<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シャーロック ホームズ<2009>

d0088211_8524274.jpg
最近yahoo!動画でグラナダTV製作のドラマ「シャーロック・ホームズの冒険」が無料配信されているのは、この映画が公開になったおかげでしょう。
昔NHKで夕方にやっていたころ、ほぼ全話みたくらい好きでした。もちろん原作は全部読みました。シドニー・パジェットの挿絵が付いているハードカバーの本は高いので、図書館で何度も借りて読んだもんでした。
ポワロとか他の探偵モノも見たり読んだりしましたが、一番ハマったのはホームズです。イギリスに行くことがあったら、絶対ベーカー街には行きたいクチです。

ということで、ワタシの中でシャーロック・ホームズ=ジェレミー・ブレッドは永遠なわけですが、新たなホームズものと聞いては観ないわけにはいかないですね。
d0088211_853781.jpg

ホームズをロバート・ダウニーjr.、ワトソンをジュード・ロウが演じるというのは新しい展開でした。今までイメージと比べて、ホームズはワイルドに、ワトソンはクールになった感じ。

ストーリーは、探偵ホームズと助手ワトソンが、黒魔術を操るブラックウッド卿の悪事をあばくというもの。原作の設定は随所に活かされているものの、ストーリーはまったく別物でした。
ホームズ好きとしては、宿敵モリアーティ教授と運命の女性アイリーン・アドラーに頼りすぎかな~と思います。そこはもうちょっと新しい展開を期待しましたがなー。特にアイリーンは、ルパン三世における不二子ちゃんのようになっていて、今後シリーズ化されたらますますそうなるんだろうなーと思うとやや残念な感じ。
キャスティングだけでなく、ストーリーでも新鮮さを期待したいところです。
d0088211_8534678.jpgd0088211_854330.jpg
ところでブラックウッド卿を演じたマーク・ストロングという人は、アンディ・ガルシアにそっくりですね。彼の助手役の人は、クリスチャン・ベールにそっくり、ていうか彼だと思ってました…パンフに名前すら載って無いところをみると、違う人なんでしょうね。

シャーロック・ホームズ
[PR]

by hobomovie | 2010-04-24 08:58 | 外国映画 | Comments(4)

時をかける少女<2010>

d0088211_232214.jpg1965年に雑誌「中三コース」(時代だねぇ…)で連載が始まった、筒井康隆の代表作「時をかける少女」。

こんなに何度も映像化される小説も珍しいんじゃないでしょうか?
パンフレットによると浅野真弓、原田知世、南野陽子、内田有紀、中本奈奈、安倍なつみと、何人もが主役の「芳山和子」を演じています。

さらに、2006年には細田守がアニメ化しましたが、これは芳山和子の姪・真琴が主役で、原作とはまったく違ったストーリーでした。
で、このアニメで真琴の声を担当したのが、今回の主演でもある仲 里依紗です。
d0088211_2322176.jpg
声は聞いたことがあるものの、ちゃんと彼女を観たのは今回が初めてでした。最初はなんだかぎこちなくて、「うわ~大丈夫かなぁ~」と思いましたが、ストーリーが進むにつれどんどん良くなって、観終わる頃にはすごく好きになりました。
これからも注目です。

ストーリーは、薬学研究者となった芳山和子(安田成美)はタイムリープの薬を開発することに成功するが、交通事故にあい重態となってしまう。娘のあかり(仲 里依紗)は、母の「1972年4月の土曜日、深町一夫に会いに理科室へ行かなければ」という言葉を受け、代わりにそこへ行くことを約束する。
母が作った薬を飲み、1970年代へタイムリープするあかりだったが…

かなり設定に無理があるんですが、これからどうなるの?とワクワクさせられました。
最後は、予想外に泣けたっす。いきものがかりの主題歌も、ハマってました。

和子役は原田知世でも良かったんじゃない?と思うのはワタシだけでしょうか。
時をかける少女
[PR]

by hobomovie | 2010-04-15 23:06 | 日本映画 | Comments(0)