<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鴨川ホルモー<2009>

d0088211_20171699.jpg「かもがわほるもー」
この摩訶不思議な響きの言葉。
最初に知ったのは万城目学の小説の事だったか、この映画の事だったか。
ドラマ「鹿男あをによし」はほとんど観ていなかったけど原作が万城目学だったことは知っており、鹿がしゃべるなんていう突拍子もない話しを書く人だし、こっちも面白いに違いないと思っておりました。
「ヤッターマン」のときに予告編を観て、これはやはり絶対観ねばという思いを新たにしたのでした。

実際に観るまでに予備知識はほとんどなく、京大生が青龍会という謎のサークルに入り「オニ」と呼ばれるピクミンのような小さな生き物を使って戦うらしいな~という程度でした。
結局、ストーリーはほとんどそれで全部でございました。

とことん笑える、「しょーもな~」という映画ですが、好きなしょうもなさと嫌いなしょうもなさという点では、大好きなしょうもなさでした。思わず「ゲロンチョリー!」(←「オニ」を操る「オニ語」のひとつ)と言いたくなってしまう、ごきげんな気分で劇場を後にしました。

関西在住者としては、見知った場所があれこれ出てくるのもなかなか楽しかったです。京大を筆頭に立命館、京産大、龍谷大と実在の大学も出てくるし。
自分の大学時代をちょっと思い返したりもして(京都とは似てもにつかない田舎でしたが)。
ともかく、楽しい映画でした。なにも考えずにげらげら笑いましょう。
フギュルッパ!
鴨川ホルモー
[PR]

by hobomovie | 2009-04-30 20:18 | 日本映画 | Comments(0)

マンマ・ミーア!<2008>

d0088211_10431848.jpg
ブロードウェイミュージカルであり、日本では劇団四季の演目でもある「マンマ・ミーア!」曲は全編ABBAのヒット曲、主演はメリル・ストリープときたら、面白くないわけなかろう、という作品です。

ギリシャの小さな島でホテルを経営する母娘ドナとソフィ。ソフィは父親を知らず育ったが、ドナの若い頃の日記を読んで父親候補が3人いることを知る。結婚式でバージンロードを父と歩くという夢をかなえるため、3人をこっそり招待したのだが…というストーリー。
ほとんど予備知識無く観たので、誰がソフィの父親なのか?結婚式は無事に行われるのか?と、エンディングまでどうなるかわからず楽しめました。

d0088211_10433942.jpg
しかしストーリーどうこうより、ミュージカルシーンがすごく良かった!パンフを読むとメリル・ストリープは「エビータ」もやりたかったくらいミュージカルが好きな人なようで(エビータは結局マドンナがやった)、ほんとにこの役がやりたかったんだーという嬉しさがあふれております。ABBAの曲は知らないものもあったけど、どれもストーリーにぴったりで良かったです。

父親候補の中に元ジェームス・ボンドのピアーズ・ブロスナンがいるんですが、あの甘~い!マスクでどんなに素敵に歌うのかと思いきや、歌はあまりうまくなくてちょっと期待はずれでした。いや、決してヘタなわけじゃなくて「普通」なんです。こっちが期待しすぎただけか。

そろそろDVDも出る頃でしょうか。
これから観る人は、最後のカーテンコールもお楽しみに!
マンマ・ミーア!
[PR]

by hobomovie | 2009-04-25 10:43 | 外国映画 | Comments(0)

ヤッターマン<2009>

d0088211_17113771.jpg
ヤッターマン
春休み、小中学生の甥っ子・姪っ子たちと観に行ってきました。

竜の子プロの代表作アニメが最近リメイクされ、その実写映画化。「ヤッターマン」はリアルタイムでは多分見ていないけど、夏休みの午前中にアニメ3本立てとかをやっているので見た感じ。
たぶんリアルタイムで見たのはその後の「ヤットデタマン」や「ゼンダマン」とか。結局パターンはどれも同じですが。

公開前後に櫻井くんや深キョンがメディアに出まくってましたね。ヤッターマン2号の福田沙紀の印象が薄くて、ちょっとかわいそうなくらいです。
d0088211_17115876.jpg

ストーリーはアニメのまんま、正義の味方ヤッターマンが、悪の一味ドロンボーと秘宝・ドクロストーンをめぐって争うというもの。衣装やセット、メカなどの小道具にすごく手間とお金がかかっている感じで、見ごたえあり。

しかしもうちょっと大人の鑑賞に堪えうる作品になってるかなーと期待してたんですが…残念な出来でしたねぇ。全体的にテンポが悪いしー、「おちゃらけ」なのか「格好いい」なのかが中途半端で、もうちょっとどっちかに徹底した方が良かったのかも。

ワタシ的には生瀬勝久と阿部サダヲが出ていることでかなり救われました。やはり彼らの登場シーンは締まるねぇ~

最後に劇中のいろんなシーンをバックに嵐のイカス主題歌が流れるんですが、そこが一番良かったです。
[PR]

by hobomovie | 2009-04-12 17:12 | 日本映画 | Comments(2)