<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル<2011>

d0088211_1030561.jpgタイトルには「4」と付いてませんが、大人気シリーズの4作目でございます。
以前から「ポッシブル」という表記には違和感を覚えてましたが、日本語だと思えばまぁ別にいいかと悟った今日この頃。

数々の不可能なミッションをこなしてきたIMFの天才的スパイ、イーサン・ハント(トム・クルーズ)。今回はモスクワの刑務所で受刑者となっているところから、物語が始まります。

「コバルト」というテロリストからロシアの核兵器の発射システムを奪い返すというのが今回のミッションですが、コバルトの策略によるクレムリン爆破、IMFの解体といった危機が次々とやってきて、まぁ絶対大丈夫なんだよなと心の底で思いつつも、ハラハラドキドキの作品でした。

新たなチームと一緒に背水の陣で戦うイーサンは、過去に捕獲しそこねたテロリストに命を狙われ、妻が殺されてしまったことが明らかになります。「3」は劇場で観てないので印象が薄かったんですが、そういえばイーサンの恋人がでてきたストーリーだったなぁと思い出し、少々せつない展開でした。
しかし!今までのシリーズ同様、どんでん返しが用意されているので、そこはお楽しみ。

今回はブダペスト→モスクワ→ドバイ→ムンバイを駆け巡るストーリーですが、特にドバイの世界一高いビル「ブルジュ・ハリファ」でのアクションが見どころですね。このシリーズではスタントを全部自分でやっているというトム・クルーズ、さすがだなぁと感心しました。
あとはBMWのスペシャル仕様車でのカーアクションもすごかった。
ムンバイの流れで、エンドクレジットは出演者全員で歌って踊ってくれても良かったんですけどね~ボリウッド映画っぽく。

ちなみに監督のブラッド・バードは「Mr.インクレディブル」や「レミーのおいしいレストラン」といったアニメ作品の監督で、びっくりしました。そんな経歴の人がこんな実写アクションを撮れるもんなんですなぁ。

今回の作品も、まだまだこれから続きそうなエンディングだったので、トム様50歳にはこれからも頑張っていただきましょう。
[PR]

by hobomovie | 2012-01-28 10:38 | 外国映画 | Comments(2)

舞台版「8人の女たち」みました!

d0088211_22262011.jpg

フランス郊外の大邸宅に、クリスマスを祝うため集まった家族。
唯一の男性である、一家の主人が他殺体で発見される。
誰かが外部から侵入した痕跡は無い。
一体誰が犯人なのか??
雪で外部との連絡がとれず、閉ざされた家の中でお互いを詮索する8人の女たち。
ひとりひとりの秘密が順番に明かされる…

この物語を演じていたのは
浅野温子
荻野目慶子
加賀まりこ
大地真央
戸田恵子
マイコ
牧瀬里穂
南沢奈央
の8人。

舞台は邸宅のリビングと主人の部屋の入り口が配置されていて、
周りをぐるりと観客がとりかこみ、「密室」感が強調されてました。
出番が無いときも舞台の端に置いてある椅子で控えいて、
ほぼ出ずっぱりな8人芝居でした。

面白かったし、やっぱ大地真央と戸田恵子はすげーなー
という思いを新たにしましたが、
作品としては、2002年のフランス映画版の方が好きです。
d0088211_22263859.jpg

ロバート・トマの舞台劇をフランソワ・オゾン監督が映画化した作品は、
えぇ?ここで??というタイミングで登場人物が歌い出すという、
実はミュージカルだったのでした。

しかも「いかにも」なミュージカルじゃなくて、みんな微妙にへたくそで、
そこがすごく面白かったです。

舞台版も、歌える人が揃ってるんだから、ミュージカルにしてくれても良かったのに…

一応サスペンスですので、犯人は誰か?という謎は、なかなか面白い展開をむかえます。
長女シュゾンのエピソードは、どうかな~と不満が残るんですが…
そこで主人に感情移入できなくなってしまっております。
とはいえ、よくできたストーリーでおすすめです。
[PR]

by hobomovie | 2012-01-19 22:20 | 日々のこと | Comments(0)

ニューイヤーズイブ<2011>

d0088211_11403814.jpg大晦日のニューヨークで起こる8つのエピソード、それぞれがどんな2012年を迎えるのか?というストーリーを、「プリティ・ウーマン」のロブ・マーシャルが監督し、ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファー、ヒラリー・スワンク、ハル・ベリー、サラ・ジェシカ・パーカー、ザック・エフロン、ジョン・ボンジョヴィなどなどのスターキャストが出演というゴキゲンな作品でした。

様々なつらい出来事があった2011年、しめくくりにはこんなハッピーな映画を観るのもいいなって思います。ま、実際に観たのは1月3日なんですけどね…

有名なタイムズスクエアのカウントダウンの責任者クレアを演じるヒラリー・スワンク、トラブル続きの中彼女が演説するシーンは感動的でした。
今後、女性大統領なんていう役に適任なんじゃないでしょうかね。
d0088211_11411096.jpg

さえないOLイングリッドを演じたミシェル・ファイファーのオーラ消しっぷりには驚きましたが、最後にちゃんと本領発揮なシーンがあるので、これまた大満足。

アパートのエレベーターに閉じ込められたエピソードでコーラスガールのエリースを演じたリー・ミシェルは、人気ドラマ「Glee」に出てる女優さんみたいで、ステキな歌声でした。
以前から気になってはいるんですが、いよいよみてみようかな…「Glee」。
d0088211_11413512.jpg
ところで、タイムズスクエアのカウントダウンのシーンは実際に2010年にロケをしたみたいなんですが、「世界の果てまでイッテQ」でイモトアヤコが現地に行ってたと思うんですよね。
100万人が集まる一大イベントの裏側は、結構壮絶な世界でした。小ーっちゃくイモトも映ってるかもしれませんね。
[PR]

by hobomovie | 2012-01-07 11:42 | 外国映画 | Comments(0)

新年

2012年になって、はや4日目でございます。

あけまして、おめでとうございま~す…(遅)

年末~年始とちらほら映画は観ているのですが、
すっかりサボってしまい、新年早々反省でございます。

今年もぼちぼち頑張りますので、よろしくお願いします!
[PR]

by hobomovie | 2012-01-04 10:37 | 日々のこと | Comments(2)