<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~<2010>

d0088211_18142529.jpg実はワタシ、ナイナイ岡村君が好きなんですよ~再び
沖縄が大好きな岡村君が、沖縄でサンゴの養殖に取り組む実在の男性を演じた作品ということで、さぞかし輝いてるだろうな~と楽しみでした。プロモーションもめっちゃ頑張ってましたね。

主人公・金城建司は何をやっても長続きしない、だらしない男性であったが、幼なじみ由莉との結婚をきっかけに沖縄へ帰郷し、飲食店を営み成功をおさめていた。
2人の子供にも恵まれ幸せな日々をおくっていたが、大好きな海でサンゴが破壊されている現状を目の当たりにしたのをきっかけに、自己流でサンゴの養殖に取り組むのだが…というストーリー。

漁業組合の反対や学会のバッシング、詐欺まがいの借金など数々の困難がおとずれる中、家族や友人のつながりが彼を支える感動的な作品でした。

成功していた飲食店を全部他人にゆずり、サンゴの養殖1本にしちゃう金城さん、もっとラクな道があったのでは…?と考えずにはおれませんな。彼をそこまで駆り立てる動機が、作品中ではちょっと弱くていまひとつな印象でした。ストーリーもまぁ、想定の範囲内と言いますか…

でも沖縄の海の映像は見ごたえがあったし、主人公の不器用な感じは岡村君にぴったりでした。由莉は松雪泰子が演じていますが、監督が「デトロイト・メタル・シティ」の人だそうで、再びのタッグとなった模様。役柄が真逆ですが、さすが松雪さんです。
てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~
[PR]

by hobomovie | 2010-06-30 18:15 | 日本映画 | Comments(0)

ぼのぼの<1993>

d0088211_13283547.jpg
一時期(中学生くらい)ものすご~くハマってたんですが「ぼのぼの」。
15巻くらいからすっかりご無沙汰していたら、今や33巻も出てるんですね。
この作品の後、2002年に再び映画化されていたり、テレビアニメにもなっていたり。いや~全然知りませんでした!!
友達と「いぢめる?」「いぢめないよぉ」と言い合っていた日々が懐かしい。

ストーリーは「とてつもなく大きい動物が森にやってくるらしい」という噂が広がる中、主役であるラッコのぼのぼの、友達のシマリスくん、アライグマくんを中心に、スナドリネコさん、クズリくん、ヒグマの大将などマンガでおなじみのメンバー総出演で繰り広げられる作品です。
マンガのように自分のテンポでどんどん進められないもどかしさは若干あるものの、大好きなキャラクター達が動いてる!という楽しみがありました。音楽がゴンチチなのも、すごく良かったです。

ぼのはもともといろんなことをじっくり考えてしまうコなのですが、この作品では「楽しいのはどうしておわってしまうんだろう?」という疑問をずっと考えています。最後にスナドリネコさんが教えてくれる答えが、秀逸でございました。奥が深い。
[PR]

by hobomovie | 2010-06-13 13:29 | 日本映画 | Comments(0)

アリス・イン・ワンダーランド<2010>

d0088211_11134479.jpg
ティム・バートンがアリスを撮るらしい、という噂を聞いたのはかれこれ2年前くらいだったでしょうか。そしてついに公開!
3Dブームに乗って(最初は3Dにする予定じゃなくて、後から無理やり加工したという話しだが)、日本語吹替え・3D版を観てきました。

アリスと言えばルイス・キャロル原作&ジョン・テニエル挿絵による「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」で、詩的で魅力的なお話しでございます。それをきちんと展開があるお話にまとめたのが、ディズニーアニメの「不思議の国のアリス」でした。
元々どれも大好きだったので、バートン流にどうアレンジされるのか楽しみでした。
d0088211_11141233.jpg

ストーリーは、大人になったアリスがワンダーランドに再び迷い込み、赤の女王の圧政に苦しむみんなを救うというもの。
「不思議の国」と「鏡の国」をうまい具合にごちゃまぜにした新たなストーリーができあがっていて、面白かったです。
d0088211_11143185.jpg
ジョニー・デップ演じる帽子屋を始め、ワンダーランドの住人はまー、よくディズニーが許したなというくらい、バートン流でした。物語の中だとかわいいけど、面と向かうと結構キツイもんですね、「しゃべる花」とか「青い芋虫」とか。
そんなキャラクターの中では前から白ウサギとチェシャ猫がお気に入りだったんですが、特にチェシャ猫が良かった。フカフカでノドをゴロゴロならしたりしてかわいいけど、声がおっさんという。是非字幕版でも観てみたいです。

アリスを演じていたミア・ワシコウスカは、わがままで変わり者で行動力のかたまりというアリスにぴったりでした。バートン作品には、こういうすごい新人さんがよく出てきますね。

アリス・イン・ワンダーランド 3D
[PR]

by hobomovie | 2010-06-05 11:18 | 外国映画 | Comments(0)