パディントン<2014>

d0088211_22295592.jpg

イギリス生まれの児童文学「くまのパディントン」。その実写映画化作品ということで、ロンドンへ旅行したときパディントンのホテルに泊まったワタシとしてはハズせない!と観に行ってみました。
その時はパディントン駅が工事中で、くまのパディントン像は見られなかったんですけどね…
そして原作は、読んだことないんですけどね…

ペルーから船に乗ってロンドンへやってきた、1匹のくまのこども。
彼は英語を話すことができるくまなのです。
身寄りのない彼をブラウン一家がひきとることになり、パディントン駅で出会ったことからパディントンと名付けて家に連れて帰るというストーリー。

まぁ、これだけだとそのまま童話っぽいんですけども。
そこへ、ペルーでのパディントンの生い立ちや、ロンドンへやってきた訳、パディントンを育てたおばさんくまの思いなど、予想外の展開が用意されておりまして、どっこい感動的な物語になっておりました。
なにせ本を読んでないのでどこまでが原作どおりなのか全くわからないんですけども。

小1姪っ子と一緒に観るので吹替え版だったんですが、松坂桃李くん演じるパディントンが、まー良かったですね。
とっても礼儀正しくて、おじさんの赤い帽子を何より大切にしてて、おばさんに書いてもらった札を首からさげて…あぁまた涙が出ますよ。
ブラウン家ではお母さんだけが最初からパディントンの味方だったんですが、様々な出来事を経てみんな心を開いていくところも良かったです。舞台がイギリスってこともあって、メリー・ポピンズを彷彿とさせます。頑固おやじも出てくるし。

パディントンを狙う悪役・ミリセントをニコール・キッドマンが全力で演じてるのも面白かった。
ミリセントが天井からワイヤーで降りてくるとかミッション・インポッシブルのパロディ的な展開がありましたが、元ダンナには許可とってます?大丈夫??
パディントンは帽子がキーアイテムだからか、インディ・ジョーンズをパロってるとこもあって、映画好きにはたまらんでした。
とにかく、単なる子供向け映画で終わらない作品でした。
またロンドン行きたくなりました。
そして、原作読もうっと。

<おまけ>
パディントン駅では、ホテル側からばかり出入りしていたら、これはメインの出口ではないことにかなりたってから気づく。
d0088211_22321511.jpg

といってもメイン側は絶賛工事中で、パディントンくんはシルエットのみ。
d0088211_22331251.jpg

駅のホームはこんなんでした。ステキ~
d0088211_2234098.jpg

ブラウン家はプリムローズヒルで撮影されたそうですが、ワタシの行ったノッティングヒルにも似た雰囲気のおうちがありました。
d0088211_22362461.jpg

映画にはポートベロー・マーケットが出てきましたが、予定が合わなくて行けなかったんですよねー。悔やまれる…
[PR]

# by hobomovie | 2016-02-21 22:44 | 外国映画 | Comments(0)

ブリッジ・オブ・スパイ<2015>

d0088211_2375172.jpg

かねてから、トム・ハンクスが出ている映画に大ハズレなしと思ってました。
近頃では「ウォルト・ディズニーの約束」「キャプテン・フィリップス」のような実在の人物を演じる作品が印象的。SFでも「アポロ13」なんかもあるけど「クラウド・アトラス」も意外と良かったし、かつては「めぐり逢えたら」みたいなラブコメも楽しめましたよね。
誰でも楽しめるような作品でありながら、映画ファンも認めるようなレベルの作品でもあるという。これはやっぱトム・ハンクスがすごいからなのかな?
こんなPVでダンスしちゃうとこも好きです。



さてさて、今回はまた実在の人物を演じています。
米ソ冷戦まっただなかの1957年。FBIに逮捕されたロシアのスパイ・アベル(マーク・ライランス)が法廷で裁かれることになり、その弁護士として選ばれたジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)。
ソ連に捕えられたアメリカ人パイロットとの交換がストーリーのメインかと思っていたんですが、アベルが逮捕されるところから丁寧に進んでいき、その裁判はとても興味深いものでした。

アメリカ国民全体がソ連を憎んでいて、その弁護をするドノヴァンやその家族にも誹謗中傷が向けられる。自由の国アメリカでもこんなことになるのかと悲しくなりました。
自らがどうあるかを他の人たちに示すことが大切であるとか、アメリカ人がアメリカ人たる所以は憲法を守っているかどうかだとか、ドノヴァンの言葉が胸にしみましたなー。

その後スパイ同士の交換のため交渉が行われるのですが、舞台となった東ドイツはベルリンの壁がちょうど完成する頃。米ソ→東西ドイツの対立が複雑に入り組んで、果たしてドノヴァンはどうなるのかハラハラする展開でした。
冷戦時代の作品ってあまりみたことが無かったですけど、第二次世界大戦が終わっても、戦争は決して終わっていなかったんだと改めて感じました。そして現在に至るまで、ずっと終わっていないんだなぁ。

テーマは重いけどストーリーがいいし、感動的だし、実話ってとこに我らがトム・ハンクスが説得力をもたせてるし、いやー新年からいい映画を観ました。
ちょうどアカデミー賞ノミネートが発表となって、助演男優賞や作品賞で選ばれてます。楽しみですね。
[PR]

# by hobomovie | 2016-01-15 23:11 | 外国映画 | Comments(0)

スター・ウォーズ フォースの覚醒<2015>

d0088211_2250096.jpg
 
d0088211_22501829.jpg

数年前から続編製作の噂は聞こえておりましたが、いよいよスター・ウォーズの最終章が始まりました。
メディアでもたびたびこの盛り上がりを取り上げていたので、さほど興味のない人でも話題にのぼってましたね。
ワタシはというと、子供の頃から主に金曜ロードショーで何度も観ていて、テーマ曲を聞いただけでテンションがあがる体質に成長しましたが、どっちかっていうとエピソード1の時の方が盛り上がったかなぁと思いますね。
最初のシリーズの最終話エピソード6から1の公開までは16年あいていて、今回の3から7までは10年ですから。特にワタシは4~6の時は劇場で観ることができなかったので、そのぶん嬉しかったってのもあると思いますが。
…と、まぁシリーズを全然みたことない人なら早くもちんぷんかんぷん、という話しですが、ジョージ・ルーカスが70~80年代にエピソード456を、90~00年代に1を製作し、今回はJ・Jエイブラムスにバトンタッチして789が始まったわけです。
初めての人はどっからみたら?というのは難しいテーマですが、ワタシは公開順にみるのがいいんじゃないかなーと思います。やはり後になるほど映像技術が進んでるし。
まずダース・ベイダーというものを見てからそのルーツを知るっていうのも面白かったし。

さてさて、今回の作品でございますが、公開2日目に梅田のTOHOで観たんですが、コスプレファンが大集合していてびっくり。
ほんっっと盛り上がってるよなーと嬉しくなり、記念撮影してもらいました。
d0088211_22544297.jpg
d0088211_2255795.jpg

がぜんワクワクが止まらない状態で恒例のオープニングを迎え、あっという間の2時間強でした。

エピソード6の最後では宇宙に平和がもたらされたかのように見えたけど、またしても帝国軍が暗躍し、最終兵器を完成させたと。その情報をドロイドが持ち出して、砂漠に暮らす若者がそいつを助けていつの間にやら反乱軍の仲間入りと。

…あれ?こういうストーリーなんかみたことあるー!!!

J・J監督による今までの世界観の完コピも功を奏し、何の違和感も無く世代交代劇に入り込んでしまいました。
R2-D2の役割はBB-8に、ルークはレイに、ダース・ベイダーはカイロ・レンにといった具合に、見事に引き継がれておりました。暗黒皇帝って死んでなかったの??
帝国軍の脱走兵・フィンがちょっと新しい役どころですかねー。あと、主役のレイが女性になったところとか。小説とかを読み込んでる人なら知ってることなのかもしれませんが、映画しか観ていないワタシには新鮮でした。

以前からのメンバーの中でハン・ソロはオビ・ワン的な立場になったと言えるかな?あと、ルークはヨーダのようになっていくのでしょうか。胸が熱くなります。
あー、これからも楽しみ楽しみ。
[PR]

# by hobomovie | 2015-12-27 22:59 | 外国映画 | Comments(0)

図書館戦争 THE LAST MISSION<2015>

d0088211_21501517.jpg

前作から2年。おや、まだ2年しかたってませんでしたか。
d0088211_21505468.jpg

その間に堂上教官(岡田准一)は軍師官兵衛になっておりまして、相棒の小牧さん(田中圭)はあろうことか石田三成になっていました。
堂上はいつか小牧に裏切られるのでは…?という、本編とは全く無関係なハラハラ感がうまれてしまった続編です。
あ、ワタシは岡田君のファンなので、どうやっても盛り上がる内容になってしまいますのでそこんとこよろしくメカドックです。

昭和から正化という元号に変わった近未来の日本。メディア良化委員会によるメディアへの検閲が激しさを増す中、唯一の対抗組織としての図書隊が迎える危機が主なストーリー。
図書隊員の手塚光(福士蒼汰)の兄である手塚慧(松坂桃李)は、元図書隊員でありながら図書隊の壊滅を目論み、弟が所属するタスクフォースの解体を計画します。
といっても単純なドンパチではなく、慧は文部科学省に所属する役人なので、実に周到に罠をかけていくのです。
まぁ結局はドンパチになるんですけども。
とにかくこの戦闘シーンがかっこいいのかっこよくないのって、むちゃくちゃかっこいいんです。

ふと冷静になると、本を守るためにこの戦い…?と疑問に思ってしまったりするんですが、本は象徴的な物であって、その根底にあるのは、言論の自由、表現の自由、思想の自由を守るための戦いなのですよみなさん!
国民の中にはそんなことまでしなくてもいいじゃん、なんか面倒くさい、と無関心になっている部分もあったりして、現在の日本の情勢をはたと考えさせられたりもしました。

物語の主役はあくまでタスクフォース初の女性隊員・笠原(榮倉奈々)なので、堂上教官との師弟関係は恋愛に発展するのか!?というところもみどころで胸キュンです。
直前に放送されたスペシャルドラマとセットで、2年間の空白をバッチリ埋める盛り上がりでしたね。

<おまけ>
以前からひらかたパーク、通称ひらパーの園長になっていた岡田君ですが、今回は映画とコラボした謎解きゲームが体験できるというので、でかけてきました。
d0088211_2205899.jpg

d0088211_2271339.jpg

ゲーム自体も面白かったし、岡田君関連の展示がたくさんあって大満足でした。
d0088211_2274031.jpg

d0088211_2223831.jpg

堂上教官もやっぱり関西出身らしいね!どうやらね!
[PR]

# by hobomovie | 2015-11-15 22:08 | 日本映画 | Comments(0)

飛べないコトリとメリーゴーランド<2015>

d0088211_21205248.jpg

3年ほど前から、チャラン・ポ・ランタンという歌とアコーディオンの姉妹ユニットが大好きでライブやイベントにでかけております。
徐々に活躍の場を広げている彼女たちが、ついに映画界にやってきた!ということで、いそいそと観に行ってみました。
彼女たちだけでなく、ワタシがかれこれ20年以上大好きな奥田民生も所属する芸能プロダクションSMAの、映画製作第1弾でございます。

大阪では第七藝術劇場 通称ナナゲイというミニシアターで2週間だけ上映されてたので、なかなか大勢の人の目には触れにくかったですなぁ。
ちなみにロビーで友人たちを待っているときに、1回前の上映が「木屋町DARUMA」の舞台挨拶付きだったようで、エレベーターから遠藤憲一が降りてきてべっくらしましたですよ。

さてさて肝心の映画はというと。
大学生の羽田コトリ(岡野真也)は、古本屋&カフェを営む叔父(アンジャッシュ児嶋)の勧めで出版社へ就職することになる。そこで出会った島崎江波(成田凌)と恋に落ちるのだが、現実と空想の世界を行き来することになってしまい…というストーリー。

家で豆大福を食べながら本を読むことを何より愛するコトリが、突然仕事と恋愛という荒波にもまれる感じが、女子なら誰でもあるある~と共感できる内容でした。
島崎くんのケイタイをこっそり見てしまって…というくだりなんかは、あぁ~そんな時期もあるんだよねぇと頭を抱えますよな。それが案外決定的だったりするんですよな。

で、まぁそれだけだとよくある恋愛映画だけども、ここでコトリの空想シーンがちょこちょこ入ってくるのが良かったですね。それはつまりチャラン・ポ・ランタンの出演シーンでありつつ、コトリがかなり変わった女の子なんだということが観客に伝わる重要なポイントだったと思います。
d0088211_21225581.jpg

ぶっちゃけチャランポの2人は主題歌担当でエンドロールに出てくるくらいなもんで、本編はほんのちょい役なのかしらと思っていたので、予想外にたくさん出てきてファンには嬉しい驚きでございました。

ただなんでしょうかね、そこまでメルヘンな部分も作るんだったら、いっそもっとスタイリッシュに、テンポ良く進んでも良かったんじゃないかなーと思いました。中盤ちょっとダレちゃいましたな。

しかしまぁ、チャラン・ポ・ランタンファンには大満足の映画でした。岡野真也と成田凌は初めてみたけど、どちらも良かったですねー。コトリの同僚役だった渡辺佑太朗も、最初はとにかくキモくて、だんだんいい人に見えてくるって感じがすごくうまかった。アンジャッシュ児嶋は最近色んな映画やドラマで見かけますけど、彼のおかげで締まった感のあるご活躍でした。
[PR]

# by hobomovie | 2015-10-18 21:35 | 日本映画 | Comments(0)

キングスマン<2015>

d0088211_20521374.jpg

周りの映画好きたちが観に行かなくちゃ!って感じになっていたので、ほほう、これはきっと面白いのねとつられて観に行ってみました。
だもんで、コリン・ファースが珍しくアクションに挑戦、イギリスのスパイはジェームス・ボンドだけじゃねえぞってとこがみどころ、くらいの予備知識で劇場へ。

ロンドンにひっそりとたたずむ紳士服店「キングスマン」、その裏側にはどの国にも属さず正義を貫くスパイ組織キングスマンが存在していた。
メンバーは英国紳士らしくスーツに身を包み、常にスマートに任務をこなす。もうその設定だけでテンションがあがるってものです。

コリン・ファース演じるハリーが、かつて命を救ってくれたメンバーの息子エグジー(タロン・エガートン)をスカウトして一人前のスパイに育て上げるストーリーと、全世界を巻き込む殺戮をたくらむヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)を阻止しようとするストーリーが同時進行して、なかなか面白いストーリーでした。
キングスマンのメンバーにマイケル・ケインやマーク・ストロングもいて良かったし、エグジーを始めとしたキングスマンの新メンバーは若手でまさにこれからって感じの俳優ぞろいでこれまた良かった。
d0088211_20493750.jpg

クライマックスのアクションシーンはかなりブラックになってまして、これは…モンティ・パイソンの流れをくむ、ブラックユーモア的な…?とちょっとびっくりしたけど、監督が「キック・アス」のマシュー・ヴォーンと知って納得でございます。
なんでしょう。こんなにえげつないのに、ちょっとクスッと笑ってしまう感じ。
d0088211_2049925.jpg

誰にでもオススメできる作品じゃないけど、トム様的なメガトン級スパイものや、ダニエル様的なクールすぎるスパイもの以外が観たいのよねーという方には、是非観ていただきたいです。あと、「キック・アス」が好きな人にも。
そして続編は、あるのか!?ほんとにあるのか!?
[PR]

# by hobomovie | 2015-09-23 20:52 | 外国映画 | Comments(0)

ミッション:インポッシブル/ローグネイション<2015>

d0088211_21495521.jpg

さてさて、別にトム様のファンってわけじゃないんですけどね、「インポッシブル」という表記には違和感があるんですよね、というくだりもこれで何度目でしょうか。

アメリカに秘密に存在するスパイ組織IMF、そこに所属するイーサン・ハントの不可能なミッションをえがくシリーズ5作目です。

今回は「離陸する飛行機につかまる」とか「ノーヘルで山道を爆走」とか「オペラハウスの屋根から飛び降りる」とかのアクションを、スタント無しでトム様が演じています。
飛行機のシーンはぞわわわ~となるくらい迫力があって、これもトム様が自分で演じていてCGじゃないってわかっているからだなぁと思いました。アクションにリアリティを持たせるという新しい分野を切り開いているような。
いやーもうこれはイーサン・ハントの、と言うよりもトム・クルーズのミッションになりつつありますよね。
全盛期のジャッキー・チェンを彷彿とさせるご活躍です。エンドロールにNGシーンを入れ込む日も近いか?

そんな迫力満点のアクションはもちろん見ごたえがあったし、世界を股に掛けるストーリー展開でハラハラドキドキ、楽しめました。
3作目あたりからチームのメンバーも固定してきて、仲間との友情なんかもえがかれてワタシ好みになってきました。
最初の頃は、なんだかんだでみんな死んじゃったじゃん!という展開が多くて、気が抜けないもんでしたが。
夏の楽しい思い出のひとつになった作品でした。

ところで、今回はイーサンの大事な奥様がまったく出てきませんでしたが、あのエピソードは無かったことになってる?わけじゃないよね?
[PR]

# by hobomovie | 2015-08-29 21:50 | 外国映画 | Comments(0)

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー<2014>

いやぁアメコミ界には、まだまだ人気者がいるもんですね。
ワタシは全く詳しくないので、こやつらのことは全然知らなかったですよ。
d0088211_21305261.jpg

主人公のピーター・クイルだけが辛うじて人間ですが、チームの面々は実に個性的な宇宙人たち。宇宙を救うヒーローなのに、全員おたずね者ってのが珍しいんじゃないでしょうか。

紅一点のガモーラはめっちゃ美人さんですが、あれ?このお顔は何やら見たことが…と思ったら、ゾーイ・サルダナは「アバター」のヒロインを演じていた方だそうで。あっちは(CGだけど)真っ青でこっちは真緑、お疲れ様です。

アライグマのロケットと、「にこにこぷん」世代にはかしの木おじさんを彷彿とさせる樹木系キャラのグルートというコンビは、ダントツで魅力的でした。
ロケットは見た目かわいいけど声はおっさんだし、相当なワルというのもまたいいわ~。
そして、グルートはなんでロケットと組んでるんだかよくわからない、というか「アイアムグルート」しか言わないので終始よくわからないんだけど、スターウォーズにおけるハン・ソロとチューバッカのようなコンビ愛。
大好きです。

主人公のピーターは宇宙をまたにかけたトレジャーハンターなんだけども、地球からさらわれて宇宙育ち、アメリカの70年代ヒット曲をおさめたカセットテープを大事に持っているという設定がいいですね。
演じたクリス・プラットは今年「ジュラシック・ワールド」にも主演していて、これからどんどん出てきそうです。

とにかく、キャラクターがみんな面白くて、ストーリーどうこうよりもそれが楽しい作品でした。
もちろん、シリーズ化するんでしょう。マーベルだけにアベンジャーズとのからみもあるとかないとか?
これは盛り上がりますなぁ。

あとワタシ的には、悪役のリー・ペイスは大好きな「落下の王国」に出てた人なので、久しぶりに観られてうれしかったです。原形とどめてませんけどね。
d0088211_21313962.jpg

がんばれ、ロイ!
[PR]

# by hobomovie | 2015-08-09 21:44 | 外国映画 | Comments(0)

インサイドヘッド<2015>

d0088211_2281085.jpg

ピクサーの新作は、長編アニメ制作20周年を記念する作品ということで、あーもう「トイ・ストーリー」からそんなにたっちゃったかぁとしみじみします。
当時はこのフルCGアニメにどうしてもなじめなかったもんでしたなぁ。
特に人間が出てくると違和感がすごかったんですが、今は全く気にせず観れますもんねー。

今回は日本語吹替え版を観たので、まずはドリカムによる主題歌「愛しのライリー」とともに、色んな子ども達の写真が次々と出てきて、のっけから感動。
監督の挨拶をはさみーの、「南の島のラブソング」という同時上映作品が始まり、これが山が主役のラブストーリーという斬新な短編アニメで、意外と度肝を抜かれまして、吉田美和ちゃんの歌声でうっすら浮かんだ涙がすっかり乾いてしまいましたとさ。

さてさて本編はというと、主人公の少女ライリーと、彼女の頭の中にある5つの感情「ヨロコビ」「カナシミ」「ビビリ」「ムカムカ」「イカリ」が描かれています。
ライリーが生れてから、11歳になるまでの成長と、ミネソタからサンフランシスコへ一家で引っ越すことになり生まれるドラマ。そのすべてに5つの感情が影響しているという裏のドラマ。
これまた今まで観たことのない世界で、かなり面白かったです。
「脳内ポイズンベリー」という日本のマンガ・映画に内容が似てるのではないかとか言われているようですが、ワタシはそっちはみてませんけども、これほど深い内容ではないんじゃないの?とちょっと思います。

ライリーの性格形成や、短期の記憶、長期の記憶、感情の役割、睡眠と夢の関係などなど、色んな要素が具現化されていて、これはただのお子様向け映画と決め付けられない部分がありましたね。

ほいでもって、「ビンボン」というキャラクターに至っては、涙なしでは語れない。ワタシはもー、ほんとこういうのに弱いんですよー。
d0088211_2283480.jpg

ディズニー映画ではお馴染みの、タイトルが原題と全然違うやないかい問題は、今回も健在でした。「インサイドヘッド」なんて、さも原題どおりな雰囲気をかもしだしてますが、原題は「Inside Out」。
観る前は邦題の方がわかりやすくていいんじゃね?なんて思ってましたが、終わってみれば、これまた原題が深いわーと感心しました。ちなみに裏表とか、裏返し、とかいう意味です。
d0088211_2285262.jpg

[PR]

# by hobomovie | 2015-08-03 22:09 | 外国映画 | Comments(0)

海街diary<2015>

d0088211_22515413.jpg

是枝監督の新作、少女マンガの映画化というのは珍しいですね。どうやら原作が最初から好きで、映画化したかったそうですが、ばっちり是枝カラーの映画になっていました。

毎回毎回、びっくりするような新人(特に子役)を発掘してきて、それ以外の俳優陣も含めてキャスティングの妙を感じる是枝作品ですが、今回は4姉妹の末っ子を演じる広瀬すずが良かったです。
最近あちこちひっぱりだこな彼女なので、全く手つかずの感じが無いのが残念でしたが、それでも重要な役を一から作り上げていて素敵でした。あえて脚本は見ず、毎回監督から口伝えでセリフを教えてもらっていたそうで。
これが初見だったら、なになにこの子!!ってものすごく話題になっただろうなと思いますよ。

母方の祖母に育てられた全くタイプの違う3姉妹(綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆)は、大人になり鎌倉にある古い家で暮らしていた。
彼女たちが幼い頃、母と3姉妹を捨てて出て行った父の訃報が届き、腹違いの妹がいることを知る。3人は彼女をひきとって一緒に生活することにするのだが…というストーリー。

設定はおもたーいし人間関係も複雑なのですが、淡々と、さらりと物語が進んでいく感じで、劇場で観て良かったなぁと思いました。
こういう作品は、家でテレビでみたりしたら、その良さがあんまりわからないというか、日常に紛れてしまう感じがするんですよねー。
たとえば、ドキュメンタリーをみる時のような集中力を要する作品だと思います。まー、元々ドキュメンタリー出身の監督ですしね。
それでこそ、登場人物が感情を露わにするシーンで感動できるんだなぁ。

要所要所で出てくる食べ物がすごくおいしそうだなぁと思っていたら、クレジットにフードコーディネーターの飯島奈美さんの名前が。やはりですな。
d0088211_22513160.jpg

是枝監督作品の中で大好きな「奇跡」にも出ていた前田旺志郎くんがすずの同級生役で出演していて、今回もすごく良かった。もう中3くらいなんだなー。大きくなってました。これからも期待です。
[PR]

# by hobomovie | 2015-07-24 22:54 | 日本映画 | Comments(0)