<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

台湾いってきました

連休の頃、台湾へ遊びにいってきました。
d0088211_10114446.jpg

今回は往復ジェットスターという格安航空会社利用だったので、機内での映画鑑賞はなく。
それどころか、機内食も音楽配信もなく。
座席もかなりせまいのかな?と心配でしたが、今まで乗った飛行機と比べて特別せまいということは無かったです。
実際機体は小さくて窓から3列ずつという座席なんですが、ワタシ的にはジャンボ機の真ん中の列に座るほうが、よっぽどストレスがたまる気がします。

片道3時間弱なので、これくらいの時間ならジェットスターとかでもいいなと思いました。
どうせ空港に早めに行くから、直前に食事することもできますしね。
d0088211_1012766.jpg

台北市内をうろうろしていると、ビルやバスにいろんな映画の広告がありました。
「ザ・ファイター」「英国王のスピーチ」など日本でもこれから公開という洋画が多かった。
「トイ・ストーリー3」のポスターが「玩具総動員3」となってて相当おもしろかったのですが、撮りそこねました…
邦画で唯一見かけたのが「あしたのジョー」。台湾でもジャニーズ勢は人気なんですね。

d0088211_10125578.jpg今回のメインのひとつが九份(キュウフン)だったんですが、風情がある夕暮れを狙って午後から出発。台湾鉄道で台北から瑞芳(ルイファン)という駅まで行き、そこからバスで山道を登ります。
前日乗ったタクシーの運ちゃんに、日本人とわかるやいなや「明日は九份でしょ?」と言われてしまうほど、日本人観光客に人気の場所。
人が多い上に雨が降っていて、全力で楽しめなかったのは残念。
でも、「悲情城市」と「千と千尋の神隠し」の世界はちょっと味わえました。
d0088211_10122848.jpg


台北は想像していたよりもキレイな街で、地元の人たちも意外とフレンドリー。
唯一苦労したのが、台湾鉄道の職員が全く英語がわからない上ものすごく愛想が悪かったというくらい。
瑞芳に行く特急に乗り遅れた我々が悪かったんだけどさ…
「どうしたの?」と日本語がわかる通りがかりのおばちゃんが聞いてきてくれて助かりました。
d0088211_10172915.jpg
d0088211_10175785.jpg

あとは、ともかく食べ物がおいしくて大満足。
ベストコンディションでいろんな物を食べたくて、調子悪くならないように旅行の前日から胃薬と整腸剤を飲んでいた甲斐があり、最初から最後までおいしくいただきました。
3泊くらいではまだまだ遊びきれないくらい、見どころもあり。
また行ってみたいです。
[PR]

by hobomovie | 2011-02-26 10:19 | 日々のこと | Comments(2)

ヒア アフター<2010>

d0088211_1011177.jpgクリント・イーストウッド監督作品は「グラン・トリノ」「ミリオンダラーベイビー」「インビクタス」など、すごく良かった~という評判を聞きますが、どれもこれも逃してしまっているワタクシ。
予告編でこの作品を知って、これは観逃すまい!といち早く劇場へ行ってきました。

東南アジアで突然の大津波に巻き込まれたフランス人ジャーナリスト・マリー(セシル・ドゥ・フランス)、一卵性双生児の兄を交通事故で亡くしたイギリス人少年・マーカス(ジョージ/フランキー・マクラレン)、死者とコンタクトが取れるアメリカ人青年ジョージ(マット・デイモン)。
この3人の物語から「人は死んだらどうなるのか?」「死んだ人とはもう二度と会えないのか?」というテーマを描いている作品です。

オープニングからマリーの遭遇する大津波のシーンで、CGとはいえ大迫力の映像に観ているこっちが息苦しくなるほどでした。
ひとり残された双子のマーカスは薬物依存症の母とも引き離され里親に預けられてしまい、次々訪れる不幸があまりにもかわいそうで泣かされました。

パリ-ロンドン-サンフランシスコと別々の場所で暮らす3人がどうつながるのか、なかなか読めなくて面白かったです。
とはいえ予告編では霊能者のジョージが死者と交信するシーンが印象的だったので、なんとなく「シックス・センス」並みのサプライズを期待してしまっていて、そのスタンスが間違っていたのかもしれませんが、少々の拍子抜け感は否めないエンディングでした。

結局のところ答えが出る問題では無いので、観る側の考える余地を残したのかな、とも思いますが。
誰にでも訪れる「死」という限界があるからこそ、人間は精一杯生きようとするのだという新井満のコラムがパンフレットに載っていて、考えさせられました。

一連のイーストウッド監督作品を観ている人からしたら、どうだったのかな~と思います。ちょっと残念な感じ?
ヒア アフター
[PR]

by hobomovie | 2011-02-20 10:04 | 外国映画 | Comments(2)

予習!予習!!

ちかぢか、台湾へ遊びに行くことになりました。

つきましては、下調べとしてみた2本をご紹介。


d0088211_23104651.jpgその1:悲情城市<1989年>
学生のときバイト先のお姉さんに映画好きな人がいて、しかもヨーロッパ系とかオシャレなものに強い人で、すごく勉強させてもらいました。

その人にすすめられていながらずっとみれてなかったこの作品。
もっと早くにみておけば良かった。

台湾に生きる4人兄弟を中心に太平洋戦争の終結から二二八事件までをえがいているのですが、日本が台湾を統治していたことすら全然意識したことが無かったワタシには、とても衝撃的な作品でした。

かといって過剰な演出は全く無く淡々と出来事が進んで、余計にこれが彼らの日常だったんだと感じさせられました。
d0088211_2311839.jpg
聴覚が不自由な三男の役でトニー・レオンが出ています。若い!

旅行ではこの作品にも出てくる九份(キュウフン)にも行く予定なんですが、「千と千尋の神隠し」の舞台でもあるそうで、楽しみです。


d0088211_23112620.jpgその2:台北に舞う雪<2009年>
「悲情城市」を借りにツタヤへ行って偶然見つけた作品。
(ちなみに「悲情城市」は無かったです。ツタヤめ…)

宿泊地は台北なので参考になるかと思ったのに、メインは菁桐(チントン)という田舎町でした…

ストーリーは実にベタな感じなんですけど、主人公のチェン・ボーリンがかっこ良かったのでよしとします。
d0088211_23114439.jpg

幼い頃に母に見捨てられたモウは、世話になった町の人々へ恩返しの意味もこめて便利屋をして暮らしている。
ある日声が出ないという女性メイが町にやってきた。
美しいメイと純粋なモウにそれぞれ惹かれあうふたりだったが、メイは失踪した人気歌手だった。
モウの紹介した医者のおかげで徐々に声を取り戻すメイは、ほどなく芸能記者に居場所をつきとめられてしまった…

果たして台湾旅行が無かったら、この作品をみたかどうか自信が無いストーリー展開です。
ちなみに台湾は1年を通して10度を下回らない温暖な気候なので、雪は降りません。
そこが物語のポイントでもあるんですけど、う~ん、もうちょっと活かせたんじゃない?ともどかしい感じ。

ちょうど旧正月が作品のクライマックスで、まさに今の時期なので「やっぱりコートまではいらなさそうだな」とか「マフラーはするんだ!」とか違う目線でファッションが参考になりました。


というわけで予習もばっちり(?)、いってきます!
[PR]

by hobomovie | 2011-02-07 23:16 | 日々のこと | Comments(2)