぶ基準として、最近は「好きな俳優」よりも「好きな監督」の方が重要だと思いますよね、映画好きなら当然かもしれませんけども。
やはり作品の要素の大部分を占めるのが監督で、その世界観は当然次の作品にも引き継がれていくと思うんですよねー。
ということで、「アメリ」以降チェックしているジャン=ピエール・ジュネ監督の新作です。

3Dで観た方がいいという話しも聞きましたが、まー、2Dでもいいんじゃないですかね?ということで劇場へ。ジュネ監督作品としては珍しく、アメリカが舞台のストーリー。

モンタナの牧場で家族と暮らすスピヴェット少年10歳は、論文が専門誌に掲載されるほどの頭脳の持ち主でありながら、学校や家庭でしっくりこない生活をおくっている。双子の弟を銃の暴発事故で失った心の傷が癒えていない。
そんな中、スピヴェットの発明が受賞し、スミソニアン博物館から授賞式の連絡が入る。スピヴェットは家族に内緒で旅立ちの決意をする…

モンタナからワシントンDCまで、突然始まったロードムービー、スピヴェットの運命やいかに?と目が離せませんでした。
スピヴェットは弟の事故現場に居合わせたことからずっと自分を責めていて、家族からの愛と許しをなにより求めているのだけど、それがうまく表現できない…と言うと単なるかわいそうな少年になってしまうけども、スピヴェットも家族も個性的で才能があって、その中での居場所を作る過程の物語でしたね。
それがジュネ節で面白おかしく、おもちゃ箱のような作品になっていました。
軽く楽しめる3D作品という、新しいジャンルを作ったかも知れませぬ。
「アメリ」からフランス的要素とラブストーリーを抜いてもオッケー、という人なら、きっと好き。
d0088211_20534185.jpg

[PR]

# by hobomovie | 2015-01-04 20:55 | 外国映画 | Comments(2)

美女と野獣<2014>

d0088211_21242724.jpg

最近、コンスタントにおとぎ話の実写映画化が公開になってます。
「あかずきん」や「白雪姫」、「眠れる森の美女」、「不思議の国のアリス」などなど。映画界ももうネタ切れなのねーなんて否定的な意見もありますが、ファンタジー好きのワタシはせっかく進歩した映像技術でもって、新しい世界をえがいてくれるんじゃないかとつい期待してしまうクチです。
いや、でも、結局のところ新しい作品で大感動を得たわ~なんていうこともあまりないような気がしますがね…

さて、今回の「美女と野獣」。こどものころ「フランスのおはなし」という絵本が家にあって(改めて見直したら、「バラの王子」とかいうタイトルでした。)慣れ親しんだ物語ではあるものの、どうにもこうにもディズニー映画の印象が強すぎるもので、そのイメージをくつがえすような作品だったらいいな~という願いを持ちつつ劇場へ。

ストーリーは大筋よく知られたお話どおりでしたが、ベルの父親の商売がうまくいかなくなるくだりだとか、姉が2人だけでなく兄も3人いたりだとか、わりと細かいとこが描かれていて、へぇ~という感じ。
あとは、お話では全く触れられてなかった、なぜ王子が野獣になったのか、というエピソードはちょっと新しかったですね。新しいながらも、なぜか日本の民話的やなぁとも思いましたけど。
で、悪役キャラも登場したりなんかしてハラハラするコーナーもあり、ストーリー的にはまぁ面白かったし、もちろんCGをフル活用した映像や衣装や美術も目を見張るような美しさがあって良かったです。
d0088211_21295886.jpg

ヒロインのベルをレア・セドゥが演じているのですが、以前からワタシはこのベルがかなりのワガママ女やなーと思っていたので、若干イジワルな美しさを持つこの女優さんはハマり役やったと思います。

唯一の残念ポイントとしては、期待してたほどフランス映画感がなかったことですかねー。いっそ「なんじゃこりゃ!」とびっくりするくらい、結論めいたことがない、盛り上がったんだか盛り上がらなかったんだか?みたいな、でもとびきり雰囲気のあるやーん♪みたいな作品が良かったけどなー。
せっかくだから、ハリウッド映画とは全然違うぜってとこをみせて欲しかったです。
[PR]

# by hobomovie | 2014-11-24 21:35 | 外国映画 | Comments(0)

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所<2014>

d0088211_20585358.jpg

とにかくクロエ・グレース・モレッツですよ。これまで数々の名演をくりひろげてきた、クロエさん。

「キック・アス」のヒットガールや「モールス」の吸血鬼、「ダーク・シャドウ」のオオカミ少女みたいな強烈キャラも良かったけど、「ヒューゴの不思議な発明」や「500日のサマー」でみせたステキな女の子も良かった。
みてないけど、「キャリー」もきっと名演技に違いない。

そんな安定感バツグンのクロエさんが、等身大の17歳の女子高生役で主演と。
等身大の…
クロエさん、まだ17歳だったんすか!!
いや~、てっきりもう25歳くらいかと思ってましたよ。まーじーでー。
本当に、計り知れない実力がありますなぁ、恐ろしい子…!
それが何よりびっくりの、作品でございました。

17歳のミアは、パンクロック好きの家族の中で唯一クラシックを愛し、チェロを学ぶためジュリアードを受けようかというほどの実力の持ち主。
学校のアイドル的存在のバンドマン・アダム(ジェイミー・ブラックリー)という素敵な彼もできた。
大雪で休校になったある日、両親と弟とともに祖父母の家を訪ねる途中で不運な交通事故が起き、ミアは昏睡状態になってしまう。
目覚めると、事故現場から救急車で運ばれる自分の姿が見えるミア。家族はどうなっているのか、これからどうなるのか、絶望的な状況の中、生き続けるか死ぬか自分で選択することになるのだが…というストーリー。

ミアの17年間の人生と、事故にあってからの状況、ミアの心の中がランダムに登場する映像がよくできていました。チェロ一筋に生きるミアが、アダムに出会って変わっていくところも良かった。
全体的には、ラブストーリーの要素が強いかなぁ。

とはいえ、一番泣かされたのは家族のつながりでしたね。
ミアの両親・弟・おじいちゃんが本当にステキで。
なんとかミアに幸せになって欲しいと願いつつ、最後に彼女がどういう道を選ぶのかドキドキしました。

クロエさんの、今の彼女が十分にいかされている作品でした。
チェロを弾く姿がとっても良かったんですけど、相当練習したみたいです。
いや~、プロですな~。これからもクロエさんから目が離せませんな~。
[PR]

# by hobomovie | 2014-11-09 21:01 | 外国映画 | Comments(0)

アバウト・タイム<2013>

d0088211_21501998.jpg

人生のあの瞬間に戻ることができたら…というのは誰でもよく考えることですが、この作品では、それが現実のものになった男性が主人公。一族の男性に伝わる特殊能力で、過去であればどの時点の自分にも逆戻りできるというのです。
うーん、うらやましい。
できることなら、ポケットに手を突っ込んだまま走ってころび、前歯を折った小2の冬に戻りたいまやぞーです。

さて、コーンウォールの邸宅で家族と暮らしていたティム(ドナルド・グリーソン)は21歳の誕生日に、父(ビル・ナイ)から自分にタイムトラベル能力があることを教えられる。
それまでのんびりしつつもサエない人生をおくっていたティムの生活は一変。
ロンドンへ出て、運命の女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)との出会いを果たすが…というストーリー。

ドナルド・グリーソンはハリー・ポッターシリーズでロンのお兄ちゃん役だったようですが、うーん、こんな人もいたかねぇという印象でした。でもティムの役には本当にぴったりで、しまいにはステキに見えてくるから不思議です。

なにしろ監督が「ラブ・アクチュアリー」「ノッティングヒルの恋人」のリチャード・カーティスとくれば、胸キュン演出はお手のものでございます。この作品で監督引退宣言をしているそうですが、残念ですなぁ。

相手役のレイチェル・マクアダムスは「きみに読む物語」や「シャーロック・ホームズ」ではクールビューティーというかとにかく気の強い女性のイメージだったんですが、今回のメアリーはどっちかっていうとイケてない女子でして。それがまただんだんキュートになってくるんですよねぇ。

ということでラブストーリーや家族愛モノとしては満点でしたが、タイムトラベルものとしては…若干設定に無理があった感じです。
妹の事故のあたりから、あれ?これはなんだかおかしな方向にいっちゃったぞ…と思ったが最後、ストーリーに全然入り込めなくなってしまいましたとさ。残念です。

それでもキャストが良かったし、ロンドン・コーンウォールの風景もステキだったし、カップルまみれの中観た甲斐のある作品でした!!
[PR]

# by hobomovie | 2014-10-26 21:54 | 外国映画 | Comments(0)

ジャージー・ボーイズ<2014>

d0088211_1649748.jpg

小学校高学年くらいだったか、オールディーズにハマッた時期がありまして。その時フォー・シーズンズと言えばとにかくボーカルのハイトーンヴォイスが印象的で、もちろん大ヒット曲「シェリー」は好きでした。
他にはタイトル忘れてしまっていたけど聴いて思い出したのが「Big Girl Don't Cry」という曲でした。ちなみに邦題「恋はヤセがまん」(笑)です。「Walk Like A MAN」に至っては「恋のハリキリ・ボーイ」ってどうなんだか、当時の若者たちはみんなこのタイトルでなじんでたんでしょうかねぇ。

さてさて、数々の傑作を送り出しているクリント・イーストウッド監督の最新作は、このフォー・シーズンズを取り上げていて、初のミュージカル映画ってことで楽しみにしてました。
もともとトニー賞もとっているような舞台の映画化ということは知らなかったので、主役のフランキー・ヴァリを演じたジョン・ロイド・ヤングの歌唱力にはびっくりでした。
どっちかっていうと歌手がメインのお方なようですね。「glee」にも出ていたとは知らなんだーチェックしなくちゃ。
フォー・シーズンズの他の3人も舞台のキャストを引き継いでいて、知らない人ばっかりだったけどみんなすごく良かった。

ストーリーは、ニュージャージー州の若者4人がバンドを組んで成功するまでのサクセスストーリーがメインだけども、音楽がさわやかポップスなのに本人たちはまぁまぁワルだったりして、そのギャップが面白かったです。
「シェリー」に至るまでがひとつのヤマでしたね。

でも大きな成功を手にするとその代償がやってくるのがショービズ界の常でして。苦境を乗り越えて「Can't Take My Eyes Off You(君の瞳に恋してる)」(また恋かよ!という邦題ですな)がバーンと出てくるところが、ふたつめのヤマで盛り上がりました。

あと、エンディングがめっちゃかっこ良かったです。ミュージカル好きには大満足でございました。「タモリ倶楽部」の曲も出てきたし。
フォー・シーズンズ、改めて聴きたくなりました。

映画の中にも出てきたけど、エド・サリヴァンショーって前にNHKでやってたんだよなー黒柳徹子がナビゲーターで。またやってくんないかなー。
[PR]

# by hobomovie | 2014-10-13 16:56 | 外国映画 | Comments(0)

最近レンタルした作品たち。

最近、お休みが飛び飛びで家にいることが多く、ツタヤが旧作100円という条件が重なり、ずっとみのがしていた作品をみることができました。
どれもなかなか面白かったです。題して「劇場でみとけばよかった…て思うぐらい面白かったシリーズ」。

d0088211_20194220.jpg

エンジェル・ウォーズ<2011>
どうにもこうにも、どん底に暗いストーリーの中、主人公の少女ベイビードールが描く仮想世界の演出はとびきりかっこ良かったです。
ザック・スナイダー監督お得意の、アニメアニメしたスタイリッシュな映像。内容はぐちゃぐちゃな殺し合いなんですけどね…
ベイビードールが超ミニスカのセーラー服に日本刀、ストラップじゃらじゃらの銃で戦うという設定なんですが、やはりスナイダー監督も日本のアニメ文化がお好きなのですね。
ストーリーが穴だらけとかテレビゲームかよ!とか数々の酷評を受けている作品のようですが、ワタシは結構、キライじゃないぜ。
ベイビードールの仮想世界と現実がリンクしていくところとか、よくできてたと思うし。そもそも、そうすることでしか現実から逃れられないほど追い込まれているということとか、結構深いと思うんですけど。

d0088211_20224246.jpg

スーパー8<2011>
SF版スタンド・バイ・ミーというキャッチフレーズがまさにどんぴしゃな、子役たちが輝いてる作品でした。
スピルバーグを始めとしたスタッフみんなが、8mmカメラを持って映画を撮っていた少年時代の思い出を昇華したという感じ。
スタンド・バイ・ミーは最終的に死体は出てこなかったような?覚えがあるんですけど、こっちゃあJJエイブラムスがそんなステキ演出をするわけもなく。
えー!っていう恐ろしさのエイリアンがバンバン出てきます。
前半は胸キュンの青春ストーリー、後半はクリーチャーものを体験できる、ひとつぶで二度おいしい作品。これまたキライじゃないぜ。
その後「マレフィセント」でオーロラを演じていた、幼き日のエル・ファニングがかわいかったです。他の子役も良かったな~。

d0088211_20203744.jpg

バタフライ・エフェクト<2004>
タイムループもの、というとよくこの作品が引き合いに出されているので、みたかったんですよねー。
今までになかったタイプのタイムトラベルもので引き込まれましたが、ラブストーリーということに重点を置いてみたほうが楽しめますな。
もっと絶望的な結末を予想していて、はっワタシったらなんて事を…と我にかえったエンディングでした。
主演のアシュトン・カッチャーはその後デミ・ムーアと結婚して離婚した人という印象しかなかったですが、最近の「スティーブ・ジョブス」は熱演だったようですね。みてませんけど。

d0088211_20205731.jpg

縞模様のパジャマの少年<2008>
「ヒューゴの不思議な発明」「エンダーのゲーム」でとびきり印象的だったエイサー・バターフィールドくんの出世作ということで気になってました。
いや~すごいです、エイサーくん。この目力ハンパないっす。
ストーリーはちょっと唐突すぎる感じもありますが、エイサーくんはじめ役者がみんな良くて、泣ける映画でしたね。
お父さん役の人は、ハリーポッターの狼男先生の人でしたね。

映画は劇場で!派のまやぞーですが、たまにはレンタルで面白い作品にであうのもいいですね。
[PR]

# by hobomovie | 2014-09-23 20:24 | 外国映画 | Comments(0)

サンシャイン♪歌声が響く街<2013>

d0088211_222513100.jpg

この夏は観たい映画がたくさんあってたくさん観たんですけども、ブログが全然追いついてません。
もう9月か…早い早い。

スコットランドを舞台に、スコットランドの国民的人気ミュージシャン・プロクレイマーズの曲を全編使用したミュージカルということで、テレビや新聞に取り上げられているのをみて楽しみにしてました。
いや、プロクレイマーズは全く知らなかったんですけども。
ミュージカル好きとしては、スコットランド版マンマミーアというキャッチフレーズにはかなり魅かれますよね。

物語は兵役を終えてリースの街に帰ってきたデイヴィとその妹リズ、二人の両親ロブとジーンが中心。
デイヴィはリズの友人イヴォンヌと恋に落ち、これからの人生を見つめなおす。
リズはデイヴィの友人アリーとつきあっているもののリースの街から出て、自分の可能性を試してみたいと思っている。
ロブとジーンは結婚25周年を迎える平凡な夫婦だが、ロブに24歳になる隠し子がいることがわかり、波乱の予感。
家族4人の生活は、これからどうなっていくのか?というストーリーに、プロクレイマーズの曲が完全にリンクしていました。

曲も演出も良かったし、今まで見たことも聞いたこともなかったリースという美しい街がステキでした。
原題は「Sunshine on Leith」というタイトルで、2007年から上演されている舞台の映画化でした。
ロンドンに行ったときミュージカルをみましたけど、全然気が付かなかったなぁ。まぁ、「ウィキッド」しか考えてませんでしたが。

ジーン役のジェーン・ホロックスは「リトル・ヴォイス」でLVをやってた人か!とパンフを見て気づく。あの作品のときほどのパワーは無かったかな?という感じですが、チャーミングさは相変わらずでした。
ジーンの同僚役でジェイソン・フレミングが出てたのは「ロック・ストック」好きには嬉しいポイントでしたが、監督もあれに出ているデクスター・フレッチャーだったと、これまたパンフを見て気づく。
d0088211_22264539.jpg

サントラは輸入盤しかないようですが、ぜひ手に入れたい今日この頃です。
クライマックスシーンは、期待通り良かったな~♪

[PR]

# by hobomovie | 2014-09-06 22:49 | 外国映画 | Comments(0)

オール・ユー・ニード・イズ・キル<2014>

d0088211_2313666.jpg

なんだかんだでトム・クルーズの作品はよくみてるワタシですが、特にファンってわけではないのです。いやマジでマジで。
作品の規模が文句なく世界最高水準なもんで、まぁ見たこともない景色をいつも見せていただいております、トム様。

さて今回の作品は、予告編をみて「おっ」と気をひかれ、原作が日本のライトノベルだっていうのでさらに観てみたくなりました。
原作もちょっと気になりますが、ライトノベルなので読みやすいんでしょうねぇ。映画では原作のちょっと萌え~な要素がなくされているそうで、タイトルが「Edge of Tomorrow」に変えられていたり、ハリウッドナイズされているようです。

ストーリーは、地球を襲うエイリアンと世界規模で戦う軍隊の話しなのですが、トム様がまず実戦経験の全くない広報担当という情けない軍人なところから始まり、あれよあれよという間に最前線へ送られてしまい、あっという間にエイリアンの餌食になって死んでしまうというびっくりな展開。

あらららら~と思っていたら、なんとトム様、エイリアンの攻撃を受けたとき偶然にもタイムループ能力を身に着けており、何度死んでも死ぬ前日からやり直しになるのです。
何度もやり直す中で強くなっていき、仲間を得るトム様。おっとトム様の役名はケイジでした。

ケイジが得る仲間とは伝説の戦士リタなのですが、今まで「プラダを着た悪魔」のイジワルな同僚のイメージが強かったエミリー・ブラントが演じていて、あまりの違いに驚きでした。
こんなアクションもできるお方だったんですねぇ。
d0088211_2321360.jpg

全体的にゲームっぽい展開の作品で「なんでやねん!」とつっこみたくなるポイントもあるにはありましたが、先がどうなるんだか予想できなくてドキドキしたし、トム様かっこよかったし、舞台がヨーロッパなのでザ・アメリカ映画!的な雰囲気がやや薄れてたし、もちろん迫力満点で、劇場で観て良かったな~と思う作品でした。

タイムループものとしてすごく良かった「ミッション:8ミニッツ」ほどではないものの、時空を超える者独特の切なさはちょっとあったでしょうかね。
[PR]

# by hobomovie | 2014-08-17 23:15 | 外国映画 | Comments(0)