<   2014年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

鑑定士と顔のない依頼人<2013>

d0088211_21391263.jpg

ジュゼッペ・トルナトーレ監督と言えば、「ニューシネマパラダイス」や「イルポスティーノ」といった人間ドラマものが有名ですけども、「題名のない子守唄」というサスペンスもありまして、とても見応えのある作品であると同時にものすごいどん底を味わわせてもらった作品だったので、今回の新作も楽しみにしてました。

有名なオークショニアのヴァージル(ジェフリー・ラッシュ)は様々な芸術品を鑑定し、オークションにかける毎日。常に手袋をはめ、他人を遠ざけ、孤独な生活をおくるヴァージル。
自宅の隠し部屋には、ありとあらゆる名画の女性像がかけられており、心の底では理想の女性を追い求めている様子。それらの名画は、ただひとりの友人ビリー(ドナルド・サザーランド)をオークションにまぎれこませ、廉価で落札させて集めている。
ある日、クレアと名乗る女性から、屋敷にある美術品・調度品を鑑定してほしいという依頼が舞い込むが、クレアは電話でのやりとりばかりで全く姿を現さない。どうやら屋敷に潜んではいるようなのだが…
一方、作業が進む屋敷の中で、地下室からオートマタ(機械人形)の部品のようなものが見つかり、ヴァージルは修理店のロバート(ジム・スタージェス)に調査を依頼する。さてさて、正体不明な依頼人とその屋敷にある美術品、オートマタの部品、数々の謎の結末は…?

結末を知ってから観ると新たな発見があるというのがウリのようで、半券を持ってったら1000円で観られるらしいです。水曜日のお休みに行ったら満席だったんだけど、そのせいかな??
梅田ではパンフレットも売り切れで、なんばまで買いに行ったですよ。これは人気ってことなのか、パンフレットの版数がもともと少なかったのか…

さてさて、ネタバレをしない主義のまやぞーブログですので感想を詳しく語れないのがつらいところです。
とにかく、よくできたストーリーでした。ヴァージル以外の視点で作ったら、また全然違う印象の作品になるんだろうなぁ、とか想像がふくらみました。
ヴァージルの視点でみると…とにかくせつないエンディングでして。サスペンスというよりラブストーリーの要素が強かったですねぇ。ものすごく、せつない結末でございました。
ジェフリー・ラッシュ、最近はキャプテン・バルボッサ(パイレーツオブカリビアン)の印象が強かったですが、この複雑な人物を演じきって、いい味出してましたね~。
最後にこれだけは言わせていただきましょう。やっぱね…ドナルド・サザーランドには気ぃつけなはれや!
[PR]

by hobomovie | 2014-01-18 21:42 | 外国映画 | Comments(0)

ゼロ・グラビティ<2013>

更新が1ヵ月もとどこおっておりましたね。こんなブログでございますが、今年もよろしくお願いいたします。
d0088211_22301273.jpg

さてさて、新年1発目は、お正月らしく超大作を観に行ってみましたよ。
予告編をみた限りでは特に興味をひかれなかった作品だったのですが、公開以降新聞やらテレビやらで見かける批評がことごとくほめていて、職場の映画好きとも「これはやっぱり観るべきかねぇ~」と話してました。男性陣は「サンドラ・ブロックあんま好きちゃうねんなぁ~」という意見がちらほらあり、ワタシも「スピード」の印象が強くてあんまり知的な役のイメージが無かったりして、宇宙飛行士とか大丈夫?という不安が少々。しかし、パンフレットを読んで彼女の大事な作品を忘れていたことに気づきました。「ものすごくうるさくて ありえないほど近い」の母親役は素敵でしたね!サンドラ・ブロックのイメージと違う役だったから、すっかり抜けてしまっておりましたよ。

新年早々、水曜日でも映画の日でもなかったので2000円払って3D・吹替版を観たのですが、映画評論家がオススメする通りその価値がある作品でした。

高度60万メートルの宇宙空間で衛星の修理を行っていたエンジニア・ライアン(サンドラ・ブロック)と、そのサポートを行うベテラン宇宙飛行士マット(ジョージ・クルーニー)。突如、破壊されたロシアの衛星が他の衛星を巻き込み、無数の破片となって彼らの元へ向かっていることがわかった。彼らはこの危機を乗り越え、無事に地球へ帰還することができるのか…?というストーリー。

ぶっちゃけ物語はこの通りとてもシンプルなので、最大の見どころはこの映像世界です。もしDVDやテレビでみたとしても、この映画館で感じた迫力や感動、おもしろさは絶対ないだろうなーと思います。
映画評論家の人が、字幕が出ると画面上の水平を意識してしまうので吹替がオススメというので従ってみましたが、これまた正解でしたね。油断すると酔いそうなくらい、映画の中に入り込んでしまいました。
「アバター」以来の、3D映画の衝撃だったかも。

サンドラ・ブロックもすごく良くて、エイリアンシリーズのシガニー・ウィーバー的なかっこ良さがありました。
あと本筋には全然関係ないですが、マニュアルって大切よねと心に刻んだ新年のサラリーマンでした。

原題は「Gravity」で重力という意味の単語ですが、日本人にはあまりピンとこない言葉だからか邦題にひと手間加えてあります。ミュージカルの「Wicked」好きには、名曲「Defying Gravity」を連想させますです。

ところで今回イオンシネマにて購入した3Dメガネがこちら。
d0088211_22354064.jpg

最近はどこの劇場でも軽くて楽なものになったにも関わらず、スターウォーズとのコラボ商品とあらば買わないわけには行かず、観終わった頃にはそれこそ「アバター」当時のように耳の上がぎゅーんと痛くなってしまったのでした。
[PR]

by hobomovie | 2014-01-08 22:37 | 外国映画 | Comments(0)