インサイドヘッド<2015>

d0088211_2281085.jpg

ピクサーの新作は、長編アニメ制作20周年を記念する作品ということで、あーもう「トイ・ストーリー」からそんなにたっちゃったかぁとしみじみします。
当時はこのフルCGアニメにどうしてもなじめなかったもんでしたなぁ。
特に人間が出てくると違和感がすごかったんですが、今は全く気にせず観れますもんねー。

今回は日本語吹替え版を観たので、まずはドリカムによる主題歌「愛しのライリー」とともに、色んな子ども達の写真が次々と出てきて、のっけから感動。
監督の挨拶をはさみーの、「南の島のラブソング」という同時上映作品が始まり、これが山が主役のラブストーリーという斬新な短編アニメで、意外と度肝を抜かれまして、吉田美和ちゃんの歌声でうっすら浮かんだ涙がすっかり乾いてしまいましたとさ。

さてさて本編はというと、主人公の少女ライリーと、彼女の頭の中にある5つの感情「ヨロコビ」「カナシミ」「ビビリ」「ムカムカ」「イカリ」が描かれています。
ライリーが生れてから、11歳になるまでの成長と、ミネソタからサンフランシスコへ一家で引っ越すことになり生まれるドラマ。そのすべてに5つの感情が影響しているという裏のドラマ。
これまた今まで観たことのない世界で、かなり面白かったです。
「脳内ポイズンベリー」という日本のマンガ・映画に内容が似てるのではないかとか言われているようですが、ワタシはそっちはみてませんけども、これほど深い内容ではないんじゃないの?とちょっと思います。

ライリーの性格形成や、短期の記憶、長期の記憶、感情の役割、睡眠と夢の関係などなど、色んな要素が具現化されていて、これはただのお子様向け映画と決め付けられない部分がありましたね。

ほいでもって、「ビンボン」というキャラクターに至っては、涙なしでは語れない。ワタシはもー、ほんとこういうのに弱いんですよー。
d0088211_2283480.jpg

ディズニー映画ではお馴染みの、タイトルが原題と全然違うやないかい問題は、今回も健在でした。「インサイドヘッド」なんて、さも原題どおりな雰囲気をかもしだしてますが、原題は「Inside Out」。
観る前は邦題の方がわかりやすくていいんじゃね?なんて思ってましたが、終わってみれば、これまた原題が深いわーと感心しました。ちなみに裏表とか、裏返し、とかいう意味です。
d0088211_2285262.jpg

[PR]

# by hobomovie | 2015-08-03 22:09 | 外国映画 | Comments(0)

海街diary<2015>

d0088211_22515413.jpg

是枝監督の新作、少女マンガの映画化というのは珍しいですね。どうやら原作が最初から好きで、映画化したかったそうですが、ばっちり是枝カラーの映画になっていました。

毎回毎回、びっくりするような新人(特に子役)を発掘してきて、それ以外の俳優陣も含めてキャスティングの妙を感じる是枝作品ですが、今回は4姉妹の末っ子を演じる広瀬すずが良かったです。
最近あちこちひっぱりだこな彼女なので、全く手つかずの感じが無いのが残念でしたが、それでも重要な役を一から作り上げていて素敵でした。あえて脚本は見ず、毎回監督から口伝えでセリフを教えてもらっていたそうで。
これが初見だったら、なになにこの子!!ってものすごく話題になっただろうなと思いますよ。

母方の祖母に育てられた全くタイプの違う3姉妹(綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆)は、大人になり鎌倉にある古い家で暮らしていた。
彼女たちが幼い頃、母と3姉妹を捨てて出て行った父の訃報が届き、腹違いの妹がいることを知る。3人は彼女をひきとって一緒に生活することにするのだが…というストーリー。

設定はおもたーいし人間関係も複雑なのですが、淡々と、さらりと物語が進んでいく感じで、劇場で観て良かったなぁと思いました。
こういう作品は、家でテレビでみたりしたら、その良さがあんまりわからないというか、日常に紛れてしまう感じがするんですよねー。
たとえば、ドキュメンタリーをみる時のような集中力を要する作品だと思います。まー、元々ドキュメンタリー出身の監督ですしね。
それでこそ、登場人物が感情を露わにするシーンで感動できるんだなぁ。

要所要所で出てくる食べ物がすごくおいしそうだなぁと思っていたら、クレジットにフードコーディネーターの飯島奈美さんの名前が。やはりですな。
d0088211_22513160.jpg

是枝監督作品の中で大好きな「奇跡」にも出ていた前田旺志郎くんがすずの同級生役で出演していて、今回もすごく良かった。もう中3くらいなんだなー。大きくなってました。これからも期待です。
[PR]

# by hobomovie | 2015-07-24 22:54 | 日本映画 | Comments(0)

トゥモローランド<2015>

d0088211_22392865.jpg

いやーこれはやっちまったな。激しくやっちまったようですよ。

前フリ7割、物語の核心が1割、エンディング2割といったところでしょうか。
いやはや、ディズニー映画&ディズニーランドのワクワクを詰め込んだ作品を期待してただけに、ワタシはとっても残念だよ!!
d0088211_22395328.jpg

トゥモローランドへいざなわれるリケジョな高校生ケイシーを演じるのはブリット・ロバートソン。
変わり者だけど家族思いでキュートな役柄がハマってました。これから期待ですね。

しかしそれよりも、トゥモローランドからの使者を演じたラフィー・キャシディがものすごく印象的。
d0088211_22401746.jpg

明らかにコドモなのに、表情はなんて大人なんだ!と、ずっと驚かされぱなし。
エイサー・バターフィールド君といい、イギリスはこういう子役の人材が豊富だなぁ。どんな女優さんになるのか楽しみだねー。

あくまで主演はジョージ・クルーニーさんなんだけど…これ別にアナタじゃなくても…良かったと思うで…
初のディズニー映画主演で、ちょっとうかれちゃったような?そんな感じですか?
d0088211_22414232.jpg

しかし、残念だなぁ。テスラやエジソンを引き合いに出すならもっときっちりえがいて欲しかったし、ウォルト・ディズニーならきっと壮大な計画を色々持ってたはずだから、それをちゃんと見させてほしかった。

前フリにはかなりワクワクドキドキさせてもらったのに、なんとも説明不足なクライマックス。
結局地球が滅びてダレトクなのよ!
トゥモローランドもなんか荒れてたけど、地球とはどういう関係なのよ!
ロボットたちは誰の思惑で動いてたのよー!!
スペースマウンテンは建物が出てくるだけだったのかよー!!

つ、疲れた。

そんなこんなでおとずれたエンディングですが、ここはさすがディズニー夢があるね!
なんだかんだあったストーリーもとりあえずまとまってしまう、パワーあふれるエンディングでしたわ。

はー、色々あったけどディズニー好きとしてはそんなこんなもまぁ楽しめたということにしましょうか。ちゃんとしたSFファンタジーが観たい人は、あまりおすすめできないかなーという感じ。
ワタシにしてはかなり辛口の感想になってしまった。
[PR]

# by hobomovie | 2015-06-27 22:46 | 外国映画 | Comments(0)

シンデレラ<2015>

d0088211_12395289.jpg

この写真ではジーナ・デイビスみたいですが、実物はとってもプリティ。
d0088211_12402015.jpg

主演はリリー・ジェームズさんです。

あの有名なディズニーアニメ「シンデレラ」は1950年公開ですから、65年ぶりのディズニーによるリメイク。歴史を感じますなぁ。
アニメも絶対1回はみてると思うのですが、細かいことは忘れてしまっておりますねぇ。

ストーリーはいまさら述べるまでもない王道を行っておりますが、なかなか特筆すべきことが多い作品でした。

とにかく映像がすごい。魔法をかけるシーンとかはもちろんCGがすごいんですけども、お城とかシンデレラの家とかはセットらしいのですが、まーお金のかけかたがハンパない感じです。さすがディズニーですなぁ。

CGでいうと、ディズニープリンセスは小動物と友達になることが多いですが、今回のネズミ一家はよくできてましたね。つかず離れずな感じだったけど、舞踏会へ行くときは馬になったし、クライマックスでもいい働きをしてました。

あとは王子がかっこよくて城田優の吹き替えも良かったとか、魔法使いのヘレナ・ボナム=カーター安定のキャラっぷりとか色々あるんですけど、やはり最大のポイントはケイト・ブランシェット演じるまま母でしょう。

シンデレラ父が彼女を後妻に迎え、2人のハデハデな娘とともに馬車から降り立った瞬間、悪夢の始まりがはっきりとわかりましたね。
ワタシがシンデレラなら、どこがどうなってあの人を嫁に迎えることになったのか、父ちゃんをつかまえて問いただしたい。なにをもってして彼女と一緒に幸せになりたいと思ったのか、ワタシの目を見て具体的に述べていただきたい。
それほどの恐ろしさ、「ロードオブザリング」や「インディ・ジョーンズ」の彼女を彷彿とさせますなー。
彼女が出演してなかったら、ここまで魅力的な作品にはならなかったのではないかと思いますね。

細かいことだけどちょっと納得いかなかったのが、シンデレラが舞踏会に着ていくドレス。もともとは死んだお母さんの形見でピンク色だったんだけど、魔法使いの手にかかるとむっちゃゴージャスな青色のドレスに変身しちゃって、ほぼ原形をとどめてないってのがひっかかりました。これでもお母さん喜んでくれるかしら…そんなんなら最初から青のドレスにしといた方が良かったんじゃ…と思いました。

ともかく、最近の「童話を真剣に実写化したシリーズ」では、抜群の面白さの作品でした。
[PR]

# by hobomovie | 2015-06-21 12:42 | 外国映画 | Comments(0)

IDINA MENZELみてきました!

d0088211_1759250.jpg

昨年「アナと雪の女王」のエルサ役で一躍世界的スターになったイディナ・メンゼルさま。
すでに有名なミュージカル女優ではあったものの、映画の大ヒットで超メジャーになりましたなぁ。

さて、そのイディナさまがジャパンツアーを開催、大阪にもやってくるってことで、チケットを取ってみにいきました。
すっかりこの写真のようなビジュアルを想像してたら、ブロンドになっててびっくり。どっちが本当なのかな??

「Let It Go」はもちろん楽しみだけど、「Wicked」好きとしては彼女の当たり役であるエルファバの「Defying Gravity」がいちばんききたかった。

なんと1曲目にやってくれまして、しょっぱなから感涙ですよもう。
後半には観客への感謝のしるしとしてマイクを使わず、地声で「For Good」を歌ってくれたのも感動的でした。


「For Good」といえば、ドラマ「Glee」のも良かったですよなー。


「Rent」はまだみたことが無いのでちょっとしくじりましたな、あれも彼女の代表作だったのです。
映画にもなってるようなので、チェックしておかねばー。
ライブで何曲か歌いましたが、中でも「Take Me Or Leave Me」では客席に降りて「誰か一緒に歌える人いる?」ときいてまわって、ボーイッシュな女性が1人、若い男性が1人、小学生くらいの女の子が1人名乗り出て、それぞれバッチリ歌い上げて盛り上がりました。
いやもう、仕込んでたんかい!?っていうくらいの歌いっぷりで、特に最初の女性はカンナさんとかいう方でしたが完璧で、イディナも彼女をステージに上げて一緒に歌ったほどでした。


そういえば以前ビルボードでリチャード・マークスをみたときも、最前列でめっちゃ盛り上がっていたサラリーマン風男性がステージに上げられて完璧に歌ってたなぁ。
みなさん、大好きな外国人アーティストをみに行くときは、代表曲をそらで歌えるくらいに仕上げて行くのがヨロシイですよ!あとは、前の方の席を確保することが何より重要ね。

それ以外には彼女のリリースしてるアルバムの曲や、ミュージカルナンバーを色々歌って、とにかく歌声に圧倒された約2時間でした。声のパワーがハンパなかったです。
アンコール最後には「アニー」の名曲「Tomorrow」が登場して、感動的なエンディングで大満足でした。
[PR]

# by hobomovie | 2015-06-07 18:08 | 日々のこと | Comments(0)

イントゥ・ザウッズ<2014>

d0088211_2140309.jpg

童話「赤ずきん」「ジャックと豆の木」「ラプンツェル」「シンデレラ」のエピソードをベースに、ハッピーエンドのその後をえがくミュージカル。
ブロードウェイでロングラン上演されているヒット作という上に、この映画版ではメリル・ストリープがアカデミー賞ノミネートというおまけつき。
ディズニーも別で「シンデレラ」の実写映画化が控えてるというのにこっちにもシンデレラ出てますけど。珍しい展開ですね。
でもこちらは日本語吹替え版が用意されていなくて、ありゃ?もしやディズニーあんまり力入れてない?と嫌な予感。

さてさて、それぞれのお話とキャラクターを十分にいかしたストーリーと、魅力的なキャスト、素敵な音楽はきっちりそろってたものの、ミュージカル映画としてはどうざんしょ。
同じようにブロードウェイミュージカルを映画化した名作「シカゴ」を作り上げたロブ・マーシャル監督だったにしては、ちょっとつっこみどころが多かったですねぇ。童話ベースのファンタジーだからしょうがないっちゃしょうがないんでしょうけど、あまりに唐突な展開が多くて。
逆に舞台だと舞台上で今起こっていること以外はなかなか描ききれないので、観る方も自然と納得いったりするもんですが、映画だともうちょっとなんとかなるんじゃないの?と思っちゃうんですよね。
「ジャックと豆の木」に出てくる巨人とかも変にぼやかされていて、映画だったらもっときっちり描けるでしょうよ!と思いました。
あとはまー、それぞれの童話については知っている前提で話が進みますので、もし全く知らなかったりしたら、ちょっとちんぷんかんぷんな部分があると思われます。

半分くらいまではめっちゃ盛り上がってたんだけどなー。テーマ曲「イントゥ・ザウッズ」をみんなで歌うシーンがクライマックスだったかなぁ。完全にオープニング部分ですけど。

パン屋の奥さんを演じたエミリー・ブラントさんには「プラダを着た悪魔」からの「オールユーニードイズキル」ときて、また違う才能をみせてもらったわー!と嬉しかったです。
d0088211_21405193.jpg

[PR]

# by hobomovie | 2015-05-16 21:42 | 外国映画 | Comments(0)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)<2014>

d0088211_2212077.jpg

主演のマイケル・キートンは「バットマン」や「ビートルジュース」で人気のあった俳優でしたが、ふと気づけばスクリーンでみかけない日々が続いておりました。
そんな彼が、かつてヒーロー映画で一世を風靡したあと落ちぶれ、再起をかけてブロードウェーの舞台に挑戦するというストーリーの映画に主演と。
これほどの自虐ネタがあろうか。
彼こそが、一世一代の勝負に出たという感じがします。

マイケル・キートン演じるリーガンは、かつて「バードマン」というヒーローもので人気を得たという設定なのですが、世代的にどうしてもこっちのバードマンがまず出てきたり、
d0088211_21502055.jpg

SMAPの曲を口ずさんでしまったりして、実際観終わったあとは脳内ヘビーローテーションだったりしたのでした。観る前から邪念が多うございます。

リーガンの心の中には常にバードマンが存在していて、映像ではリーガンのそばに現れてあれこれ言ってきたりします。これこそ映画の醍醐味という演出ですが、観客にもリーガンの心象風景が見えてきて、「ブラックスワン」のように主人公がどんどん追い込まれていく感じで、それはそれはつらいもんでした。
途中でブロードウェーの辛口評論家に言われていたように、同じショービズでも映画と舞台は全く別もので、求められる力も違うわけです。
なぜリーガンがあえて舞台に、しかも少人数で演じるストーリーものに挑戦しようとしたのかは語られないのですが、脚本・演出・主演を兼ねていることもあってプレッシャーはハンパなく彼を襲います。

そんなダークな物語が、まったくカットがかからないひとつづきの映像のように進んでいき、まったく目が離せない展開でした。
ほとんどが劇場の舞台と舞台裏なのでドアを開けるシーンがたくさんあるのですが、そのたびに時間が進んでいたり別の場所になっていたりしているのです。これまた、映画ならではだなぁと面白かった。

結局のところ、壮大な皮肉がテーマとなっている作品だったのかなぁと思います。マイケル・キートンが主演なこととか、ヒーローもので成功したことの代償とか、映画で失敗した人が舞台でやりなおそうとすることを映画で撮ることとか。
音楽はほとんどがドラムソロでこれまた画期的だったんですが、それも過剰な演出やハデハデな映画音楽へのアンチテーゼだったりとか?深読みしすぎかもしれませんが、とにかくかっこいい音楽でしたなぁ。
うーん、予想以上に深い作品でした。
[PR]

# by hobomovie | 2015-04-26 22:07 | 外国映画 | Comments(2)

イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密<2014>

d0088211_22593182.jpg

アタシはさぁ、映画は監督で選んで観てるワケ。俳優の追っかけとかはしないワケ。なんて桃井かおり調で映画ツウぽく語りがちなまやぞーでございますが、すいません、今回は俳優で追っかけちゃいました。

ベネディクト様、アカデミー賞ノミネートおめでとうございます!受賞はのがしたけどドンマイ!
実際のところドラマ「シャーロック」の彼が大好きなわけですが、今回は実在の天才数学者役ということで、シャーロックファンにはもってこいの作品でした。

第二次世界大戦中、ドイツ軍が使用している暗号「エニグマ」解読のため、英国内の数学者が極秘で集められた。その中の一人アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)は、解読不可能と言われた暗号を解くため、独自のマシンを開発するというストーリー。

大戦中に暗号解読に挑むチューリング、戦後に警察に逮捕され取り調べを受けているチューリング、少年時代に全寮制の男子校にいるチューリング。この3つの時代が同時進行するのですが、どの時代のチューリングもまぁまぁピンチで、これからどうなるのかとハラハラドキドキでした。
とにかく天才というのは、生きづらいものなのですね…ワタシ凡人で良かった…と思いつつ、最後にはちょっと泣けてきました。
他人から理解されないし、されようとも思わない孤独な天才というのは想像していたんですが、同性愛者ということは全然知らなかった(というかチューリング自体知らなかったんですけど)ので、まぁびっくりびっくりでした。

暗号解読マシン「クリストファー」が完成するまでチームが分裂したり、クビにされそうになったり、ソ連のスパイと疑われたり、色々大変だったので、やっとマシンが動き出したときは感動的でした。
無数の円盤がザッザッと回るんですが、そのリズムに合わせて音楽が入ってきて、戦闘中のイギリス軍がオーバーラップしてきたシーンなんて、もう最高。
誰ー?こんなオシャレなことするのはー?とパンフを見たら、「グランド・ブダペスト・ホテル」の音楽でアカデミー賞を受賞したアレクサンドル・デスプラという方でした。覚えておこう。

そうして暗号は解読されるのですが、ここからがまたすごい展開。イギリス軍が暗号を解読したことがドイツ軍に知られたら、また暗号を変えられて今までの努力が水の泡なわけです。これは参った。
その後イギリス軍がとった作戦は、戦後もずっと極秘情報として隠されてきたんですなぁ。いやー、みごたえのある作品でした。
[PR]

# by hobomovie | 2015-04-03 23:01 | 外国映画 | Comments(0)

味園ユニバース<2015>

d0088211_22422678.jpg

ここ2年ほど、チャラン・ポ・ランタンという姉妹デュオミュージシャンにハマっておりまして。ふと気づけば、大小合わせて15回くらいはライブに行っているのではないかと。
いやー、我ながらここまで追いかけることになるとは、摩訶不思議です。

そんな彼女たち、かつてキャバレーだった「味園ユニバース」という貸しホールで今月ライブの予定。ということで、会場の下見がてらこの作品を観てみました。

なんてね!モチロンそれだけの理由で劇場に足を運んだわけではなくてですね。
まずは監督が「リンダリンダリンダ」がすごく良かった同年代の山下淳弘、そして関ジャニ8の中でもアーティスティック度ピカイチの渋谷すばる君が主演、ちらっと見た印象では「宮崎あおい2世」だったのが、その変幻自在ぶりにびっくりの二階堂ふみちゃんが共演と。
それでまー、コアすぎて全く手出しできてなかったバンド赤犬が音楽&出演で全面協力と。音楽映画好きとしては、これはもう、みるっきゃない!

傷だらけで記憶喪失の状態だった男(渋谷すばる)と出会ったカスミ(二階堂ふみ)は、彼にポチ男と名付けて面倒をみることになる。
自分の名前すら思い出せない状態なのに、「古い日記」という歌だけはすらすらと歌い上げるポチ男。その才能に気づいたカスミは、彼女がマネージャーをしている赤犬というバンドのライブで歌わせることにするのだが…というストーリー。

すっごくオシャレにもできるストーリーだとは思うんですが、そこは大阪芸大出身の山下監督、こってこての大阪物語にしてくれてありがとう、という感じです。
大阪在住者には、「これあそこや!」と思う映像が数々あって楽しめました。
そしてすばる君の歌声はさすがで、演技も良かったし、大満足でした。やはり彼は、「アイドル」としてくくれない何かがありますな!嵐なら二宮君、V6なら岡田君のまやぞーですが、関ジャニなら渋谷君ってことにしますわ、今後。
二階堂ふみちゃんも、あれ?大阪のコだっけ?と錯覚するほど、けだるい大阪弁がはまってましたな。ほんとは沖縄です。
赤犬もほぼ初見でしたが、評判どおりとても良かった。どうでもいいですが、バンマス的なコーラスのヒゲのおじさんがめっっちゃ見たことあるんですけど、何で見たのか思い出せずもんもんとしておりまする。

そしてそして、味園ユニバースの下見はばっちりですぜ!当日、ソファ席もあったらいいなぁ♪
[PR]

# by hobomovie | 2015-03-08 22:45 | 日本映画 | Comments(0)

はじまりのうた<2013>

d0088211_216128.jpg

音楽モノの映画が好きなとこへもってきて、ネットでなかなか評判が良いので観に行ってみました。
マルーン5のボーカリスト、アダム・レヴィーンの映画デビュー作ということもあって期待がふくらむー。

シンガーソングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)は恋人デイヴ(アダム・レヴィーン)とともにイギリスからニューヨークへやってきた。パートナーとして曲を作ってきた二人だったが、デイヴひとりがメジャーデビューし、スターになっていく。すれ違いから二人の関係は終わりを迎え、どん底の気分でたまたまバーのステージにたつハメになったグレタだったが、彼女の歌声を聞いた音楽関係者ダン(マーク・ラファロ)から一緒にアルバムを作ろうと声をかけられ…

ストーリーだけだと既視感ありありの展開なんだけど、ところがどっこい。ダンは元ミュージシャンで元敏腕プロデューサーだったものの今は落ちぶれ、職なし・カネなし・家族も失いかけのつらい状況。
スタジオを借りるお金も無いダンとグレタは、友人たちを総動員してニューヨークの街角でレコーディングするのです。
街の喧騒も曲の一部ってことで、様々な場所でレコーディングをするシーンがすごく良かった。これぞこの映画のキモって感じがします。
子どもたちが飛び入りしたり、警察においかけられたり、雨が降ったり。そうやって作り上げられていくアルバムの完成が楽しみで、これまた曲も良くてワタシ好みだったのでサントラも買っちゃいましたよ。
リサ・ローブとか思い出して、またこういう系を聞きたくなりましたね。
キーラさんも弾き語りでぼそっと歌う感じがすごくハマる人で、いつものように美人なんだけどなーアゴがなーと気になっちゃうことも無いほど、ナチュラルでステキでした。
d0088211_2111559.jpg

ほら、気にならない!

歌曲賞でアカデミー賞にもノミネートされるほどの名曲に加え、やっぱこのキャスティングがますます映画を良くしたんでしょうなー。
とりあえずマルーン5が好きな人は絶対観た方がいいですぜ。

あと、グレタの曲を初めてダンが聞くところは、ものすごく名シーンでした。グレタが一人で弾き語りをしてるのに、ダンにはアレンジが聞こえてきて、楽器が勝手になり始めるんですよ。のっけからココロをつかまれましたな。

ところで原題は「BEGIN AGAIN」なのですが、別にこのままでも良かったんじゃないかな?と思わなくもない。なーんか日本版タイトルにきな臭さを感じる今日この頃です。映画を売るためだけじゃなくて、単純に作品に合うタイトルを付けてほしいなぁ。
[PR]

# by hobomovie | 2015-02-23 21:20 | 外国映画 | Comments(0)