<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

風立ちぬ<2013>

d0088211_22494727.jpg

久しぶりに、試写会に応募してみたらば当たりました。
大好きなジブリアニメ、大好きな宮崎駿作品でございます。

最近劇場で予告編を見ていたし、NHKの「仕事ハッケン伝」で取り上げられてるのも見たし、ある程度の予備知識は得ておりました。
で、こんな作品かな~と予想していたのとは、結構違っていた感じです。

ゼロ戦の設計者・堀越次郎と堀辰雄の小説「風立ちぬ」を融合させた、オリジナルストーリー。
関東大震災から太平洋戦争に至る激動の時代を舞台にしているので、今までの宮崎作品の中ではかなりリアルに近い設定で珍しいなと思っていました。

で、子供の頃から追いかけていた大空を翔る夢が、大人になって戦争の道具という形で現実化したことに対する葛藤といったシビアな展開をつい期待してしまっていたのです。
なんと言っても実在の人物をモチーフにしているし、時代背景もありますしね。
でも今になって考えると、そうなっちゃうともうジブリアニメではないかな…?という気がしますね。
実際、もうちょっとドリーミングでファンタジーな作品でございました。

とにかく、次郎少年の空に対する憧れを現す、夢の中のシーンが多いんですよね。イタリアの飛行機設計者ジャンニ・カプローニとも夢の中で交流してしまいますし。

さらに、ラブストーリーとしての要素も結構大きかったです。
次郎は関東大震災で出会った少女・菜穂子と、社会人になってから再会して恋に落ちるのですが、なんと菜穂子は結核を病んでいるというメロドラマな展開…!
いやいや、確かに泣ける話だし、古典文学の香りがステキと言えなくもない。
でもなんでしょうねー、んー、この感情移入できない感じ。次郎&菜穂子が金持ちのボンボン&お嬢ってのが素直な感動を邪魔してるんでしょうか。

予告編では「この生きにくい時代を、当時の若者たちはどう生きたのか」みたいなキャッチフレーズがありましたけど、そないにリアルな内容でも無かったので、そういう意味ではちょっと期待はずれだったか。
宮崎駿の遺言!?とも言われてるみたいですが、とりあえず今までに無かったタイプの作品でしたね。
これから観る人には、あんまり「堀越次郎と堀辰雄」というイメージにとらわれずに観ることをオススメします。

映像はとにかくキレイだったし、みごたえありでした。
全く子ども向けではないような気もしますけど、宮崎監督の空に対する情熱やロマンはひしひしと感じました。そういう意味では子どもでも思うところがあるでしょうか。
試写会にはちらほら小学生くらいの子たちも来ていましたが、どんな感想を持ったのかなぁ。

あと、最近の作品から感じる「ねっとり」した映像は今回も夢の中のシーンなどで健在でした。「ハウル」の荒れ地の魔女や「ポニョ」の海の生きもの達なんかが、すごーく粘着質な、ねばっこい感じがしませんかね?
それ以前の作品は、もっとカラリとしたイメージを持っております。映像の精度があがったってことなんですかねぇ。

まだ公開されていないのでパンフは買えず。手に入れたらまたじっくり読んで反芻したいと思います。
[PR]

by hobomovie | 2013-07-07 22:59 | 日本映画 | Comments(0)