<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

陽だまりの彼女<2013>

d0088211_22432725.jpg

中学生になった姪っ子2号が、最近松潤にハマっています。
小さい頃から何度も見ていたはずなのに、やはり女子は一定年齢以上に達すると「花より男子」にぐっと入り込んでしまう時期があるようでして。
で、この作品を映画館で観たいと言うので、おつきあいしてきました。

ワタシはそないにオレサマ的なキャラクターの松潤は好きでは無いのですが(ワタシは花沢類派です)、今回はふつーのサラリーマン役、むしろ自分に自信のないイケてない男性役ってことで興味がわきました。
あと、相手役が上野樹里で、「スウィングガールズ」「のだめ」などで好きな女優さんですしね。

広告代理店の営業マン・浩介(松本潤)は、打ち合わせに現れた取引先の担当者・真緒(上野樹里)に目を奪われる。中学生の頃、同級生からのいじめにあっていた真緒を浩介が助け、心を通わせたものの浩介の転校で離ればなれになっていたのだ。
中学時代の思い出とともに、お互いを思う気持ちがよみがえった二人だったが、彼女には大きな秘密があって…というストーリー。

主演二人のキャスティングに加え、この「秘密」が気になってこの作品がちょっと観たいなぁ~と思っていたのでした。最近の邦画の恋愛ものはどうも予想を超える感じがしなくてですなぁ…

さてさて、さすが人気者コンビの恋愛映画だけあってステキすぎる演出に胸が躍る展開の作品でしたが、真緒のいじめられ方が結構えげつなくて胸が痛んだし、浩介もなかなか奥行きのあるキャラクターで予想以上の面白さでした。

最大のポイントが真緒の秘密ってことで、事前にあれこれ予想してみたんですが。
まぁ病気とか?とお涙頂戴路線、実は死んでるとか?とオカルト路線、残念ながらどれもハズレでした。思いのほかファンタジー路線でしたね。
いじめのくだりとかがの現実的な感じと比べると若干ちぐはぐな印象がありましたが、まぁ少女マンガぽくていいんじゃないでしょうか(原作は小説のようですが)。
いくえみ綾の「My dear B・F」というマンガを思い出しましたね。どんな内容か言っちゃうと映画のネタバレになっちゃうのでひかえますけども、これまた泣ける話なんすよ~。

予告編でも流れていましたが、本編でもビーチボーイズの「Woldn't Be Nice」が効果的に使われていてステキでした。


[PR]

by hobomovie | 2013-12-08 22:47 | 日本映画 | Comments(0)