<   2014年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

グランド・ブダペスト・ホテル<2014>

d0088211_22213249.jpg

ワタシに負けず劣らず映画好きの兄が早くから注目していた作品だったので、ちょこちょこ情報を仕入れてはいたのですが、公開になって改めてサイトやらをみてみると、なにこれめっちゃおもしろそうやん!!ということで、いそいそと劇場へ。

東欧の架空の国・ズブロフカ共和国を舞台に、豪華なリゾートホテル「グランド・ブダペスト」とそこにいた伝説のコンシェルジュに関するエトセトラ、小粋なストーリーを楽しみにしていました。
期待通り全編すごく凝ったセットや衣装に彩られ、とてもオシャレな作品でした。
ウェス・アンダーソン監督はアメリカ人なのに、舞台がヨーロッパだからということでは片づけられない、ヨーロッパ映画の雰囲気がある作品を作りますなー。
d0088211_22214499.jpg

そんなシャレオツな雰囲気ながらも、大筋は第二次大戦を経てすっかり荒れてしまったホテルの歴史と、殺人事件もからんだミステリーでして、テンポもよくておもしろいストーリー展開でした。
まさか脱獄モノの要素まで入って来るとは思わなんだ。

あと忘れてはいけないのは、タイトルの通りグランド・ホテル方式にならってオールスターキャストも大きなみどころです。
といっても、ハリウッドの第一線でバーンと活躍してるようなわかりやすい有名どころではなく、名脇役とでもいいますが、もちろん主演をはれる人もたくさんいるんだけど、ひとクセもふたクセもあるメンバーなのがいいですね。レイフ・ファインズ、エイドリアン・ブロディ、ジュード・ロウ、ウィレム・デフォー、シアーシャ・ローナン、エドワード・ノートン、レア・セドゥ、ビル・マーレイなどなど書ききれませーん。個人的には、物語の中盤にハーヴェイ・カイテルが登場した時には、キター!!と盛り上がりました。
d0088211_22222861.jpg

[PR]

by hobomovie | 2014-07-30 22:26 | 外国映画 | Comments(0)

ノア 約束の舟<2014>

d0088211_10403869.jpg

「ノアの方舟」の物語といえば世界を滅ぼした洪水と、神の言葉を信じて方舟を作ったノアとその家族、方舟に集められた動物だけが生き残るというストーリーで、それが今のCG技術とラッセル・クロウ主演でどんな風に描かれているか楽しみにしていました。

旧約聖書ものの映画って、最近はあまり観ませんねぇ。子どものころ「十戒」をテレビでみて、結構面白かった記憶があるのですが。広く知られすぎてる物語だけに、今さら映画化するのが難しいんでしょうか。

そして今回の「ノア」はというと、あれこれ新しいエピソードがくっつけられていて、本筋がぼやけてしまうほどでした。
ある意味新鮮と言えないこともない。

思えばラッセル・クロウは「ベン・ハー」のような「グラディエーター」にも出てたことだし、第二のチャールトン・ヘストンとしてシンプルに聖書どおりのストーリーでも十分感動巨編が描けたんではないかと思うんです。
しかしこのノアさん、あれこれ悩むのは当然なのですが、最終的にやっと降り立った台地で収穫したブドウでワインを作り、酔っ払って自暴自棄になるあたりはどうなんでしょうね。本当に必要だった?このシーン、という感じです。

ノアさんは動植物だけで平和な地球を取り戻すのがこの洪水の意義であり、神に背いた人間は滅びるべきだと信じています。新しい世界に動物たちを導くためだけに、自分たちは選ばれたのだと言うのです。うーん、これは新しい。
最終的には人間は神にやりなおすチャンスを与えられたのだと考え直すのですが、それまでに次男が連れて逃げようとした女性を見殺しにするわ、孫を殺そうとするわ、むちゃくちゃした挙句ただの酔っ払いになるという。
しっくりこないわ~。ノアさん、しっくりこないー。

ということで、感動スペクタクル巨編になる可能性は十分あった作品でしたが、きょとーんで終わってしまったのでした。とても残念です。

ノアの周りで様々な奇跡が起こるところは唯一と言ってもいい感動ポイントでした。動物たちが方舟に集められるシーンはフルCGだと思いますが、みごたえありましたね。

あとワタシは方舟で8人助けられるということを知っていたので(「船」という字の元になっているとか)、ノアの家族は6人だけどどうなるのか…あ、次男が女性を連れて…来ない、密航者がいて7人、なるほど子どもが生まれて8人…と思ったら双子!?と、ある意味ハラハラした展開でした。結局、本筋からしたら人数なんてどうでもいい感じだったんですけどね。
[PR]

by hobomovie | 2014-07-03 10:42 | 外国映画 | Comments(0)