<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

探偵はBARにいる<2011>

d0088211_10502840.jpgばんざーい!大泉洋に、代表作と胸を張って言える作品がついにできたよ!!

「パパパパPUFFY」で初めて見かけて以来ずっと好きだけど、代表作が「水曜どうでしょう」なのはいかがなものかと常々思っていたので、たいへん嬉しい。そんな気持ちで劇場をあとにしました。

札幌・ススキノにあるバー「ケラーオオハタ」で事件を待つ探偵(大泉洋)と相棒の高田(松田龍平)。ある日バーの電話にコンドウキョウコと名乗る女性から依頼が舞い込むが、それをきっかけに探偵は命がけで事件にかかわることになる…

「なにかあったらここに電話してよ。夜は大抵いるから」とケラーオオハタのカードを渡す探偵。お調子者で女性にはめっぽう弱いけど、いざとなったら悪漢と戦うという魅力的なキャラクターで、これはもう大泉洋以外にはねーな、という感じですね。もちろん北海道出身でもあるしね。ああ嬉しい。

相棒の高田は北海道大学の助手にして空手師範代というクールなキャラで、ボロボロの光岡自動車・ビュートに乗っているあたりは富山県出身者としては嬉しいかぎり。
d0088211_10504914.jpg

ススキノを中心に全編北海道ロケで、札幌に遊びに行ってみたくなりました。「開拓おかき」も食べてみたいー。
どうやらシリーズ化も決定したようで、これから楽しみです。

パンフレットもなかなか凝ってました。マッチふうのカバーを開けると、中にパンフが入ってます。
d0088211_10511065.jpg
原作は92年から「ススキノ探偵シリーズ」を書いている東直己、現在も札幌在住のようです。そんなシリーズものがあったの、今まで全く知りませんでした。ぜひ読んでみなくては。
マンガ界では佐々木倫子も「動物のお医者さん」や「チャンネルはそのまま!」で北海道を舞台に作品をかいていますが、郷土愛プラスバラエティに富んだ気候風土・文化があるから、みんな地元にいて地元をえがき続けるんでしょうねー。

探偵はBARにいる
[PR]

by hobomovie | 2011-10-30 10:53 | 日本映画 | Comments(0)

奥田民生ひとり股旅スペシャル@厳島神社<2011>

d0088211_16225199.jpg

特集:奥田民生 ひとり股旅スペシャル@厳島神社

劇場でライブを観るっていうの、初めてやってみました。
敬愛する奥田民生氏が、出身地広島の厳島神社で奉納ライブをやるという。
現地まで行くかどうかギリギリまで迷ったんですが、直前にユニコーンのライブに2日間行くこともあり断念して、代わりに全国の映画館で生中継というお手軽に楽しめる方法で参加することにしました。

最近映画館では歌舞伎がみれたりオペラがみれたり劇団☆新感線の芝居がみれたり、色々と新しい試みがされてますが、あ、AKB48の選抜総選挙生中継ってのもあったな。
でもどれも観たことがなくて、昔はフィルムコンサートなんてのがあったような気もするけど、BOOWYとかXとかアツい系のアーティストばっかりだったような記憶で縁がなく、ともかく映画館でライブを観るなんていのうは初めてでした。

前日まで(当日も?)雨模様の予報だったので心配してたんですが、見事にライブ中は降らず。
2004年に広島市民球場でライブをしたときも、天気予報をひっくり返して晴れにした男。さすがです。

ライブはもちろん感動的に良くて、すごーいクレーンで撮影したと思われる引きのカットや、神社をバックにしたビジュアルも美しく、DVDになるのが楽しみでございます。(NHK-BSプレミアムで放送予定アリのようです。ワタシはみれませんが…)
新旧おりまぜた選曲の中に、イエローモンキー、吉田拓郎、斉藤和義、さらにPerfumeのカバーも入ったりなんかして、予想外の展開もありましたねぇ。

映画館で奥田民生と言えば、その広島市民球場ライブをからめた映画があったもんでした。MCでもあのライブの事を言ってましたが、もう7年前かぁ懐かしいです。
ワタシが最初にやってた映画ブログが消えてしまったので、以下以前の記事の引用です。
今回のライブで、この映画のカエラちゃんのセリフだった「よっ広島の星!」と声をかけた男性がいて、グッジョブでした~♪

カスタムメイド10.30<2005>
え~、全国の奥田民生ファンのみなさま、お待たせしました~。
「見えないキズナ、それはメロディ♪」というコピーにすべてが集約されております。
しんそこ音楽が主役の映画で、ミュージシャン奥田民生&木村カエラに興味が無い人は観ない方がいいかもしれません。
しかしワタシはDVDまで購入してしまうほどのお気に入りです。
d0088211_16341964.jpg
ストーリーはというと、広島で一人暮らしの女子高生マナモは、自分の生き方について自分では気づかないうちにあれこれ悩む日々。そこへ、両親の離婚で父に引き取られたナマイキな妹が突然やってくる、さてマナモの生きる道は・・・?というもの。
このトホホな状況を救いに来るのはなんと、天使。しかもそのアドバイスは「とりあえず広島市民球場でのタミオのライブに行け」というもの。
ファンタジーでございますね。ワタシはUNICORN時代からのファンなので、「奥田が映画に出るなんて!!」と必要以上に盛り上がってしまいましたよ。そしてカエラちゃん、TV番組「sakusaku」の時からただものではないと思ってましたが、良かったです。
[PR]

by hobomovie | 2011-10-23 16:35 | 日本映画 | Comments(0)

尾道に行ってきました

職場の人たちと、年度に1回ずつ国内旅行と海外旅行に行ってます。

今年の国内の旅は、広島県の尾道・鞆の浦へ行くことに。

尾道は観光地化しちゃってるよ~という人もいるけど、
確かに駅前や商店街はとてもキレイ。

今は去年やっていた連続テレビ小説「てっぱん」ゆかりの地として盛り上がっているようです。
セットを再現したコーナーもあったんだけど、
旅のメンバーは誰もドラマを見ていなくて、全然盛り上がらず。

大林監督の尾道三部作や新・尾道三部作の影はかなり薄れておりますね。
というワタシも「時をかける少女」と「ふたり」くらいしかみたことがなくて、
しかもかなり前にみたのでどんな風景だったかなんてうろ覚えもいいとこで…

市内のあちこちが映画の舞台となってますが、
ここがこの作品のロケ地ですよ~
なんていう看板があちこちにあるわけじゃなく、
好きな人はガイドブック片手に自分で調べてね、というスタンスのようで
純粋に尾道の風景を楽しめるようにもなってます。

いかにも!なお土産屋さんもほとんど無いし、
個人的には言われてるほど観光地化しちゃってるということは無いかな…と思いました。
d0088211_8564545.jpg

坂道を登って歩けば、風情ある景色を堪能できました。
千光寺ロープウェーを使って登り、向島をのぞむ景色。
間にあるのが海とは思えない狭さだけど、流れが速くて泳いで渡るのは難しいとか。
渡船がひっきりなしに行き来してます。
d0088211_857524.jpg

猫ちゃんともたくさん出会える町・尾道。
天気が良かったので、あちこちで日向ぼっこしてる子たちがいました。
本物だけじゃなく、招き猫美術館近くには福石猫がちらほら。
北川景子がカメラCMのロケで来た模様。
d0088211_857235.jpg

不思議だったのは尾道映画資料館。
小津作品や新藤作品について数々紹介しているものの、大林作品にはノータッチ。
謎です。

翌日は福山市の鞆の浦へ。
ジブリが認定しているわけじゃないんだけど、
「崖の上のポニョ」に出てくる風景によく似ていて、
実際宮崎監督も滞在していたようなので、ポニョゆかりの地として有名に。
d0088211_8575858.jpg

そんなわけでポニョの件はおおっぴらにできないので、
お土産屋さんとかがちょこっとグッズを扱ってたり、
個人的に作ったマップをくれたりする程度です。

名所としては、いろは丸沈没の地として坂本龍馬関係がたくさんありました。
とりあえず語尾を「~ぜよ!」にしてる看板があちこちにあって笑える。

昔ながらの景観が保たれていて、いいところでした。
道がすごく細くて車で通るのが大変な町ではあるけど、
この湾に橋を渡す計画は、やめといてほしいなぁ…
[PR]

by hobomovie | 2011-10-09 09:01 | 日々のこと | Comments(0)

ミケランジェロの暗号<2010>

d0088211_1135916.jpgミケランジェロの暗号

ナチス・ドイツが贋札の大量発行によってヨーロッパ経済を混乱させようとした「ベルンハルト作戦」、これを基にした映画「ヒトラーの贋札」は、なかなかよくできた作品でとても面白かったのですが、その制作会社とプロデューサーが再びあの時代を描くと聞いて、観に行ってみました。

タイトルだけ聞くと「ダヴィンチ・コード」的に、絵に隠された暗号があるのかな?と思いますが、この作品はミケランジェロの素描、その存在そのものをめぐるサスペンスです。

その素描自体が架空のものであることを筆頭に、この作品はナチス・ドイツ時代のヨーロッパを舞台にした、完全なるフィクション。と言われると、なんだよーつくりもんかよー、と思ってしまいがちですが、どうしてどうして、あの時代設定をフルに活かした上質のサスペンスになってました。

ウィーンの画商である裕福なユダヤ人一家が、ナチス・ドイツのオーストリア侵攻を境に恐怖に陥れられます。
今までの映画なら、迫害され、収容所へ送られる悲しいユダヤ人の運命を描くところですが、そこから命をかけた駆け引きに身を投じる主人公たち。
史実にそって描くばかりじゃなく(もちろんそれも大切だけど)、こういう方法でナチス・ドイツやユダヤ人を描くこともできたか!と感心しきりでございます。
最後までドキドキハラハラ、目が離せない展開でした。
パンフでも述べられていますが、「イングロリアス・バスターズ」「ライフ・イズ・ビューティフル」とともに、あの時代を新しいアプローチで描いた作品と言えましょう。


主人公のヴィクトルを演じたモーリツ・ブライトロイは、すごーくよく見たことある顔だな、と思っていたら「es[エス]」の主演でポスターにデカデカと顔が貼り付いていた俳優さんだったのでした。
d0088211_113146.jpg
d0088211_1185671.jpg

ユダヤ人である主人公がなぜ軍服を着てるのか?そこがミソなんです。全ての謎がとけたラストシーンは、本当にかっこよかった!
[PR]

by hobomovie | 2011-10-01 11:15 | 外国映画 | Comments(2)