<   2017年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ハクソー・リッジ<2017>

d0088211_23021071.jpg
ハクソー・リッジとは太平洋戦争中、沖縄の激戦地であった高田高地のこと。
アメリカ軍はのこぎりで切ったようなその崖をのぼり、その先では日本軍が地下に陣をかまえていて、まさに死闘がくりひろげられた、という戦闘シーンがクライマックスのこの作品。

主役のアメリカ人デズモンド・ドスは実在の人物で、銃を持つことを拒否して衛生兵になり、多くのアメリカ兵を救ったという。
デズモンドがアメリカ軍に入隊してからは苦難の連続で、どうしてそこまで強い信念を持つことができたのかと不思議に思うとともに、悩みに悩むアンドリュー・ガーフィールドをみていたら「沈黙」で演じていた、江戸時代に日本にやってきた宣教師の役とダブりました。ハリウッド映画界も彼が泣きながら苦しむような役を次々とやらせますよな。

正しいと思っていてもそれを行動に移すのが難しい時代、幼少期の経験や強い信仰があっても自分の信念をつらぬくなんてできないよーと思うけど本当にあった話なのだから本当なわけで、人間にはそんなすごいパワーがあるのだと改めて感じました。

ハクソー・リッジの激戦はそんなデズモンドを応援する気持ちがあるもののすごく生々しいシーンの連続で、しかも戦っている相手は日本人だし、すごく複雑な心境で泣けてきました。人を殺したくないというデズモンドの信念はわかるけど、そうやって助けた兵士はまた人を殺すわけで、あーもうわけがわからなくなってきた。つくづく戦争は嫌だと思うけど、みんながそれぞれの信念で戦うことをやめればいいのになぁと思うわけです。

[PR]

by hobomovie | 2017-08-23 23:03 | 外国映画 | Comments(0)