<   2017年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ダンケルク<2017>


d0088211_23254851.jpg

「インセプション」や「ダークナイト」シリーズなど、毎回印象的な映像世界をみせてくれるクリストファー・ノーランが第二次世界大戦ものを撮るってことで楽しみにしていました。
そういうSFもののイメージが強い監督ですが、実話ベースの作品やいかに。

舞台は1940年。
フランスのダンケルク港に追い詰められ、周りをドイツ軍に取り囲まれた連合軍。浜辺には40万人もの兵士が残されているが、戦車による総攻撃は行われず、空からの攻撃によって多くの死者が出ている。
海からの救出を試みてはいるが、海底が浅いため大型船の乗り入れが困難で、桟橋には乗船を待つ兵士の長い列ができているがそこも攻撃を受けてしまった。なんとか商船に乗り込んでも、潜水艦からの攻撃を受けて沈没。こんな状況に追い込まれてしまった若い兵士たちを描いている場面その1。

ダンケルクに残されている兵士を救うため、イギリス本土では一般市民の持つヨットや漁船など、ありとあらゆる船が徴用され、一斉にダンケルクを目指していた。命の危険を覚悟しつつ小型船で救出に向かう父と息子を描いている場面その2。

ダンケルクからの撤退作戦を援護するため、戦闘機でドイツ軍と戦うイギリス兵を描いている場面その3。

この3つの場面が同時進行していく中で、どの場面でもドイツ軍はほとんど出てきません。それぞれ自分の周りで起こる事しかわからないので、敵の姿もとらえられないし、戦況がどうなっているのかも全くわからない。
登場人物全員、いま自分ができる最善の事をやってみるしかないという状況の連続で、よく考えたら当たり前のことなんだけど、観ている方も疲れました。
そうして3つのストーリーが最後にはひとつにまとまっていくところがすごかった。

d0088211_23264315.jpg

場面その1はまだ無名の若手俳優が中心でしたが、なんか見たことあるなーと思ったらワン・ダイレクションの人が混じってました。

d0088211_23283501.jpg

ノーラン映画の常連であるキリアン・マーフィーは場面その2に登場していて、相変わらずこういうイヤーな役をやらせたら天下一品だな、というご活躍ぶりでした。

d0088211_23273103.jpg

ワタシお気に入りのトム・ハーディは「ダークナイトライジング」同様にほとんど顔が出てこなくて残念でしたが、相変わらずのかっこよさでした。でも一番切ない役どころでしたなー。ホロリとさせるぜ。

[PR]

by hobomovie | 2017-10-20 23:34 | 外国映画 | Comments(0)

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール<2017>

d0088211_21191719.jpg

奥田民生ファンのわたくし、この映画のおかげでいそがしい日々でした。
普段はそんなにメディアに登場しないオクダが、テレビにラジオに雑誌にネットにと出まくりで、チェックが大変でしたよ。もちろん俳優さんたちも宣伝であちこちに登場して、そこかしこで「奥田民生」という文字が躍っておりました。
d0088211_21200867.jpg

池袋パルコでは「奥田民生になりたい展」まで開催されちゃって、そりゃー駆けつけないわけにいかないってことで、楽しんでまいりました。オクダが以前愛用していたサンヨーの赤いラジカセの実物を見て泣きそうでした。

さてさて、2015年に発表された渋谷直角の原作はもちろんチェックしていましたが、いざ映像になるとストーリーのあちこちにオクダの曲が登場するので楽しくてしょうがない映画でございました。
ちょっと落ち着いて考えると、ここまでオクダへの憧れを前面に押し出してくる男子が今どきいるかねと思わなくもないですが、妻夫木君演じる主人公コーロキの成長物語の象徴でもあって良かったかと。
そしてなにより、狂わせガール・水原希子がすんばらしかったですね。そりゃ狂わせられちゃうよという魔性の女っぷりでした。周りをかためる新井浩文や松尾スズキ、江口のりこなどもいい味だしてて、ワタシ的には変わり者の作家を演じた安藤サクラがツボでしたね。
「カーズ3」に続いて、今年はオクダファン喜ばせてもらっております。

[PR]

by hobomovie | 2017-10-08 21:23 | 日本映画 | Comments(0)