<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アイアムアヒーロー<2016>

d0088211_22194968.jpg

子どもの頃テレビでうっかり見てしまったドラキュラものの映画のせいで怖い映画はずっと苦手でした。今でもその怖かったシーンが思い出せるほどのトラウマでございます。
その後大学生の時「リング」をうっかりテレビで見てしまったときは、なんでこんなん見てしまったんやーと数日間後悔したものでしたが、それと同時に怖いけどちゃんとストーリーが面白い映画ってあるんだと知ったわけです。
子どもの頃嫌いだった食べ物が、大人になってそのおいしさに気づく的な感じでしょうか。
それと大人になると、世の中そうそう怖いことは起こらないってことがなんとなくわかってくるってのもありますよね。子どもの頃ってなにもかもが未知の世界だし、小さくて弱いから、やみくもに色んなことが怖かったですよなー。

そんなこんなでゾンビ映画では「ドーンオブザデッド」や「ワールドウォーZ」なんかの経験を積みまして、今回の和製ゾンビ映画でございます。
主演が大泉洋ってことと、予告編の「全く新しいゾンビ映画!あなたはこのスピードについて来られるか!!」みたいな宣伝文句にも乗っかってしまいました。

大泉洋演じる鈴木英雄はうだつのあがらない漫画家で彼女ともケンカばかりという毎日だけど、何故か趣味がクレー射撃で猟銃を所有する資格を持っているという、コレが大きなポイントでございますね。
インフルエンザみたいな病気をきっかけに、日本中でどんどんゾンビが増えていく中、いの一番にやられてしまいそうな男がなんとか生き延び続けられたのは、この猟銃のおかげなのであります。
d0088211_22245294.jpg

最終的に人間がたてこもっているアウトレットモールへたどり着き、そこでは独裁的なリーダーを中心にコミュニティができていて、ゾンビの生態とかも徐々にわかってきて…と、全然新感覚じゃないじゃん!ゾンビ映画の王道じゃん!という流れの作品でございました。
ふつーにゾンビ映画としては面白かったですけど、ちょっと予告編にだまされた感はありますね。
スピーディーさやゾンビの数の多さでいうと「ワールドウォー」もすごかったしねぇ。

現代の日本でもしこんなことがあったらというリアルさと、ゾンビの情報がネットで氾濫して「ZQN(ゾキュン)」と名付けられること、英雄が出会った女子高生・比呂美(有村架純)は赤ちゃんのZQNに襲われたためか半分人間のまま止まっていること、なんかが注目ポイントでしょうか。続編もありそうな感じです。
大泉洋ファンとしては見どころも多かったですけど、どっちかっていうと「駆け込み女と駆け出し男」の方をみなあかんかったかなーという反省。
d0088211_2221312.jpg

[PR]

by hobomovie | 2016-07-31 22:26 | 日本映画 | Comments(0)