<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

オール・ユー・ニード・イズ・キル<2014>

d0088211_2313666.jpg

なんだかんだでトム・クルーズの作品はよくみてるワタシですが、特にファンってわけではないのです。いやマジでマジで。
作品の規模が文句なく世界最高水準なもんで、まぁ見たこともない景色をいつも見せていただいております、トム様。

さて今回の作品は、予告編をみて「おっ」と気をひかれ、原作が日本のライトノベルだっていうのでさらに観てみたくなりました。
原作もちょっと気になりますが、ライトノベルなので読みやすいんでしょうねぇ。映画では原作のちょっと萌え~な要素がなくされているそうで、タイトルが「Edge of Tomorrow」に変えられていたり、ハリウッドナイズされているようです。

ストーリーは、地球を襲うエイリアンと世界規模で戦う軍隊の話しなのですが、トム様がまず実戦経験の全くない広報担当という情けない軍人なところから始まり、あれよあれよという間に最前線へ送られてしまい、あっという間にエイリアンの餌食になって死んでしまうというびっくりな展開。

あらららら~と思っていたら、なんとトム様、エイリアンの攻撃を受けたとき偶然にもタイムループ能力を身に着けており、何度死んでも死ぬ前日からやり直しになるのです。
何度もやり直す中で強くなっていき、仲間を得るトム様。おっとトム様の役名はケイジでした。

ケイジが得る仲間とは伝説の戦士リタなのですが、今まで「プラダを着た悪魔」のイジワルな同僚のイメージが強かったエミリー・ブラントが演じていて、あまりの違いに驚きでした。
こんなアクションもできるお方だったんですねぇ。
d0088211_2321360.jpg

全体的にゲームっぽい展開の作品で「なんでやねん!」とつっこみたくなるポイントもあるにはありましたが、先がどうなるんだか予想できなくてドキドキしたし、トム様かっこよかったし、舞台がヨーロッパなのでザ・アメリカ映画!的な雰囲気がやや薄れてたし、もちろん迫力満点で、劇場で観て良かったな~と思う作品でした。

タイムループものとしてすごく良かった「ミッション:8ミニッツ」ほどではないものの、時空を超える者独特の切なさはちょっとあったでしょうかね。
[PR]

by hobomovie | 2014-08-17 23:15 | 外国映画 | Comments(0)