<   2016年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

パディントン<2014>

d0088211_22295592.jpg

イギリス生まれの児童文学「くまのパディントン」。その実写映画化作品ということで、ロンドンへ旅行したときパディントンのホテルに泊まったワタシとしてはハズせない!と観に行ってみました。
その時はパディントン駅が工事中で、くまのパディントン像は見られなかったんですけどね…
そして原作は、読んだことないんですけどね…

ペルーから船に乗ってロンドンへやってきた、1匹のくまのこども。
彼は英語を話すことができるくまなのです。
身寄りのない彼をブラウン一家がひきとることになり、パディントン駅で出会ったことからパディントンと名付けて家に連れて帰るというストーリー。

まぁ、これだけだとそのまま童話っぽいんですけども。
そこへ、ペルーでのパディントンの生い立ちや、ロンドンへやってきた訳、パディントンを育てたおばさんくまの思いなど、予想外の展開が用意されておりまして、どっこい感動的な物語になっておりました。
なにせ本を読んでないのでどこまでが原作どおりなのか全くわからないんですけども。

小1姪っ子と一緒に観るので吹替え版だったんですが、松坂桃李くん演じるパディントンが、まー良かったですね。
とっても礼儀正しくて、おじさんの赤い帽子を何より大切にしてて、おばさんに書いてもらった札を首からさげて…あぁまた涙が出ますよ。
ブラウン家ではお母さんだけが最初からパディントンの味方だったんですが、様々な出来事を経てみんな心を開いていくところも良かったです。舞台がイギリスってこともあって、メリー・ポピンズを彷彿とさせます。頑固おやじも出てくるし。

パディントンを狙う悪役・ミリセントをニコール・キッドマンが全力で演じてるのも面白かった。
ミリセントが天井からワイヤーで降りてくるとかミッション・インポッシブルのパロディ的な展開がありましたが、元ダンナには許可とってます?大丈夫??
パディントンは帽子がキーアイテムだからか、インディ・ジョーンズをパロってるとこもあって、映画好きにはたまらんでした。
とにかく、単なる子供向け映画で終わらない作品でした。
またロンドン行きたくなりました。
そして、原作読もうっと。

<おまけ>
パディントン駅では、ホテル側からばかり出入りしていたら、これはメインの出口ではないことにかなりたってから気づく。
d0088211_22321511.jpg

といってもメイン側は絶賛工事中で、パディントンくんはシルエットのみ。
d0088211_22331251.jpg

駅のホームはこんなんでした。ステキ~
d0088211_2234098.jpg

ブラウン家はプリムローズヒルで撮影されたそうですが、ワタシの行ったノッティングヒルにも似た雰囲気のおうちがありました。
d0088211_22362461.jpg

映画にはポートベロー・マーケットが出てきましたが、予定が合わなくて行けなかったんですよねー。悔やまれる…
[PR]

by hobomovie | 2016-02-21 22:44 | 外国映画 | Comments(0)