<   2012年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

アルゴ<2012>

d0088211_2226522.jpg

イラン革命真っ最中の1979年。イスラム過激派グループがテヘランのアメリカ大使館を占拠し、52人のアメリカ人外交官が人質に取られた。
だが占拠される直前、6人のアメリカ人外交官は大使館から脱出し、カナダ大使公邸に匿われる。CIAのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は6人をイランから救出するため、『アルゴ』という架空のSF映画をでっち上げて6人をそのロケハンのスタッフに身分偽変させるという作戦をたてる。
~ウィキペディアより~

こんなアンビリバボーなことが本当にあるのがアメリカという国ですなぁ。
オープニングで当時のイランとアメリカの状況が簡単に解説され、全く知識がなくてもよくわかるようになっていました。ありがたい。
しかし、なんで紛争地から救出するのに映画のロケハン??という謎は、実際に作戦が始まるまでなかなかピンとこず。
で、作戦が始まってしまえばもう無事にイランを脱出できるよう祈るような気持ちで、物語を見守るばかりという作品でした。
ふと我に帰ると、ずっと両手を握りしめた態勢で、終わった後はどっと疲れが。
間違いなく、今年最高心拍数をたたきだした作品だと思われます。

ベン・アフレックの作品は久々に観たんですけど、監督としてもなかなかのキャリアをお積みのご様子。行く末はイーストウッド級と言われているとかいないとか。
「アルマゲドン」やら「パールハーバー」やら、ハリウッド超大作系に出てしまっていた時期もあったけど、始まりが「グッド・ウィル・ハンディング」だっただけに、この人は何かある…!かもしれない!と思っていたので(つまりさほど気にしてなかったとも言えるか)良かったです。
おんとし40歳、いい感じのおっさんになってきましたね。今年観た映画、いまのところナンバーワンは「ダークナイトライジング」ですが、2位はこれかもしれませんなー。かなり面白かったです。
[PR]

by hobomovie | 2012-11-10 22:30 | 外国映画 | Comments(0)