<   2011年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

サヴァイヴィング ライフ-夢は第二の人生-<2010>

d0088211_228258.jpgチェコのシュルレアリスト、ヤン・シュヴァンクマイエル監督最新作!と銘打たれたこの作品。
彼の「アリス」はみたことがあったけど、アリス好きのワタシでも途中で眠くなってくるくらいわかりづらい展開にどっと疲れてしまい、特にその後の作品を気にしたことはなく。
主に短編で芸術的な作品を数々生み出していたとは、ノーマークでした。

シュルレアリズムといえば絵画や立体作品といったアートという思い込みがあって、マグリットやらダリやらマン・レイやらしか思いつかなかったワタクシ。
そういう世界観は結構好きなくせに、映像のシュルレアリズムはちゃんと体験してなかったとは。
ワタシの好きなティム・バートンなんかも、彼にインスパイヤされているとか。
「好きなアーティストが好きなアーティスト」を追いかけるのも、大事ですね。

…という訳で、アート鑑賞の心構えで劇場へ。
夢に現れる美女に魅了され、思い通りの夢を見るため手を尽くす男性の物語。
主人公エフジェンをシュヴァンクマイエル自身が演じています。

夢の中では様々なモチーフが繰り返し現れ、グロいわエロいわ大変な世界なんですが、少しずつエフジェンの過去が明らかになるにつれて夢の意味も解けてくるあたり、予想よりもストーリーがちゃんとあるじゃん!と驚き。
この人相当病んでるわこりゃ、と思いつつも引き込まれてしまいました。
彼のこだわりや葛藤が作品に昇華されている感じで、監督というよりは、まさにアーティストだなーと感心しながら劇場を後にしました。

京都の博物館で合わせて行われてたシュヴァンクマイル展も見に行きたかったけど、予定が合わず残念でした。ちなみにパンフレットはナシ。
[PR]

by hobomovie | 2011-12-12 22:12 | 外国映画 | Comments(0)

東京オアシス<2011>

d0088211_10384159.jpgま~たやっちゃいましたよ。映画館で爆睡…
いよいよ「映画館では絶対寝ない人なんです宣言」を撤回しないとなぁ。
しかし「めがね」のときは、それはそれとしていい映画だったなぁ~という満足感があったんですけど、今度の作品はどうにもこうにも。

「かもめ食堂」から続く小林聡美主演作品、コンスタントに公開されているシリーズです。
今回は東京を舞台に、女優トウコが出会う3つのストーリーをえがくオムニバス形式でした。

ワタシが寝てしまったのは加瀬亮が出てくる最初のエピソードで、しかも!フードスタイリスト飯島奈美さんによる「きつねうどん」が登場する、非常に重要なシーンを観のがしてしまったのです。
あぁ悔しい。パンフにはレシピが載っています。おいしそ~♪d0088211_10433643.jpg

全体的にセリフがすごく浮いていて、全くしっくりこなかったんですよねー。以前からそういう雰囲気ではあったけど、今回は特に顕著だったように感じます。

3つめのエピソードに出てきた黒木華という女優さんは初めて観ましたが、この人がいちばん普通に演じてて良かった。舞台を中心に活動しているようですが、これから楽しみな感じ。
2つめのエピソードに出てきた森岡龍もほぼ初めてですが、もっさりしていい雰囲気の俳優さんでした。
他には原田知世、もたいまさこ、光石研、市川実日子などが出演。メンバーもいいんだけどねぇ…

d0088211_1044464.jpg

結局のところ、名前だけ出てきた「ツチブタ」が気になるから調べてみよう、という気持ちしか残らない作品でございましたかね。ちゃんちゃん。
[PR]

by hobomovie | 2011-12-03 10:55 | 日本映画 | Comments(0)