<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ブルース・ブラザーズ2000<1998>

d0088211_22143879.jpg不朽の名作「ブルース・ブラザーズ」(1980)から18年。
刑務所から出所したエルウッドは、兄貴分のジェイクが既に亡くなっていることを知る。またもや「バンドをやること」が神の啓示だと信じるエルウッドは、かつてジェイクとしたように友人たちを誘いに訪ね歩くのだが…という、まったくもって前作同様のストーリーです。

エルウッド役のダン・エイクロイドを筆頭にジェームズ・ブラウン、アレサ・フランクリンなど前作からの出演者に加えてエリカ・バドゥ、BBキング、エリック・クラプトンなどのミュージシャンも参加しています。
ともかく、1作目があればこその2作目という作品でした。
観た回数が全然違うせいもあってか、ワタシは1作目の方がだんぜん印象に残っていますが、たいていの人がそうかもしれませんね。最後のステージシーンも良かったけど、レイ・チャールズの楽器屋でやる曲も好きでした。サントラ持ってます♪
d0088211_2215488.jpg
ジェイクを演じていたジム・ベルーシは1982年に33歳で亡くなってしまっているんですが、本当の弟のジェームズ・ベルーシがそっくりなので、わりと最近まで同一人物だと思い込んでいました。「ゴースト・バスターズ」のビル・マーレーも同世代かつサタデーナイトライブ系ということで、これまたごっちゃになっていたこともあり。

USJではブルースブラザーズショーがあったけど、最近見ていないような。今もやってるんでしょうか。ちゃんとパトカーに乗って登場してくるのが良くて、好きだったんだけどなぁ。
[PR]

by hobomovie | 2009-11-27 22:17 | 外国映画 | Comments(2)

ライフ・イズ・ビューティフル<1998>

d0088211_211743.jpg物語の始めは、ユダヤ系イタリア人グイドが、一目ぼれした女性ドーラの心をとらえるため、持ち前の明るさとユーモアで一世一代の作戦に出るという、いかにもイタリア映画といった明るいストーリーで幕を開けます。
一人息子ジョズエにもめぐまれ、幸せな生活をおくるグイドたちでしたが、第二次世界大戦が始まり事態は一気に暗転。
3人はユダヤ人の強制収容所へ送られることになってしまいます。

家族3人で暮らせる平和な日まで生き延びるため、グイドはジョズエに「実はこれはつらいことに耐えるゲームで、我慢するごとに点数がたまって、1000点とった人はご褒美として戦車がもらえるんだよ」と嘘をつき、励まし、つらい収容所での生活をのりきろうとするが…というストーリー。

グイドのユーモアセンスと機転が、収容所での数々の苦難からジョズエを救います。
彼が最後についた嘘は、もう涙なしでは…語れません~…

舞台はちょうど「セントアンナの奇跡」と同じ。
イタリア映画に出てくる子役は、なんでこんなにかわいいんでしょうねぇ。
子役がいいからこそ、余計に切ないストーリーが胸にしみます。

イタリアのユダヤ人は他の地域に比べて人道的に扱われたそうなのですが、それでもこうした収容所の歴史があるのかと改めて認識した次第です。
[PR]

by hobomovie | 2009-11-14 21:03 | 外国映画 | Comments(4)

私の中のあなた<2009>

d0088211_92588.jpg11歳の少女アナは、有名弁護士キャンベルのもとを訪れる。
相談内容は、「白血病を患う姉ケイトのため、自分の腎臓を移殖させようとする親を訴えたい」というもの。
アナはケイトのため、遺伝子操作で完全に適合するドナーとして作られた妹だったのだ。生まれた瞬間の臍帯血を始めとして骨髄、白血球など様々なものを姉に提供し続けてきたアナ。彼女の行動が持つ意味とは…?

予告編では、アナに母親サラが「何を隠しているの?」と問うシーンがあったりして、奥深いストーリーがあるのかな?と期待していました。で、いざ観てみますと、奥にも横にも広い作品でございました。

ケイトが病気であるというのは家族の中で常に第一に考えられていて、ケイト本人はもちろん、兄のジェシー、妹のアナ、そして両親はそれが当たり前の生活をおくっています。
ケイトがいつまで生きられるのか、生き続けるにはどうしたらいいのか?その大きな課題の前には、どんなことも取るに足らないと感じる家族たちなわけで、アナが両親を訴えるという行動に出たとは言え、家族の間には深い愛情がある。
そんな中で繰り返される日常生活が描かれて、もう泣けて泣けてしょうがなかったです。ストーリーを人に話しただけで、若干涙ぐんでしまうほど。

でも単なるお涙頂戴ではなく、考えさせられる作品でした。
結末が映画とは違うというのが気になって、ただいま原作を読んでいます。

当初アナとケイトにはダコタとエルのファニング姉妹がキャスティングされていたそうですが、何故か降板。ちょっと観てみたかったかも。
アナ役のアビゲイル・ブレスリンは良かったですねぇ~さすが「リトル・ミス・サンシャイン」でアカデミー賞ノミネート経歴保持者!
ケイトのボーイフレンド役だったテイラー・アンブローズは、パンフを見て「ターミネーター:サラ・コナークロニクルズ」でジョン・コナーを演じていると知ってびっくり。全然つながりませんでした。
d0088211_932330.jpg私の中のあなた
[PR]

by hobomovie | 2009-11-07 09:04 | 外国映画 | Comments(0)